Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
2
■クチコミ情報は信頼できるメディアとして考えられている。
1、情報の洪水
ヒトが処理できる情報量は
ここ10年でほとんど変わっていないのに対し、
世の中に流れている情報量は、
拡大し続け、今や、410倍となっています。
消費者にとって9割9...
3
クチコミ情報の信頼性
■ユーザー発信情報と企業発信情報との伝播力・信頼性の違い
情報の淘汰が起こる中でユーザー発信情報がより伝播力・信頼性を持つ時代になってきている。
○受け入れられやすい情報
○信用されやすい情報
○共感されやすい情報
×...
4
ブログおよびSNSが商品の購買行動に与える影響CGMでの購入経験
CGMをみて購入、購入検討が約54%・ブログを読んで商品を購買した人約41%と2つのデータみると
ブログが持つ消費者への影響力は高いと考えられる。
■消費者は商品を購買する際...
5
ソーシャルメディアの有効活用
■ソーシャルメディアとして性質の違いを理解することが必要
ブログとTwitterの特徴は異なる。
そのため、特徴に合わせた使い方をすることで、ユーザーへの効果的なアプローチが可能となる。
・日記として活用されて...
6
ブログマーケティングの種類
■ブログを活用したマーケティングには様々な手法がある。
ブログマーケティング
ブログ広告
ブロガーに報酬を与えて
商品紹介記事の掲載
ブログPR
PR活動内に
ブロガーの参加を促す
ブログ分析
テキストマイニング...
7
「インサイトリサーチ」とは
■特定のキーワードを含む最新ブログで語られている商品やサービスに
ついてのクチコミを、御社のHPに簡単に導入できるサービスです。
多くの予算をかけずに、隅々に潜在的に存在する消費者の生の声を
活用することが可能と...
8
「インサイトリサーチ」のメリット
■「インサイトリサーチ」を導入する5つのメリット
・サイトの信頼性の向上
情報をオープンにすることで、自由に制限なく情報を交換・伝達することが可能です。正直な情報発信をする会社が正当な
評価を受ける社会にな...
9
「インサイトリサーチ」のSEOメリット
■グーグルでのSEO内部対策として「テキスト量」「更新頻度」が重要な指標
となっております。インサイトリサーチ導入によりSEO対策への副次的効果が
ございます。
インサイトリサーチを導入することで副次...
10
「インサイトリサーチ」の特徴・強み
■「インサイトリサーチ」の特徴・強み
・自由なデザインとレイアウトでの表示が可能
HPのデザインに合わせた形で口コミコンテンツの追加ができる
・収集記事の豊富さ
1日約150万件をリアルタイムで収集
・...
11
管理画面イメージ
■管理画面にてブログ選定等の調整
■設定名称
テーマ設定
■記事出力先
PC・携帯出力先設定
■データの反映
自動・手動設定
■排除記事
排除記事設定
■キーワード
出力ワード設定
表示する記事の編集、
登録キーワードの...
12
「インサイトリサーチ」の活用方法
ブログ記事から御社ファンの
属性・心理を分析し、
ターゲット像を明確に把握できます。
自社商品が消費者にどのように
語られているか、
訴求ポイントが伝わっているか
どうかわかります。
御社サービスについて...
13
料金体系
■基本料金
【初期費用】 50,000円
【基本料金】 100,000円/月
【契約期間】 3ヶ月契約から
■オプション
【SEO内部対策対応オプション】+50,000円
当社タグは、Javascript形式にて作成をしておりま...
14
スケジュール
■導入までの流れ
1,お打ち合わせ
商品説明・サイトのデザインに合わせたレイアウト・ワード・サイトURL・
コンテンツ導入ページ箇所等についてヒアリング致します。
2,お申し込み
お打ち合わせの内容をご納得頂いた後にお申し込...
インサイトリサーチ
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

インサイトリサーチ

■クチコミ情報は信頼できるメディアとして考えられている。

1、情報の洪水
ヒトが処理できる情報量は
ここ10年でほとんど変わっていないのに対し、
世の中に流れている情報量は、
拡大し続け、今や、410倍となっています。
消費者にとって9割9部の情報が処理できず、
広告もスルーの対象となっています。(図1)


2、消費者を取り巻くメディアの増加
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌以外に
インターネット・ケータイ・ゲーム・iPodなど、様々なメディアと接しています。
よって、消費者へのコミュニケーションできるコンタクトポイントは
年々減少傾向にあると言えます。


3、企業発信の商品紹介への期待低下
消費者を取り巻く製品・サービス情報の成熟化により、
企業側から受ける製品・サービス情報への期待が低下している傾向にあります。

  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

  • Soyez le premier à aimer ceci

インサイトリサーチ

  1. 1. 2 ■クチコミ情報は信頼できるメディアとして考えられている。 1、情報の洪水 ヒトが処理できる情報量は ここ10年でほとんど変わっていないのに対し、 世の中に流れている情報量は、 拡大し続け、今や、410倍となっています。 消費者にとって9割9部の情報が処理できず、 広告もスルーの対象となっています。(図1) 2、消費者を取り巻くメディアの増加 テレビ・ラジオ・新聞・雑誌以外に インターネット・ケータイ・ゲーム・iPodなど、様々なメディアと接しています。 よって、消費者へのコミュニケーションできるコンタクトポイントは 年々減少傾向にあると言えます。 3、企業発信の商品紹介への期待低下 消費者を取り巻く製品・サービス情報の成熟化により、 企業側から受ける製品・サービス情報への期待が低下している傾向にあります。 情報流通量等の推移 出展:総務省 0 5000 10000 15000 20000 25000 30000 35000 40000 45000 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 選択可能情報量 消費可能情報量 消 費 で き な い 情 報 図1 この様な時代だからこそ、消費者はブログ・Twitterなどで 「親しい人・尊敬している人・体験者」からのクチコミ情報を信頼し、選択・消費をしている。 クチコミ情報が注目される理由 情報流通量等の推移 ※出展:総務省
  2. 2. 3 クチコミ情報の信頼性 ■ユーザー発信情報と企業発信情報との伝播力・信頼性の違い 情報の淘汰が起こる中でユーザー発信情報がより伝播力・信頼性を持つ時代になってきている。 ○受け入れられやすい情報 ○信用されやすい情報 ○共感されやすい情報 ×受け入れられにくい情報 ×信用されにくい情報 ×共感されにくい情報 ユーザー発信の情報 企業側発信の情報
  3. 3. 4 ブログおよびSNSが商品の購買行動に与える影響CGMでの購入経験 CGMをみて購入、購入検討が約54%・ブログを読んで商品を購買した人約41%と2つのデータみると ブログが持つ消費者への影響力は高いと考えられる。 ■消費者は商品を購買する際にブログやSNSを参考にする傾向が高い。 さらに、商品購買の影響力はブログがより高いと考えられている。 クチコミ情報の影響力
  4. 4. 5 ソーシャルメディアの有効活用 ■ソーシャルメディアとして性質の違いを理解することが必要 ブログとTwitterの特徴は異なる。 そのため、特徴に合わせた使い方をすることで、ユーザーへの効果的なアプローチが可能となる。 ・日記として活用されており、本音が書かれやすい 傾向があるため、消費者の生の声が分かる ・第3者の声として公開されている文章であるため、 嫌悪感を抱かせずクチコミを呼ぶ傾向が高い ・1記事内に文章・画像・動画などを混在させるため、 情報が深く、定性分析に適している ・検索エンジンの上位に来やすいため、人目につきや すく長期的に影響力あり ・記事ごとにURLを保有する ・RSSに対応している ・リアルタイム性が高い ・伝播力が強い ・短文のため、1Tweetだけでは情報が弱い ブログ(情報発信メディア) Twitter(リアルタイムメディア)
  5. 5. 6 ブログマーケティングの種類 ■ブログを活用したマーケティングには様々な手法がある。 ブログマーケティング ブログ広告 ブロガーに報酬を与えて 商品紹介記事の掲載 ブログPR PR活動内に ブロガーの参加を促す ブログ分析 テキストマイニング を行い、 クチコミ状況の分析 企業ブログ 企業の公式ブログ として情報発信 ブログ記事 集約サービス ワードを元にブログ記事 を集約するサービス インサイトリサーチはブログ記事集約サービスである ただ、かつてのブログ記事集約サービスとは違い、収集・分析のみだけでなく 新たに企業サイト内にコンテンツ化することで消費者満足度の向上につながる施策である。
  6. 6. 7 「インサイトリサーチ」とは ■特定のキーワードを含む最新ブログで語られている商品やサービスに ついてのクチコミを、御社のHPに簡単に導入できるサービスです。 多くの予算をかけずに、隅々に潜在的に存在する消費者の生の声を 活用することが可能となります。 キーワードをセットすると 関連ブログを自動的に収集し、 ホームページのコンテンツとして 表示することができます。 ※イメージは下記をご参考下さい。 http://www.insight-research.biz/index.html
  7. 7. 8 「インサイトリサーチ」のメリット ■「インサイトリサーチ」を導入する5つのメリット ・サイトの信頼性の向上 情報をオープンにすることで、自由に制限なく情報を交換・伝達することが可能です。正直な情報発信をする会社が正当な 評価を受ける社会になってきている現在、消費者の生の声をサイト内に組み込むことでサイトの信頼度が向上します。 ・商品・サービスの理解促進 企業側の情報だけでなく、客観的な消費者の生の声をサイト内で確認することができるため、商品・サービスへの理解促進 につながる。 ・リピート率の向上 1日150万件のブログからユーザーが訪問する度に最新ブログを表示することができるので、新たなコンテンツ目当てに ユーザーがアクセスする可能性が高まる。 ・コンバージョン率向上 消費者の生の声を自社サイト内で確認することができるため、比較サイトへの離脱につながりにくい。 結果的にコンバージョン率の向上につながる。 ・サイト滞在時間向上 消費者の声をサイト上で確認することで、サイト内を誘導する時間が向上する。 滞在時間とコンバージョン率は比例するため、より良い循環が生まれやすくなる。 大手比較サイトと同様の手法でWEB戦略を強化アシストします。
  8. 8. 9 「インサイトリサーチ」のSEOメリット ■グーグルでのSEO内部対策として「テキスト量」「更新頻度」が重要な指標 となっております。インサイトリサーチ導入によりSEO対策への副次的効果が ございます。 インサイトリサーチを導入することで副次的にSEO効果がございます。 【テキスト量】 テキスト量が多いことは大変重要な施策になって おります。テキスト量が少ないサイトは下降傾向 となっており、テキスト量が多ければ多いほど 上位表示され易い傾向となっております。 そのため、少しでも多くのコンテンツをトップ ページとサブページに追加していくことが重要 になります。 【更新頻度】 更新頻度が高いことは大変重要な施策になって おります。更新頻度が少ないサイトが下降傾向 です。 Googleへの内部対策 【概要】 ブログ文章をjavascript形式ではなくPHP方式での 対応が可能です(オプション)。こちらを実装する ことで、CMS等を導入されていないクライアント様 でも簡単にサイトの更新ができるようになります。 【メリット】 ブログが更新されるだけでサイトの更新をしたこと になります。また、文字数の増加にも効果がござ います。そのため、順位表示スピードが上昇 することが想定されます。 内部対策への副次的効果 ※注意点 文字数が増えることで出現頻度に影響がございますが、 ワード選定の際にSEOワードを考慮してお選び頂けれ ば問題ございません。
  9. 9. 10 「インサイトリサーチ」の特徴・強み ■「インサイトリサーチ」の特徴・強み ・自由なデザインとレイアウトでの表示が可能 HPのデザインに合わせた形で口コミコンテンツの追加ができる ・収集記事の豊富さ 1日約150万件をリアルタイムで収集 ・リアルタイム更新 最大30件の最新関連ブログを表示可能 ・カスタマイズ可能 表示する項目(タイトル・記事本文・日時・URL等)を自由に選択 ・PCサイト・携帯サイトにも対応 携帯サイトのコンテンツとしても利用可能 ※Ajaxの場合は利用できません。 ご要望に応じたデザイン・カスタマイズができますので、 サイトの1コンテンツとして自然に有効活用が可能でございます。
  10. 10. 11 管理画面イメージ ■管理画面にてブログ選定等の調整 ■設定名称 テーマ設定 ■記事出力先 PC・携帯出力先設定 ■データの反映 自動・手動設定 ■排除記事 排除記事設定 ■キーワード 出力ワード設定 表示する記事の編集、 登録キーワードの変更、 ホームページへの自動反映/ 手動反映など 様々な設定を管理画面にて 調整可能です。
  11. 11. 12 「インサイトリサーチ」の活用方法 ブログ記事から御社ファンの 属性・心理を分析し、 ターゲット像を明確に把握できます。 自社商品が消費者にどのように 語られているか、 訴求ポイントが伝わっているか どうかわかります。 御社サービスについて書かれている実際の 記事を閲覧できます。 ブログに書き込まれた消費者の日常生活の様子は、 マーケティングの貴重な材料である。 その声を活用していくことで、 自社の製品やサービスの問題点を浮かびあがらせ、 改良につなげることもできる ■新商品開発のヒントに ■消費者の本音がわかる ■ブログ記事の閲覧に ■商品調査に ブログ記事を様々なシーンにて活用することで消費者の心の声をつかむことができます。
  12. 12. 13 料金体系 ■基本料金 【初期費用】 50,000円 【基本料金】 100,000円/月 【契約期間】 3ヶ月契約から ■オプション 【SEO内部対策対応オプション】+50,000円 当社タグは、Javascript形式にて作成をしておりますが、PHP方式にも変更可能です。 当社にてPHP方式に変更する場合は別途料金が発生致します。貴社にて対応頂く場合は料金は発生致しません。 ※イメージテンプレートは無料にてお渡し致します。 【Twitter出力オプション】+10,000円/月 収集した結果を自動的にTwitterに出力する機能です。 ツイッターアカウント内での活用も可能ですので、HPに合わせたコンテンツの導入が可能です。 【ターゲットサイト出力オプション】 +10,000円/月 ターゲットとする特定のサイト(ブログ以外)が更新された場合、その更新についても自動的に出力する機能です。 ※ターゲットとするサイトがRSSを提供していない場合は利用できません。 【デザイン構築】 +50,000円/1回 基本デザイン以外のデザイン構築や変更をすることが可能です。 【キーワード追加】 2~5 ワード+20,000円/月・6~10 ワード+30,000円/月・11~15ワード+40,000円/月 16ワード以上応相談 ■その他 【簡易メールのみ】 20,000円/月 ある特定のキーワードのクチコミ状況を定期的にメールでお届けするサービスです。 設定したキーワードに関係するブログの本文すべてが入った形のエクセルファイルを毎週1回お送り致します。 【レポートティング】 500,000円 ブログやTwitterなどは、ネットアンケートなどとは異なり、調査を前提としたテキストではないため、 ユーザーの生の声が数多く含まれています。過去から蓄積し続けているブログ等のソーシャルメディアのデータを 用いて調査・分析の専門スタッフが解析し、本当に意味のあるユーザーの声を抽出してレポートとしてご報告致します。
  13. 13. 14 スケジュール ■導入までの流れ 1,お打ち合わせ 商品説明・サイトのデザインに合わせたレイアウト・ワード・サイトURL・ コンテンツ導入ページ箇所等についてヒアリング致します。 2,お申し込み お打ち合わせの内容をご納得頂いた後にお申し込み頂きます。 3,デザイン・レイアウト提出 ご要望に応じたデザインやレイアウトをご提出。 4,タグ発行 クチコミが表示されるタグを発行します。 5,導入完了 タグを挿入すると、クチコミが自動で表示されます。

×