Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

VMware でmiratis open stackをお手軽構築

286 vues

Publié le

2016/12/10(土)に開催したOpenStackセミナーで使用した資料です。

Publié dans : Technologie
  • Login to see the comments

  • Soyez le premier à aimer ceci

VMware でmiratis open stackをお手軽構築

  1. 1. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved training.mirantis.com VMware でMiratis OpenStackをお手軽構築 Hiroshi Nagasato
  2. 2. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved Fuelとは?
  3. 3. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved Fuelとは? •OpenStackのコンポーネントの一つ 2013年にMirantisがオープンソースとして公開 •OpenStackを構築できる構成管理ツール OpenStack環境の構築・運用・管理を目的として設定や実装を自動化 •Mirantisが提供する「Mirantis OpenStack」に同梱 Mirantisにて検証済の安定板を提供
  4. 4. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 従来のマニュアルベースのOpenStack環境構築フロー ・設計、構築の複雑さと、時間や手間のコスト 各OpenStackコンポーネント間の連携の設計・構築 冗長構成等の設計・構築 ・設定、構築時ミスとミスの特定の難しさ 各サーバの設定情報の不一致 人為的原因による設定情報の誤り ・継続的な運用管理の難しさ 障害発生時の検知・対応 各ノードの追加・削除等
  5. 5. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved Mirantis OpenStack のセットアップ Fuelを利用してインストール
  6. 6. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved FuelとOpenStack構築フロー OpenStack ノード1 OpenStack ノード2 OpenStack ノードN・・・ FuelMasterノード OpenStack環境(Slave) Cobbler Puppet Manifest 1. Fuel MasterノードをSetup 2. Fuel MasterノードからPXEブート 自動で各OpenstackノードをSetup 3. 環境設定、ノードの役割の割り当てを行った後、 デプロイを開始
  7. 7. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 環境構成図 Fuel Master (CentOS) Controller (Ubuntu) Nova , Neutron , Keystone , Horizon , DB , MQ , other… Compute/Storage (Ubuntu) Nova-Compute Cinder (Vlan) (Vlan)) Internet Public 192.168.163.0/24 Admin 10.2.0.0/24 Management 192.168.0.0/24 Private 192.168.2.0/24 Storage 192.168.1.0/24 Mirantis OpenStack 9.0/9.1 Mitaka環 境 OpenStack環境(Slave) ※今回は各ノード用にIPx10個、Oepstack上のインスタンス用にIPx10個を確保。 ※以下のQiitaの記事も参考にして下さい。 VM PlayerでMirantis OpenStack 8.0をインストール http://qiita.com/h_nagasato/items/b6f4340751d09b75484c
  8. 8. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved ネットワーク構成 Admin PXEでブートして、OpenStack環境を自動的に構築(デプロイ)するための ネットワーク Public VMとインターネットが接続するためのネットワーク Management OpenStackの管理用 API通信などを行うネットワーク Private VM間の疎通用のネットワーク Storage Cephなどのストレージ管理用通信で使われるネットワーク
  9. 9. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 各ノード構成(VMware Player) 1.Fuel Masterノード ※Publicネットワークを「ブリッジ」する場合はあらかじめ利用可能なIPアドレスを確保して下さ い。「NAT」に設定する場合は、 vmnetdhcp.confからアドレス設定を確認して下さい。 ディスク容量は最低でも60GB程 度 ネットワーク構成以下の順 1.Admin(LANセグメント) 2.Public(NAT) ※Fuelは、初期構成では先頭NICが、 Adminネットワーク
  10. 10. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 各ノード構成(VMware Player) 2. Controller ノード CPUは複数コアが望ましい ディスク容量は100GB程度 ネットワーク構成以下の順 1.Admin(LANセグメント) 2.Public(NAT) 3. Management(LANセグメント) 4.Private(LANセグメント) 5.Storage (LANセグメント)
  11. 11. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 各ノード構成(VMware Player) 2. Compute ノード NestedVM構成にする場合は、 右記の「仮想化エンジン」の項目を チェック CPUは複数コアが望ましい ディスク容量は100GB程度 ネットワーク構成以下の順 1.Admin(LANセグメント) 2.Public(NAT) 3. Management(LANセグメント) 4.Private(LANセグメント) 5.Storage (LANセグメント)
  12. 12. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 構築フロー 1. Fuelをインストール、基本セットアップ 2. Fuel MasterノードへSSHログイン 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート 4. ブラウザからFuel上でOpenStack環境作成 5. 動作確認(CLI) 6. Fuelにプラグインを追加
  13. 13. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1.Fuel Masterノードのインストール(1) ・インストール用のISOイメージをブートして仮想マシンを起動。 起動メッセージが表示。 そのまま、エンターキーを押下。
  14. 14. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(2) ・インストール開始。 20~30分程度、待機。
  15. 15. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(3) ・セットアップ画面が表示
  16. 16. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1.Fuel Masterノードのインストール(4) 設定メニューが表示。 Fuel管理コンソール用のadminユーザーのパスワードを設定。 ※デフォルトパスワードは、「admin」
  17. 17. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(5) ネットワーク設定[eth0] Adminネットワークを設定。 ※「デフォルトゲートウェイ」を削除
  18. 18. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(6) ネットワーク設定[eth1] Public ネットワークを設定。 予め確保していたアドレスより割当て
  19. 19. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(7) セキュリティ設定 Fuel MasterノードへのSSHログインのする許可IPを設定。
  20. 20. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(8) PXE bootに割当てるDHCPのIPアドレス設定。 ※「eth0」を変更していない場合はそのままでも問題なし。
  21. 21. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1.Fuel Masterノードのインストール(10) DNS/Hostname設定 「External DNS」を他キャッシュDNSサーバに変更。 ※ホスト名は変更無が推奨
  22. 22. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1.Fuel Masterノードのインストール(9) Bootstrap image設定 基本的にはそのままで問題なし。
  23. 23. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1.Fuel Masterノードのインストール(10) NTP同期先設定 任意のNTPサーバを設定。デフォルト設定のままでも問題 なし。
  24. 24. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(11) FuelMasterサーバのrootユーザーのパスワードを設定。 デフォルトパスワードは「r00tme」 FuelMasterへSSHログイン時に利用。
  25. 25. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(12) 「Save and Quit」で設定保存してインストールプロセスを再開。 完了まで1時間ほど待機。
  26. 26. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 1. Fuel Masterノードのインストール(13) ログイン画面が表示されたらインストール完了。
  27. 27. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2. Fuel MasterノードへSSHログイン Fuel MasterノードへのSSHログインは、 IP Addrss: <Public ネットワークのIPアドレス> User: root Password: インストール時に設定したパスワード (デフォルトはr00tme)
  28. 28. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(1) SSHまたはコンソールから、Fuel Masterノードへログイン 以下のコマンドでyumのキャッシュをクリア yum clean all
  29. 29. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(2) SSHまたはコンソールから、Fuel Masterノードへログイン 以下のコマンドでyumのキャッシュをクリア。 yum clean all
  30. 30. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(3) 追加分のパーッケージをインストール yum install python-cudet
  31. 31. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(4) アップデート前準備を実行。 update-prepare prepare master
  32. 32. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(5) アップデートを実行。 update-prepare update master
  33. 33. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 3. Mirantis OpenStackを9.0から9.1へアップデート(6) アップデート処理時間は30~40分程度
  34. 34. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(1) FuelへのWeb 管理UIへのログインは、 IP Addrss: <Fuel MasterノードPublic ネットワークのIPアドレス> User: Admin Password: インストール時に設定したパスワード (デフォルトはAdmin)
  35. 35. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(2) OpenStack環境の構築 [Environments] – [New OpenStack Environment] スレーブノード一覧 [Equipment] スレーブノートにインストールするベースOS [Releases] プラグイン [Plugins] 言語設定 [英語/日本語/ハングル/中文]
  36. 36. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(3) スレーブノード一覧 [Equipment] Fuel Master管理下のノードが一覧で表示。 ノード名の変更と、ノード内のOS上のHostnameの変更が可能。 ※CUIでノードを操作する場合は、Hostname変更したほうが望ましい。
  37. 37. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成④ OpenStack環境の新規作成① 環境名を設定して「Next」をクリック。 ハイパーバイザを選択して「Next」をクリック。
  38. 38. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(5) OpenStack環境の新規作成② ネットワーク: どちらで可 「Neutron with VLAN segmentation」(VLAN構成) 「 Neutron with tunneling segmentation」(VXLAN構成) ストレージ: 今回は、「LVM」を選択 ※「Ceph」を利用する場合は全てのCephをチェックするほうが望 ましい。
  39. 39. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(6) OpenStack環境の新規作成③ PaaS/SaaS系コンポーネントの追加: Sahara(ビックデータ) Murano(カタログサービス) Ceilometer(測定) ※ Ceilometer は高負荷なので、VMPlyaer上で導入困難 パラメータを定義後、「Create」をクリック。
  40. 40. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(7) OpenStack環境のネットワーク環境を定義 「ネットワーク」タブをクリック
  41. 41. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(8) Public ネットワークへIPアドレスを割り当て: 画面左部の「default」をクリックしてノードに割当てるIPを記入。 画面左部の「Netron L3」をクリックしてOpenStack用のインスタン スに割当てるIPを記入。
  42. 42. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(9) ネットワーク設定を保存: 画面左部の「default」をクリックして「Public」、「Storage」、 「 Management」、「 Private」の「 Use VLAN tagging」のチェッ クを外す。 「Save settings」をクリックして設定を保存する。
  43. 43. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(8) Newtronの分散ルーティングを試したい方は… 「ネットワーク」- 「Other」の「 Neutron L2 population」と 「 Neutron DVR」をチェックして設定を保存して下さい。
  44. 44. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(9) QEMUではなく、KVM環境を試したい方は… 「Settings」- 「Compute」の「KVM」を選択して設定を保存して下 さい。 ※Computeノードの仮想HW設定のVT-dが有効であることが前提です。
  45. 45. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(10) 各スレーブノードの枠割を設定: 「Nodes」タブの「Add Nodes」をクリック
  46. 46. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(11) OpenStack環境の構築 Controllerノードは、 「Controller」を選択して 保存。 Computeノードは、 「COmpute」、 「Cinder」を選択して保 存。
  47. 47. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(12) ノードのNIC構成を設定: 対象のノードをチェックして、「Configure interfaces」をクリック。
  48. 48. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(13) 各ネットワークとNICの関連付 けを設定: ドラックアンドドロップで各 ネットワークをノードのNICに 割当て。 ※ただし、「Admin」ネットワ ークは先頭のインターフェース で固定。
  49. 49. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(14) OpenStack環境のネットワークの正常性確認: 「Networks」タブ - 「Connectivity Check」で準備した環境の疎 通性を確認。「Vierify Netwoks」をクリック。 問題が無ければ、下部のメッセージが表示。
  50. 50. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(15) OpenStack環境のデプロイを開始: 「Dashboard」タブに移動して「Deploy Changes」をクリック。 確認のメッセージを表示され「Deploy」をクリック。
  51. 51. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 2-4.FuelでOpenStack環境作成(16) OpenStack環境のデプロイが開始: デプロイに要する時間は3~4時間程度。 問題が無ければ、「Success」が表示される。
  52. 52. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 5.動作確認(CLI) Fuel MasterノードへSSHでログイン 以下のコマンドにて、各ノードの情報を取得 fuel node list
  53. 53. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 5.動作確認(CLI) 一覧に表示された、IPアドレスまたは、ホスト名でSSHで対象 のノードにログイン。 ※ホスト名でのログインは、ノードの「Hostname」を設定し たばあいのみ。
  54. 54. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 5.動作確認(CLI) 以下のコマンドにて、OpenStackの管理者用の環境変数を取得。 source /root/openrc 以降は、openstackコマンド等が実行可能。
  55. 55. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 6.Fuelにプラグインを追加 以下、URLより利用したいプラグインと導入可能なバ ージョンを確認して、「DOWNLEADS」のリンクア ドレスをコピー https://www.mirantis.com/software/fuel-plugins/
  56. 56. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 6.Fuelにプラグインを追加 Fuel MasterノードへSSHでログイン 先程、コピーした「リンクのアドレス」とwgetでプラ グインをダウンロード
  57. 57. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 6.Fuelにプラグインを追加 以下コマンドにてプラグインをインストール fuel plugins –install <ダウンロードしたプラグイン>
  58. 58. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 6.Fuelにプラグインを追加 インストールされたプラグインを確認 fuel plugins list
  59. 59. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved 関連リンク ・インスタンスのイメージファイルの取得先 http://docs.openstack.org/ja/image-guide/obtain-images.html https://apps.openstack.org/#tab=glance-images ・カタログサービス(Murano)のカタログ取得先 https://apps.openstack.org/#tab=murano-apps ・Fuelプラグインの取得先 https://www.mirantis.com/software/fuel-plugins/ ・Qiitaに記載されているMirantisの記事 http://qiita.com/tags/mirantis
  60. 60. Copyright © 2016 Mirantis, Inc. All rights reserved Thank you for your time

×