Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

User story mapping TACO

TACO Oct slides

  • Soyez le premier à commenter

User story mapping TACO

  1. 1. ユーザーストーリーマッピング ワークショップ User Story Mapping Workshop 16-Oct 2019
  2. 2. ありがとう Hennge! Thank you Hennge! 始める前に Before we start...
  3. 3. 今回は以下の要点を 持ち帰っていただければ嬉しいです: We will thrilled if at the end of this session, you would gain something on the following topics • ユーザーストーリー(User Story) • ユーザーストーリーマッピング(User Story Mapping) • ユーザーストーリーマッピングのやり方(How to do User Story Mapping)
  4. 4. 「要件定義書」に書いているから・・・ The dreaded “R” word… • 共通ドキュメント!= 認識を合わせる (Shared documents != Shared understanding) • 要件定義書のフォーカス: 「何の機能」を作成しなければ ならないか (Requirement documents focus is “what we need to build”) 伝言ゲーム(Telephone Game)
  5. 5. 私たちのゴールは何ですか? What is our Goal? • 目標は世界を変えること (Our goal is to change the world) • プロダクトを誰のために作成するか、どんな課題を解決するか (Focus on who we are building the product for and what problems it solves!)
  6. 6. • 店舗として, 在庫商品を売るため、 楽天市場に最新の在庫数を反映したい • As a merchant, I want to reflect latest inventory count to Rakuten so that I can sell items on-stock > 誰(Who) > どうして(Why) > 何(What) ユーザーストーリー User Story
  7. 7. ユーザーストーリー User Story 一番の目的: 認識を合わせる Main Goal: Shared understanding
  8. 8. ユーザーストーリーマッピング User Story Mapping • 全体像を見る (Allows us to see bigger picture) • 優先度が高いタスクをみつける (Helps prioritize the right work) • (生き残れる)リリース対象をうまく切り出す (Helps determine viable release slices)
  9. 9. リリース対象を切り出す (Slice Viable Releases)
  10. 10. ユーザーストーリーマッピングのコンセプト User Story Mapping Concept ユーザタスク リーリス スライス 詳細
  11. 11. 1. フレーミング (Framing) 2. マッピング (Mapping) 3. 探検 (Exploring) 4. リリース対象を切り出す(Slice Viable Releases) 5. 開発戦略(Development Strategy) ユーザーストーリーマッピング処理 User Story Mapping Process
  12. 12. 試してみよう! Let’s Try!
  13. 13. ステップ1:フレーミング Step 1: Framing • Morning Activity
  14. 14. ステップ2:マッピング Step 2: Mapping • 緑のポストイットで、「朝起きて」から「家を出る」 までの流れを書いて、順番に付箋を貼って下さい (20タスク以上を目指してください) 例: • 起きる (Get up) • ベッドを片付ける (Fix bed) • ジョギングする (Go for run) • シェーブをする (Shave) • シャワをする (Take shower) • 着替える (Change clothes) : • ドアをロックする (Lock door) • 関係あるタスクをグループにまとめて下さい。そのあ と各グループの名前を青い付箋に書いて、緑の付箋の 上に貼って下さい。 例: • 健康改善 (Make myself healthy) • 身なりを整える (Make myself presentable) チャレンジ! 認識を合わせるために皆さんでお話しましょう! 着替える (Change Clothes) シャワーする (Take Shower) シェーブする (Shave) 身なりを整える (Make myself presentable) ★ 備考 (Note) 動詞を使って下さい Please use verbs
  15. 15. ステップ3:探検する Step 3: Exploring • 緑の付箋の下にテープを貼って下さい。 • 黄色い付箋にユーザタスク(詳細)を書いて、テ ープの下に貼りましょう ! (50タスク以上を目指してください) 例1:「起きる」の詳細 (Wake Up Details) • アラームを5分スヌーズする (snooze alarm for 5 minutes) : • ベッドから出る (get up from bed) 例2:「シャワーをあびる」の詳細 (Take Shower Details) • 風呂場に行く(go shower) • 温度の設定をする (set water temperature) • シャンプーをする(shampoo hair) : • 髪を乾かす(blow dry hair)
  16. 16. ステップ4:リーリス対象を切り出す Step 4: Slice Out Viable Releases あら!打ち合わせがあるのに、 アラームが鳴りませんでした!! 30分以内に家をでなきゃぁぁ!!! • 黄色い付箋の下に、テープを貼っ て下さい。 • ピンクの付箋に“30分で家でなけ ればならない”と書いて、左端に貼 って下さい。 • 30分以内にできる行動はそのまま にします。 30分以内に実行できない行動をテ ープの下に移動して下さい。
  17. 17. あら!!打ち合わせがあるのに、 またアラームが鳴りませんでした!! 今回は10分以内に家でなきゃああ!!! • 30分のリリーススライスの下に、テー プを貼って下さい。 • 30分のピンクの付箋のみを下の新しい スライスに移動して下さい。 • 新たにピンクの付箋に“10分家でなけれ ばならない”と書いて、左端に貼って下 さい。 • 10分以内にできる行動をそのまま置い て、 10分以内にできない行動をテー プの下に移動して下さい。 30分以内に出なけ ればならない (must go out in 30minutes) 10分以内に出なけ ればならない (must go out in 10minutes) ステップ4:リーリス対象を切り出す Step 4: Slice Out Viable Releases
  18. 18. まとめ Wrap Up! • ユーザタスクは アクティビティごとに分類し、整理をする (Tasks are organized by activities across the map) • ユーザータスクは簡潔な動詞フレーズ(句)で記述する (User Tasks are short verb phrases that describes what users do) • (生き残れる)製品のリリースのような、時間があまり無い状況で も優先順位が高いタスクの選定ができて、無事家を出られました (Like viable release slices, you were still able to go out of the house even if there was a time constraint)
  19. 19. Remember! • Goal of user stories is shared understanding ユーザーストーリーの目標は認識を合わせることが重要 • Goal of user story mapping is to keep details aligned with the big picture ユーザーストーリーマッピングの目標は詳細を全体像に揃えるこ と。
  20. 20. Does User Story Replace Requirements Document?
  21. 21. Thank you!
  22. 22. 結果と影響 Outcome and Impact
  23. 23. User Story Mapping Process ユーザ(User) アクティビティ (Activity) バックボーン (Backbone) リーリススライス (Release Slice) ユーザタスク (User Task)

×