Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

クラウド上のシステム監視 入門編

341 vues

Publié le

2019年5月29日開催のニフクラ エンジニアミートアップ「令和初のクラウド監視超入門 監視ツール活用の基礎」における富士通クラウドテクノロジーズ株式会社仮想インフラサービス部吉村晃氏のLT資料。

Publié dans : Ingénierie
  • If we are speaking about saving time and money this site ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ is going to be the best option!! I personally used lots of times and remain highly satisfied.
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici

クラウド上のシステム監視 入門編

  1. 1. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED クラウド上のシステム監視 入門編 ~「入門 監視」を例に考えてみる~ 20190529_Nifcloud_Meetup_LTSv.1.0
  2. 2. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED トピック ◼クラウド環境での監視(初心者向け) • IaaSでそもそも監視いる? • どういうところから始めたらよいか • なにを監視したらいい ◼監視デザイン・アンチパターンとニフクラ • いくつかのパターンと自分たちを見比べてみる
  3. 3. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED 自己紹介 ◼プロフィール • 吉村 晃 • 富士通クラウドテクノロジーズ (ニフティ2014年入社) • 仮想インフラサービス部(IaaSのインフラ周り運用部隊) • 主にVMware関連の運用・監視・ツール基盤などを担当 ◼業務でよくお世話になるもの ◼業務でみている管理VM数は大体300~ • DRサービス用システム • 監視システム • ログ基盤
  4. 4. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED クラウド環境での監視 Confidential | 4
  5. 5. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED IaaSでそもそも監視いる? ◼いります ◼なぜ監視するのか • IaaSの責任分界点(OSから上は見ない/見えない) ◼監視無しだとどうなるか • 問題解決(or サポート)が遅くなる/できなくなる • ボトルネックを特定できない • ビジネス上の指針を持てなくなる ( https://pfs.nifcloud.com/security/ )
  6. 6. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED とはいえ監視って何から始めれば ◼最近良い本が出ていました ◼監視についてざっくり知るには十分 • デザインパターン・アンチパターン • アラート対応 • 各種メトリクスの取扱い など • ひとまず監視の原則(~4章)を読む(1h位) ◼この本をベースにまず触ってみることが大事 • 物足りなくなったらGoogleのSRE本や、「詳解 システムパフォーマンス」 などへどうぞ O'Reilly Japan - 入門 監視 https://www.oreilly.co.jp/bo oks/9784873118642/
  7. 7. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED なぜ監視を触ってみることが大事か ◼監視内容より、普段の状況を知っていることのほうが重要 • 「何かが起きている」ことが分かれば最初の壁は超えている ◼システムは変わるし、利用状況も変わる。監視も変わる • 「監視疲れ」を避けるため、見ないデータ(アラート)は入れない • データに依存する場所も多いが触ってないと気づきにくい ◼注力するのはドメイン知識の獲得であって、仕組みではない • 仕組みはSaaSなどで極力省力化し、振る舞いについて共有する • (監視が安定するまでに数ヶ月~年単位で時間がかかることもある)
  8. 8. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED なにを監視する ◼最初は各OSで見える基本的な要素で十分 • CPU / Mem / Disk / Network( 使用率・枯渇・周期 ) • 問題時に知りたいのは何時が起点なのか、何をしていたのか • これらの情報を確認できるだけで大分助かるはず ◼Application performance management(APM) • アプリケーションやDBなど関して、より特化した情報が見える • レスポンスタイム・エラー率・重いクエリなど
  9. 9. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED FJCTインフラ部(私の周り)と 「入門監視」デザイン・アンチパターン (時間があれば) Confidential | 9
  10. 10. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED アンチパターン1 (「入門 監視」より) ◼「ツール依存」 • 何かを始めるのにまずツールありきで考えてしまう • 万能ツール(銀の弾丸)は無いのに求めてしまう ◼若干当てはまる部分はあります • とりあえず / でやろう とか ◼得意分野から外れていないかは気にしたほうが良い • ツール乗り換えを考慮して、あえて2系統でやってみることも • 利用者を考えると見るツールはまとめたほうが良い ( 複数のデータソースを扱える などを活用すると楽) (面子配慮)
  11. 11. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED アンチパターン4 (「入門 監視」より) ◼「監視を支えにする」 • 監視(+運用)でカバーできるから良いかと考えてしまう • 監視を増やしても壊れているシステムが直るわけではない ◼運用者としてはできる限り避けたい流れのため意識してます • あのアラートたまに上がるけど、昔からある謎のやつだしなー • まずいな、とりあえずアラート仕込んでおこう(そして月日が経ち…) ◼監視も腐っていくので振り返りが必要 • 今も根本対策できないんだっけ? → 設定・構成変更。自動対応 • 今月多かったアラートで手を入れられるやつはないか → 集計
  12. 12. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED デザインパターン1 (「入門 監視」より) ◼「組み合わせ可能な監視」 • データ収集・分析・可視化・アラートなどでツールを分ける • 各コンポーネントを取り替え可能にする ◼監視対象の規模に応じて、監視システムの規模を調整 • 最初から巨大な監視システムは要らない(扱う手間が大きい) • (+Agent)一本だったり、 + + だったり ◼監視システムを気軽に止められるかはポイント(かもしれない) • コンポーネント = 1つのことを(可用性を保った上で)うまくやる • 性能限界への対応・新規ツールへの乗り換えで考える範囲が減る (年単位で見ると、ツールの切り替えは発生する)
  13. 13. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED デザインパターン2 (「入門 監視」より) ◼「ユーザ視点での監視」 • 監視するポイントは沢山あるが、ユーザに近いところからやろう • Webサーバが何台生きているかよりも、レスポンスコードがどうか ◼インフラのデータ + ユーザでの見え方の突き合わせは大事 • 時に矛盾したデータが出てくる事もあるが、片方だけだと気づけない ◼可能なら内部・外部でのデータを比べられるようにする • 物理ストレージ機器とVMに付く仮想ディスクのレイテンシは違う Storage DiskVolume VM OS ESXi インフラで見える レイテンシ ユーザで見える レイテンシ ネットワークとか バスとか色々 そもそも違うものが手元にある
  14. 14. Copyright 2017 FUJITSU CLOUD TECHNOLOGIES LIMITED まとめ ◼ 最低限の監視からでも始めましょう ◼ 「入門 監視」が取っ掛かりとしては良い ◼ 監視も成長するので、サービスの一部として捉える • 監視が安定するまでは時間がかかることを意識する ◼ 色々大変なポイントはありますが、チームで取り組めるといいですね • SaaS利用などお金も絡むシーンも多いので、決裁権に近い人もぜひ

×