Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
OpenStack
マルチノード環境構築
IceHouse VLAN編
ほんま
まず、はじめに。
 私は、OpenStackを初めてすぐのものです。あまり詳しくはありません。
 コミュニティにも参加したことはありません。
 インストールするのに苦労したので、簡単に手順を紹介します。
 いろんなインストール仕方がある...
利用ソフトウェア
 CentOS 7を利用します。
 http://www.centos.org/
 OpenStackはIceHouseを利用します。RDOを利用してインストールします。
利用するレポジトリは、以下のrpmで利用できるも...
システム構成
42014/11
Windows 8.1
+
VMware Player
Opst01
CentOS 7
Opst02
CentOS 7
NIC
ルータ
ブリッジ接続
NIC1NIC1
NIC2 NIC2
VMnet1
ブリッジ接...
参考に
 VMware Playerを動かしている環境です。
 Intel(R) Core(TM) i7-2600
3.4GHz, 4コア(8スレッド)
 DDR3-1333 12G
 1HDD(約900G)
 Windows 8.1...
CentOS 7のインストール設定①
2014/11 6
CentOS 7のインストール設定②
 OpenStackは/var/lib/nova以下を使
用しますので、/var以下のディスク容量を
確保するようにしてください。
 今回は、検証環境ですので、ディスクの残
りをすべて「/」に割り当てて...
OpenStackのインストール①
 最新に更新します
 #yum –y update
 RDOをインストールします。
 RDO Quickstartを参考にしてください。
 #yum install -y
https://repos...
AllInOne環境の確認①
 環境ができあがると、以下のように表示されます。
 /root/以下に、以下のファイルができます。
 keystonerc_admin
 keystonerc_demo
 packstack-answer...
AllInOne環境の確認②
 OpenStackの状態を確認するコマンドを実行します。
 #. ./keystonerc_admin ← 環境変数を設定します。
 [(keystone_admin)] #openstack-status...
AllInOne環境の確認③
 Horizonにログインしてみましょう。
 /root/keystonerc_adminにパスワードが書かれています。確認してください。
2014/11 11
admin
keystonerc_admin
に...
参考に
 この時、必要なOpenvSwitchの設定が行われています。以下のコマンドで確
認してみましょう。
 #ovs-vsctl show
2014/11 12
br-tun、br-int、br-exの3つのブリッジが作成されて
います...
マルチノードに設定①
 /root/以下に保存されたpackstack-answers-日時.txtを編集します。
編集する項目は以下の通りです。
 CONFIG_COMPUTE_HOSTS=192.168.1.21,192.168.1.2...
マルチノードに設定①
 /root/以下に保存されたpackstack-answers-日時.txtを編集します。
編集する項目は以下の通りです。
 CONFIG_NEUTRON_OVS_TUNNEL_RANGES=1001:1010
 ...
マルチノードに設定②
 全てのサーバで、NetworkManagerが動作していることを確認してください。
packstackが設定するときには、NetworkMangerが必要です。
 packstackを実行します。
 packsta...
マルチノードに設定③
 一度再起動します。
 shutdown –r now
 経験的にここで一度再起動しておく方が良いです。
 再起動後の設定確認を確認するためです。
2014/11 16
データの修正①
 localhost.localdomainを削除しましょう
 mysql –u root
こんな感じでデータが管理されています。
削除するコマンドは以下のコマンドです。
delete from nova.compute_n...
データの修正②
 cinderについても同様に消しておきましょう。
 cinder-manage service list
MariaDB [(none)]> delete from cinder.services where host =...
外部ネットワークの修正①
 P4で示した外部ネットワークを使用するためにはネットワークを設定しなおす必要
があります。
 Horizonにログインしてネットワークを確認してみましょう
2014/11 19
publicのネットワークです
割...
外部ネットワークの修正②
 「管理」-「ルーター」を開き、ネットワークdemoのprivateとadminのpublicを
削除します。
2014/11 20
クリック
外部ネットワークの修正③
 「管理」-「ネットワーク」を開き、ネットワークdemoのprivateとadminの
publicを削除します。
2014/11 21
クリック
※ルーターを削除してからでないと、ネットワークを
削除できません。
...
外部ネットワークの修正④
 外部ネットワークを作成します。
2014/11 22
この青枠のネットワークを
作成します。
外部ネットワークの修正⑤
 Horizon上では設定できないので、コマンドで設定します。
 neutron net-create public --provider:network-type flat 
--provider:physica...
外部ネットワークの修正⑥
 ここからはHorizonで設定できるので、WEBから設定していきます。
 まず、「管理」-「ネットワーク」を表示します。
 「public」をクリックします。
2014/11 24
クリック
ネットワークの修正⑦
 「サブネットの作成」をクリックします。
2014/11 25
クリック
クリック
このネットワークは、physnet1で、
faltで設定できています。
ネットワークの修正⑧
2014/11 26
クリック
クリック
外部ネットワークの修正⑨
2014/11 27
クリック
クリック
FloatingIPになりますので、
開始IP、終了IPをカンマ区切りで
指定してください。
内部ネットワークの作成①
 内部ネットワークを作成します。
2014/11 28
この青枠で構成する
ネットワークを作成します。
最終形はこうなります。
ルーター
内部ネットワークの作成②
 「管理」-「ネットワーク」で表示される「ネットワーク作成」をクリックします。
2014/11 29
クリック
内部ネットワークの作成③
 ウィンドウが表示されるので、設定し、「ネットワーク作成」をクリックします。
2014/11 30
クリック
内部ネットワークの作成④
 サブネットを登録しますが、先ほど外部ネットワークのサブネットを作成したように
設定していきます。
2014/11 31
クリック
クリック
内部ネットワークの作成⑤
 サブネットを作成します。
2014/11 32
内部ネットワークの作成⑥
 内部ネットワークを外部ネットワークに接続します。
 ネットワーク間を接続するのはルータです。ルータを追加します。これも、Horizonから設定できる
ので、ここではWEBから設定します。
 「管理」ではルータの...
内部ネットワークの作成⑦
 ルーター名を指定します。
 ルーターが追加されます。
2014/11 34
クリック
内部ネットワークの作成⑧
 ルータにゲートウェイを設定します。
2014/11 35
クリック
内部ネットワークの作成⑨
 外部ネットワークを「public」を選択します
 「ゲートウェイの設定」をクリックします。
2014/11 36
publicを
設定します
クリック
内部ネットワークの作成⑩
 ルーターの外部ネットワークに「public」が追加されます。
 これを正しく設定していないと、インスタンスを作成し、FloatingIPを付与すると
きにエラーとなります。
 「インターフェースの追加」で作成さ...
内部ネットワークの作成⑪
 ここまで、以下のようなネットワーク環境が構築できています。
2014/11 38
ルーターが
追加されます。
内部ネットワークの作成⑫
 「プロジェクト」-「ルーター」を開き、ルーター「private-01-GW01」をクリックしま
す。
2014/11 39
クリック
内部ネットワークの作成⑬
 「ルーターの詳細」画面で、「インターフェースの追加」ができます。
2014/11 40
クリック
内部ネットワークの作成⑭
 インターフェースの設定をし、「インターフェースの追加」をクリックします。
2014/11 41
クリック
内部ネットワークを
選択します
サブネット作成時に
指定したGWのIPを
設定します
内部ネットワークの作成⑮
 これでネットワークが完成しました。
2014/11 42
外部ネットワークと内部ネットワークが
接続できました。
イメージの追加①
 インスタンスを追加して動作確認をしますが、まず、起動するためのインスタンスを
追加しましょう。
 「管理」-「イメージ」を開き、イメージの追加をクリックします。
2014/11 43
クリック
イメージの追加②
 イメージの作成を設定し、「イメージの作成」をクリックします。
2014/11 44
http://cloud.centos.org/centos/7/devel/CentO
S-7-x86_64-GenericCloud-...
※Imageについて
 RDOのページで確認することができます。
2014/11 45
https://openstack.redhat.com/Image_resources
イメージの追加③
 このように、ダウンロードして登録されます。
2014/11 46
登録中
インスタンスを起動するための前準備①
 インスタンスを起動するための前準備をします。
 キーペアを作ります。
 セキュリティグループを適切に設定します。
 フレーバーの修正を行います。
 「プロジェクト」-「アクセスとセキュリティ」を...
インスタンスを起動するための前準備②
 「キーペア」を作成します。
 キーペアを開き、「キーペアの作成」をクリックします。
2014/11 48
クリック
クリック
インスタンスを起動するための前準備③
 ダウンロードが始まりますので、大切に保存してください。
2014/11 49
インスタンスを起動するための前準備④
 次は、「セキュリティグループ」を設定します。
 ここでは、defaultの設定を変更しますが、本来は、適切に設定するためにも、セキュリティグ
ループを追加し、設定してください。
2014/11 50
...
インスタンスを起動するための前準備⑤
 defaultの設定を変更します。
 pingの許可とsshの許可を追加します。
2014/11 51
クリック
インスタンスを起動するための前準備⑥
 pingの許可(送信、受信)
2014/11 52
クリック
インスタンスを起動するための前準備⑦
 外部ネットワークからのssh許可
2014/11 53
クリック
インスタンスを起動するための前準備⑧
 フレーバーですが、パソコン上の環境にはあっていないので、以下のように修正し
ます。
 m1.tiny、m1.smallを修正します。
メモリー、ルートディスクの容量を変更しています。
2014/11 ...
インスタンスの起動①
 では、インスタンスを起動します。
 「プロジェクト」-「イメージ」を開き、「起動」をクリックします。
2014/11 55
クリック
インスタンスの起動③
 「詳細」を設定します。
2014/11 56
動作確認のため
4つを起動します
インスタンスの起動④
 「アクセスとセキュリティ」を設定します。
2014/11 57
インスタンスの起動⑤
 「ネットワーク」を設定します。
2014/11 58
内部ネットワークを
指定します。
インスタンスの起動⑥
 今回は、sshをパスワードでログインできるように下記を設定します。
2014/11 59
#cloud-config
password: vmpass
chpasswd: { expire: False }
ssh_p...
インスタンスの起動⑦
 起動中になります。
2014/11 60
起動済み
起動処理中
パソコン上の仮想環境では、スペックの問題で、うまく起動できない場合があります。
インスタンスをクリックして、ログから起動を確認してください。
本当は、1つ...
ネットワークの動作確認①
 コマンドで確認します。
 ホスト#1(OPST-01)にログインします。
 namespaceを利用し、独立したネットワークを作り上げいるため、まず、namespaceの一覧
を確認します。
# ip netn...
ネットワークの動作確認②
 pingで、疎通を確認します。
 pingをうつ先は、各インスタンスのIPアドレスです。
 namespaceからpingをうつために以下のコマンドを使用します。
ip netns exec (namespac...
ネットワークの動作確認②
2014/11 63
192.168.100.1に
pingはOKです。
192.168.100.50に
pingはOKです。
192.168.100.51に
pingはOKです。
192.168.100.52に
pi...
ネットワークの動作確認③
 最後に外部ネットワークからアクセスできることを確認しましょう。
 外部ネットワークに接続するには、FloatingIPの設定が必要です。
 まずは、FloatingIPの設定をします。(FloatingIPとは...
ネットワークの動作確認④
 確保すると以下のようになります。
2014/11 65
ネットワークの動作確認⑤
 確保すると以下のようになります。
 「割り当て」をクリックし、設定します。
2014/11 66
ネットワークの動作確認⑥
 割り当てすると以下のようになります。
2014/11 67
ネットワークの動作確認⑦
 「インスタンス」でみると、2つのIPが表示されています。
 上にはprivate ip、下にはpublic ipが表示されます。
2014/11 68
ネットワークの動作確認⑧
 外部からpingを打つと問題なくpingが通ります。
2014/11 69
192.168.1.151に
pingはOKです。
192.168.1.152に
pingはOKです。
192.168.1.153に
pi...
ネットワークの動作確認⑨
 SSHも問題なく接続できると思います。
 以下は、パスワードでログインできるようにしていますので、キーペアは使用していません。
2014/11 70
Open vSwitchについて
 今回使用したOpen vSwitchのVLAN構成は、以下のサイトが分かりやすいで
す。
 http://openvswitch.org/support/config-cookbooks/vlan-con...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

OpenStack マルチノード環境構築

7 032 vues

Publié le

OpenStackのインストール手順を説明します。
packstackを利用したインストールです。
最終的にマルチノード環境を作成します。
また、外部ネットワークに既存のネットワークを設定しアクセスできるようにします。
初心者向けです。

Publié dans : Logiciels
  • Soyez le premier à commenter

OpenStack マルチノード環境構築

  1. 1. OpenStack マルチノード環境構築 IceHouse VLAN編 ほんま
  2. 2. まず、はじめに。  私は、OpenStackを初めてすぐのものです。あまり詳しくはありません。  コミュニティにも参加したことはありません。  インストールするのに苦労したので、簡単に手順を紹介します。  いろんなインストール仕方があると思います。あくまでも1つの参考手順です。  間違った記載があるかもしれませんが、ご了承ください。  皆さまが、少しでもOpenStackをインストールするときの助けになればと思います。  環境による違いなど、質問などお答えすることは難しいと思いますので、可能な限 り私の環境を説明させて頂いています。 2014/11 2
  3. 3. 利用ソフトウェア  CentOS 7を利用します。  http://www.centos.org/  OpenStackはIceHouseを利用します。RDOを利用してインストールします。 利用するレポジトリは、以下のrpmで利用できるものです。  https://repos.fedorapeople.org/repos/openstack/openstack-icehouse/rdo- release-icehouse-4.noarch.rpm  詳細は、https://openstack.redhat.com/を見て下さい。  家のパソコンを利用するので、VMware Player(6.0.4)を利用して仮想環境 を作ります。  オープンソースに感謝!! 2014/11 3
  4. 4. システム構成 42014/11 Windows 8.1 + VMware Player Opst01 CentOS 7 Opst02 CentOS 7 NIC ルータ ブリッジ接続 NIC1NIC1 NIC2 NIC2 VMnet1 ブリッジ接続 192.168.1.0/24 192.168.1.21 192.168.1.22 VLAN コンピュートノードすべて インターネット
  5. 5. 参考に  VMware Playerを動かしている環境です。  Intel(R) Core(TM) i7-2600 3.4GHz, 4コア(8スレッド)  DDR3-1333 12G  1HDD(約900G)  Windows 8.1  VMware Playerで動かく仮想マシーンは、以下の通り設定しています。  プロセッサ数は、4  メモリは、3.5G  HDD容量は、100G  DVD  ネットワークアダプタ1(ブリッジ接続)  ネットワークアダプタ2(VMnet1) 2014/11 5 ※注意事項 vmxファイルの設定を変更しています。 自己責任でお願いします。 ethernet1.virtualDev = "e1000" mainMem.useNamedFile = "FALSE"
  6. 6. CentOS 7のインストール設定① 2014/11 6
  7. 7. CentOS 7のインストール設定②  OpenStackは/var/lib/nova以下を使 用しますので、/var以下のディスク容量を 確保するようにしてください。  今回は、検証環境ですので、ディスクの残 りをすべて「/」に割り当てています。 2014/11 7
  8. 8. OpenStackのインストール①  最新に更新します  #yum –y update  RDOをインストールします。  RDO Quickstartを参考にしてください。  #yum install -y https://repos.fedorapeople.org/repos/openstack/openstack-icehouse/rdo- release-icehouse-4.noarch.rpm  #yum install -y openstack-packstack  #packstack --allinone  これで、AllInOne環境が出来上がりです。 2014/11 8 ※注意事項 hostnameを設定している場合は、 /etc/hostsに記載してください。 しかし、うまく行ったことがないです。 localhost.localadminのままだとうまく行きます。
  9. 9. AllInOne環境の確認①  環境ができあがると、以下のように表示されます。  /root/以下に、以下のファイルができます。  keystonerc_admin  keystonerc_demo  packstack-answers-日時.txt 2014/11 9 記載のとおり、AllInOneで使用する場合は、 NetManagerを停止してください。 このファイルを編集してマルチノードにします。
  10. 10. AllInOne環境の確認②  OpenStackの状態を確認するコマンドを実行します。  #. ./keystonerc_admin ← 環境変数を設定します。  [(keystone_admin)] #openstack-status 実行すると以下のような表示がでます。 2014/11 10 続く(一部省略) 続き
  11. 11. AllInOne環境の確認③  Horizonにログインしてみましょう。  /root/keystonerc_adminにパスワードが書かれています。確認してください。 2014/11 11 admin keystonerc_admin に記載されたパスワード ログインすると
  12. 12. 参考に  この時、必要なOpenvSwitchの設定が行われています。以下のコマンドで確 認してみましょう。  #ovs-vsctl show 2014/11 12 br-tun、br-int、br-exの3つのブリッジが作成されて います。 物理NICの名前が記載されていません。 まだ外部への接続はない状態です。 後で登場しますので、比較してみてください。
  13. 13. マルチノードに設定①  /root/以下に保存されたpackstack-answers-日時.txtを編集します。 編集する項目は以下の通りです。  CONFIG_COMPUTE_HOSTS=192.168.1.21,192.168.1.22  CONFIG_NEUTRON_OVS_TENANT_NETWORK_TYPE=vlan  CONFIG_NOVA_COMPUTE_PRIVIF=eno33554960  CONFIG_NOVA_NETWORK_PUBIF=eno16777736  CONFIG_NOVA_NETWORK_PRIVIF=eno33554960  CONFIG_NOVA_NETWORK_VLAN_START=1001  CONFIG_NEUTRON_L3_EXT_BRIDGE=br-ex  CONFIG_NEUTRON_L2_PLUGIN=openvswitch  CONFIG_NEUTRON_OVS_VLAN_RANGES=physnet1,physnet2:1001:1010  CONFIG_NEUTRON_OVS_BRIDGE_MAPPINGS=physnet1:br-ex, physnet2:br-priv  CONFIG_NEUTRON_OVS_BRIDGE_IFACES=br-ex:eno16777736,br- priv:eno33554960 2014/11 13
  14. 14. マルチノードに設定①  /root/以下に保存されたpackstack-answers-日時.txtを編集します。 編集する項目は以下の通りです。  CONFIG_NEUTRON_OVS_TUNNEL_RANGES=1001:1010  CONFIG_NEUTRON_OVS_TUNNEL_IF=eno33554960 2014/11 14
  15. 15. マルチノードに設定②  全てのサーバで、NetworkManagerが動作していることを確認してください。 packstackが設定するときには、NetworkMangerが必要です。  packstackを実行します。  packstack --answer-file=packstack-answers-日時.txt  インストールが成功すれば、とりあえずは一安心です。一応確認してみましょう。  # . keystonerc_admin  openstack-status 2014/11 15 localhost.localdomainが 残っていると思います。
  16. 16. マルチノードに設定③  一度再起動します。  shutdown –r now  経験的にここで一度再起動しておく方が良いです。  再起動後の設定確認を確認するためです。 2014/11 16
  17. 17. データの修正①  localhost.localdomainを削除しましょう  mysql –u root こんな感じでデータが管理されています。 削除するコマンドは以下のコマンドです。 delete from nova.compute_nodes where hypervisor_hostname = 'localhost.localdomain'; delete from nova.services where host = 'localhost.localdomain'; 2014/11 17
  18. 18. データの修正②  cinderについても同様に消しておきましょう。  cinder-manage service list MariaDB [(none)]> delete from cinder.services where host = 'localhost.localdomain'; localhost.localdomainが消すことができます。  cinder-manage service list 2014/11 18
  19. 19. 外部ネットワークの修正①  P4で示した外部ネットワークを使用するためにはネットワークを設定しなおす必要 があります。  Horizonにログインしてネットワークを確認してみましょう 2014/11 19 publicのネットワークです 割り当てられているのは、physnet2で、vlanになって おり、これでは外部ネットワークと通信ができません。 これから、これを外部ネットワークに接続できるように 設定を変更していきます。
  20. 20. 外部ネットワークの修正②  「管理」-「ルーター」を開き、ネットワークdemoのprivateとadminのpublicを 削除します。 2014/11 20 クリック
  21. 21. 外部ネットワークの修正③  「管理」-「ネットワーク」を開き、ネットワークdemoのprivateとadminの publicを削除します。 2014/11 21 クリック ※ルーターを削除してからでないと、ネットワークを 削除できません。 その他、コンピュータノードなどを作成しているときは、 全て削除してからでないとできないので注意してください。
  22. 22. 外部ネットワークの修正④  外部ネットワークを作成します。 2014/11 22 この青枠のネットワークを 作成します。
  23. 23. 外部ネットワークの修正⑤  Horizon上では設定できないので、コマンドで設定します。  neutron net-create public --provider:network-type flat --provider:physical_network physnet1 --router:external True --shared 2014/11 23 ※注意事項 physnet1は、P13で指定しています。br-ex:eno16777736と結びついています。
  24. 24. 外部ネットワークの修正⑥  ここからはHorizonで設定できるので、WEBから設定していきます。  まず、「管理」-「ネットワーク」を表示します。  「public」をクリックします。 2014/11 24 クリック
  25. 25. ネットワークの修正⑦  「サブネットの作成」をクリックします。 2014/11 25 クリック クリック このネットワークは、physnet1で、 faltで設定できています。
  26. 26. ネットワークの修正⑧ 2014/11 26 クリック クリック
  27. 27. 外部ネットワークの修正⑨ 2014/11 27 クリック クリック FloatingIPになりますので、 開始IP、終了IPをカンマ区切りで 指定してください。
  28. 28. 内部ネットワークの作成①  内部ネットワークを作成します。 2014/11 28 この青枠で構成する ネットワークを作成します。 最終形はこうなります。 ルーター
  29. 29. 内部ネットワークの作成②  「管理」-「ネットワーク」で表示される「ネットワーク作成」をクリックします。 2014/11 29 クリック
  30. 30. 内部ネットワークの作成③  ウィンドウが表示されるので、設定し、「ネットワーク作成」をクリックします。 2014/11 30 クリック
  31. 31. 内部ネットワークの作成④  サブネットを登録しますが、先ほど外部ネットワークのサブネットを作成したように 設定していきます。 2014/11 31 クリック クリック
  32. 32. 内部ネットワークの作成⑤  サブネットを作成します。 2014/11 32
  33. 33. 内部ネットワークの作成⑥  内部ネットワークを外部ネットワークに接続します。  ネットワーク間を接続するのはルータです。ルータを追加します。これも、Horizonから設定できる ので、ここではWEBから設定します。  「管理」ではルータの作成はできないので、「プロジェクト」-「ルータ」から設定します。 2014/11 33 クリック
  34. 34. 内部ネットワークの作成⑦  ルーター名を指定します。  ルーターが追加されます。 2014/11 34 クリック
  35. 35. 内部ネットワークの作成⑧  ルータにゲートウェイを設定します。 2014/11 35 クリック
  36. 36. 内部ネットワークの作成⑨  外部ネットワークを「public」を選択します  「ゲートウェイの設定」をクリックします。 2014/11 36 publicを 設定します クリック
  37. 37. 内部ネットワークの作成⑩  ルーターの外部ネットワークに「public」が追加されます。  これを正しく設定していないと、インスタンスを作成し、FloatingIPを付与すると きにエラーとなります。  「インターフェースの追加」で作成されるのは、内部インターフェースなので注意しま しょう。必ず、「ゲートウェイの設定」を行いましょう。 2014/11 37 publicが 追加されます。
  38. 38. 内部ネットワークの作成⑪  ここまで、以下のようなネットワーク環境が構築できています。 2014/11 38 ルーターが 追加されます。
  39. 39. 内部ネットワークの作成⑫  「プロジェクト」-「ルーター」を開き、ルーター「private-01-GW01」をクリックしま す。 2014/11 39 クリック
  40. 40. 内部ネットワークの作成⑬  「ルーターの詳細」画面で、「インターフェースの追加」ができます。 2014/11 40 クリック
  41. 41. 内部ネットワークの作成⑭  インターフェースの設定をし、「インターフェースの追加」をクリックします。 2014/11 41 クリック 内部ネットワークを 選択します サブネット作成時に 指定したGWのIPを 設定します
  42. 42. 内部ネットワークの作成⑮  これでネットワークが完成しました。 2014/11 42 外部ネットワークと内部ネットワークが 接続できました。
  43. 43. イメージの追加①  インスタンスを追加して動作確認をしますが、まず、起動するためのインスタンスを 追加しましょう。  「管理」-「イメージ」を開き、イメージの追加をクリックします。 2014/11 43 クリック
  44. 44. イメージの追加②  イメージの作成を設定し、「イメージの作成」をクリックします。 2014/11 44 http://cloud.centos.org/centos/7/devel/CentO S-7-x86_64-GenericCloud-20140917_02.qcow2 今回は、CentOS7のイメージを追加しました。 ※注意事項 アーキテクチャーは、空にしておく方が良いです。 この情報をもとに、適切に判断して、どのコンピュータ ノードに配置するかをスケジュールしています。 適切な文字列を設定しない場合は、どのコンピュータ ノードでも起動できないと判断され、起動できません。 正しく設定するか、空にしておいてください。
  45. 45. ※Imageについて  RDOのページで確認することができます。 2014/11 45 https://openstack.redhat.com/Image_resources
  46. 46. イメージの追加③  このように、ダウンロードして登録されます。 2014/11 46 登録中
  47. 47. インスタンスを起動するための前準備①  インスタンスを起動するための前準備をします。  キーペアを作ります。  セキュリティグループを適切に設定します。  フレーバーの修正を行います。  「プロジェクト」-「アクセスとセキュリティ」を開きます。 2014/11 47
  48. 48. インスタンスを起動するための前準備②  「キーペア」を作成します。  キーペアを開き、「キーペアの作成」をクリックします。 2014/11 48 クリック クリック
  49. 49. インスタンスを起動するための前準備③  ダウンロードが始まりますので、大切に保存してください。 2014/11 49
  50. 50. インスタンスを起動するための前準備④  次は、「セキュリティグループ」を設定します。  ここでは、defaultの設定を変更しますが、本来は、適切に設定するためにも、セキュリティグ ループを追加し、設定してください。 2014/11 50 クリック
  51. 51. インスタンスを起動するための前準備⑤  defaultの設定を変更します。  pingの許可とsshの許可を追加します。 2014/11 51 クリック
  52. 52. インスタンスを起動するための前準備⑥  pingの許可(送信、受信) 2014/11 52 クリック
  53. 53. インスタンスを起動するための前準備⑦  外部ネットワークからのssh許可 2014/11 53 クリック
  54. 54. インスタンスを起動するための前準備⑧  フレーバーですが、パソコン上の環境にはあっていないので、以下のように修正し ます。  m1.tiny、m1.smallを修正します。 メモリー、ルートディスクの容量を変更しています。 2014/11 54
  55. 55. インスタンスの起動①  では、インスタンスを起動します。  「プロジェクト」-「イメージ」を開き、「起動」をクリックします。 2014/11 55 クリック
  56. 56. インスタンスの起動③  「詳細」を設定します。 2014/11 56 動作確認のため 4つを起動します
  57. 57. インスタンスの起動④  「アクセスとセキュリティ」を設定します。 2014/11 57
  58. 58. インスタンスの起動⑤  「ネットワーク」を設定します。 2014/11 58 内部ネットワークを 指定します。
  59. 59. インスタンスの起動⑥  今回は、sshをパスワードでログインできるように下記を設定します。 2014/11 59 #cloud-config password: vmpass chpasswd: { expire: False } ssh_pwauth: True ここを参考にしています。 http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20140201/1391186305 内部ネットワークを 指定します。
  60. 60. インスタンスの起動⑦  起動中になります。 2014/11 60 起動済み 起動処理中 パソコン上の仮想環境では、スペックの問題で、うまく起動できない場合があります。 インスタンスをクリックして、ログから起動を確認してください。 本当は、1つずつ起動させる方が良いです。 また、だめな場合は、アクションで、ハードウェアリセットを選択し、実行してください。
  61. 61. ネットワークの動作確認①  コマンドで確認します。  ホスト#1(OPST-01)にログインします。  namespaceを利用し、独立したネットワークを作り上げいるため、まず、namespaceの一覧 を確認します。 # ip netns  以下の2つ出てきます。 qrouter-(ID) ルータ- qdhcp-(ID) DHCP  qrouter-(ID)のIDは、Horizonで確認してみましょう。 同じIDになっていることが確認できると思います。 2014/11 61 同じです。
  62. 62. ネットワークの動作確認②  pingで、疎通を確認します。  pingをうつ先は、各インスタンスのIPアドレスです。  namespaceからpingをうつために以下のコマンドを使用します。 ip netns exec (namespace ID) ping (IPアドレス) 2014/11 62
  63. 63. ネットワークの動作確認② 2014/11 63 192.168.100.1に pingはOKです。 192.168.100.50に pingはOKです。 192.168.100.51に pingはOKです。 192.168.100.52に pingはOKです。 192.168.100.53に pingはOKです。
  64. 64. ネットワークの動作確認③  最後に外部ネットワークからアクセスできることを確認しましょう。  外部ネットワークに接続するには、FloatingIPの設定が必要です。  まずは、FloatingIPの設定をします。(FloatingIPとはNATを設定することです) 「プロジェクト」-「アクセスとセキュリティ」-「FloatingIP」を開きます。 「Floating IPの確保」を4回行ってください。 2014/11 64 クリック
  65. 65. ネットワークの動作確認④  確保すると以下のようになります。 2014/11 65
  66. 66. ネットワークの動作確認⑤  確保すると以下のようになります。  「割り当て」をクリックし、設定します。 2014/11 66
  67. 67. ネットワークの動作確認⑥  割り当てすると以下のようになります。 2014/11 67
  68. 68. ネットワークの動作確認⑦  「インスタンス」でみると、2つのIPが表示されています。  上にはprivate ip、下にはpublic ipが表示されます。 2014/11 68
  69. 69. ネットワークの動作確認⑧  外部からpingを打つと問題なくpingが通ります。 2014/11 69 192.168.1.151に pingはOKです。 192.168.1.152に pingはOKです。 192.168.1.153に pingはOKです。 192.168.1.154に pingはOKです。
  70. 70. ネットワークの動作確認⑨  SSHも問題なく接続できると思います。  以下は、パスワードでログインできるようにしていますので、キーペアは使用していません。 2014/11 70
  71. 71. Open vSwitchについて  今回使用したOpen vSwitchのVLAN構成は、以下のサイトが分かりやすいで す。  http://openvswitch.org/support/config-cookbooks/vlan-configuration- cookbook/  非常にわかりやすく書かれているので、見て頂ければ、理解できると思います。 2014/11 71

×