Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
「イトナブ的『教育デザイン』」
イトナブ代表
ISHINOMAKI2.0 理事 古山 隆幸
イトナブ代表
ISHINOMAKI2.0 理事
古山 隆幸
faecbook : https://www.facebook.com/takayuki.furuyama
1981年5月生まれ 32歳
宮城県石巻市出身
高校卒業後、埼玉の大学へ進学...
街を作っていくのは自分たちじゃなくって次の若者ではないだろうか。
だからこそ次の若者達が動きやすい環境を作るために全力で走ることが
街の未来を作ること何じゃないのだろうか?
震災10年後の2021年までに
石巻で1000人のIT技術者を育成する
「IT」+「学ぶ」+「イノベーション」+「営む」
の造語
学び方って
大切だと本
当に思って
いるんです
「面白い大人」「かっこいい大人」
触発される
プロボノ的サポート第1フェーズ
技術の落とし込み第2フェーズ
地元内での技術継承第3フェーズ
自活できる人作り=街作り
自立した産業の開拓サイクル
去年からイトナブが動き出して、
まだ1年弱。6人くらいの開発者
しか育っていないけど、、、、、、
それでいいんです。
だって、その育った若者たちが
今となっては講師になっている
んですよ。
これぞ、
「イトナブ式ねずみこう講習」
産業を生むって...
ITx災害会議発表資料(イトナブ石巻 古山隆幸氏)2013年10月6日
ITx災害会議発表資料(イトナブ石巻 古山隆幸氏)2013年10月6日
ITx災害会議発表資料(イトナブ石巻 古山隆幸氏)2013年10月6日
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

ITx災害会議発表資料(イトナブ石巻 古山隆幸氏)2013年10月6日

2013年10月6日に行われたITx災害会議におけるイトナブ石巻 古山隆幸氏の発表資料。

  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

  • Soyez le premier à aimer ceci

ITx災害会議発表資料(イトナブ石巻 古山隆幸氏)2013年10月6日

  1. 1. 「イトナブ的『教育デザイン』」 イトナブ代表 ISHINOMAKI2.0 理事 古山 隆幸
  2. 2. イトナブ代表 ISHINOMAKI2.0 理事 古山 隆幸 faecbook : https://www.facebook.com/takayuki.furuyama 1981年5月生まれ 32歳 宮城県石巻市出身 高校卒業後、埼玉の大学へ進学。在学中にITと出会い、それ以降web系の仕事をし始める。 卒業後、友人とweb系制作会社を立ち上げる。 震災以降、ISHINOMAKI2.0の前身となるメンバーと出会い、その後、ISHINOMAKI2.0を 立ち上げる。 震災から1年経つ頃から石巻に産業を作るべく、ソフトウェア開発拠点を石巻に設け、 若者への教育をメインに活動を続けている。
  3. 3. 街を作っていくのは自分たちじゃなくって次の若者ではないだろうか。 だからこそ次の若者達が動きやすい環境を作るために全力で走ることが 街の未来を作ること何じゃないのだろうか?
  4. 4. 震災10年後の2021年までに 石巻で1000人のIT技術者を育成する 「IT」+「学ぶ」+「イノベーション」+「営む」 の造語
  5. 5. 学び方って 大切だと本 当に思って いるんです
  6. 6. 「面白い大人」「かっこいい大人」 触発される
  7. 7. プロボノ的サポート第1フェーズ 技術の落とし込み第2フェーズ 地元内での技術継承第3フェーズ 自活できる人作り=街作り 自立した産業の開拓サイクル
  8. 8. 去年からイトナブが動き出して、 まだ1年弱。6人くらいの開発者 しか育っていないけど、、、、、、 それでいいんです。 だって、その育った若者たちが 今となっては講師になっている んですよ。 これぞ、 「イトナブ式ねずみこう講習」 産業を生むって簡単じゃないです。 でもできるって若者の進化を肌で感じで 実感しました。

×