Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

120929日本病児保育協会設立記念シンポジウム 発表資料04(高亜希氏)

921 vues

Publié le

  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

120929日本病児保育協会設立記念シンポジウム 発表資料04(高亜希氏)

  1. 1. (財)日本病児保育協会 シンポジウム NPO法人ノーベル Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  2. 2. 自己紹介1979年12月10日 大阪市生野区生まれる2003年 関西学院大学商学部を卒業2003年 (株)ジェイティービーに入社2005年 (株)リクルートHRマーケティング2007年 韓国『延世大学語学堂』に留学 ~転機が訪れる~2008年 NPO法人フローレンスに入社2009年 ノーベルを立上げ代表に就任 大阪市男女共同参画審議会委員就任2010年 関西初共済型・地域密着型病児保育事業 開始2012年 (財)日本病児保育協会 理事就任 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  3. 3. 共済型・派遣型病児保育サービスの導入2010年2月~大阪市中央区・西区で開始 ノーベルの病児保育サービスの特徴現在は大阪市内全域にて活動 POINT 関西発の「共済型」モデル 1 掛捨て月会費制で100%対応保障 大変!! こどもが 熱を出したわ! POINT 小児科へ 会員さんの ③ 利用会員 ④ 連れて行き受診 2 地域密着・脱施設型モデル もとへかけつけ る ① 子育て経験を資格とみなし採用 予約 ユーザー メリット 当日8時までの予約なら 手配 ② 100%対応をお約束 保育スタッフ ノーベル かかりつけ小児科 ユーザー メリット 派遣型・1対1家庭内保育 感染症もお預かりOK! ⑤お預かり場所 へ移動 ユーザー メリット 小児科医との提携で安心の 利用会員宅 バックアップ体制! サポート医院 3 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  4. 4. 病児保育事業部1 累 計 会 員 数 2 お 預 り 件 数181名 571件 113 300 271 120 250 100 200 80 150 60 38 100 40 55 50 20 0 0 2010年度 2011年度 2010年度 2011年度 3 提 供 エ リ ア 大阪市内全域 へ拡大!! Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  5. 5. 今後の展開:病児保育のあり方とニーズ誰でも利用したい時に利用できるセーフティーネットを現状①提供エリア ②所得 ③障害者 現在 現在 市内24区 高所得 健常児のみ 者層 中間所得 大阪市外 者層 大阪市外+大阪府外 低所得者層 発達障害児の受入今後 アドボカシー活動や企業との連携により、 広域カバー&経済的負担を軽減 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  6. 6. ソーシャルプロモーション事業社会の価値観を変えるしごと。知るから行動へ。1 メ デ ィ ア 2 講 演 3 冊子づくり●メディアを通して発信 ●企業や自治体へ発信 子どもが病気のときの やりくりノウハウを 累計回数 55回 累計回数 24回 まとめた冊子 ■テレビ放映 12回 ■新聞掲載 25回 ■雑誌掲載 10回 ■WEB掲載 4回 ■ラジオ放映 4回 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  7. 7. ノーベルの目指すべき社会私たちノーベルは下記のように、ビジョン・団体理念を掲げ活動していきます。 《 ノ ー ベ ル の V I S I O N 》~目指すべき社会~子 ど も を 産 ん で も働 き 続 け ら れ る 社 会 《 団 体 理 念 》~事業を取り組む上で大切にしている理念~ 人 と 人 が 助 け 合 う 仕 組 み を 作 り 世 の 中 を 変 え る 7 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  8. 8. 今後の課題①いかに保育スタッフの確保担い手を創出するか Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  9. 9. 今後の課題②いかに病児保育の質を保ち、 安心・安全の病児保育を徹底するか Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.
  10. 10. 日本病児保育協会の意義人材の発掘と育成の必要性 Copyright(C)NOBEL All Rights Reserved.

×