Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
とりあえず 
使えるSBT @Kuchitama 
関西Scalaビギナーズ 2014/09/20 
ver 1.0
自己紹介 
• @Kuchitama(国平清貴) • FuRyu株式会社 • 勉強会 • Kyoto.clj (Clojure) 
• ScalaMatsuriスタッフ 
• 関西ソーシャルゲーム勉強会
対象者 
•REPLが使える人 
•ちょっと実践的なScalaプログラミン 
グがしたくなった人 
•Scala学習中の人
イメージ 
Scalaなんとなくわかってきたし、 
PlayでWebアプリ作ってみたい 
とりあえず、ちょっとしたワンランナー 
書いてみたい 
REPLに飽きたので、ちょっと実践的 
なプロジェクトやってみたい
SBT
sbt 
•Simple(?????) 
• 最近本家でもSimpleの表記が消えた 
•Scalaのデファクトスタンダードな 
Build Tool
0.13.5 or later 
•ver.1に向けての準備段階 
•こないだ0.13.6がでた
.sbt or .scala 
•基本は.sbtに 
•複雑な処理は.scalaに 
• 再利用できそうならpluginに
目的 
•sbtで最低限押さえておきたい使い方を 
まとめる 
•あんまり踏み込まない 
•あくまでScalaを使うために必要な部 
分のみを抽出
やること 
•プロジェクト作成(activator) 
•依存ライブラリの取得 
•sbtプラグインの追加 
•基本コマンドの利用
プロジェクト作成
Typesafe Activator 
•sbt-np pluginいらず 
•scala, java, playの雛形生成 
•プロジェクトテンプレートの取得 
•play2.3から標準仕様 
•(sbt/play) + new ぐらいの印象...
Typesafe Activator 
•activator コマンド 
•IDE対応
デモ
新規プロジェクト作成 
activator new
activator new 
http://youtu.be/-C_ICX8Df0c
やっぱIDEがいい 
activator ui
activator ui 
http://youtu.be/QB__3dfFNYU
IDE 
http://youtu.be/wRXm6HvSGCU
基本の設定
基本の設定 
•(キー) (メソッド) (Setting[s]) 
•メソッド 
• := キーに対してSettingを更新 
• += キーにSettingを追加 
• ++= キーにSettingを複数追加
基本の設定 
build.sbt 
name := """scalakb_sample""" 
! 
version := "1.0" 
! 
scalaVersion := "2.11.1" 
! 
// Change this to ano...
依存ライブラリの 
取得
依存ライブラリの取得 
•% と %% 
•コンフィギュレーション 
ライブラリ依存性 
http://www.scala-sbt.org/0.13/tutorial/ja/Library-Dependencies.html
% と %% 
•マネージド依存性 
• <-> アンマネージド依存性 
•sbt(の内部のivy)に依存性を管理して 
もらう
% と %% 
•% 
• Scalaのバージョンを指定して依存を解決 
• Javaのライブラリを使いたいときはこっち 
• groupId % artifactId % revision •%% 
• Scalaのバージョンを自動で追加して...
デモ
依存ライブラリを 
追加してみる 
build.sbt 
name := """scalakb_sample""" 
! 
version := "1.0" 
! 
scalaVersion := "2.11.1" 
! 
// Change ...
依存ライブラリを 
追加してみる 
http://youtu.be/j9xLQDM58cc
コンフィギュレーション 
•groupID % artifactID % revision 
% configuration 
•testとかcompileとか 
• 使う時だけ依存解決できる
コンフィギュレーション 
build.sbt 
name := """scalakb_sample""" 
! 
version := "1.0" 
! 
scalaVersion := "2.11.1" 
! 
// Change this ...
基本タスクの利用
基本タスクの利用 
•test - テストの実行 
•run - プロジェクト実行 
•compile - コンパイル 
•package - jar化
基本タスクの利用 
http://youtu.be/U7e31Ezg2H8
まとめ 
•activatorで簡単にプロジェクト作成 
•依存ライブラリの取得は % or %% 
•基本のsbtタスクは覚えやすい
Enjoy.Scala!!
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

とりあえず使えるSBT

2 260 vues

Publié le

Scala関西ビギナーズ#4の発表資料です。

2014/09/23 発表時に使用した資料に更新しました.

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

とりあえず使えるSBT

  1. 1. とりあえず 使えるSBT @Kuchitama 関西Scalaビギナーズ 2014/09/20 ver 1.0
  2. 2. 自己紹介 • @Kuchitama(国平清貴) • FuRyu株式会社 • 勉強会 • Kyoto.clj (Clojure) • ScalaMatsuriスタッフ • 関西ソーシャルゲーム勉強会
  3. 3. 対象者 •REPLが使える人 •ちょっと実践的なScalaプログラミン グがしたくなった人 •Scala学習中の人
  4. 4. イメージ Scalaなんとなくわかってきたし、 PlayでWebアプリ作ってみたい とりあえず、ちょっとしたワンランナー 書いてみたい REPLに飽きたので、ちょっと実践的 なプロジェクトやってみたい
  5. 5. SBT
  6. 6. sbt •Simple(?????) • 最近本家でもSimpleの表記が消えた •Scalaのデファクトスタンダードな Build Tool
  7. 7. 0.13.5 or later •ver.1に向けての準備段階 •こないだ0.13.6がでた
  8. 8. .sbt or .scala •基本は.sbtに •複雑な処理は.scalaに • 再利用できそうならpluginに
  9. 9. 目的 •sbtで最低限押さえておきたい使い方を まとめる •あんまり踏み込まない •あくまでScalaを使うために必要な部 分のみを抽出
  10. 10. やること •プロジェクト作成(activator) •依存ライブラリの取得 •sbtプラグインの追加 •基本コマンドの利用
  11. 11. プロジェクト作成
  12. 12. Typesafe Activator •sbt-np pluginいらず •scala, java, playの雛形生成 •プロジェクトテンプレートの取得 •play2.3から標準仕様 •(sbt/play) + new ぐらいの印象 https://typesafe.com/activator
  13. 13. Typesafe Activator •activator コマンド •IDE対応
  14. 14. デモ
  15. 15. 新規プロジェクト作成 activator new
  16. 16. activator new http://youtu.be/-C_ICX8Df0c
  17. 17. やっぱIDEがいい activator ui
  18. 18. activator ui http://youtu.be/QB__3dfFNYU
  19. 19. IDE http://youtu.be/wRXm6HvSGCU
  20. 20. 基本の設定
  21. 21. 基本の設定 •(キー) (メソッド) (Setting[s]) •メソッド • := キーに対してSettingを更新 • += キーにSettingを追加 • ++= キーにSettingを複数追加
  22. 22. 基本の設定 build.sbt name := """scalakb_sample""" ! version := "1.0" ! scalaVersion := "2.11.1" ! // Change this to another test framework if you prefer libraryDependencies += "org.scalatest" %% "scalatest" % "2.1.6" % “test" ! // Uncomment to use Akka //libraryDependencies += "com.typesafe.akka" % "akka-actor_2.11" % "2.3.3" !
  23. 23. 依存ライブラリの 取得
  24. 24. 依存ライブラリの取得 •% と %% •コンフィギュレーション ライブラリ依存性 http://www.scala-sbt.org/0.13/tutorial/ja/Library-Dependencies.html
  25. 25. % と %% •マネージド依存性 • <-> アンマネージド依存性 •sbt(の内部のivy)に依存性を管理して もらう
  26. 26. % と %% •% • Scalaのバージョンを指定して依存を解決 • Javaのライブラリを使いたいときはこっち • groupId % artifactId % revision •%% • Scalaのバージョンを自動で追加して依存を 解決 • groupId %% artifactId % revision
  27. 27. デモ
  28. 28. 依存ライブラリを 追加してみる build.sbt name := """scalakb_sample""" ! version := "1.0" ! scalaVersion := "2.11.1" ! // Change this to another test framework if you prefer libraryDependencies ++= Seq( “org.scalatest" %% "scalatest" % "2.1.6" % “test”, "joda-time" % "joda-time" % “2.4”, "com.github.scopt" %% "scopt" % “3.2.0") ! …
  29. 29. 依存ライブラリを 追加してみる http://youtu.be/j9xLQDM58cc
  30. 30. コンフィギュレーション •groupID % artifactID % revision % configuration •testとかcompileとか • 使う時だけ依存解決できる
  31. 31. コンフィギュレーション build.sbt name := """scalakb_sample""" ! version := "1.0" ! scalaVersion := "2.11.1" ! // Change this to another test framework if you prefer libraryDependencies += "org.scalatest" %% "scalatest" % "2.1.6" % “test" ! // Uncomment to use Akka //libraryDependencies += "com.typesafe.akka" % "akka-actor_2.11" % "2.3.3" !
  32. 32. 基本タスクの利用
  33. 33. 基本タスクの利用 •test - テストの実行 •run - プロジェクト実行 •compile - コンパイル •package - jar化
  34. 34. 基本タスクの利用 http://youtu.be/U7e31Ezg2H8
  35. 35. まとめ •activatorで簡単にプロジェクト作成 •依存ライブラリの取得は % or %% •基本のsbtタスクは覚えやすい
  36. 36. Enjoy.Scala!!

×