Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
noteの決して止まらない
カイゼンを支える、
エンジニアリングへの挑戦
株式会社ピースオブケイク
今 雄一
Developers Summit 2020
我々のミッション
クリエイターの創作をあらゆる面から支援し、永続
的に続けられるようにする仕組みを発明し運用す
る会社です
だれもが創作をはじめ、
続けられるようにする
今 雄一
@konpyu
・KON Yuichi
千葉大学大学院修了。2011年、ディー・
エヌ・エーに入社しソーシャルゲームの開
発・運用に携わる。2013年ピースオブケ
イクに入社。noteの新規立ち上げから関
わり、リリース後も各種機能を...
メディアプラットフォーム note は、
クリエイターが文章やマンガ、
写真、音声を投稿することができ、ユー
ザーはそのコンテンツを楽しんで応援で
きるウェブサービスです。
#devsumi
2,000万
月間アクティブユーザー
#devsumi
今日話すこと
#devsumi
1. noteのグロースモデル
2. noteのチーム
3. noteのデータ
4. 何をやっていくのか
#devsumi
1. noteのグロースモデル
#devsumi1.noteのグロースモデル
#devsumi
2017/10
グロースモデル導入
1.noteのグロースモデル
#devsumi
単一のKPIを追わない
1.noteのグロースモデル
#devsumi1.noteのグロースモデル
バランスよく成長させた
#devsumi
1. noteのグロースモデル
2. noteのチーム
3. noteのデータ
4. 何をやっていくのか
#devsumi
2. グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
基盤 機能開発 カイゼン
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
グロースモデル全体を活
性化して加速する。
基盤チーム
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
各ラインを太くして、
ポテンシャルをあげる。
機能開発チーム
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
線が途切れてないかチェッ
クしたり、線のバランスをと
る。
カイゼンチーム
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
基盤
機能開発
カイゼン
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
グロースモデル全体の流れを
スムーズにする下支えと会計処理
基盤チーム
データ基盤 スパム対策 SEO対策
課金基盤の拡充・メンテナンス
通報機能 プッシュ通知基盤
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
ラインの太さを一気にひき上げる
主軸となる機能をつくる
機能開発チーム
サークル Nuxt.js移行
エディタの開発 タイムライン改修
マンガビューア開発
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
年間100以上の施策をリリース
カイゼンチーム
2.グロースモデルを支えるチーム
#devsumi
バランスがとても大事で、
それをチーム構成で実現した。
結果的に後回しにしがちな施策も
動かせるようになった。
2.グロースモデルを支えるチーム のまとめ
#devsumi
1. noteのグロースモデル
2. noteのチーム
3. noteのデータ
4. 何をやっていくのか
#devsumi
3. グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
グロースモデルの状態が
把握しづらくなってた?
3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
どこが穴抜けなのか
チェックする必要が出てきた。
3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
データ活用はじめました
note内の “安心して創作ができる雰囲気“ を維持しつつ、定
量データを手がかりに有効な施策を再現性高く運用する体
制が課題であった
3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
定性
3.グロースモデルを支えるデータ
定量
グロース戦略顧問
樫田 光
#devsumi
データ
データ
データ
3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi3.グロースモデルを支えるデータ
グロースモデルを定量的
に判断するために変換
#devsumi
エンジニア
ディレクター
分析基盤 アナリスト
データ収集のための
分析基盤の構築
3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
創作継続率 → 定義づけ
→ 仮説検証 → 調査
→ 反応が大事
3.グロースモデルを支えるデータ
https://note.com/notemag/n/n02e0dfc62593
https://note.com/notem...
#devsumi3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
2019/10

3.グロースモデルを支えるデータ
#devsumi
グロースモデル × データで
施策意思決定精度を上げる
3.グロースモデルを支えるデータのまとめ
#devsumi
詳しくは深津・樫田
対談記事へ
記事URL:https://bit.ly/3bv0dVY
#devsumi
1. noteのグロースモデル
2. noteのチーム
3. noteのデータ
4. 何をやっていくのか
#devsumi
さらなる成長のために
なにをやっていくのか
#devsumi
グロースモデルの発展は継続して
やっていくのは大前提として...
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
パフォーマンス課題の解消
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
・フロント(Nuxt.js)
・サーバーサイド(Rails)
・インフラ(AWS)
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
レコメンドの向上
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
・適切なチャネルは?
・セグメントの定義は?
・使用するMLの技術は?
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
ピンと来た方は...
絶賛採用
募集中!
ブースで
あいましょう
4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
#devsumi
まとめ
#devsumi
チームとデータでグロースモデルを支える
グロースモデルとても大事
エンジニアリングの挑戦...沢山ある!
2.
1.
3.
まとめ
#devsumi
ご清聴ありがとう
ございました
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

noteの決して止まらないカイゼンを支える、 エンジニアリングへの挑戦

27 360 vues

Publié le

Developers Summit 2020での登壇資料

解説noteはこちら!
https://note.com/konpyu/n/n9a62cc04c67d

Publié dans : Ingénierie
  • Soyez le premier à commenter

noteの決して止まらないカイゼンを支える、 エンジニアリングへの挑戦

  1. 1. noteの決して止まらない カイゼンを支える、 エンジニアリングへの挑戦 株式会社ピースオブケイク 今 雄一 Developers Summit 2020
  2. 2. 我々のミッション クリエイターの創作をあらゆる面から支援し、永続 的に続けられるようにする仕組みを発明し運用す る会社です だれもが創作をはじめ、 続けられるようにする
  3. 3. 今 雄一 @konpyu ・KON Yuichi 千葉大学大学院修了。2011年、ディー・ エヌ・エーに入社しソーシャルゲームの開 発・運用に携わる。2013年ピースオブケ イクに入社。noteの新規立ち上げから関 わり、リリース後も各種機能を構築。 2017年からCTOを務め、開発組織全体 のマネージメントにも携わる。
  4. 4. メディアプラットフォーム note は、 クリエイターが文章やマンガ、 写真、音声を投稿することができ、ユー ザーはそのコンテンツを楽しんで応援で きるウェブサービスです。
  5. 5. #devsumi 2,000万 月間アクティブユーザー
  6. 6. #devsumi 今日話すこと
  7. 7. #devsumi 1. noteのグロースモデル 2. noteのチーム 3. noteのデータ 4. 何をやっていくのか
  8. 8. #devsumi 1. noteのグロースモデル
  9. 9. #devsumi1.noteのグロースモデル
  10. 10. #devsumi 2017/10 グロースモデル導入 1.noteのグロースモデル
  11. 11. #devsumi 単一のKPIを追わない 1.noteのグロースモデル
  12. 12. #devsumi1.noteのグロースモデル バランスよく成長させた
  13. 13. #devsumi 1. noteのグロースモデル 2. noteのチーム 3. noteのデータ 4. 何をやっていくのか
  14. 14. #devsumi 2. グロースモデルを支えるチーム
  15. 15. #devsumi 基盤 機能開発 カイゼン 2.グロースモデルを支えるチーム
  16. 16. #devsumi グロースモデル全体を活 性化して加速する。 基盤チーム 2.グロースモデルを支えるチーム
  17. 17. #devsumi 各ラインを太くして、 ポテンシャルをあげる。 機能開発チーム 2.グロースモデルを支えるチーム
  18. 18. #devsumi 線が途切れてないかチェッ クしたり、線のバランスをと る。 カイゼンチーム 2.グロースモデルを支えるチーム
  19. 19. #devsumi 基盤 機能開発 カイゼン 2.グロースモデルを支えるチーム
  20. 20. #devsumi グロースモデル全体の流れを スムーズにする下支えと会計処理 基盤チーム データ基盤 スパム対策 SEO対策 課金基盤の拡充・メンテナンス 通報機能 プッシュ通知基盤 2.グロースモデルを支えるチーム
  21. 21. #devsumi ラインの太さを一気にひき上げる 主軸となる機能をつくる 機能開発チーム サークル Nuxt.js移行 エディタの開発 タイムライン改修 マンガビューア開発 2.グロースモデルを支えるチーム
  22. 22. #devsumi 年間100以上の施策をリリース カイゼンチーム 2.グロースモデルを支えるチーム
  23. 23. #devsumi バランスがとても大事で、 それをチーム構成で実現した。 結果的に後回しにしがちな施策も 動かせるようになった。 2.グロースモデルを支えるチーム のまとめ
  24. 24. #devsumi 1. noteのグロースモデル 2. noteのチーム 3. noteのデータ 4. 何をやっていくのか
  25. 25. #devsumi 3. グロースモデルを支えるデータ
  26. 26. #devsumi グロースモデルの状態が 把握しづらくなってた? 3.グロースモデルを支えるデータ
  27. 27. #devsumi どこが穴抜けなのか チェックする必要が出てきた。 3.グロースモデルを支えるデータ
  28. 28. #devsumi データ活用はじめました note内の “安心して創作ができる雰囲気“ を維持しつつ、定 量データを手がかりに有効な施策を再現性高く運用する体 制が課題であった 3.グロースモデルを支えるデータ
  29. 29. #devsumi 定性 3.グロースモデルを支えるデータ 定量 グロース戦略顧問 樫田 光
  30. 30. #devsumi データ データ データ 3.グロースモデルを支えるデータ
  31. 31. #devsumi3.グロースモデルを支えるデータ グロースモデルを定量的 に判断するために変換
  32. 32. #devsumi エンジニア ディレクター 分析基盤 アナリスト データ収集のための 分析基盤の構築 3.グロースモデルを支えるデータ
  33. 33. #devsumi3.グロースモデルを支えるデータ
  34. 34. #devsumi 創作継続率 → 定義づけ → 仮説検証 → 調査 → 反応が大事 3.グロースモデルを支えるデータ https://note.com/notemag/n/n02e0dfc62593 https://note.com/notemag/n/n02e0dfc62593
  35. 35. #devsumi3.グロースモデルを支えるデータ
  36. 36. #devsumi 2019/10
 3.グロースモデルを支えるデータ
  37. 37. #devsumi グロースモデル × データで 施策意思決定精度を上げる 3.グロースモデルを支えるデータのまとめ
  38. 38. #devsumi 詳しくは深津・樫田 対談記事へ 記事URL:https://bit.ly/3bv0dVY
  39. 39. #devsumi 1. noteのグロースモデル 2. noteのチーム 3. noteのデータ 4. 何をやっていくのか
  40. 40. #devsumi さらなる成長のために なにをやっていくのか
  41. 41. #devsumi グロースモデルの発展は継続して やっていくのは大前提として... 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  42. 42. #devsumi パフォーマンス課題の解消 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  43. 43. #devsumi ・フロント(Nuxt.js) ・サーバーサイド(Rails) ・インフラ(AWS) 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  44. 44. #devsumi レコメンドの向上 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  45. 45. #devsumi ・適切なチャネルは? ・セグメントの定義は? ・使用するMLの技術は? 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  46. 46. #devsumi ピンと来た方は... 絶賛採用 募集中! ブースで あいましょう 4.さらなる成長のためになにをやっていくのか
  47. 47. #devsumi まとめ
  48. 48. #devsumi チームとデータでグロースモデルを支える グロースモデルとても大事 エンジニアリングの挑戦...沢山ある! 2. 1. 3. まとめ
  49. 49. #devsumi ご清聴ありがとう ございました

×