Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
黒宮 浩介
2019/04/22
1
自己紹介
• 黒宮 浩介(くろみや こうすけ) ※名古屋市中村区出身
https://www.facebook.com/kosuke.kuromiya
https://twitter.com/Kosuke9638
SPeed LAND 365
...
3http://sharepointmeister.com
会社紹介
4
会社紹介
5
会社紹介
6
会社紹介
https://bap.artisanjp.net/
本日のお話
• MS公式資料
『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』
を読書会(読んでみた的な)
https://www.slideshare.net/microsoftjp/sharepoint-132355372
7
『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』
https://www.slideshare.net/microsoftjp/sharepoint-132355372 8
この発表
9
「SharePointは情報の入り口です」
• ポータル(=玄関)サイト
• 情報の入り口
• ポータルサイトの役割(メリット)
• そこを見れば(探せば)情報が見つかる
• 情報を集約しておくことが重要
•ユーザーに使われて初めて意味をもつ
...
「SharePointは情報の入り口です」
• ポータル(=玄関)サイト
• 情報の入り口
• ポータルサイトの役割(メリット)
• そこを見れば(探せば)情報が見つかる
• 情報を集約しておくことが重要
•ユーザーに使われて初めて意味をもつ
...
情報の整理
• ポータルに載せる情報の整理
• 組織視点
• 機能視点
12
個人的には「業務視点」の方が
しっくりくる感じ
私なりのメリデメ
•組織視点
• 〇:区分をイメージしやすいので分類もしやすい
• ×:組織をまたがった情報の扱い、組織変更(部署の統廃合など)時
にポータル修正が必要になってしまう
•機能視点
• 〇:実際に利用する業務の流れに沿えるのでユー...
情報の入り口の「階層」
• 「階層」を考えることの重要性
• 導線 ⇒ユーザーの使いやすさ
• 運用 ⇒権限管理(継承)
14
「組織視点」での階層
• 組織自体が「階層」になってるので考えやすい
•「全社向け」=ポータルトップに何を作るか
•トップと最下の中間の階層をどこまで作るか
• 細かいと深すぎる、大まかだと混在しちゃう
•組織をまたぐ“組織”の扱い
•各「部門...
「組織視点」での階層
• 組織自体が「階層」になってるので考えやすい
•「全社向け」=ポータルトップに何を作るか
•トップと最下の中間の階層をどこまで作るか
• 細かいと深すぎる、大まかだと混在しちゃう
•組織をまたぐ“組織”の扱い
•各「部門...
「機能(業務)視点」での階層
• どんな切り口でカテゴライズするかが重要
• 「申請ポータル」や「イベントPJポータル」など
• ユーザーにとって使いやすいカテゴライズか
• 作ってみて、ヒアリングする
17
ポータルの中身を作る
• コンテンツ配置(レイアウトなど)の検討
• まずはパワポとか手書きで作ってみる
• この段階でヒアリングしてみる
18
「SharePointがどうゆうものか(できること/できないこ
と)」が大まかでも分かっている場合...
「ここで注意」 ←はげどう!
• 声に出して読みたいSharePointノウハウ!w
19
「ここで注意」 ←はげどう!
• 声に出して読みたいSharePointノウハウ!w
20
※経験談
デザインカスタマイズするためにクラ
シックUIを採用
→レスポンシブも作り込みコスト
→作り込みのせいでIEだと遅い
→ユーザー評判悪くて使わ...
「だいたいこんな感じに…」←それな!
21
「だいたいこんな感じに…」←それな!
22
社内(実務)で使うのであれば、それに
合った夢を見ればいい
「すぐに欲しい情報が探せる」とか「スマ
ホでも使いやすい」とか…
いやもう…本当にそう!
23
いやもう…本当にそう!
24
当初は「モダンUIで自動でレスポンス
に!」な話だったのに、いつの間にか
「未既読機能とかあった方が良いんじゃ
ない?」がでて、「モダンUIじゃ作れな
いねぇ…」「やっぱクラシックで」とか
いう悲しい展開も…
所感まとめ
• ポータルの「目的」「コンセプト」「作成観点」
「優先順位」などをまず明確にしておくことが重要
• 進めるうちに原点を見失いかけても立ち戻れる
• 明確にしておくと、ユーザーから反発があったとし
ても説得できる
• “なんとなく”...
26
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

MS公式資料 『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』 読書会  SharePointの利用を始める前に~ ポータルとしての SharePointへのアプローチ ~

431 vues

Publié le

第13回JPSPS SharePoint/Office365名古屋分科勉強会

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

MS公式資料 『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』 読書会  SharePointの利用を始める前に~ ポータルとしての SharePointへのアプローチ ~

  1. 1. 黒宮 浩介 2019/04/22 1
  2. 2. 自己紹介 • 黒宮 浩介(くろみや こうすけ) ※名古屋市中村区出身 https://www.facebook.com/kosuke.kuromiya https://twitter.com/Kosuke9638 SPeed LAND 365 • アーティサン株式会社 @東京(調布とか) - SharePointについて色々やるコンサルタント兼エンジニア • 好きなもの - 映画、サブカル色々、AKB48グループ(特にSKE48) 2
  3. 3. 3http://sharepointmeister.com 会社紹介
  4. 4. 4 会社紹介
  5. 5. 5 会社紹介
  6. 6. 6 会社紹介 https://bap.artisanjp.net/
  7. 7. 本日のお話 • MS公式資料 『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』 を読書会(読んでみた的な) https://www.slideshare.net/microsoftjp/sharepoint-132355372 7
  8. 8. 『SharePointで始める情報共有とそのアプローチ』 https://www.slideshare.net/microsoftjp/sharepoint-132355372 8
  9. 9. この発表 9
  10. 10. 「SharePointは情報の入り口です」 • ポータル(=玄関)サイト • 情報の入り口 • ポータルサイトの役割(メリット) • そこを見れば(探せば)情報が見つかる • 情報を集約しておくことが重要 •ユーザーに使われて初めて意味をもつ • 「ユーザー目線で考える」が重要(忘れがち) 10
  11. 11. 「SharePointは情報の入り口です」 • ポータル(=玄関)サイト • 情報の入り口 • ポータルサイトの役割(メリット) • そこを見れば(探せば)情報が見つかる • 情報を集約しておくことが重要 •ユーザーに使われて初めて意味をもつ • 「ユーザー目線で考える」が重要(忘れがち) 11 「ユーザー」とは、具体的に 誰を指して、どんな性質を 持っているかの明確化も重要 (ITレベル、UI好み?など)
  12. 12. 情報の整理 • ポータルに載せる情報の整理 • 組織視点 • 機能視点 12 個人的には「業務視点」の方が しっくりくる感じ
  13. 13. 私なりのメリデメ •組織視点 • 〇:区分をイメージしやすいので分類もしやすい • ×:組織をまたがった情報の扱い、組織変更(部署の統廃合など)時 にポータル修正が必要になってしまう •機能視点 • 〇:実際に利用する業務の流れに沿えるのでユーザーに馴染みやすい 組織変更の影響が少ない • ×:「業務」をIT部門が理解して、情報を分類分けするのは難しい? (実ユーザーのヒアリングが必要になる? 13
  14. 14. 情報の入り口の「階層」 • 「階層」を考えることの重要性 • 導線 ⇒ユーザーの使いやすさ • 運用 ⇒権限管理(継承) 14
  15. 15. 「組織視点」での階層 • 組織自体が「階層」になってるので考えやすい •「全社向け」=ポータルトップに何を作るか •トップと最下の中間の階層をどこまで作るか • 細かいと深すぎる、大まかだと混在しちゃう •組織をまたぐ“組織”の扱い •各「部門ポータル」とのすみ分け 15
  16. 16. 「組織視点」での階層 • 組織自体が「階層」になってるので考えやすい •「全社向け」=ポータルトップに何を作るか •トップと最下の中間の階層をどこまで作るか • 細かいと深すぎる、大まかだと混在しちゃう •組織をまたぐ“組織”の扱い •各「部門ポータル」とのすみ分け 16
  17. 17. 「機能(業務)視点」での階層 • どんな切り口でカテゴライズするかが重要 • 「申請ポータル」や「イベントPJポータル」など • ユーザーにとって使いやすいカテゴライズか • 作ってみて、ヒアリングする 17
  18. 18. ポータルの中身を作る • コンテンツ配置(レイアウトなど)の検討 • まずはパワポとか手書きで作ってみる • この段階でヒアリングしてみる 18 「SharePointがどうゆうものか(できること/できないこ と)」が大まかでも分かっている場合(顧客も含めて)は この進め方で良いと思いますが、そうでない場合は少し危 険かもしれません。 特にモダンUIの場合は、見た目のカスタマイズはかなり制 限されているので、知らずに希望(期待)だけを挙げてし まうと、後での残念感がかなり…
  19. 19. 「ここで注意」 ←はげどう! • 声に出して読みたいSharePointノウハウ!w 19
  20. 20. 「ここで注意」 ←はげどう! • 声に出して読みたいSharePointノウハウ!w 20 ※経験談 デザインカスタマイズするためにクラ シックUIを採用 →レスポンシブも作り込みコスト →作り込みのせいでIEだと遅い →ユーザー評判悪くて使われず…
  21. 21. 「だいたいこんな感じに…」←それな! 21
  22. 22. 「だいたいこんな感じに…」←それな! 22 社内(実務)で使うのであれば、それに 合った夢を見ればいい 「すぐに欲しい情報が探せる」とか「スマ ホでも使いやすい」とか…
  23. 23. いやもう…本当にそう! 23
  24. 24. いやもう…本当にそう! 24 当初は「モダンUIで自動でレスポンス に!」な話だったのに、いつの間にか 「未既読機能とかあった方が良いんじゃ ない?」がでて、「モダンUIじゃ作れな いねぇ…」「やっぱクラシックで」とか いう悲しい展開も…
  25. 25. 所感まとめ • ポータルの「目的」「コンセプト」「作成観点」 「優先順位」などをまず明確にしておくことが重要 • 進めるうちに原点を見失いかけても立ち戻れる • 明確にしておくと、ユーザーから反発があったとし ても説得できる • “なんとなく”で作ると強い声や偉い声に左右されてしまう • ただSharePointに限った話じゃなかった… • ある意味で真理? 25
  26. 26. 26

×