Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
YAMAHA         ファンと創りだす         「ヤマハ音楽部」ストーリー
音楽部ハルが参加した「ブラス・ジャンボリー」 動画をご覧ください                   2
本日のアジェンダ1.   CRM戦略でのソーシャルメディアの取り組み2.   ヤマハ音楽部のご紹介                             3
プロフィール         鞍掛靖(くらかけ やすし)          ヤマハ株式会社          国内営業本部          営業企画部          WEB・CRM推進室 室長          1981年、日本楽器製造株...
ヤマハの企業目的感動を・ともに・創る              5
需要創造のための「音楽普及」                 6
1995年ごろ パソコン通信が元祖                    7
「傾聴する」                価格が上がっても  発音数を            発音数を 64音のまま         128音にするか価格を維持するか                   発音数が肝心     発音数128音!...
2000年 音楽コミュニティ「プレイヤーズ王国」                       音楽をとおして、音マイページ                       楽友達を作り、相互                       にコミュニケ...
2006年 公式?ブログ 「日刊ヤマチョイ」   公開版スタッフBLOG     ヤマハであって、ヤマハでない、しかしヤマハである。     非公式な企業BLOG   (東京MXTV BlogTV司会 神田敏晶さん)            ...
2010年 「CGMプロジェクト」   消費者は、インターネットの普及により企業発信の情報だけでなく、他のユー    ザーの評価や情報(ソーシャルメディア)を非常に重要視している。   企業サイトのアクセス数は頭打ち、ソーシャルメディアは伸...
「CGMプロジェクト」の仕事1.   専任体制をつくる2.   トップの承認を得る3.   ルールをつくる4.   担当者を育てる5.   ガイドラインをつくる                  12
ヤマハにおける活用状況(日本国内)ヤマハグループが活用するソーシャルメディア  Twitter:24  Facebookページ: 9  YouTube: 6  Ustream: 5  Blog: 20   ソーシャルメディア部門担当...
エンパワード                              認知                              検討                              選択                    ...
CRM戦略の一環としてのソーシャルメディア 顧客行動分析による      認知 キャンペーンの最適化     検討                選択        影響顧客データベース             購入      ソーシャル   ...
独自指標の「打率」で  軌道修正をし、ファンとみんなで部活!    独自指標の「打率」で軌道    修正をし、ファンとみんな    で部活!
目次1    開設当初の狙い2    軌道修正と変更点3    結果4    投稿事例紹介5    今後の展望                17
プロフィール         前田 武敏(まえだ たけとし)          ヤマハ株式会社          国内営業本部          営業企画部          WEB・CRM推進室 主任          2000年、リクルート...
ヤマハ音楽部   (部長タケ、マネジャー ハル、副部長けん)                                 19
部活動      20
開設当初の狙い (2011年9月~)①イベント告知を中心にユーザーとのコミュニケーションを図る。②ファンを増やし育成することで、情報の拡散の可視化を図る。③ソーシャルメディアのノウハウの蓄積をし、部門支援力を強化する。             ...
餅イベント事件勃発!             22
餅イベント事件勃発!               餅イベント               レポート投稿日⇒ 「いいね!」解除件数が多かった日は、餅イベント記事。  社内ノリ、内輪ノリが前面に出過ぎたのかもしれない。               ...
反省件数:1日5件投稿。掲載可否基準もあいまいイベント情報告知にとどまり、リアルと連動でき ず、ユーザーコミュニケーションも欠如効果測定は実施していたが、PDCAの「Action」 まで踏み込んで実施できていなかった⇒ もっと「部活」っぽ...
変更点: 運営の流れ 週の始まりに定例会を実施 報告定例会にてメルマガチーム  と共有 オフィスのホワイトボードで  カレンダー管理                   25
変更点: 編集方針① 「ヤマハ公式アカウント」ではない。「ヤマハ音楽部」である② 音楽部のスタンス:ユーザー目線で自分の言葉で語る③部活動らしく、ユーザーと一緒に活動をする④リアルなつながりを重視⑤音・音楽のヤマハ音楽部なので、音源・動画を最大...
変更点: ターゲットユーザー棲み分けとペルソナ想定  「音楽経験 あり・なし」 × 「楽器をやりたい意志 あり・なし」 でユーザーを分類  あり                          けん担当                    ...
変更点: データ集計                                                                  時間帯別リーチ数(5月末まで)                               ...
変更点: カテゴライズ楽器・楽器・サー   その他音楽情         その他 サービス    音楽情報  ビス      報               アーティスト  17%    17%                 アーティスト  ...
結果: 打率     記事数/月   いいね/月     いいね/日 いいね/記事 エンゲージメント率       ヒット数 打率1月      76     2,200     71.0   28.9        0.79%     18 ...
部活事例① ファミリーバンド道場                   31
部活事例① ファミリーバンド道場                   32
部活事例② ブラス・ジャンボリー参加 音楽部ハルが、ユーザー視点で   イベント申し込み、練習、参加までを体験                        33
部活事例② ブラス・ジャンボリー参加いつも一人で練習しているハルが、 一緒に練習してくれるファンを募集                     34
部活事例② ブラス・ジャンボリー参加音楽部ファンをオフィスに呼んで合同練習                       35
部活事例② ブラス・ジャンボリー参加イベント本番の会場でも再会!                     36
部活事例③ blast! バックステージツアー企画                            37
部活事例③ blast! バックステージツアー企画                            38
部活事例③ blast! バックステージツアー企画                            39
クエスチョンで盛り上がる!                40
ヒット から ホームラン へ                 41
今後さらなる打率向上を目指すもっと「音」や「動画」でファンが参加できる。企画モノ、シリーズネタの追加。                          42
ユーザー属性         Yamaha Corporation
最後にニュースフィードが全て。 さらに濃く、温度のあるコミュニケーションを。                          44
45
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

【Facebook活用】ファンと創りだす「ヤマハ音楽部」ストーリー(2012/08/29メンバーズセミナー)http://www.members.co.jp/

10 776 vues

Publié le

【Facebook活用】ファンと創りだす「ヤマハ音楽部」ストーリー(2012/08/29メンバーズセミナー)http://www.members.co.jp/

Publié dans : Business
  • Soyez le premier à commenter

【Facebook活用】ファンと創りだす「ヤマハ音楽部」ストーリー(2012/08/29メンバーズセミナー)http://www.members.co.jp/

  1. 1. YAMAHA ファンと創りだす 「ヤマハ音楽部」ストーリー
  2. 2. 音楽部ハルが参加した「ブラス・ジャンボリー」 動画をご覧ください 2
  3. 3. 本日のアジェンダ1. CRM戦略でのソーシャルメディアの取り組み2. ヤマハ音楽部のご紹介 3
  4. 4. プロフィール 鞍掛靖(くらかけ やすし) ヤマハ株式会社 国内営業本部 営業企画部 WEB・CRM推進室 室長 1981年、日本楽器製造株式会社 (現ヤマハ株式会社)入社。 電子楽器のソフトウェア開発、音楽 アプリケーションソフトウェアの商品 企画などを経て、2000年よりウェ ブを中心としたメディア総合戦略、 全社グローバルウェブ戦略を担当。 2010年4月より現職。国内のWeb マーケティング、CRM戦略を担当し ている。 4
  5. 5. ヤマハの企業目的感動を・ともに・創る 5
  6. 6. 需要創造のための「音楽普及」 6
  7. 7. 1995年ごろ パソコン通信が元祖 7
  8. 8. 「傾聴する」 価格が上がっても 発音数を 発音数を 64音のまま 128音にするか価格を維持するか 発音数が肝心 発音数128音! だよね。 8
  9. 9. 2000年 音楽コミュニティ「プレイヤーズ王国」 音楽をとおして、音マイページ 楽友達を作り、相互 にコミュニケーション したり、バーチャルな コミュニティで交流す る プロフィール コミュニティ音楽友達になりたい音楽友達のリスト 9
  10. 10. 2006年 公式?ブログ 「日刊ヤマチョイ」 公開版スタッフBLOG  ヤマハであって、ヤマハでない、しかしヤマハである。 非公式な企業BLOG (東京MXTV BlogTV司会 神田敏晶さん) 10
  11. 11. 2010年 「CGMプロジェクト」 消費者は、インターネットの普及により企業発信の情報だけでなく、他のユー ザーの評価や情報(ソーシャルメディア)を非常に重要視している。 企業サイトのアクセス数は頭打ち、ソーシャルメディアは伸張 企業は自社サイトでの情報発信のみでは不十分 既にソーシャルメディアの利用がヤマハグループ内でスタートしているが、明 確なルールがない。 対応を誤るとブランド毀損のリスクがある。 ソーシャルメディアを活用して顧客と対話する姿勢が求められている ソーシャルメディアに対するノウハウ、経験、対話力を獲得する必要がある。 ソーシャルメディアマーケティングは、短期的なマスマーケティングとは異なり、 長期的な視野にたって「消費者をパートナーにしていくという」というマーケ ティング戦略が必要である 社内組織 CGMプロジェクト 発足(4名) 11
  12. 12. 「CGMプロジェクト」の仕事1. 専任体制をつくる2. トップの承認を得る3. ルールをつくる4. 担当者を育てる5. ガイドラインをつくる 12
  13. 13. ヤマハにおける活用状況(日本国内)ヤマハグループが活用するソーシャルメディア  Twitter:24  Facebookページ: 9  YouTube: 6  Ustream: 5  Blog: 20 ソーシャルメディア部門担当者は、ソーシャルメディア ワーキンググループ定例会(月1回)へ参加 13
  14. 14. エンパワード 認知 検討 選択 購入 影響 サポートされる 力を与えられる 喜ぶ ファンになる 発信する 資料: ジョシュ・バーノフ/テッド・シャドラー、エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制 (Harvard Business School Press) 14
  15. 15. CRM戦略の一環としてのソーシャルメディア 顧客行動分析による 認知 キャンペーンの最適化 検討 選択 影響顧客データベース 購入 ソーシャル メディアの オウンドメディアに サポートされる 活用 よる顧客ケア 力を与えられる カスタマーサポート 喜ぶ ファンになるファン育成のためのWebコミュニティ 発信する 15
  16. 16. 独自指標の「打率」で 軌道修正をし、ファンとみんなで部活! 独自指標の「打率」で軌道 修正をし、ファンとみんな で部活!
  17. 17. 目次1 開設当初の狙い2 軌道修正と変更点3 結果4 投稿事例紹介5 今後の展望 17
  18. 18. プロフィール 前田 武敏(まえだ たけとし) ヤマハ株式会社 国内営業本部 営業企画部 WEB・CRM推進室 主任 2000年、リクルートICIに入社。 就職情報誌や就職情報サイトの 編集および国内外のジョブフェア の企画運営を担当。2004年、 (株)リクルートへ転籍後、就職情 報サイト「リクナビ」編集部。 2007年11月より現職。ヤマハの 製品・サービスのウェブサイトや メールマーケティングなどWebマー ケティングを担当。36歳。 18
  19. 19. ヤマハ音楽部 (部長タケ、マネジャー ハル、副部長けん) 19
  20. 20. 部活動 20
  21. 21. 開設当初の狙い (2011年9月~)①イベント告知を中心にユーザーとのコミュニケーションを図る。②ファンを増やし育成することで、情報の拡散の可視化を図る。③ソーシャルメディアのノウハウの蓄積をし、部門支援力を強化する。 21
  22. 22. 餅イベント事件勃発! 22
  23. 23. 餅イベント事件勃発! 餅イベント レポート投稿日⇒ 「いいね!」解除件数が多かった日は、餅イベント記事。 社内ノリ、内輪ノリが前面に出過ぎたのかもしれない。 出典:Facebook Insight 2011/11/16 ~ 2012/02/12 23
  24. 24. 反省件数:1日5件投稿。掲載可否基準もあいまいイベント情報告知にとどまり、リアルと連動でき ず、ユーザーコミュニケーションも欠如効果測定は実施していたが、PDCAの「Action」 まで踏み込んで実施できていなかった⇒ もっと「部活」っぽい活動へシフトし、ファンと 「音楽を楽しむ」場づくりを提供していきたい⇒ 楽器人口の増加、および「音楽の楽しさ」を伝えたい。 24
  25. 25. 変更点: 運営の流れ 週の始まりに定例会を実施 報告定例会にてメルマガチーム と共有 オフィスのホワイトボードで カレンダー管理 25
  26. 26. 変更点: 編集方針① 「ヤマハ公式アカウント」ではない。「ヤマハ音楽部」である② 音楽部のスタンス:ユーザー目線で自分の言葉で語る③部活動らしく、ユーザーと一緒に活動をする④リアルなつながりを重視⑤音・音楽のヤマハ音楽部なので、音源・動画を最大限活用する 26
  27. 27. 変更点: ターゲットユーザー棲み分けとペルソナ想定 「音楽経験 あり・なし」 × 「楽器をやりたい意志 あり・なし」 でユーザーを分類 あり けん担当 先輩バンドマン アクティブ& 休眠層 楽器 経験(キャリア) タケ担当 ハル担当 後輩ロックキッズ、 聞く専門の人 高校生~OLに伝授 なし 低い 楽器への意志 高い (モチベーション) ⇒ 各自が狙いたいユーザー層を設定。楽器スタート・リスタートを促進したい 27
  28. 28. 変更点: データ集計 時間帯別リーチ数(5月末まで) いいね/投稿 (6月) 1,500.0 120.0 1,400.0 100.0 1,220.0 1,300.0 1,200.0 80.0 1,180.0 1,200.0 60.0 1,160.0 1,140.0 1,100.0 40.0 1,120.0 1,000.0 20.0 1,100.0 1,080.0 900.0 0.0 日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 6:00 7:00 8:00 9:00 10:0011:0012:0013:0014:0015:0016:0017:0018:0019:0020:0021:0022:0023:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00 6:00 7:00 8:00 9:00<投稿のタイミングに関してデータをまとめ>曜日毎の「リーチ数」の違い時間帯による「リーチ数」の違い時間帯による「いいね数」の違い 曜日時間帯にあった投稿内容を仮定。 28
  29. 29. 変更点: カテゴライズ楽器・楽器・サー その他音楽情 その他 サービス 音楽情報 ビス 報 アーティスト 17% 17% アーティスト イベント 40% サイト紹介 楽器・サービスサイト紹介 イベント 3% 23% その他音楽情報 29
  30. 30. 結果: 打率 記事数/月 いいね/月 いいね/日 いいね/記事 エンゲージメント率 ヒット数 打率1月 76 2,200 71.0 28.9 0.79% 18 .2372月 63 1,699 58.6 27.0 0.74% 11 .1753月 70 1,823 58.8 26.0 0.67% 15 .2144月 58 1,928 64.3 33.2 0.83% 17 .2935月 69 2,475 79.8 35.9 0.84% 24 .3486月 73 3,023 100.8 41.4 0.94% 13 .1787月 76 3,957 127.6 52.1 1.13% 35 .461※6月の打率について補足:ファン数が5,000名を達成したことから、 エンゲージメント率を0.97%から1.27%へ引き上げ。0.97%換算だと、「.370」※~4,999名の平均エンゲージメント率→0.97%、 5,000名~9,999名のエンゲージメント率は1.27% (出典:Facenavi調査) 30
  31. 31. 部活事例① ファミリーバンド道場 31
  32. 32. 部活事例① ファミリーバンド道場 32
  33. 33. 部活事例② ブラス・ジャンボリー参加 音楽部ハルが、ユーザー視点で  イベント申し込み、練習、参加までを体験 33
  34. 34. 部活事例② ブラス・ジャンボリー参加いつも一人で練習しているハルが、 一緒に練習してくれるファンを募集 34
  35. 35. 部活事例② ブラス・ジャンボリー参加音楽部ファンをオフィスに呼んで合同練習 35
  36. 36. 部活事例② ブラス・ジャンボリー参加イベント本番の会場でも再会! 36
  37. 37. 部活事例③ blast! バックステージツアー企画 37
  38. 38. 部活事例③ blast! バックステージツアー企画 38
  39. 39. 部活事例③ blast! バックステージツアー企画 39
  40. 40. クエスチョンで盛り上がる! 40
  41. 41. ヒット から ホームラン へ 41
  42. 42. 今後さらなる打率向上を目指すもっと「音」や「動画」でファンが参加できる。企画モノ、シリーズネタの追加。 42
  43. 43. ユーザー属性 Yamaha Corporation
  44. 44. 最後にニュースフィードが全て。 さらに濃く、温度のあるコミュニケーションを。 44
  45. 45. 45

×