Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

【ソーシャルメディア運用支援】Facebookだけじゃない!?加速する複数ソーシャルメディアの普及と企業の活用2013/06/12セミナー

2 700 vues

Publié le

【ソーシャルメディア運用支援】Facebookだけじゃない!?加速する複数ソーシャルメディアの普及と企業の活用
2012年は、消費者がFacebook利用を拡大するのに合わせて、企業もFacebookページを中心としてソーシャルメディア上でコミュニケーションをとってきました。
しかし消費者は、Twitter、LINE、Google+、Youtubeなど、Facebook以外のメディアも生活の一部としてあたりまえに使うようになっています。
本講演では、様々あるソーシャルメディアに企業がどう取り組むべきかを、消費者の利用状況や企業事例などを踏まえながらお話しします。
【講師】株式会社メンバーズ エンゲージメント・ラボ 所長 植木 耕太

Publié dans : Business
  • Soyez le premier à commenter

【ソーシャルメディア運用支援】Facebookだけじゃない!?加速する複数ソーシャルメディアの普及と企業の活用2013/06/12セミナー

  1. 1. 0Facebookだけじゃない!?加速する複数ソーシャルメディアの普及と企業の活用株式会社メンバーズhttp://www.members.co.jp/
  2. 2. 1本日の流れ人々のコミュニケーション手段が変わっている↓ソーシャルメディアの特性比較↓企業での活用事例
  3. 3. 2会話文字印刷、出版電話テレビインターネットソーシャルメディア人類誕生B.C.3000年1440年1876年1939年1994年2008年
  4. 4. 3SNSユーザーの1日のインターネットサービス利用時間※博報堂DY調べ。2013年5月
  5. 5. 4
  6. 6. 5ソーシャルメディアユーザーは増えて、企業の取り組みも広がっている。↓でも、全てを運用することは難しい。だから「集中と選択」が必要です。
  7. 7. 6企業活用視点からのソーシャルメディア徹底比較(定量編)
  8. 8. 75つの対決軸①ユーザー数:リーチのポテンシャル②ファンのつきやすさ:リーチ母数を確保できるか③リーチ力:ファンに対してのリーチできる範囲④拡散力:情報の広まりやすさ⑤費用:リーチするための費用
  9. 9. 8対決①:ユーザー数
  10. 10. 9登録者4500万人アクティブユーザー1900万人 発表無し 発表無し公式発表されている数値(日本)
  11. 11. 10※注…PCのみのデータ
  12. 12. 11登録者4500万アクティブユーザー1900万 (1430万) (470万)ユーザー数対決:まとめ
  13. 13. 12対決②:「ファン」のつきやすさ
  14. 14. 130200,000400,000600,000800,0001,000,0001,200,0002012年1月2012年2月2012年3月2012年4月2012年5月2012年6月2012年7月2012年8月2012年9月2012年10月2012年11月2012年12月2013年1月2013年2月2013年3月2013年4月2013年5月2013年6月無印良品SoftBankUNIQLOauANAStarbucksJAL@nifty楽天市場Amazon JP近畿日本ツーリストGREEディズニーSUNTORY上位10平均 → 88万人
  15. 15. 14
  16. 16. 15ニフティ:2013年の運勢占い+35万人WEBサイトのコンテンツと連動する形で、2013年の占いアプリをリリース。近畿日本ツーリスト:なに人診断+40万人性格診断結果を、世界中の国になぞらえて発表。人気キャラクターも活用。
  17. 17. 16ソフトバンク:携帯代一生無料+45.0万人携帯代一生分相当の518万円の商品券プレゼント。同時に大量のFB広告を出稿している。
  18. 18. 17ファンの質:高いファンの質:低い不確実な施策(一発逆転型) 堅実な施策キャンペーン(プレゼント)キャンペーン(投稿)アプリ施策Facebook広告自社メディアからの集客(サイト、メルマガ、プラグイン)リアルからの集客(店頭…など)ファンの獲得単価50円~300円
  19. 19. 180100,000200,000300,000400,000500,000600,000 2012年1月2012年2月2012年3月2012年4月2012年5月2012年6月2012年7月2012年8月2012年9月2012年10月2012年11月2012年12月2013年1月2013年2月2013年3月2013年4月2013年5月2013年6月スターバックスコーヒー東京ディズニーリゾートZOZOTOWN東京電力ローソンクルー♪無印良品UNIQLO白戸次郎ミスタードーナツモスバーガーマクドナルド上位10平均 → 28万人
  20. 20. 19【業種:CPF/eCPE】 小売:156円/25円 日用品・化粧品:236円/30円 エンターテインメント:167円/22円 ファイナンス:152円/36円 旅行:124円/53円 家電:185円/43円キャンペーンフォローしてつぶやくと●●がもらえる。プロモアカウント小売:156円日用品・化粧品:236円エンターテインメント:167円ファイナンス:152円旅行:124円家電:185円
  21. 21. 2001,000,0002,000,0003,000,0004,000,0005,000,0006,000,0007,000,0008,000,000ソフトバンクローソンケンタッキーフライドチキンマツモトキヨシ楽天市場資生堂ワタシプラスコカ・コーラすき家LINE英語通訳クラブパナソニックDHCLINE占い上位10平均 → 567万人
  22. 22. 21スタンプ→1500万円で、200万人以上の友達。単価7.5円
  23. 23. 22No. ページ名 フォロワー数1 朝日新聞社 119,2012 NHK 106,9493 TOWER RECORDS / タワーレコード 97,6904 McDonald’s Japan 82,4535 財務省 82,4306 週刊アスキー 73,0117 楽天市場 40,4198 H.I.S. 37,5369 日刊スポーツ新聞社 36,95910 J-CASTニュース 36,726上位10平均 → 7万人
  24. 24. 23フォロワーを増やすためのこれといった施策はない
  25. 25. 2488万 28万 7万567万ファンのつきやすさ対決:まとめTOP10アカウントの平均ファン・友達・フォロワー数
  26. 26. 25対決③:リーチする力
  27. 27. 26エッジランク1.親密性Facebookページとユーザーとの関係性2.重み投稿されたコンテンツの重要性、面白さ3.時間Facebookに投稿された時間、情報の鮮度。Facebookのリーチ
  28. 28. 27LINEのリーチメッセージの開封率
  29. 29. 28リーチする力対決:まとめ
  30. 30. 29対決④:拡散する力
  31. 31. 30拡散力:FB・G+→シェア、TW→RT×
  32. 32. 31対決⑤:費用
  33. 33. 32運用コスト原稿投稿レポート媒体費用(月額)0円媒体費用(初期)0円800万~ 600万~※友達500万、配信月一回の場合原稿
  34. 34. 33ユーザー数ファンのつきやすさリーチ力拡散力費用1900万 1430万 470万 4500万△ △ × ○△ △ △ ○○ ○ ○ ×○ ○ ○ ×まとめ
  35. 35. 34企業活用視点からのソーシャルメディア徹底比較(定性編)
  36. 36. 35中長期のブランディング。ロイヤリティが高い顧客との接点。
  37. 37. 36リアルタイム。瞬発力のある拡散。キャンペーンの盛り上げ。43,700ツイート905万インプレッション
  38. 38. 37マス広告近い、若い世代との接点。店舗誘導。キャンペーン誘導。クーポン配布数 150万引き換え数 10万個(3日間)
  39. 39. 38検索エンジン対策。Googleプラットフォームの足がかり。
  40. 40. 39海外ではすでに活性化。プラットフォームとして必須になる。再生回数111万回
  41. 41. 40複数ソーシャルメディア運用事例(コカ・コーラ、ローソン)
  42. 42. Page 41ブランドチャート(アジャイルメディアネットワーク)
  43. 43. 42コカ・コーラの場合
  44. 44. 43コカ・コーラのソーシャルメディアアカウントブログ
  45. 45. 44Twitter話題になりそうな、過去の情報や海外の情報も投稿。情報の流れがはやいため同日に複数回投稿。6/11 6/10
  46. 46. 45Facebook、Google+、mixiTwitterの投稿からピックアップし、共通の内容を投稿ハイライト表示も活用
  47. 47. 46LINEスマートフォンからのキャンペーン参加、動画視聴につながる情報の発信キャンペーン動画
  48. 48. 47コカ・コーラ発信メディア編キャンペーン情報CSR情報ブランディング発信誘導 キャンペーン参加動画視聴全ての情報を発信キャンペーン参加や動画情報を中心に紹介ピックアップし投稿※頻度を調整し同日の複数投稿は控えめ。
  49. 49. 48ブログブログ広報発信の、企業活動/イベント・キャンペーン情報
  50. 50. 49Youtube、ニコニコ動画、UstreamCM動画やメイキングプロモーション映像を中心に配信リアルタイム性を生かし番組「コカ・コーラTV」をライブ中継および過去放送のストックを配信。※最終更新2012年9月
  51. 51. 50Pinterestコカ・コーラ、関連商品画像を紹介しブランド・イメージの向上につなげている。
  52. 52. 51コカ・コーラ:ストックメディア編ブログ発信広報ツールとしての情報発信CM動画・メイキング等コカ・コーラパークTV画像投稿
  53. 53. 52ローソンの場合
  54. 54. 53ローソンのソーシャルメディアアカウントブログ
  55. 55. Page 54発信全ての情報を発信スイーツや商品の情報をピックアップして発信店舗店舗誘導キャンペーン情報新商品情報ローソン:発信メディア編Twitterからターゲットの狭い情報(Loppi情報やスマホ限定)を除いた写真付き投稿をピックアップ
  56. 56. Page 55動画コンテンツの管理あきこちゃんロイド決算発表会商品、お店、商品開発ご飯、スイーツ、キャラの写真ローソン:ストックメディア編ブログ発信
  57. 57. Page 56メンバーズの支援サービスエンゲージメント・マーケティング・センター
  58. 58. 57エンゲージメントマーケティングセンターの運用体制イメージ企業C企業B各SNSの情報収集担当コンテンツ企画専任チームソーシャル広告企画・運用チームエンゲージメントラボ地方センター(仙台)企業A【A社専用】運用チーム【B社専用】運用チーム【C社専用】運用チームAPI・プラグイン情報担当海外先進事例収集チーム
  59. 59. 58エンゲージメントマーケティングセンターのコンセプト3.複数のソーシャルメディア運用を一貫して支援Facebook、Twitter、LINE、mixi、Google+など、いくつものソーシャルメディアを横断して運用するための体制やノウハウが揃っています。一括してご依頼頂くことで、コストメリットを提供できます。2.50社以上のソーシャルメディア運用実績これまでに、多くの企業のソーシャルメディアアカウントの運用を支援しています。その成果が認められ、2012年、Facebookから公式デベロッパーの認定を受けています。また、成功事例、失敗事例を積極的に共有し、それぞれの企業にあったご提案をします。1.30名規模のソーシャルメディア専任運用部隊専任の運用部隊による、効率的でミスの無い運用サービスを提供します。また、各SNSや海外動向、投稿分析、技術領域など、各メンバーがそれぞれプロフェッショナル分野を持ち、ノウハウを共有しながら成果の出る運用を行います。
  60. 60. 59P.59企業のソーシャルメディア運用を「まるごと」バックアップします。エンゲージメントマーケティングセンターの運用メニューアカウント運用⑥レポート・定例会④コメント返信代行⑧コメント監視⑦広告・キャンペーン投稿の企画・投稿原稿の作成、投稿業務の代行エンゲージメントを深めるように返信文を考え、返信を代行ソーシャルメディアアカウント365日監視を行い、必要に応じてエスカレーションを上げます。アカウント運用データ①企業アカウント構築広告・キャンペーン・アプリ等の企画・構築・運用を行います。②運用定義の策定⑤サポート、最新情報運用サポートや各ソーシャルメディアの最新情報を提供③原稿作成・投稿代行「エンゲージメントラボ」が最新情報を提供します。その他のメニュー・リスニングレポート・成果測定アンケート・ガイドライン策定オウンドメディア運用⑨コミュニティ運用コミュニティが盛り上がるためのファシリテーションやコンテンツ企画及び運用を支援します。⑩企業ブログ運用ブログコンテンツ企画やライティングなど、企業の情報発信を支援します。
  61. 61. 60まとめ・全部やる必要はないが、ひとつだけでは足りないかもしれないユーザーのいるところにコミュニケーションのチャンスがある「次」のメディア運用に踏み出しましょう・運用は効率的に。コンテンツを有効に利用する。・今日は、手段としてのメディアを活用する話が中心でした。まずは課題を明確にし、目的をしっかり持つことが大切です。
  62. 62. 61http://www.members.co.jp/本資料に関するお問い合わせはこちら株式会社メンバーズm_smd@members.co.jp

×