Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

One to Oneカスタマージャーニープラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」とLINEビジネスコネクト

3 492 vues

Publié le

2015年1月21日開催
第10回エンゲージメントマーケティングセミナー
実際に導入中!「Salesforce Marketing Cloud」を活用したマーケティングオートメーション実現のための知見・体制・留意点とは?

【第1部】One to Oneカスタマージャーニープラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の全貌
カスタマージャーニーの計画、パーソナライズ、最適化を一つのプラットフォームで!適切なメッセージを、最適なタイミングとチャネルで提供するためのテクノロジーを事例やデモとともにご紹介します。

<講師>株式会社セールスフォース・ドットコム Marketing Cloud事業部 チャネルパートナーマネージャー 清水 秀和氏

Publié dans : Business
  • Soyez le premier à commenter

One to Oneカスタマージャーニープラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」とLINEビジネスコネクト

  1. 1. One to Oneカスタマージャーニープラット フォーム「Salesforce Marketing Cloud」 株式会社セールスフォース・ドットコム Marketing Cloud チャネルパートナーマネージャー 清水秀和
  2. 2. 2 Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended April 30, 2011. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  4. 4. •デジタルチャネルの多様化 •モノのインターネットの時代へ •モバイルファーストの時代に •デジタルとオフラインの境界線を越 えたユーザー体験の必要性 チャネルの変化データ量の拡大 •企業が扱えるデータが2年毎に 倍増 顧客行動の変化 マーケティングに影響を与える3つの変化 50億 2017 年の スマートフォン 台数(予測) 500億 ネットで つながる製品 44兆GB 2020年の データ量 * *Source: IDC
  5. 5. レレバンシー改善による効果の向上 *Source: ExactTarget 社内統計データ 顧客の行動をリアルタイムに把握し、そのデータに基づきレレバンシーの高いコミュニ ケーションを実施することで、コンバージョンレートは約4倍向上する
  6. 6. *Source: Joint Research by Deloitte Consulting LLP & Salesforce Marketing Cloud, 2013 マーケターの約60%以上が 2014年において注力して継 続的に活用するデジタルチャ ネルとしてメールマーケティ ングを選択 注力するデジタルチャネル メール SEO&SEM データ管理
  7. 7. *Source: 2013年 ECサイトでの事例 国内におけるパーソナライズメール事例 「商品をカートに入れたが購入していない」といったユーザーのリアルタイムの行動デー タに基づきフォローアッププログラムを実施することで、キャンペーン効果が向上 開封率 コンバージョン率 (購入回数/配信数) カート放棄 フォロー x3.7 x103 初回購入者 (ウェルカム シリーズ) x7 X8.8
  8. 8. 一人ひとりに最適化されたOne to One マーケティングの実現へ 最適化されたコンテンツを クロスチャネルで展開 顧客データの一元化 カスタマージャーニーの 設計と自動化 カート放棄の リマインダーを自動送付 店頭での商品購入後に お礼メールを自動配信 店頭でお客様のより 詳しい情報を入手 ソーシャルメディアの キャンペーンを展開 好みにあった商品 をWebでお勧め モバイルでの プッシュ通知 誕生日には特別な プレゼント 顧客A/B/C メール モバイル ソーシャル Web
  9. 9. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  10. 10. 10 One to One カスタマー ジャーニー プラットフォームを実現 Eメール モバイル ソーシャル Web データ & 分析 プラットフォ-ムマーケティング オートメーション
  11. 11. 11 170億+ メール通数/月 300+利用顧客数 300+利用顧客数 10億+インプレッション/年 100万 キャンペーンオートメーション/月 Email Mobile Social Web
  12. 12. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  13. 13. 13 コンバージョンレートを 50 % 向上 エンゲージ (メールクリック等反応) できた顧客の購買単価は +50 % 以上に Sony Playstation : 存在していた顧客データを統合し、 顧客毎にカスタマイズされたコミュニケーションを実現
  14. 14. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  15. 15. 15 The Real Real : 1つのプラットフォームでウェブ・メール のパーソナライゼーションを実現し、収益アップ • Marketing Cloud の Predictive Intelligence を活用し、ユーザーのサイト行動データやメールの開 封状況を把握し、パーソナライズコンテンツを提供 • リアルタイムの行動データに基づいたコンテンツを提供し、サイトのコンバージョン率が120%、 メールの開封率が約4倍向上
  16. 16. 16 The Real Real : パーソナライゼーションの仕組み サイトでの行動 データに基づいた メール内での コンテンツ提供 - サイトでの行動データ (Cookie) - ログイン後の行動データ
  17. 17. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  18. 18. 18 RBC (カナダロイヤル銀行) : 顧客のロイヤリティに基づき、 支店をジオフェンス対応 • 生涯価値の高い顧客別に、エリアに応じて別々のコミュニケーションを実施 ロイヤリティの段階に応じてオファーを変更し、最適なロイヤリティプログラムを展開 • バンキングサービスのサイトでも会員の行動データに基づき、パーソナライズコンテンツを提供
  19. 19. 19 RBC (カナダロイヤル銀行) - 顧客のロイヤリティに基づき、 支店をジオフェンス対応 ロイアル カスタマー リピーター 初回購入者 モバイル アプリID情報
  20. 20. • イントロダクション • Salesforce Marketing Cloud 概要 • 事例とデモンストレーション • ソニープレイステーション • Real & Real • カナダロイアル銀行 • 今後の展開 Agenda
  21. 21. 21 Group Connectのご紹介(2015年3月リリース予定) • 企業が持っている顧客データと LINEユーザーを紐づけ (パーミッ ションの下にMIDを紐づけ) • 海外へのリーチ • コンタクトデータを基に、ユーザー をセグメント • 個別のグループメッセージを配信 グループメッセージングプラットフォームとの連携を実現 (LINE, WeChat, What’s up)
  22. 22. 22 本日のまとめ • 1プラットフォームにマーケティングに必要な顧客データを集めることで、 マルチチャネル化が容易になり、中長期的にオペレーションコストも削減 される • カスタマージャーニーの設計を考える(どういったシチュエーションで メッセージを届ければ、ユーザーに受け入れられるか) • 継続的な運用が必要(内部リソース、または外部運用会社の支援)
  23. 23. 有難うございました

×