Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

企業価値向上のためのデジタル・コミュニケーション

356 vues

Publié le

2017年7月27日(木)開催セミナー
Shared Value実現のためのNGO/NPO連携と企業価値創出
https://marke.members.co.jp/20170727.html

第2部
企業価値向上のためのデジタル・コミュニケーション
株式会社エンゲージメント・ファースト 代表取締役/株式会社メンバーズ 執行役員 原 裕

事業戦略を考える上で、社会課題起点の考え方や、Shared Value創出のためのNGO/NPO連携は、もはやマーケティング戦略の基本として浸透しています。本セミナーでは、Webサイトでのコミュニケーションを中心に、マーケティング3.0実践企業の事例やこれからのコミュニケーションの在り方を提示します。

Publié dans : Carrière
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

企業価値向上のためのデジタル・コミュニケーション

  1. 1. Creating Shared Value With NGO 株式会社エンゲージメント・ファースト (メンバーズグループ) 2017年7月27日(木)メンバーズ開催セミナー Shared Value実現のためのNGO/NPO連携と企業価値創出 https://marke.members.co.jp/20170727.html
  2. 2. Who I Am. メンバーズ執行役員 エンゲージメント・ファースト CEO(兼務) www.facebook.com/yutaka.hara 1984年-1996年:アメリカン・エキスプレス 1996年-1999年:J.W.Thompson 1999年- : メンバーズ 2012年- : エンゲージメント・ファースト(兼務)
  3. 3. VISION 人間中心のマーケティング・エコシステムを実装することによりビジネス課題と 社会課題の両方を解決し、持続可能な世界を実現すること。 MISSION 我々は、クライアントと顧客、関係者との共有価値(Shared Value)の創造を支援し 、共感を広めることにより、マーケティングの効果を最大化する人間中心のマーケ ティング・エコシステム(エンゲージメント・マーケティング)を実行します。 顧客との「共有価値」創造、お手伝いします。 a members of We are the Shared Value Agency®
  4. 4. www.engagement1st.com www.facebook.com/sharedvaluejapan
  5. 5. なぜNGO?
  6. 6. これからの時代に必要なのは 社会課題起点の経営、マーケティングだからです。
  7. 7. なぜ社会課題起点なの?
  8. 8. 社会的課題企業の課題
  9. 9. 社会的課題企業の課題 VS.
  10. 10. 社会的課題企業の課題 イノベーション 事業再定義 Shared Value Co-creation 政府 民間企業 NGO/NPO財団
  11. 11. 市場ニー ズ 社会ニーズ
  12. 12. ビ ジ ネ ス イ ン パ ク ト ソーシャルインパクト CSV 新たな領域 Innovation ビジネスの基本 競合との競争 CSR
  13. 13. 社会課題解決は顧客のニーズでもある
  14. 14. 非常に興味あ る 16% どちらかと言 えばある 51% あまり興味な い 27% 全く興味ない 6% 社会課題に関心がある
  15. 15. 積極的に購入し たいと思う 13% 購入したいと思 う 51% どちらともいえ ない 26% 購入したいと思 わない 10% 非常に興味 ある 16% どちらかと 言えばある 51% あまり興味 ない 27% 全く興味な い 6% 社会課題に関心がある 社会課題解決にコミットしている 企業の商品購入意向
  16. 16. 0% 18% 35% 53% 70% 2013 2014 2015 私は社会課題や環境問題にコミットしている企業の商 品やサービスに対してはより高い費用を払ってもよい
  17. 17. Marketing 1.0 Marketing 2.0 Marketing 3.0 目的 商品販売 顧客の満足度と継続 より良い世界に マーケット ニーズを持った消費者 賢い顧客 より成熟した生活者 キー・マーケティング ・コンセプト 製品開発 差別化 価値 マーケティングの指針 商品の詳細 ポジショニング 会社の理念、 ミッション 提供価値 機能性 機能性+情緒性 機能性+情緒性+精神 顧客との関わり one-to-many トランザクション one to one リレーションシップ many-to-many コラボレーション
  18. 18. ビジネス Green is Green -J. Immelt, CEO of GE, 2005
  19. 19. 市場のニーズ + 競合との差別化 社会のニーズ + 顧客との共創 これからの経営・マーケティング Competition Engagement
  20. 20. 社会課題?
  21. 21. 日本では年間1900万トンの食品廃棄物が出 ており、このうち本来食べられる「食品ロス」は 500-800万トンで、これは世界全体の食料援助量 の約2倍 2050年までに世界人口が96億人に達した 場合、現在の生活様式を持続させるため には、地球が3つ必要になりか ねません。 全世界の8人に1人が極度の貧困 の中で暮らしてる。 世界の海洋魚種資源のうち、生物学的に持続可能な水準にあるものの 割合は、1974年の90%から2013年の69%へと低下してい ます。 世界の森林面積の純減は、1990年代の730万ヘクタールから 2010‐2015年の330万ヘクタールへと縮小しました。 2013の時点で、小学校就学年齢の子ども 5,900万人が学校に通えていませ ん。 わずか2%の都市部でエネルギー消費の60-80%、炭 素排出量の75%を占めている。 全世界の二酸化炭素排出量は1990年以来、50%近く増えている
  22. 22. 2050年までに世界人口が96億人に達した 場合、現在の生活様式を持続させるため には、地球が3つ必要になりか ねません。
  23. 23. • マーケットポテンシャル(経営観点) • 事業リスクの回避(経営観点) • 消費者の共感(マーケティング観点) • 圧倒的な優位の確立
  24. 24. なぜNGO? (Social Sector)
  25. 25. 社会課題解決のプロだからです。
  26. 26. ビ ジ ネ ス イ ン パ ク ト ソーシャルインパクト CSV 新たな領域 Innovation ビジネスの基本 競合との競争 CSR 広告代理店 コンサルティン グ会社 NGO/ NPO Engagement First
  27. 27. Social Sectorと Shared Valueを創出する企業
  28. 28. 市場のニーズ + 競合との差別化 社会のニーズ + 顧客との共創 これからの経営・マーケティング Competition Engagement ここの見つけ方、お手伝いします。 Engagement First x Kaospilot
  29. 29. 本資料に関するお問い合わせ 株式会社メンバーズ http://www.members.co.jp/ m_bizdev@members.co.jp 2017年7月27日(木)メンバーズ開催セミナー Shared Value実現のためのNGO/NPO連携と企業価値創出 https://marke.members.co.jp/20170727.html

×