Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
平成19年度専門図書館協議会秋季セミナー 
(2007年11月29日) 
人を惹きつける図書館の広報戦略 
お茶の水女子大学 
図書・情報チームリーダー 
茂出木理子
自己紹介を兼ねて 
1999年 
東京大学 
情報基盤センター 
学術情報リテラシー係 
1985年 
(昭和60年) 
1985年 
東京大学理学部植 
物学教室図書室 
スタート 
1990年 
(平成2年) 
1995年 
(平成7年) ...
(最近の)大学図書館の危機感 
• 大学の中で図書館の存在感がない・・・ 
• 戦略的経営と広報が重要 
– 図書館が活性化するには、戦略的経営が必要である。 
– 活性化には、組織としての「ビジョン」の共有が必要であ 
る。 
– 戦略的経営...
広報、プレゼン、上司説得 
• 上手に自分の考え、アイディアを人に伝えること。 
= コンセプトを言葉にする。 
= プレゼン、上司への説明、広報・・・ 
• 「コンセプト」とは、「何が言いたいのか、したいのか 
を一言で表す」こと 
• 図書...
「プレゼン」「広報」で大事なこと 
• プレゼン(広報)に必要な要素は、 
「シナリオ力」「身体的能力」「個の魅力」 
• プレゼン(広報)は、対話力。 
• プレゼン(広報)は、相手に行動をおこしても 
らうことを目的とする。 
• 相手に対...
広報とは「Love Me」!? 
• 広報(Public Relation)は「Love Me」の活動 
• 広告(Advertisement )は「Buy Me」の活動 
参考:「広告入門/ 梶山皓日本経済出版社2007年」 
• 広く愛され...
なぜ、広報に「物語」が必要か(1) 
他者にアピールするにはどうすればいいのか? 
• 広報とは、一方的にこちら(発信側)の主張を述べることでは 
ない。 
• 情報の受け手をこちらの世界に同調させ、深い理解を得、味 
方につけたうえで、自分で...
なぜ、広報に「物語」が必要か(2) 
• 情報過多なこの時代において、単に情報を出すことだけでは 
アピールにはならない。 
• 山のような断片情報をわかりやすく再構成して、提示すること 
が必要。 
• 情報過多な時代の広報は、「第一印象」が...
なぜ、広報に「物語」が必要か(3) 
口コミしたくなる感情とは? 
(なぜ、冬ソナは流行ったのか?) 
1. まず、物語に対する「感情移入」。 
2. そして、自分に(自分の生活に)重ね合せる。 
3. 他人を巻き込みたくなる。 
マーケティン...
いくつかの経験から 
• 東京大学における利用者リテラシー 
– キャラクターを用いた理由、効用 
• ちらし作成の工夫 
– キャッチフレーズに悩んで悩んで悩んで・・・ 
• 企画をたてる時は、まずどう広報するかのゴールを 
考える。 
– ...
最近の経験から 
• 主語があいまいな広報文に手をいれる 
• 苦情対応の広報 
• スタッフのエンカレッジのための広報 
• 第3者の口を借りて、図書館をアピール 
• 外部への情報発信が内部にもたらすもの
最後に 
マネージメントの観点から広報を考えると・・・ 
• マネージメントの基本は、内向きではなく、外 
向きでなければならない。 
(「人を動かす「言葉力」―プレジデント名言録「200」選」 
一橋大学教授沼上幹の言葉から) 
• 外向きの...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

平成19年度専門図書館協議会秋季セミナー 人を惹きつける図書館の広報戦略

350 vues

Publié le

平成19年度専門図書館協議会秋季セミナーでの講演資料。「人を惹きつける図書館の広報戦略」 茂出木理子

  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

  • Soyez le premier à aimer ceci

平成19年度専門図書館協議会秋季セミナー 人を惹きつける図書館の広報戦略

  1. 1. 平成19年度専門図書館協議会秋季セミナー (2007年11月29日) 人を惹きつける図書館の広報戦略 お茶の水女子大学 図書・情報チームリーダー 茂出木理子
  2. 2. 自己紹介を兼ねて 1999年 東京大学 情報基盤センター 学術情報リテラシー係 1985年 (昭和60年) 1985年 東京大学理学部植 物学教室図書室 スタート 1990年 (平成2年) 1995年 (平成7年) 2000年 (平成12年) 2005年 (平成17年) 1991年 学術情報センター (NACSIS) 目録情報課 1989年 東京大学総合図書 館選書掛 1996年 学術情報センター (NACSIS) 研修課 2002年 国立情報学研究所 コンテンツ課 2006年 お茶の水女子大学 図書・情報課 名著!? 「学総目クララ通信」
  3. 3. (最近の)大学図書館の危機感 • 大学の中で図書館の存在感がない・・・ • 戦略的経営と広報が重要 – 図書館が活性化するには、戦略的経営が必要である。 – 活性化には、組織としての「ビジョン」の共有が必要であ る。 – 戦略的経営とは、企画力や広報力など、総合的な要素の 集結である。
  4. 4. 広報、プレゼン、上司説得 • 上手に自分の考え、アイディアを人に伝えること。 = コンセプトを言葉にする。 = プレゼン、上司への説明、広報・・・ • 「コンセプト」とは、「何が言いたいのか、したいのか を一言で表す」こと • 図書館って何やっているの?という「エライ人」(学 長、経営者)の質問に端的に答えられるか?
  5. 5. 「プレゼン」「広報」で大事なこと • プレゼン(広報)に必要な要素は、 「シナリオ力」「身体的能力」「個の魅力」 • プレゼン(広報)は、対話力。 • プレゼン(広報)は、相手に行動をおこしても らうことを目的とする。 • 相手に対する思いやり 図書館の論理を押しつけない広報
  6. 6. 広報とは「Love Me」!? • 広報(Public Relation)は「Love Me」の活動 • 広告(Advertisement )は「Buy Me」の活動 参考:「広告入門/ 梶山皓日本経済出版社2007年」 • 広く愛されるためのノウハウ(?)のいくつか – 愛されたいという積極性 – 見た目も大事 – 完璧でなくてもいい – タイミングの良いアピール – 多方面展開 広報における 「ストーリー性」の重視
  7. 7. なぜ、広報に「物語」が必要か(1) 他者にアピールするにはどうすればいいのか? • 広報とは、一方的にこちら(発信側)の主張を述べることでは ない。 • 情報の受け手をこちらの世界に同調させ、深い理解を得、味 方につけたうえで、自分でも気が付かなかった欲求を具現化 してあげることである。 • そして、同調してくれた受け手による、自発的な口コミを期待 する。 • 広報の主役は、「商品」でもなく、「製作者」でもなく、「(メッ セージを)受取ってもらう相手」である。 人は、自分が主役の物語になら感情移入 できる。
  8. 8. なぜ、広報に「物語」が必要か(2) • 情報過多なこの時代において、単に情報を出すことだけでは アピールにはならない。 • 山のような断片情報をわかりやすく再構成して、提示すること が必要。 • 情報過多な時代の広報は、「第一印象」が大事。 • 受け手にとって、自分の生活の中で意味を見いだせるメッ セージをまず送ることが必要。 あなたのための、あなただけの物語を提示 = 相手の立場にたった説明、広報
  9. 9. なぜ、広報に「物語」が必要か(3) 口コミしたくなる感情とは? (なぜ、冬ソナは流行ったのか?) 1. まず、物語に対する「感情移入」。 2. そして、自分に(自分の生活に)重ね合せる。 3. 他人を巻き込みたくなる。 マーケティングの世界でも「物語」が重視されている。 「山川悟著事例でわかる物語マーケティング:ワクワク感のあるブラン ドを創る注目のマーケティング手法2007.10」
  10. 10. いくつかの経験から • 東京大学における利用者リテラシー – キャラクターを用いた理由、効用 • ちらし作成の工夫 – キャッチフレーズに悩んで悩んで悩んで・・・ • 企画をたてる時は、まずどう広報するかのゴールを 考える。 – 広報のタイミングを図る – とりあえず広報しちゃえ!は失敗の元
  11. 11. 最近の経験から • 主語があいまいな広報文に手をいれる • 苦情対応の広報 • スタッフのエンカレッジのための広報 • 第3者の口を借りて、図書館をアピール • 外部への情報発信が内部にもたらすもの
  12. 12. 最後に マネージメントの観点から広報を考えると・・・ • マネージメントの基本は、内向きではなく、外 向きでなければならない。 (「人を動かす「言葉力」―プレジデント名言録「200」選」 一橋大学教授沼上幹の言葉から) • 外向きのマネージメントとは、組織の仕事が スムーズに成功するように経営環境を整える こと。 • 広報が意識すべきことは「外向きのマネージ メント」の最前線であるということ。

×