Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Val研究所

181 vues

Publié le

2017年4月4日 APIエコノミー友の会V1資料

Publié dans : Business
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

Val研究所

  1. 1. APIManagement導入事例とこれから 2017/04/04 開発部サービスプラットフォームチーム リーダー 見川 孝太
  2. 2. 自己紹介 名前:見川孝太 所属:株式会社ヴァル研究所    開発部    サービスプラットフォームチーム 仕事:マネージャー
  3. 3. 会社紹介
  4. 4. 設立:1976年7月26日(41期) 所在地:東京都杉並区高円寺 代表取締役:太田信夫 従業員数:161名(2017/4現在) (エンジニアが6割)
  5. 5. 主な事業は「駅すぱあと事業」 1988年に誕生し今日まで続く、国内初 の乗換案内ソフト 現在では、ビジネス・個人の様々なニー ズにお応えすべく展開しています 2017年2月22日で29周年を迎えました 「電車の会社」ではないですが「電車に 縁のある会社」です
  6. 6. Gov/Education StartUp Web,Mobile Portal SI/Vendor Enterprise 駅すぱあと関連製品のお客様
  7. 7. 機能提供 アプリケーション提供 ビジネスとしては大まかに2形態
  8. 8. 本日は「機能提供」部分の話
  9. 9. 駅すぱあとの文脈
  10. 10. DDE -> SDK/CGI -> ASP -> WebAPI
  11. 11. ・2010年にサービスイン ・駅すぱあとの機能をWebAPIとして提供 ・REST API ・自社サービスの基盤ともなっている ・Dailyアクセスは、内外合わせて1,300万程度 (2017/3現在) ・ここ数年の成長率は前年比2倍以上を維持
  12. 12. 100% クラウド 様々なサービスを利用して 開発、運用
  13. 13. サービス利用を前提とするのは エンジニアリングとビジネス 両方の理由がある
  14. 14. エンジニアリングとビジネスは 成長の両輪
  15. 15. どちらもパワーロスなく 回す必要がある
  16. 16. ビジネス的な理由
  17. 17. コアの価値向上に集中する為に すでに世の中にあるものは なるべく作らない
  18. 18. エンジニアリング的な理由
  19. 19. 良いサービス(API)を作るには 良いサービスを使う(知る)
  20. 20. API Management
  21. 21. WebAPIを提供してゆく為に 必要な機能は?
  22. 22. 認証、認可、セキュリティ、ユーザー 管理、課金、プラン管理、アクセス 制御、スロットリング、ポータル、ア ナリティクスなどなど
  23. 23. これらを賄うサービスとして API Managementがある
  24. 24. 導入に至った経緯
  25. 25. ❌ MVP的なスタート ビジネスの成長/技術的負債の増大 ビジネスの成長にあったサービス 更なるビジネスの成長 再実装/クラウド移行 この辺で導入
  26. 26. ・構造的な問題でレスポンスが遅い ・バイナリ提供を求めるお客様に対応できない ・他のサービスの環境に間借り(スケールでき ない) ・キー発行、課金、ユーザ管理周りが手動(販 売管理コスト増) 当時の課題
  27. 27. ・構造的な問題でレスポンスが遅い   -> 再実装 ・バイナリ提供を求めるお客様に対応できない   -> 再実装 ・他のサービスの環境に間借り(スケールできない)   -> クラウド移行 ・キー発行、課金、ユーザ管理周りが手動(販売管理 コスト増) 解決策
  28. 28. 成長率は年間200%越え 手作業では限界がくる
  29. 29. その部分の開発に リソースを割くと成長に影響
  30. 30. API Managementの導入
  31. 31. この段階では投資に近いので…
  32. 32. エンジニアリングだけではなく ビジネスの課題も含めて 経営に説明
  33. 33. 結果として開発、営業共に改善中 他のプロダクトへの展開も
  34. 34. 今後のこと
  35. 35. API Aggregate Service
  36. 36. 「駅すぱあと」から スコープの拡大
  37. 37. 単なるAPI提供だけではなく パートナシップ等、共創への広がり
  38. 38. ご興味ありましたら お気軽にお声がけください

×