Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Microsoft MVP x DevRel

2019年10月23日(水)の『DevRel/Community #5』(https://devrel.connpass.com/event/146725/)で使用したセッション資料です。

  • Soyez le premier à commenter

Microsoft MVP x DevRel

  1. 1. 森口 理絵 Rie Moriguchi Community Program Manger, Microsoft Corporation ※詳しい自己紹介はこちら → https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Pages/meet-the-mvp-award-team
  2. 2. “Microsoft MVP アワード プログラム” ご紹介
  3. 3. マイクロソフトが 「個人」の 過去 12 か月間の 技術コミュニティへの貢献に 感謝の意を表して授与する 特別な賞 × Partner of the Year、認定資格(MCP、MOS など)
  4. 4. マイクロソフト技術/サービス に関連する 最新の技術専門知識をもとに 継続的/自発的/積極的に コミュニティ インパクトを与えている コミュニティ リーダー × 古い情報、活動少ない、有償 (画像引用元:MVP for Office Development きぬあさ さん Twitter)
  5. 5. Dev: 6 IT Pro: 5 ✓AI ✓Data Platform ✓Developer Technologies ✓Microsoft Azure ✓Office Development ✓Windows Development ✓Business Applications ✓Cloud & Datacenter Management ✓Enterprise Mobility ✓Office Applications & Services ✓Windows & Devices for IT ※最新の受賞カテゴリー情報はこちら → https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Pages/mvp-award-update
  6. 6. 1. Product Advocacy - 製品/サービスに関する情報発信 ✓ 技術コミュニティの主宰 ✓ カンファレンスや勉強会の主催/運営 ✓ 登壇(カンファレンスや勉強会) ✓ 書籍出版(著者、共著) ✓ ブログ/サイトへの投稿 ✓ 動画/Webcast/Podcast の投稿 ✓ ソーシャル メディアへの投稿 ✓ オンライン フォーラムでの回答投稿 ✓ OSS 系の活動(例:GitHub Contribution) 2. Product Feedback - 製品/サービスに関するフィードバック提供 ✓ 各種問い合わせチャネルや GitHub などを駆使した製品についてのフィードバック ✓ docs.microsoft.com や Microsoft Learn などコンテンツについてのフィードバック 3. Healthy Community – より良いコミュニティづくりに向けた活動 ✓ Diversity & Inclusion を念頭に置いた各種活動 (例)Accessibility、年齢や国籍の多様性、ハラスメントの無いコミュニティ運営など
  7. 7. 応募資格:18 歳以上のコミュニティ リーダー 応募方法:現役の MVP 受賞者/社員による 推薦応募 必須 MVP 審査に必要な情報(※): 1. 過去 12 か月間のコミュニティ活動 2. 自己 PR(MS MVP を目指す理由など) 受賞期間:原則的に 1 年間(以降は再受賞審査) ※ MVP または社員による推薦応募後に被推薦者へ送られるメールに記載の手順に沿って要ご提出
  8. 8. 特別オファーの提供 • Visual Studio/Office 365 サブスクリプション • Extended Azure Credit • サードパーティ製品オファー など ネットワーキング/機会の提供 • MVP 同士/製品チームら社員との各種交流 • 各種ご登壇/フィードバック機会のお誘い • MVP Global Summit ご招待 など
  9. 9. Microsoft MVP アワード プログラム x DevRel
  10. 10. 1993 年(平成 5 年):Microsoft MVP アワード プログラム誕生@US “MVP Award 20 Year Anniversary” 2002 年(平成 14 年):日本でのプログラム開始 2019 年(令和元年):現在
  11. 11. Microsoft MVP コミュニティ (1) マイクロソフト から MVP 受賞者 MVP 審査/アワード授与 + MVP 特典提供 ⇒MVP 受賞者により一層ご活躍いただく (2) MVP 受賞者 から コミュニティ MVP 特典を活用したコミュニティ活動が可能 ⇒ さらなるローカル コミュニティ活性化に寄与 (4) MVP 受賞者 から マイクロソフト “MVP = ローカルコミュニティを代表するリーダー” ⇒マイクロソフトにコミュニティの声を届ける (3) コミュニティ から MVP 受賞者 コミュニティが求めることを MVP 受賞者に伝える ⇒ ニーズに沿うコミュニティ運営のヒントを提供
  12. 12. 専任の担当社員が MVP 受賞者ひとりひとりの 活動をサポート ↓ Community Program Manager (”CPM”) + Community Coordinator (”CC”) ↑ MVP 事務局 Global Team 各メンバーの自己紹介は こちらからご覧いただけます ↓ https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Pages/meet- the-mvp-award-team
  13. 13. MVP 向け コミュニティ向け 社内向け ✓ MVP 審査 ✓ 日々のコミュニケーション ✓ お問い合わせ対応 ✓ MVP 向けイベント企画/開催 ✓ 登壇/フィードバック機会のオファー ✓ プログラムの社外周知 ✓ 技術コミュニティとのコラボレーション ✓ プログラムの社内周知 ✓ 他部署とのコラボレーション 個々の MVP をよく知る ・技術専門分野 ・活動内容 - オンライン/オフライン etc. 多くの方といろいろお話しをする ・コミュニティ x MVP 受賞者間の機会 ・次世代の MVP 候補との出会い 社員のコミュニティへの理解を深める ・コミュニティ参加のススメ ・MVP x マイクロソフトの機会提案 ⇒ すべてはひとりでも多くの方にコミュニティ活動をお楽しみいただくため!
  14. 14. 誰もが歓迎される “インクルーシブ” なプログラム を実現するために 私たちからお願いしていること ✓ Don’t: 行動規範に背くこと ✓ Do: コミュニティ活動を楽しむ That’s all! Just have fun☺ 全文はこちらからご覧いただけます ↓ https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Pages/mvp- code-of-conduct
  15. 15. Microsoft MVP 受賞者の声
  16. 16. Microsoft 製品について知見を増やすための各種 MVP 特典やイベントのおかげで、コミュニティ活動やビジネス での活躍の場が更に増えたと感じます。 (片倉 義昌 さん / MVP for Microsoft Azure) OSS の流れに伴い、GitHub を通じて Microsoft 本社の開発チームと協力して、製品を更に良くしていけるこ とが非常に楽しいです。MVP Global Summit への参加時に、GitHub 上ではやり取りをしていた開発者と会っ て話をできることも楽しみの一つです。 (芝村 達郎 さん / MVP for Microsoft Azure) エキスパートの知り合いがもの凄く増えました。情報は発信する人に集まってくるという持論が確信に変わりました。 皆さん研鑽されているので、自分も頑張ろう!とモチベーションを常に高く持っていられるようになりました。 (田淵 義人 さん / MVP for Developer Technologies) MVP を受賞したことでマイクロソフトからの様々な情報が得られることにより、興味があれば様々な領域とのかか わりを持つことができた。結果として技術を活用する領域が広がりエンジニアとして日々充実した活動が行え ることが非常に魅力的だと思う。 (宮浦 恭弘 さん / MVP for Windows Development)
  17. 17. 一番感動したのは初めて Global Summit に参加したときにマイクロソフトの開発担当者と直接話をする機会 が得られたことで、以降毎年の参加が欠かせないものとなっています。また他の技術者と技術について情報交 換することや、技術に関して情報発信することの楽しさと重要性を知りました。 (日高 亜友 さん / MVP for Windows Development) Global Summit に参加して海外エンジニアと情報交換したことで、GitHub を通じて Bug report や Feature Request、Pull Requestを出せる自分になった。(それまでは怖くて出せなかった...) (松岡 貴志 さん / MVP for Windows Development) MVP を受賞して登壇や執筆などの機会が増え、アウトプットによるスキルアップができた。また、それにより多く のエンジニアや組織との交流が広がった。 (小島 富治雄 さん / MVP for Developer Technologies) マイクロソフトによる国際的な表彰を受けていることで、新しい技術やそれを用いた試みを提案する際、職場で 意見が通しやすくなりました。そのため、自分のやりたいことを仕事にすることができて、より充実した日々を過ごせ るようになりました。 (MVP for Windows Development)
  18. 18. “Microsoft MVP 受賞者” という肩書でもって登壇することで、発言に説得力が増したように思います。その分、 間違ったことは発信できませんので、情報発信する際には一層気を付けるようになりました。 (きぬあさ さん / MVP for Office Development) 自分の意見に耳を傾けてくれる方や機会が多くなり、今まで以上に発信力が高まったように思います。その傾 向は年々高まっていると思います。 (国井 傑 さん / MVP for Enterprise Mobility) MVP という看板から来る発言の影響力の大きさを感じることが多々あり、可能な限り MVP として嘘のないよ うに伝えることを以前よりも気を付けるようになりました。また他にも、イベント等で知らない方からお声がけをいた だくことも受賞前に比べて、圧倒的に増えました。 (清水 優吾 さん / MVP for Data Platform) 情報発信に向けエビデンスや稼働する実コードなどを準備する際、情報の正確さとアーキテクチャ採用の根拠に 確信を持てるまで妥協せず、 MVP 特典を活用して非常に多くの情報を検証することで、結果的に自分のスキ ルに自信が持てるようになりました。 (高尾 哲朗 さん / MVP for Developer Technologies)
  19. 19. MVP 受賞の一番のベネフィットが日本中の優秀なエンジニアと顔見知りになることで、セッションを聞いたり直 接質問する機会やフィードバックを得ることで、自身の成長に大きく影響があった。 (森 博之 さん / MVP for Developer Technologies) 他の MVP 受賞者の知り合いがたくさんできて、新しい情報、技術情報の共有などを行う輪がとても広がりま した。受賞前よりも色々な方が情報を拾ってくれるようになり、自分が広めたい情報をとても広めやすくなりました。 (鈴木 友宏 さん / MVP for Developer Technologies ) 基本英語でのやり取りになるので、語学に対しての意識、モチベーションが大きく変わりました。また客観的に自 身の活動を評価してもらえることでコミュニティ活動をさらに能動的に行っていこうというマインドが生まれました。 (三沢 友治 さん / MVP Office Apps & Services) EMEA、ANZ といった海外にいる現職のメンバーとのつながりができ、有益な情報を入手できるようになった。 (指崎 則夫 さん / MVP for Cloud and Datacenter Management) 周りからの評価が上がるとともに、リスペクトが得られていると感じる。業界の講演イベントや機関誌投稿で肩 書きとして使える。 (小林 佳和 さん / MVP Office Apps & Services )
  20. 20. MVP を受賞したことで自身の知識が増え、エンジニアと対等に話をする機会が増えることで自分の視点が大き く変わり、仕事の幅が広がりました。またテクニカルな知識も持っているデザイナーということで推薦をいただき、 女子短大で非常勤講師も勤めるようになりました。 (松本 典子 さん / MVP for Microsoft Azure) 仕事外で何かしらの活動を結構な量やっていると会社が認識してくれた。それまでは特に興味も持たれていな かった個人的な活動であったが、少しは認識された。 (小尾 智之 さん / MVP for Microsoft Azure) エンジニアよりなお客様から MVP 受賞について話題を振られる。また、活動したことに対して評価されているこ とで自身のモチベーションが上がる。 (小田島 哲也 さん / MVP for Microsoft Azure) マイクロソフト製品に強い知り合いが増えた。またホロラボの MRPP と合わせて、会社と個人の両方でマイクロ ソフトより認められているということがお客さんへのアピールになる。 (中村 薫 さん / MVP for Windows Development)
  21. 21. Appendix
  22. 22. ✓ Microsoft MVP アワード プログラム公式サイト ✓ Microsoft MVP Award Program Blog(英語) ✓ Microsoft MVP Award Twitter(@MVPAward)(英語) ✓ CPM Twitter(@Rie_Moriguchi)
  23. 23. マイクロソフト コーポレーションが主催する業界注目のテクニカル カンファレンス Microsoft Ignite The Tour が世界各国で開催されます。クラウド テクノロジや開発者向けツールの 最新情報から、ゲスト スピーカーや業界エキスパートを迎えた魅力的なセッションまで、盛り だくさんの内容でお届けします。 ※両イベントともにセッション情報は順次更新されてまいりますのでお楽しみに! 東京 大阪
  24. 24. 【Microsoft MVP アワード プログラムに関するお問い合わせ】 jpmvpra@microsoft.com (ご返信まで数営業日頂戴する場合がございます)

    Soyez le premier à commenter

  • Fujiwo

    Oct. 25, 2019
  • TakashiMatsuoka2

    Oct. 25, 2019
  • satonaoki

    Oct. 28, 2019
  • jsakamoto

    Oct. 30, 2019
  • shosuz

    Oct. 30, 2019
  • kosukehata9

    Nov. 5, 2019
  • Takunology

    Nov. 6, 2019
  • yossi_hard

    Nov. 21, 2019
  • ShingoKawahara1

    Dec. 2, 2019
  • hamu502

    Feb. 2, 2020
  • ishiayaya

    May. 7, 2021

2019年10月23日(水)の『DevRel/Community #5』(https://devrel.connpass.com/event/146725/)で使用したセッション資料です。

Vues

Nombre de vues

3 990

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

1 840

Actions

Téléchargements

0

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

11

×