Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
A4
進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム
及川 卓也
Tably
成田 一生
クックパッド
横路 隆
freee
安川 健太
ソラコム
A4
進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム
イベント空間への入り方
1. ブラウザを立ち上げ
2. slido.com または sli.do を開き
3. イベントコードとして#IFUP2019A4 を入力
* 質問をするか、すでにされている質問に投票します。
# IFUP2019A4
...
早稲田大学理工学部を卒業後、日本DECに就職。営業サポート、ソフトウエア
開発、研究開発に従事し、1997年からはマイクロソフトでWindows製品の開発
に携わる。2006年以降は、GoogleにてWeb検索のプロダクトマネジメントや
Chr...
1分でわかったつもりになる
「マイクロサービス」
従来のモノリシック(一枚岩)アーキテクチャで作られる
サービスと異なり、個別の小さな機能単位でのコンポーネ
ントの組み合わせでサービスを作る考え方。
開発を小さな機能単位で行うことが可能となり、...
Microservices in
● 2014年ごろからモノリシックアーキテクチャからの移行を決断
○ 1システムが巨大だとできないことが多い
● 分割方針
○ 既存機能はビジネス上必要性のある単位で分割を進める(やりすぎない)
○ 新しい機能...
Microservices in
● 他社よりうまくやれてそうな部分
○ 技術投資は早くから行ってきたので基盤が整っている
○ 現場ニーズからではなく経営判断としてマイクロサービスをや
っている
○ ほどよくマネージドサービスや OSS に乗る...
Microservices の特徴
● サービスによるコンポーネント化:ライブラリではなく別プロセスで動作するサービスによってア
プリケーションのコンポーネント化を実現している。
● ビジネスケイパビリティに基づく組織化:役割ごとにチームが構成...
スモールビジネスを、
世界の主役に。
Mission
12
事業所数累計
100万
事業所突破
市場調査からもシェア
No.1
Table
スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。
マンションの一室で創業
13
14
Table
スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。
創業6年半・従業員505名・1/3がエンジニア
15
Table
スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。● マイクロサービス導入の背景
○ 会計freeeは大規模なモノリシックサービス on Rails
○ 組織&コードベース拡大で開発速度&品質低下
● 工夫したポイント
○...
©2019 SORACOM, INC 16
自己紹介
安川 健太
Cofounder & CTO, SORACOM Inc.
略歴:
Researcher at Ericsson Research
AWS Solutions Architect...
SORACOMのアーキテクチャ
IoT
Devices
Cellular Session
Manager
API
Gateway
API
API
Amazon
DynamoDB
Auth
Manager
Billing
MNO
AWS
Dire...
• 開発スピードのために実践
• APIを合意したら各オーナーが開発運用
• サービス間はAPI / 非同期メッセージで連携
• 属人的になることを恐れない
• 一般的(?)な流れ:
• チームを作る → 開発
• ソラコムでの流れ:
• 誰か...
イベント空間への入り方
1. ブラウザを立ち上げ
2. slido.com または sli.do を開き
3. イベントコードとして#IFUP2019A4 を入力
* 質問をするか、すでにされている質問に投票します。
# IFUP2019A4
...
マイクロサービスについて
既存サービス or 新規サービス
やってみてよかったこと
やってみて困ったこと
https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
マイクロサービスが
向いているケース
向いていないケース
https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
マイクロサービスは
ハードウェアやIoT関係の
開発サイクルにマッチするか
https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
マイクロサービスで
果たして開発スピードはあがるか
https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
公開質問コーナー
sli.doに寄せられたご質問
最後に
及川 卓也
Tably
成田 一生
クックパッド
横路 隆
freee
安川 健太
ソラコム
A4
進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム
if-up 2019 | A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」
if-up 2019 | A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」
if-up 2019 | A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

if-up 2019 | A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」

441 vues

Publié le

if-up 2019
A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」
モデレーター
Tably株式会社 代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也 氏

スピーカー
クックパッド株式会社 執行役 CTO 成田 一生 氏
freee株式会社 共同創業者 CTO 横路 隆 氏
株式会社ソラコム 最高技術責任者 安川 健太

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

if-up 2019 | A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」

  1. 1. A4 進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム
  2. 2. 及川 卓也 Tably 成田 一生 クックパッド 横路 隆 freee 安川 健太 ソラコム A4 進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム
  3. 3. イベント空間への入り方 1. ブラウザを立ち上げ 2. slido.com または sli.do を開き 3. イベントコードとして#IFUP2019A4 を入力 * 質問をするか、すでにされている質問に投票します。 # IFUP2019A4 # Enter event code sli.doの利用 - 質問をオンラインで受け付けます
  4. 4. 早稲田大学理工学部を卒業後、日本DECに就職。営業サポート、ソフトウエア 開発、研究開発に従事し、1997年からはマイクロソフトでWindows製品の開発 に携わる。2006年以降は、GoogleにてWeb検索のプロダクトマネジメントや Chromeのエンジニアリングマネジメントなどを行う。その後、プログラマーの ための情報共有コミュニティサービス「Qiita」を開発・運営するIncrementsで の勤務を経て、2017年より独立。 ● スタートアップから大企業までの支援 ○ 技術 ○ プロダクト ○ エンジニアリング組織 及川卓也 Tably株式会社 Technology Enabler
  5. 5. 1分でわかったつもりになる 「マイクロサービス」 従来のモノリシック(一枚岩)アーキテクチャで作られる サービスと異なり、個別の小さな機能単位でのコンポーネ ントの組み合わせでサービスを作る考え方。 開発を小さな機能単位で行うことが可能となり、変化への 対応が柔軟かつスピーディーに行うことが出来る。
  6. 6. Microservices in ● 2014年ごろからモノリシックアーキテクチャからの移行を決断 ○ 1システムが巨大だとできないことが多い ● 分割方針 ○ 既存機能はビジネス上必要性のある単位で分割を進める(やりすぎない) ○ 新しい機能は別サービスで作って繋ぐ事が前提 ○ 基盤チームが音頭を取って技術的な整備や事業側のサポートを行う ● 感じているメリット ○ 開発速度: 共通基盤が整ってきたので現在は快適 ○ 教育的側面: オーナーシップ、当事者意識、イチから作る機会 ● 感じているデメリット ○ 組織的側面: 社内流動性が高く、オーナー不在のサービスが発生すること がある ○ コスト: まともに機能させるためには大きな技術投資が必要
  7. 7. Microservices in ● 他社よりうまくやれてそうな部分 ○ 技術投資は早くから行ってきたので基盤が整っている ○ 現場ニーズからではなく経営判断としてマイクロサービスをや っている ○ ほどよくマネージドサービスや OSS に乗ることで、標準的な 構成になっている ● 「我が社もマイクロサービス化したほうがいいですか?」 ○ 場合によるし、大体の場合はしなくて良いと思います
  8. 8. Microservices の特徴 ● サービスによるコンポーネント化:ライブラリではなく別プロセスで動作するサービスによってア プリケーションのコンポーネント化を実現している。 ● ビジネスケイパビリティに基づく組織化:役割ごとにチームが構成されるのではなく、複数の役割 が混在したチームがひとつのサービスを構築する。(コンウェイの法則!) ● スマートエンドポイント、ダムパイプ:サービス間のメッセージは、HTTP経由でAPI呼び出しされ るか、RabbitMQやZeroMQといった軽量メッセージングシステムによる通信で交換される。 ● 分散ガバナンス:サービスごとに言語やデータベースなどは統一されず、個別に適切なものが選択 される。 ● 分散データ管理:サービスごとにデータを持ち、統合されていない。 ● インフラストラクチャ自動化:継続的デリバリが実現され、自動テスト、自動デプロイなどが採用 されている。 ● 障害設計:サービス障害に耐性を持つように設計されている。 ● 進化的設計:各サービスごとに変更が行なわれ、漸進的に設計がされる。 https://martinfowler.com/articles/microservices.html
  9. 9. スモールビジネスを、 世界の主役に。 Mission
  10. 10. 12 事業所数累計 100万 事業所突破 市場調査からもシェア No.1
  11. 11. Table スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。 マンションの一室で創業 13
  12. 12. 14 Table スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。 創業6年半・従業員505名・1/3がエンジニア
  13. 13. 15 Table スライド内の表組みはこちらをベースに作成してください。● マイクロサービス導入の背景 ○ 会計freeeは大規模なモノリシックサービス on Rails ○ 組織&コードベース拡大で開発速度&品質低下 ● 工夫したポイント ○ プロダクト戦略から考えて重要なところから分割 ○ DB Transaction境界・サービスIFの設計がほぼ全て ○ 腐敗防止層を設けて段階的リリース ○ サービス基盤チームへの投資とセットで実施 Microservices @ freee
  14. 14. ©2019 SORACOM, INC 16 自己紹介 安川 健太 Cofounder & CTO, SORACOM Inc. 略歴: Researcher at Ericsson Research AWS Solutions Architect AWS NoSQL Developer & SA Twitter: @thekentiest Facebook: fb.me/kenta.yasukawa LinkedIn: linkedin.com/in/kenta-y 個人的なこと: 2017年から家族でUSに 最近シアトル近郊に引っ越しました
  15. 15. SORACOMのアーキテクチャ IoT Devices Cellular Session Manager API Gateway API API Amazon DynamoDB Auth Manager Billing MNO AWS Direct Connect HLR/HSS, SMSC GGSN/PGW GTP SIGTRAN/ Diameter Amazon S3 Amazon CloudFront Amazon SQS Device Manager Search Key Manager
  16. 16. • 開発スピードのために実践 • APIを合意したら各オーナーが開発運用 • サービス間はAPI / 非同期メッセージで連携 • 属人的になることを恐れない • 一般的(?)な流れ: • チームを作る → 開発 • ソラコムでの流れ: • 誰かが先に走って作る → その周りにチームを作る SORACOMにおけるマイクロサービスアーキテクチャ 疎結合で非同期な開発チーム運営の基盤
  17. 17. イベント空間への入り方 1. ブラウザを立ち上げ 2. slido.com または sli.do を開き 3. イベントコードとして#IFUP2019A4 を入力 * 質問をするか、すでにされている質問に投票します。 # IFUP2019A4 # Enter event code sli.doの利用 - 質問をオンラインで受け付けます
  18. 18. マイクロサービスについて 既存サービス or 新規サービス やってみてよかったこと やってみて困ったこと https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
  19. 19. マイクロサービスが 向いているケース 向いていないケース https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
  20. 20. マイクロサービスは ハードウェアやIoT関係の 開発サイクルにマッチするか https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
  21. 21. マイクロサービスで 果たして開発スピードはあがるか https://sli.do Eventcode: # IFUP2019A4
  22. 22. 公開質問コーナー sli.doに寄せられたご質問
  23. 23. 最後に
  24. 24. 及川 卓也 Tably 成田 一生 クックパッド 横路 隆 freee 安川 健太 ソラコム A4 進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム

×