Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
IoT ありがちな失敗パターンと
回避する方法
IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。
プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! / ALGYAN
Oct. 5, 2018 / Microsoft 品川本社
株式会社ソラコ...
株式会社ソラコム
テクノロジー・エバンジェリスト
松下享平 (まつした こうへい) "Max"
講演回数 180超
スライド枚数 7300枚以上
オーバーラン常習犯
IoT は現場力
4分の3近くのIoTプロジェクトは「失敗」? しかしその先に──シスコ調査
@IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/25/news092.html
IoT 技術の活用
IoT 技術
費用削減
作業の改善
運用の省力化
収益増加 新たな価値
「じっくり取り組む」
長期になると失敗できなくなる
年日 週 月 四半期
時間
アウトプットへの
期待
洒落に
ならない
ライン
"検証" だったことが
忘れ去られ
→ 失敗できなくなる
枯れた道具で
練習もせずに
一発を狙う
「作る」
長期になる要因
B
どちらが打ちやすい?
A
どちらが上達する?
BA
BA
どちらが良い成績を出せる?
センサーの精度が―
電源や電池がー
通信手法が―
設置環境や電波が―
実行速度やフットプリントが―
ソフトウェアの更新がー
保証が―
費用や効果が―
センサーの精度が―
通信手法が―
電源や電池がー
設置環境や電波が―
実行速度やフットプリント...
• ライブラリ Ver. Up は手で検証だ、頑張るぞ!
• Windows 7 安定してる、これで十分。
• systemd? は嫌い。 initscript が好き!
• 「仕様書_2月最新 - コピー (2).xlsx」
• ID や認証...
枯れた道具で
練習もせずに
一発を狙う
「作る」
長期になる要因
失敗を恐れるがゆえ
「プロトタイプ」に対する落とし穴
デモ目的や新技術の
検証、量産前での問題点の洗い出しのために
仮組みされたもの
― Apr. 6, 2018 / https://ja.wikipedia.org/wiki/プロトタイプ ※一部改変
目的
手段...
クラウド
仮想サーバ
フルマネージド・サービスの活用
SaaS / PaaS
サーバの構築や運用をする必要が無い
「利用する」サービス
クラウド側アーキテクチャ例 ― AWS
Amazon
Elasticsearch Service
Amazon Athena
Amazon
QuickSight
Amazon S3
AWS IoT Core
https://d1.awsstat...
クラウド側アーキテクチャ例 ― Azure
Cosmos DB
Event Hubs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-real-t...
クラウド側アーキテクチャ例 ― GCP
Cloud
BigQuery
Cloud
Pub/Sub
https://cloud.google.com/dataflow/?hl=ja
Cloud
Dataflow
SORACOM
Funnel
ダウ...
製作期間 4日
費用 16450円 x 4台
運用日数 2日
デバイス実装、最後の課題
このままでいいのか?
ケースも「作らない、利用する」
タカチ電機工業
http://www.takachi-el.co.jp
MonotaRO (モノタロウ)
https://www.monotaro.com
AWS IoT Core へのデータ送信実装量比較
LTE内蔵で直接ネットに繋がっちゃうお手軽Arduino、Wio LTEで直接AWS-IoTに繋
いでみる (mbedTLSを実装してみた)
https://qiita.com/kkoiwai...
ハードウェアもソフトウェアも
サーバも
作らない。利用する
自前主義からの脱却
素早く実現して
検証を行う
【定理3】できるだけ早く試作を作成する
あらゆる試作 (プロトタイプ) の目的は
「第三のシステム」に早く到達することだ
― UNIXという考え方 P32
第一のシステム
「追い詰められた人」の
アイデアを形に
第二のシステム
商業的に成功する...
デモの構成
LTE Cat.1 モデム搭載
IoT プロトタイピング向けマイコンボード
Wio LTE JP Version
データ蓄積・可視化サービス
SORACOM HarvestIoT 向けデータ通信サービス
SORCOM Air for...
仕組み
★
やってみて気が付くことがある
早く失敗しよう
議論しよう、改善しよう
― 〈インターネット〉の次に来るもの P396
KEVIN KELLY / 25 July, 2016
http://amzn.to/2ulULQ8
― インターネットは
まだ現在と比べるとオモチャのようなレベルで、
《中略》
ビジネスや公共の...
お客様事例: 富士通様
Wio LTE、GPS(位置/速度)と
選手の動き(9軸センサー)を用
い、観客向けに
バーチャル映像で配信
ウインドサーフィン
ワールドカップの
リアルタイム中継
お客様事例:室町ケミカル様
エンドユーザ管理であった水質管
理を自社サービスとして提供し、
ユーザの顧客満足度を向上。
今後もその他自社製品への展開に
よりブランド力向上を目指す。
カートリッジ式純水機に
IoTシステムを加える
ことでビジネス...
お客様事例: 日本電産様
協力パートナー:株式会社セゾン情報システムズ
枯れた道具で
練習もせずに
一発を狙う
「作る」
長期になる要因
最新の道具で
練習を基に
小さい成功を積み重ねる
「作らない。利用する」
早く「第一のシステム」に到達するには?
2018JAWS DAYS Fujitec
https://www.slideshare.net/KenjiTomooka/2018jaws-daysfujitec
ここまで聞いておいて
何もしない
30以上の IoT プロダクトの出展!
基板設計 CAD 体験セミナー や
SORACOM & Azure 体験ハンズオン
IoTシステム構築・運用の技術を学ぶ 1Day!
IoT ソリューションの検討方法、スモールスタート手法、
本格クラウド連携、「クラウドファースト」デバイス設計、
遠隔制御や双方向通信、LTE-M ボタン活用・・・
抽選制(申込〆切=11/8)
人間の歴史の中で、
何かを始めるのに今ほど最高の時はない。
今こそが、未来の人々が振り返って、
「あの時に生きて戻れれば!」という時なのだ。
― まだ遅くはない。
― 〈インターネット〉の次に来るもの P40
KEVIN KELLY / 25 ...
SORACOM の願い
クラウド ⇒ 多くのビジネス、Webサービス
SORACOM ⇒ 多くのIoTビジネス、システム
たくさんの
IoTプレイヤーが生まれますように
世界中のヒトとモノをつなげ
共鳴する社会へ
IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! | IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法
IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! | IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法
IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! | IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! | IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法

2 056 vues

Publié le

IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!!

IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法

株式会社ソラコム
テクノロジー・エバンジェリスト
松下享平

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! | IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法

  1. 1. IoT ありがちな失敗パターンと 回避する方法 IoTで生き残れ!成功なんて結果論、こうすれば失敗します。 プロ達が語る『IoT失敗あるある談』!!! / ALGYAN Oct. 5, 2018 / Microsoft 品川本社 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下享平 (max / ma2shita)
  2. 2. 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下享平 (まつした こうへい) "Max" 講演回数 180超 スライド枚数 7300枚以上 オーバーラン常習犯
  3. 3. IoT は現場力
  4. 4. 4分の3近くのIoTプロジェクトは「失敗」? しかしその先に──シスコ調査 @IT http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/25/news092.html
  5. 5. IoT 技術の活用 IoT 技術 費用削減 作業の改善 運用の省力化 収益増加 新たな価値
  6. 6. 「じっくり取り組む」
  7. 7. 長期になると失敗できなくなる 年日 週 月 四半期 時間 アウトプットへの 期待 洒落に ならない ライン "検証" だったことが 忘れ去られ → 失敗できなくなる
  8. 8. 枯れた道具で 練習もせずに 一発を狙う 「作る」 長期になる要因
  9. 9. B どちらが打ちやすい? A
  10. 10. どちらが上達する? BA
  11. 11. BA どちらが良い成績を出せる?
  12. 12. センサーの精度が― 電源や電池がー 通信手法が― 設置環境や電波が― 実行速度やフットプリントが― ソフトウェアの更新がー 保証が― 費用や効果が― センサーの精度が― 通信手法が― 電源や電池がー 設置環境や電波が― 実行速度やフットプリントが― ソフトウェアの更新がー 保証が― 費用や効果がー BA
  13. 13. • ライブラリ Ver. Up は手で検証だ、頑張るぞ! • Windows 7 安定してる、これで十分。 • systemd? は嫌い。 initscript が好き! • 「仕様書_2月最新 - コピー (2).xlsx」 • ID や認証鍵保管のセキュアストレージや RTC は必須! • クラウドって仮想サーバでしょ? 無知による作りこみ CI や DevOps できない言語、開発環境、秘伝のたれ 20 行で済むところが 138 行以上の作業に 仕様書の手管理 ソフトウェアで済むところをハードウェアで実装 メガクラウドが用意している PaaS の劣化実装
  14. 14. 枯れた道具で 練習もせずに 一発を狙う 「作る」 長期になる要因 失敗を恐れるがゆえ
  15. 15. 「プロトタイプ」に対する落とし穴 デモ目的や新技術の 検証、量産前での問題点の洗い出しのために 仮組みされたもの ― Apr. 6, 2018 / https://ja.wikipedia.org/wiki/プロトタイプ ※一部改変 目的 手段 時間がかかると... 「作る」ことが目的になり 「問題点が出ないよう」に頑張り始める
  16. 16. クラウド 仮想サーバ フルマネージド・サービスの活用 SaaS / PaaS サーバの構築や運用をする必要が無い 「利用する」サービス
  17. 17. クラウド側アーキテクチャ例 ― AWS Amazon Elasticsearch Service Amazon Athena Amazon QuickSight Amazon S3 AWS IoT Core https://d1.awsstatic.com/events/jp/2017/summit/slide/D3T5-8.pdf Amazon Kinesis Data Firehose SORACOM Beam ダウンロード SORACOM Funnel AWS Lambda 外部サービス
  18. 18. クラウド側アーキテクチャ例 ― Azure Cosmos DB Event Hubs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-real-time-event-processing-reference-architecture Stream Analytics SORACOM Funnel ダウンロード Blog Storage Power BI HDInsight SORACOM Beam IoT Hub Azure Functions 外部サービス
  19. 19. クラウド側アーキテクチャ例 ― GCP Cloud BigQuery Cloud Pub/Sub https://cloud.google.com/dataflow/?hl=ja Cloud Dataflow SORACOM Funnel ダウンロード Cloud Storage Data Studio SORACOM Beam Cloud IoT Core Cloud Functions 外部サービス
  20. 20. 製作期間 4日 費用 16450円 x 4台 運用日数 2日
  21. 21. デバイス実装、最後の課題 このままでいいのか?
  22. 22. ケースも「作らない、利用する」
  23. 23. タカチ電機工業 http://www.takachi-el.co.jp MonotaRO (モノタロウ) https://www.monotaro.com
  24. 24. AWS IoT Core へのデータ送信実装量比較 LTE内蔵で直接ネットに繋がっちゃうお手軽Arduino、Wio LTEで直接AWS-IoTに繋 いでみる (mbedTLSを実装してみた) https://qiita.com/kkoiwai/items/ffe33b1d37a208cf365e mbedTLS + TlsClient(&修正) + WioLTEライブラリ 63(add) + 1005(del) + 491(add) + 138行 WioLTEライブラリ + SORACOM Beam 20行 + 0.0018 円 / リクエスト
  25. 25. ハードウェアもソフトウェアも サーバも 作らない。利用する 自前主義からの脱却 素早く実現して 検証を行う
  26. 26. 【定理3】できるだけ早く試作を作成する あらゆる試作 (プロトタイプ) の目的は 「第三のシステム」に早く到達することだ ― UNIXという考え方 P32 第一のシステム 「追い詰められた人」の アイデアを形に 第二のシステム 商業的に成功するため 多機能だが硬直化 第三のシステム これまでの学びを 形に 試作によって学びを得る 早い試作はリスクを減らす 3つ作る=2つは捨てる前提
  27. 27. デモの構成 LTE Cat.1 モデム搭載 IoT プロトタイピング向けマイコンボード Wio LTE JP Version データ蓄積・可視化サービス SORACOM HarvestIoT 向けデータ通信サービス SORCOM Air for セルラー 超音波を利用した 距離センサー
  28. 28. 仕組み
  29. 29.
  30. 30. やってみて気が付くことがある 早く失敗しよう 議論しよう、改善しよう
  31. 31. ― 〈インターネット〉の次に来るもの P396 KEVIN KELLY / 25 July, 2016 http://amzn.to/2ulULQ8 ― インターネットは まだ現在と比べるとオモチャのようなレベルで、 《中略》 ビジネスや公共のサービスには危なくて使えない とされていたが、 《中略》 数時間でも止まったら世界中がマヒしてしまう ほどの存在になった
  32. 32. お客様事例: 富士通様 Wio LTE、GPS(位置/速度)と 選手の動き(9軸センサー)を用 い、観客向けに バーチャル映像で配信 ウインドサーフィン ワールドカップの リアルタイム中継
  33. 33. お客様事例:室町ケミカル様 エンドユーザ管理であった水質管 理を自社サービスとして提供し、 ユーザの顧客満足度を向上。 今後もその他自社製品への展開に よりブランド力向上を目指す。 カートリッジ式純水機に IoTシステムを加える ことでビジネスを変革 (協力パートナー:システムフォレスト様)
  34. 34. お客様事例: 日本電産様 協力パートナー:株式会社セゾン情報システムズ
  35. 35. 枯れた道具で 練習もせずに 一発を狙う 「作る」 長期になる要因
  36. 36. 最新の道具で 練習を基に 小さい成功を積み重ねる 「作らない。利用する」 早く「第一のシステム」に到達するには?
  37. 37. 2018JAWS DAYS Fujitec https://www.slideshare.net/KenjiTomooka/2018jaws-daysfujitec
  38. 38. ここまで聞いておいて 何もしない
  39. 39. 30以上の IoT プロダクトの出展! 基板設計 CAD 体験セミナー や SORACOM & Azure 体験ハンズオン
  40. 40. IoTシステム構築・運用の技術を学ぶ 1Day! IoT ソリューションの検討方法、スモールスタート手法、 本格クラウド連携、「クラウドファースト」デバイス設計、 遠隔制御や双方向通信、LTE-M ボタン活用・・・ 抽選制(申込〆切=11/8)
  41. 41. 人間の歴史の中で、 何かを始めるのに今ほど最高の時はない。 今こそが、未来の人々が振り返って、 「あの時に生きて戻れれば!」という時なのだ。 ― まだ遅くはない。 ― 〈インターネット〉の次に来るもの P40 KEVIN KELLY / 25 July, 2016 http://amzn.to/2ulULQ8
  42. 42. SORACOM の願い クラウド ⇒ 多くのビジネス、Webサービス SORACOM ⇒ 多くのIoTビジネス、システム たくさんの IoTプレイヤーが生まれますように
  43. 43. 世界中のヒトとモノをつなげ 共鳴する社会へ

×