Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

ORCA次期FW開発の現状

4 208 vues

Publié le

ORCAの時期フレームワークがついにその片鱗を見せました。
前田修吾さんのMOSS9での発表です。

Publié dans : Santé
  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

ORCA次期FW開発の現状

  1. 1. ORCA次期フレームワーク開発の現状 株式会社ネットワーク応用通信研究所 2014年10月11日
  2. 2. 自己紹介 前田修吾 株式会社ネットワーク応用通信研究所取締役 一般財団法人Rubyアソシエーション事務局長 Rubyコミッタ 島根県松江市在住 1
  3. 3. 現在のORCAの問題点 クラウドに適したアーキテクチャ・ライセンスになっていない •Webに対応していない •クライアントソフトウェアが必要 •独自プロトコルによる通信のため、ネットワーク構成に制限 •マルチテナントに対応していない •診療所ごとに独立した環境を用意する必要がありコストが高い •ライセンスがクラウドに対応していない •第三者が改変したものをクラウドで提供しても ソースコードの提供義務がない 2
  4. 4. 解決策(当初の案) クラウド対応のためのアーキテクチャの刷新及びライセンス変更 •Web対応 •ブラウザがあれば専用のクライアントは不要 •標準的なプロトコルの利用で様々なネットワークに対応 •マルチテナント対応 •運用コストの低減 •ライセンスのクラウド対応 •改変物をクラウドで提供した場合もソースコード提供義務を 3
  5. 5. Web対応 DB処理業務ロジック画面定義 次世代フレームワーク DBサーバWebサーバ フレームワークで従来互換 のインタフェースを提供し アプリケーションコードは 従来のものを流用 サーバ Webブラウザ HTTPS通信 クライアント クライアントライブラリ サーバからJavaScript クライアントライブラリを 配布するため 専用クライアントは不要 4
  6. 6. マルチテナント対応 1台のサーバで複数 のテナントに対応する ことにより 運用コストを低減 Webサーバ DBサーバ テナント毎に独立した DBを用意し 認証結果によって適切 なDBに接続することで セキュリティを確保 DB 5
  7. 7. ライセンスのクラウド対応 従来のライセンスの問題点 •GPLの場合、第三者がソースコードを改変しても、クラウドサービ スを提供するだけならソースコードの提供義務がない クラウドに適したライセンスの採用 •AGPLを採用することで、第三者が改変したソフトウェアをクラウド サービスで提供した場合、ソースコードの提供を義務付けられる 6
  8. 8. ORCA次世代フレームワーク の特徴 Rubyの採用 •Webアプリケーション開発に実績のあるRubyを採用 •サーバ増強によるスケールアウトが容易 •プログラム言語Rubyは国際規格(ISO/IEC 30170) •(一財)Rubyアソシエーションによる保守体制 •将来に渡って安心して利用できる環境 過去の資産の有効活用 •COBOLによる業務ロジック・SQL・画面定義データなどの過去の 資産の有効活用で移行コストを低減 7
  9. 9. Ruby on Railsとの比較 Ruby on Rails ORCA次世代フレームワーク 汎用性 高い (Web全般に対応) 低い (業務システムに特化) 移行コスト 高い (全面的な作り直し) 低い (既存コードの流用) 性能 要検討 (DB設計の方針から思想が 異なるため) 高い (現在の性能特性+Rubyの スケールアウト技術) 8
  10. 10. と考えていましたが… 9
  11. 11. Web(HTML)化の問題点 操作性の違い •キーボード主体→ マウス主体 先行入力の対応が難しい 10
  12. 12. 方針の変更 クライアントは現在と同等のものを提供 •Webアプリケーション化は将来検討 ただし、プロトコルはHTTPベースに(クラウドとの親和性) マルチテナントにも対応 11
  13. 13. サーバ構成 アプリケーションサーバ DBサーバ アプリケーションサーバ アプリケーションサーバ DBサーバ クライアント セッション管理サーバ 12
  14. 14. サーバ構成 セッション管理サーバ •クライアントからの認証要求を処理し、セッションの管理を行う。 •テナント情報・ユーザ情報などのマスタ情報とセッション情報を保 持する。 アプリケーションサーバ •クライアントからの画面要求・イベント処理要求を処理する。 •クライアントはセッション管理サーバから指定されたアプリケーショ ンサーバに毎回接続する。 DBサーバ •アプリケーションのデータをテナント毎に別々のDBに保持する。 13
  15. 15. コードネーム ginbee •montsuqi(紋付)→ginbee(甚平) 14
  16. 16. 開発方針 一般的なRubyのWebシステムと同じミドルウェア構成 •Passenger、Unicorn、Rackなど 既存資産を活用する •MONTSUQIのライブラリ •アプリケーションコード •画面定義 •帳票定義 15
  17. 17. 開発状況 2013年度 •フレームワークの基本部分の開発を完了 2014年度 •認証の強化 •印刷機能 •日レセAPI対応 •管理機能 •プログラム更新・マスタ更新 •カスタマイズ対応 16
  18. 18. 認証の強化 セキュリティデバイスの利用を検討中 •USBトークン・ICカードなど 懸念事項 •接続不良 •USBトークンが奥まで差さっていない •デバイスロックの多発 •PINの誤入力が連続するとロックされる •導入費用 •運用コスト 17
  19. 19. 印刷機能 従来の日レセではサーバ側での印刷が多い サーバ側で出力された印刷データを自動的にクライアントにダウン ロードして印刷 18
  20. 20. 日レセAPI対応 従来の日レセAPIと互換性のあるAPIを提供 認証などは変更の可能性 他のアプリケーション(クラウドサービス含む)から連携可能 19
  21. 21. 管理機能 ベンダ・テナントなどの情報の管理 ベンダ向けの管理機能も提供 20
  22. 22. プログラム更新・マスタ更新 クラウド上で一括してプログラム更新・マスタ更新を行う ベンダの負担を軽減 21
  23. 23. カスタマイズ対応 マルチテナント対応を考えるとできれば避けたい NaClがサポートしている医院のカスタマイズ状況 •ほとんどの医院で何らかのカスタマイズをしている ベンダ毎にカスタマイズした環境を用意し、特定のテナントのアプリ ケーションはその環境で動作させる対応 22
  24. 24. デモ 23
  25. 25. まとめ ORCA次期フレームワークginbeeは •クラウドに適したプロトコル設計 •マルチテナントへの対応 •クラウドに適したライセンスの採用 によって、クラウド環境におけるORCAの利用を促進します 24

×