Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

心理学における「再現性」の問題とBayes Factor

3 207 vues

Publié le

Japan.R 2016 LT発表資料です。

Publié dans : Données & analyses
  • Soyez le premier à commenter

心理学における「再現性」の問題とBayes Factor

  1. 1. 心理学の「再現性」 問題に関して、Rと Bayesでアプローチしてて 僕がめっさ興奮した話 2016/11/27 Japan.R 2016 LT 発表者:@NSushi
  2. 2. 自己紹介 • 難波修史 @Nsushi • 広島のバイキンマンです • 広島大学教育学研究科心理学専攻D1 • 専門:顔、感情、ド文系 • 興味:ベイズ、ラブライブ(にこまき • 使用言語:Python, R • R歴:初心者
  3. 3. 今日の話題 •最近ぼくがめっちゃ興奮した話 心理学で流行りの「再現性」の話 + 僕の専門領域 (顔と感情の関連) の話 + 心理学でも注目されてる「ベイズ」の話 僕がめっちゃ興奮をした!!
  4. 4. 背景:心理学の「再現性」 • Science誌の論文 (2015) 以降、注目された話題 • 簡単にいうと、「過去に報告された心理学実験 の結果が再現されねえ → 科学的に問題」 噂の論文
  5. 5. へーそうかぁ。大事よなぁ。
  6. 6. そんな風に思っていたある日…!
  7. 7. 表情と感情の対応(発表者の専門)に 関する研究にも矛先が向けられる!
  8. 8. なんやねんその論文
  9. 9. Wagenmakers et al. (2016) • 表情と感情の対応に関する研究(表情フィード バック仮説)の「再現性」を検討する研究。 • お相手は当該分野におけるもっとも引用されて きたStrack et al (1988) の実験 この論文のおかげで、ぼくは死ぬ。
  10. 10. 表情フィードバック仮説? •笑うと楽しくなるって話 •笑顔を作成 (ペンくわえる) → 漫画がよりおもしろく!
  11. 11. 結果の一部 先行研究 追試研究
  12. 12. にっこにこにー=笑顔を作成 → 幸せ(FFBHの観点から
  13. 13. にっこにこにー=笑顔を作成 → 幸せ(FFBHの観点から
  14. 14. にっこにこにー=笑顔を作成 → 幸せ(FFBHの観点から 当該領域の権威が 再現されなかった 今冬から FFBH研究を はじめた僕
  15. 15. ここまではただの僕のつらみ (前フリ
  16. 16. ところでベイジアンのみなさん
  17. 17. Q. 誰やねん? A. Bayesian Cognitive Modeling (ぼくがベイズ にはまるきっかけの本・ 聖書) の著者の一人
  18. 18. +JASP (ベイズ統計を簡単に行 うフリーソフト) の創始者 +イケメン
  19. 19. ということは…?
  20. 20. そうだね!ベイズだね!!
  21. 21. 心理学「再現性」研究における ベイズの有用性 1.ベイズの定理で事後分布を求める=事前情報 とデータの積 → 事前データを用いれる 2.Bayes Factorを求めれる=対立仮説との対応 から帰無仮説の積極的な支持を行うことが可能 • 今回は過去のFFBH研究を事前情報として 取り入れたうえ(1)で、帰無仮説が支 持されるかどうかという「再現性」 (2) を直接検討できる!!!
  22. 22. 心理学「再現性」研究における Rの有用性 1.フリーのソフトであるRのscriptをオープン ソース = 同じ解析の再現を行える! 2.なんとOpen Science Framework において データ・Rコードなど解析に関するすべてが https://osf.io/h2f98/.にて入手可能 •僕のお家でも、BFを用いた世界中の 表情フィードバック仮説の再現性研 究(の解析)ができるゾ!!!
  23. 23. あぁ~^再現されないんじゃぁ~^ Default BF10 = H1重視の cauchy 分布 (r = 0.707) が事前分布 (詳細 はLy et al. in press参照) Replication BFr0 =先行研究が事前分布 1以上=対立仮説 (笑顔の 効果がPositive) 支持 1以下=帰無仮説支持
  24. 24. コードも公開されてます!! コード長すぎるか ら君の目で勝手に 確かめてくれ!
  25. 25. 論文読んでる時の僕 BF, 心理学実験
  26. 26. 結論 • 心理学の「再現性」研究にこそRを用いた Bayesを! • だから誰か一緒に「再現性」研究をやり ませんか?友達ほしいです。 (余談)表情フィードバックの研究はペン ホールディング法(ペンはさむやつ)以外の方 法で知見を増やす → にこちゃんの教え (にっこにっこにー)が正しいことを証明する。
  27. 27. Smile !

×