Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
日本心理学会第82回大会 仙台
1
PAC分析とは
PAC分析学会 https://pacanalysis.jimdo.com/
●PAC分析(個人別態度構造分析)は内藤哲雄学会会
長(前信州大・現福島学院大学:社会心理学・臨床心
理学)によって発明・開発された新しい研究法です。...
PAC分析メーリングリストへのお誘い
https://pacanalysis.jimdo.com/%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F
%E3%81%9B-ml%E5%B8%8C%E6%9C%9B/
3
PAC分析日本語論文リスト
https://pacanalysis.jimdo.com/%E6%97%A5%E6
%9C%AC%E8%AA%9E%E6%96%87%E7%8C%AE/
4
www.pacanalysis.com
5
www.itotakehiko.com
6
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

G299いとうたけひこ・内藤哲雄 (2018, 9月). 混合研究法または質的研究法としてのPAC分析の理論と実施法入門  チュートリアルワークショップ 日本心理学会第82回大会 9月25-27日 仙台国際センター

61 vues

Publié le

いとう180505v1チュートリアルワークショップ企画登録:
登録番号:100307
混合研究法または質的研究法としてのPAC分析の理論と実施法入門
Introduction to PAC Analysis as a mixed method or a qualitative method: Theory and practice
いとうたけひこ(和光大学)・内藤哲雄(明治学院大学)
要旨:PAC分析 (Personal Attitude Construct Analysis) は、内藤 (1997/ 2002) によって開発された単一事例研究法である。混合研究法または質的研究法として有効性が確かめられており、CiNii Articlesでは368件がヒットする(2018年5月)。混合研究法としては順次的混合デザインであり、質的研究法としては三項関係によるビジュアル・ナラティヴである。今回のチュートリアルワークショップでは、開発者の内藤哲雄がPAC分析の理論と実施法を直伝し、皆さんの疑問にお答えする。※文献:内藤哲雄 (1997/ 2002). PAC分析実施法入門 ナカニシヤ

Publié dans : Formation
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

G299いとうたけひこ・内藤哲雄 (2018, 9月). 混合研究法または質的研究法としてのPAC分析の理論と実施法入門  チュートリアルワークショップ 日本心理学会第82回大会 9月25-27日 仙台国際センター

  1. 1. 日本心理学会第82回大会 仙台 1
  2. 2. PAC分析とは PAC分析学会 https://pacanalysis.jimdo.com/ ●PAC分析(個人別態度構造分析)は内藤哲雄学会会 長(前信州大・現福島学院大学:社会心理学・臨床心 理学)によって発明・開発された新しい研究法です。質 的分析と多変量解析(クラスター分析)を組み合わせ、 研究者と研究協力者(いわゆる被験者)の対話を重視 した、個人の態度構造を明らかにする研究法です。 ●2006年にPAC分析学会が発足しました。 ●2016年に学会ホームページが発足しました。 ●2017年に学会誌『PAC分析研究』が発刊されました。 2
  3. 3. PAC分析メーリングリストへのお誘い https://pacanalysis.jimdo.com/%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F %E3%81%9B-ml%E5%B8%8C%E6%9C%9B/ 3
  4. 4. PAC分析日本語論文リスト https://pacanalysis.jimdo.com/%E6%97%A5%E6 %9C%AC%E8%AA%9E%E6%96%87%E7%8C%AE/ 4
  5. 5. www.pacanalysis.com 5
  6. 6. www.itotakehiko.com 6

×