Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Power BI をアプリに埋め込みたい? ならば Power BI Embedded だ!

2 195 vues

Publié le

Power BI Embedded の基礎

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

Power BI をアプリに埋め込みたい? ならば Power BI Embedded だ!

  1. 1. Power BI を アプリに埋め込みたい? ならば Power BI Embedded だ! ~ Power BI Embedded の基礎 ~ #PowerBI #PBIJP #PBIJPDev 山田 晃央(Yamada Teruchika) 株式会社アイシーソフト[www.icsoft.jp] シニアテクニカルマネージャー @yamad365 http://yamad365.hatenablog.jp Power BI 勉強会 #09 -Dev Room-
  2. 2. はじめに
  3. 3. 今回お伝えしたいコト • 目的  Power BI を アプリケーションへ埋め込む方法を把握し、 今後の提案・開発のアイディアを持ってもらう ⇒ Power BI Embedded 使おうぜ!って気持ちを育む • ゴール  Power BI Embedded でアプリケーションへ 埋め込む準備、手順を把握してもらう 今後の提案や設計に活用いただけると幸いです!
  4. 4. おことわり • 資料やデモは 2018年8月 時点の情報で構成されています • Power BI などの基本知識を有している前提で進めます。 基本的な操作等の説明を割愛する場合があります • Office 365 、Azureなどの管理者権限が必要な操作があります • Power BI Devは、当方も最近学び始めた分野です。 「一緒に勉強しよう」という あたたかい心で接してください
  5. 5. 自己紹介 Power BI 勉強会@名古屋支部 の 支部長(自称)です
  6. 6. 自己紹介 山田 晃央(やまだ てるちか) 株式会社アイシーソフト http://www.icsoft.jp/ /teruchika.yamada yamad365 http://yamad365.hatenablog.jp  愛知出身 #名古屋弁 #三河弁 #だがや  元々は開発者。今、MSクラウドに注力。Office 365 、SharePoint Online導入支援など  提案や業務設計等の上流、マネジメント、コンサルティングがメイン  Power BI 勉強会@名古屋支部 の主催もやってます。#PBIJP758 で検索してください!
  7. 7. 通称「RESCUE SQUAD のヒト」です 消防、レスキューが テーマの服屋さん ここの限定品を買うのが大好き。
  8. 8.  SNSなどで、拡散してください!!お願いします!! 中部地区 愛知・名古屋でも Power BI 勉強会 してます。 #PBIJP758
  9. 9. 本 題 !
  10. 10. Power BI Embedded とは? ぱわー びぃーあい えんべでっと ってナニ?
  11. 11. そもそも・・・ 「Embedded」 って、どんな意味なの??
  12. 12. 辞書サイトで調べてみた Embedded 【形】 1. 〔物が表面下に〕埋め込まれた、はめ込まれた 2. 〔感情などが〕深く[強く]根付いた 3. 〔記者などが〕従軍の 4. 〔プログラムなどが〕埋め込まれた 出展:英辞郎 on the Web https://eow.alc.co.jp/search?q=embedded&ref=wl
  13. 13. ○○アプリケーションの画面 ーー -- ----- --- □_ × て、コトは? プログラムやアプリケーションに「埋め込む」、 つまり、Power BI ってコトは・・・  Power BI のビジュアルを、アプリ画面に埋め込む仕組み! レポートを埋め込む
  14. 14. まんまだがやッ!!
  15. 15. Power BI をアプリに埋め込む手段は2つ 【参考URL】 https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/power-bi-embedded/ 『Power BI Embedded』 と 『Power BI Premium』
  16. 16. Power BI Embedded Power BI Premium 簡単な比較程度はしておきすね
  17. 17. Power BI Service Power BI Embedded Power BI Premium 比較 Power BI 一族なんですが、各々「デキルコト」が異なります
  18. 18. PBI Service vs Embedded vs Premium 項目 Power BI Service Power BI Embedded Power BI Premium アプリケーションへ Power BI を埋め込む × ○ ○ SharePoint へ Power BI を埋め込む ○ × ○ Dynamics へ Power BI を埋め込む ○ × ○ Teams へ Power BI を埋め込む ○ × ○ 課金体系 月額 (※Pro利用時) 時間単位 時間/月額  Power BI Embedded より Premium のが強い感じ
  19. 19. Power BI をアプリに埋め込む手段は2つ 【参考URL】 https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/power-bi-embedded/ 『Power BI Embedded』 と 『Power BI Premium』 本日のメインはこちら!
  20. 20. 公式のDocsより・・・ https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embedding Power BI Embedded(Azure)全体イメージ
  21. 21. アプリ提供環境 □_ × Power BI Service アプリ画面 □_ × Power BI Embedded の素敵なトコロ #01 アプリ利用者 アプリ開発者 BI 担当者 アプリの開発に、 注力できます。 BIとかできません。 BI に 注力できます。 開発?ナニソレ?  開発者、分析者、各々が“やるべきコト”に注力可能!
  22. 22. アプリ提供環境 □_ × Power BI Service アプリ画面 □_ × Power BI Embedded の素敵なトコロ #02 アプリ利用者 Power BI Pro ライセンス 持ってません。 でも、見えますよ!  利用者は Power BI Pro のライセンスがいらない!
  23. 23. Power BI Service アプリ画面 □_ × Power BI Embedded の素敵なトコロ #03  アプリのボタン等から、Power BI 側をAPIで操作可能 更新 絞り込み etc…
  24. 24. Power BI Embedded を 利用するために必要な条件 ご利用は計画的に
  25. 25. Power BI Embedded 利用における前提条件 1. Power BI Pro アカウントの保有 2. Azure サブスクリプションの保有 3. Power BI Pro アカウントを保有する テナントユーザー(=組織のユーザー)で、 上記 Azure がセットアップされているコト ※お互いのAADが連動しているコト  Power BI Embedded は Azure のサービス
  26. 26. 個人用アカウントではPower BI Embedded 利用不可  Power BI がそもそも個人用アカウントに対応してません
  27. 27. Office 365/Power BI Pro 保有 Azure サブスクリプション Azure サブスクリプション 「AADが連動」ってどういうコト? Azure Active Directory Office 365/Power BI Pro 保有 [OK] Power BI Embedded が利用可能な状態 [NG] Power BI Embedded が利用不可の状態  詳しくは管理者の方に確認してもらいましょう!
  28. 28. Power BI Embedded の お金的な話題 ~2018年 8月 時点~
  29. 29. Power BI Embedded の 料金 ノード タイプ 専用の容量 仮想コア メモリ 料金(東日本・円) 時間 月 A1 No 1 3 GB RAM ¥112.91/時間 ~¥82,422.26/月 A2 No 2 5 GB RAM ¥224.91/時間 ~¥164,182.26/月 A3 Yes 4 10 GB RAM ¥450.72/時間 ~¥329,018.60/月 A4 Yes 8 25 GB RAM ¥902.33/時間 ~¥658,699.44/月 A5 Yes 16 50 GB RAM ¥1,805.56/時間 ~¥1,318,052.96/月 A6 Yes 32 100 GB RAM ¥3,612.07/時間 ~¥2,636,809.06/月 ※2018年8月 時点の情報です。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/power-bi-embedded/
  30. 30. いちばん安くても、 1ヶ月 8万円か・・・
  31. 31. 安心して ください(?)
  32. 32. Power BI Embedded の 課金 アクティブ 一時停止 アクティブ 一時停止 Power BI Embedded は 1分毎の課金となります。 例えば「12時間15分」利用した場合「12.25時間」が請求されます。 課金対象 課金対象  不要な際は「一時停止」することでコストを抑えられる
  33. 33. ち な み に
  34. 34. 【参考】Power BI Premium の 料金は複雑 ライセンス提供元へお問い合わせいただくのが良いですw ■公式 https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/power-bi-premium/ ■Power BI Premium とは https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/service-premium ■Power BI Premium 計算ツール https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/calculator/
  35. 35. Power BI Embedded 利用開始手順 ソースまで解説すると時間が足りないので、 重要な導入部分を重点的に語ろうと思います
  36. 36. 手順一覧 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  37. 37. ネタバレ:手順が記載していある公式情報 チュートリアル: 顧客向けのアプリケーションに Power BI のレポート、ダッシュボード、タイルを埋め込む https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embed-sample-for-customers Power BI Embedded を利用開始するために、 必要な手順は上記に記載されておりますが、 2018年8月時点の画面ショットと共に説明します。  Power BI Pro ライセンス + Azure 管理者 保有ユーザー で、この後の作業は実施したほうが安全です
  38. 38. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  39. 39. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する [Azure Active Directory] → [アプリの登録] → [新しいアプリケーションの登録]
  40. 40. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 「作成」画面で、必要な情報を入力 → [作成] ※Power BI Embedded は、 『ネイティブ』を選択 URLは、 後で修正可能
  41. 41. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  42. 42. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する [設定] → [必要なアクセス許可] → [Windows Azure Active Directory]
  43. 43. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する [Access the directory as the signed-in user] 選択 → 「保存」 (サインインしたユーザーとしてディレクトリにアクセスします)
  44. 44. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する [追加] → [API を選択します]
  45. 45. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する [Power BI Sevice] を選択して「選択」 → 「委任されたアクセス許可」で必要な権限を✔ → [選択]
  46. 46. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 戻ったペインで「完了」後、[アクセス許可の付与] → 「はい」 ※アプリケーション表示時、 AADからの同意を求める プロンプトを表示されない ようにしている
  47. 47. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  48. 48. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する Power BI Service 画面で[ワークスペース] → [アプリのワークスペース]の作成 → 項目を設定し[保存]
  49. 49. レポートを作成して発行する 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  50. 50. レポートを作成して発行する Power BI Desktop を使用してレポートを作成し、 先ほど作成したアプリワークスペースに発行します。 GitHub からサンプルを入手することも可能です。 https://github.com/Microsoft/powerbi-desktop-samples
  51. 51. レポートを作成して発行する Power BI Desktop から対象のワークスペース]へ発行 ※Power BI Desktop で該当ユーザーでのサインイン必須
  52. 52. レポートを作成して発行する Power BI Service 画面でレポートが確認できれば、次の手順へ
  53. 53. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  54. 54. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む アプリケーションへPower BIを埋め込むには、 ・Power BI REST API ・Power BI .NET SDK(.Net Framework 利用の場合) ・Power BI JavaScript API を使って実現します。 チュートリアル: Power BI のダッシュボード、タイル、レポート をソブリン クラウド向けアプリケーションに埋め込む https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embed-sample-for-customers-sovereign-clouds  アプリ埋め込みするだけなら、API等でやれちゃうw
  55. 55. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む GitHub からサンプルを入手することも可能です。 https://github.com/Microsoft/PowerBI-Developer-Samples ※以降の説明は上記サンプルを利用して継続します。
  56. 56. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む ダウンロードしたZipを解凍 → 「PowerBIEmbedded_AppOwnsData.sln」起動
  57. 57. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 「Web.config」を起動 → 次の手順で必要な情報を集めます
  58. 58. ソースの細かなポイントは、 お時間の都合で割愛! 各々、解析ください(汗
  59. 59. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む Web.config 概要 clientId AAD へアプリ登録した設定の Application ID groupId Power BI Service のアプリ ワークスペースの GUID reportId Power BI Service のレポートの GUID pbiUsername Power BI ユーザー アカウント pbiPassword Power BI ユーザー のパスワード Web.config と 取得すべき値との関連性は下記になります。 前述のAPIなどを呼び出すために必要なパラメーターです。
  60. 60. Application ID の取得 Azure コンソール で Azure Active Directory → [アプリの登録] → 「アプリケーションをすべて表示」→ 該当のアプリを選択
  61. 61. Application ID の取得 登録済みアプリの情報が表示される → [アプリケーションID] の値をコピー(アイコンクリックで可) Web.config 概要 clientId AAD へアプリ登録した設定の Application ID groupId Power BI Service のアプリ ワークスペースの GUID
  62. 62. Power BI Service 関連のID取得 アプリに埋め込みたいレポートをPower BI Service で表示 → URLからワークスペースの GUID、レポートのGUIDを取得 Web.config 概要 clientId AAD へアプリ登録した設定の Application ID groupId Power BI Service のアプリ ワークスペースの GUID reportId Power BI Service のレポートの GUID https://app.powerbi.com/groups/ワークスペースGUID/reports/レポートGUID/ReportSection
  63. 63. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む ユーザーID、パスワードも設定したら、実行して動作確認  この時点はレポート参照可能なユーザーのみアクセス可能!
  64. 64. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  65. 65. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 Azure コンソール で [すべてのサービス]から、 [分析]>[Power BI Embedded] を選択(☆で左メニューに登録)
  66. 66. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 Azure コンソール で [すべてのサービス]から、 [分析]>[Power BI Embedded] を選択(☆で左メニューに登録) → 必要な項目を設定し「作成」を押下
  67. 67. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 作成可能なリージョンが限られます JPは“東日本”のみです(2018年8月現在)
  68. 68. Azure サブスクリプション Power BI Embedded Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 これで、Azure上に、Power BI Embedded 専用容量が作成完了!
  69. 69. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  70. 70. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる Power BI Service の画面へ戻ると、 「ユー!Premium持ってるね!」って通知がでる
  71. 71. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる [ワークスペース]→ 対象の三点リーダー(・・・)クリック → [ワークスペースの設定]を選択
  72. 72. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる 「専用の容量」を“オン” → 専用容量を選択 → 「保存」
  73. 73. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる アプリワークスペース名の横に、 ダイヤマークが表示されていれば成功です!
  74. 74. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる Azure WebApps 等へアプリを発行し、Power BI Pro ライセンス を保有しない状態でも、アクセスが可能なコトを確認! アプリ提供環境 □_ × Power BI Service アプリ画面 □_ × アプリ利用者 ※PBI Pro 無し アプリ開発者
  75. 75. おまけ? 1. Azure Active Directory (AAD) にアプリケーションを登録する 2. AADでアプリケーションにアクセス許可を適用する 3. Power BI Service でアプリ用ワークスペースを作成する 4. レポートを作成して発行する 5. アプリケーションへPower BI Service コンテンツを埋め込む 6. Azure 上で Power BI Embedded 専用容量を作成 7. 作成したPower BI Service のワークスペースを割り当てる
  76. 76. Step by Step で作成するツールもあるよ オンボード エクスペリエンス ツール https://app.powerbi.com/embedsetup/appownsdata 前述までの手順 大半を、 Step by Step で実行することで、 半自動的に補助してくれます。
  77. 77. Power BI Embedded が止まってると・・・  PBIEがAzure上で停止してると、レポートも見れませんw
  78. 78. 758支部長の個人的な意見 Power BI Service ? Power BI Embedded ? Power BI Premium ? そもそも、各々はドコでドウ活躍するんだろう・・・
  79. 79. 【個人的見解】Power BI Service 利用でOKな状況 • ぼっち BI で十分である= 自分しか使わない • Power BI Desktop + Power BI Service でコト足りる場合 • 組織内(Office 365内)で完結する • Power BI Pro(または365 E5)を保有している • Power BI Service の共有で運用に問題がない • SharePoint Online などへ埋め込む場合でも、Proで十分 まずはココから。組織内で完結するなら Pro で十分かと 組織 ぼっち BI
  80. 80. 【個人的見解】Power BI Premium を考える状況 • 組織内(Office 365内)で完結する。 が、更新頻度や容量、スペック等が不足する • 「レポート作成者」 < 「レポート参照者」 かつ、Proライセンスを全員へ配布するよりも、 Power BI Premium を契約したほうが費用対効果が高い • 上記いずれか + アプリケーションにも埋め込みたい [参考URL] https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/service-premium 費用対効果 または 環境面の制約が出るなら検討する 組織 足りない!
  81. 81. 【個人的見解】Power BI Embedded を考える状況 組織内(Office 365内)での利用ではなく、 Power BI Pro ライセンスを保有していない相手を対象の・・・ アプリにレポートを埋め込みたいッ!! 以上!! ただし、Premium を保有してる場合は要検討
  82. 82. まとめ
  83. 83. まとめ • アプリにPower BI を埋め込むには、 Power BI Embedded と Power BI Premium の2種ある • Power BI Embedded は Azure のサービス • Power BI Embedded を利用するためには、 Power BI Pro ライセンスを最低1つ保有する必要がある • Power BI Embedded を利用する Azure は、 Power BI Pro ライセンスの AAD と連動必須 • 利用者はPower BI Pro ライセンスが無くても閲覧可能に!
  84. 84. 例えば、こんな時に今回のネタを思い出してください • 自社開発しているアプリケーションに対して、 Power BI で作成したイケメンなレポートを埋め込みたい • ソリューション展開しているデータを可視化して、 エンドユーザー等への情報提供で活用させたい • 既にPower BI のレポートがあって、 それを既存アプリへ組み込むと付加価値が出る 相手に「Power BI Pro」のライセンスが無いシーンで光る(ハズ)
  85. 85. 不足する箇所は、それが得意な道具で補えば良い 結果 集計 分析 気づき 予測 行動 ここの範囲は、 もともと Power BI 守備範囲 不得意な箇所 (機能がないトコ) は、 別の仕組みでカバー Power BI Embedde を利用すれば、 不得意なトコも 解決できるかも!
  86. 86. 個人的に思うのですが、 結局は、目的を達成するために、 アーキテクチャー(仕組みの設計)が重要 なんだと考えています。 “本来やりたいコト”を最短経路・最小労力で達成するため、 最適な道具を選択し、利用する勇気をもっていきたいですね!
  87. 87. CM 弊社ソリューションのCMにお付き合い願いますm(_ _)m
  88. 88. Office 365 を便利にするグループウェア 弊社アイシーソフトが提供してます
  89. 89. 自社ソリューションのCMです ちなみに「タスカル」単味で検索すると食材通販が出てきます。 「タスカル Office 365」のキーワードで検索ください。 「タスカル Office 365」 で検索してください。
  90. 90. 顔認証 出退勤システム Taskal Time-Card 手動でタイムカードを打刻・・・ ICカードでピッ・・・ そんなレガシーから脱却しましょう。 顔認証を利用した タイムカード は いかがですか? https://ttc.cloud
  91. 91. 顔認証で人と笑顔の見える化を 監視カメラの映像から、 顔認証を利用して、 色んな情報を取得してみませんか? https://www.icsoft.site/
  92. 92. 参考URL Appendix
  93. 93. 参考URL(※資料内重複アリ) Power BI で埋め込み <https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embedding> チュートリアル: 組織向けのアプリケーションに Power BI のレポート、ダッシュボード、タイルを埋め込む <https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embed-sample-for-your-organization> チュートリアル: 顧客向けのアプリケーションに Power BI のレポート、ダッシュボード、タイルを埋め込む <https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/embed-sample-for-customers> Azure Portal での Power BI Embedded 容量の作成 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/developer/azure-pbie-create-capacity> Power BI REST APIs <https://docs.microsoft.com/ja-jp/rest/api/power-bi/> Power BI Embedded Sample < https://microsoft.github.io/PowerBI-JavaScript/demo/v2-demo/index.html >
  94. 94. See you next PBIJP…

×