Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

SADAO TOKUYAMA の L.E.A.P カンファレンス な 話

2018年10月9日~2018年10月10日の2日間にかけて、
開催されたMagic Leap社のカンファレンス「L.E.A.P カンファレンス」について参加した私が、受講したトラックや感想などをまとめました。

  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

SADAO TOKUYAMA の L.E.A.P カンファレンス な 話

  1. 1. SADAO TOKUYAMA の L. E. A. P. カンファレンス な 話 発表者 徳山 禎男 2018.10.20 (Sat) Japan MagicLeap Meetup vol.0
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 自己紹介 • SADAO TOKUYAMA(徳山 禎男) • Twitter:tokufxug • 大阪在住
  4. 4. 自己紹介 • SADAO TOKUYAMA(徳山 禎男) • Twitter:tokufxug • システムインテグレーター(14年) – WEBアプリケーション(サーバサイドJava) – クライアント画面開発(Adobe Flex) – タブレットアプリ開発(JavaScript jQuery Mobile)
  5. 5. 自己紹介 • SADAO TOKUYAMA(徳山 禎男) • Unityを使用した開発 (8ヶ月) – ダム検査システムのプロトタイプ開発 Google Tango + Windows PC – ダム検査システムのプロトタイプ開発 Hololens + ARCore
  6. 6. 自己紹介 • SADAO TOKUYAMA(徳山 禎男) • Magic Leap歴(2018/3/20 ~ 現在) – 作成したデモMagic Leap Liveに、2回連続紹介されました。
  7. 7. 自己紹介 • SADAO TOKUYAMA(徳山 禎男) • Magic Leap歴(2018/3/20 ~ 現在) – Magic Leap社から、Super Leaper Award を頂きました。 – LeapNation という Magic Leap好きなTwitterグループのメンバー
  8. 8. L. E. A. P. カンファレンスとは? • 2018年10月9日 ~ 2018年10月10日に開催した Magic Leap One Creator Editionにおける 最新のテクノロジー、 デザイン、開発を学ぶための会議。
  9. 9. L. E. A. P. カンファレンスとは? • 開催場所は、ロサンゼルスのダウンタウンにある Magic Boxイベントスペースで開かれた。
  10. 10. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール
  11. 11. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 9日(火) エントリーの受付 – ホテルから会場までのバスが運行。会場でエントリーだけ行う。
  12. 12. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 9日(火) エントリーの受付 – 当日はプレス向けのデモ体験が中心のため、一般ゲストはエントリーのみ。
  13. 13. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 9日(火) レセプション – 後半は、会場とは別の所でパーティーが、 開かれました。
  14. 14. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 9日(火) レセプション – Magic Leapの社員さんも沢山いました。
  15. 15. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 9日(火) は終了し、翌日を迎える。
  16. 16. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) キーノート、デモ、トラック – 7時~デモは開始。キーノートは9時から12時まで。
  17. 17. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) キーノート、デモ、トラック – ランチ後、トラックが続々と開始。
  18. 18. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) トラックは大きくふたつに分類されます。
  19. 19. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) トラックは大きくふたつに分類されます。 • デザイン&クリエイティブ – 空間コンピューティングの魅力的な体験をどのように設計す るかを理解する。 • テクニカル – 空間コンピューティングの開発手法を理解する。
  20. 20. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デザイン&クリエイティブ – ILMxLAB: Galactic Lessons with Mixed Reality Storytelling –Creativity for Emerging Platforms –The Art and Design of Dr. Grordbort's Invaders
  21. 21. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デザイン&クリエイティブ – Panel: The Making-Of: Create –The Invisible Black: Creating Compelling Content in MR –Experimenting With Inputs
  22. 22. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デザイン&クリエイティブ –Medical in Spatial Computing –Panel: Creating Spatial Audio for Magic Leap –Panel: City to World-Scale | XR Destinations –Roundtable: Design Best Practices for Mixed Reality
  23. 23. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • テクニカル –A Practical Guide Getting Started with Magic Leap and UE4 –Best Practices for working with Unity and Magic Leap –Making Seedling: 3D Engine Integration Using Vulkan
  24. 24. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • テクニカル – LuminOS Application Development –CPU Optimizations in Dr. Grordbort's Invaders and Create –Rapid Productivity with Zero Iteration and Environment Kit
  25. 25. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • テクニカル – LuminOS: Mixed Reality and the Web –LuminOS Perception –High Performance Graphics Optimizations in Tonandi –Welcome To The Shared Reality
  26. 26. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デモ –ILMxLAB Experimental Demo –Luna: Moondust Garden by Funomena –Dr. Grordbort's Invaders –Mica | The Royal Shakespeare Company & Magic Leap
  27. 27. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デモ – Create – Wingnut AR Pest Control – BrainLab: Surgery and Medical Image Visualization – Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future
  28. 28. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デモ –Angry Birds FPS: First Person Slingshot –Seedling by Insomniac Games –Onshape 3D CAD –Wayfair Spaces
  29. 29. L. E. A. P. カンファレンス • スケジュール • 10日(水) • デモ – SketchUp – Super Zeros – Meow Wolf's "The Navigator" and Magic Leap Icons: Scale and Fidelity – Air New Zealand’s Fact or Fantasy - The Fantastical Game of New Zealand
  30. 30. L. E. A. P. カンファレンス • 参加したトラック
  31. 31. L. E. A. P. カンファレンス • 参加したトラック – Best Practices for working with Unity and Magic Leap – LuminOS Application Development – LuminOS Mixed Reality and the Web – CPU Optimizations in Dr. Grordbort's Invaders and Create – Welcome To The Shared Reality
  32. 32. L. E. A. P. カンファレンス • 体験したデモ
  33. 33. L. E. A. P. カンファレンス • 体験したデモ – Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future
  34. 34. L. E. A. P. カンファレンス • お話するトラック • お話するデモ
  35. 35. L. E. A. P. カンファレンス • お話するトラック – LuminOS Mixed Reality and the Web – Best Practices for working with Unity and Magic Leap • お話するデモ – Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future 新機能と今後につい てだけ
  36. 36. L. E. A. P. カンファレンス • 全てのトラックは、近々公開予定とのこと。
  37. 37. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web
  38. 38. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Helioブラウザ • Magic Leap Oneに標準搭載している Chromium (クロミウム)ベースのブラウザ • 特徴 –1. 空間コンテンツ –2. スケールアップ
  39. 39. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Helioブラウザ • 3Dモデルの表示方法 <body> <ml-model src="balloon.fbx" style="width: 300px; height: 300px;"></ml-model> </body> .glb(glTF)ファイルにも 対応
  40. 40. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Helioブラウザ • 3DモデルをLumin OS上に配置する方法 <ml-model src=“balloon.fbx” style=“width: 300px; height: 300px” z-offset=“500px” extractable=“true“ extracted-scale="5"> </ml-model> extractableで配置有無を設定。 extracted-scaleで配置後の スケール値を設定。
  41. 41. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Helioブラウザ • 2D画像の表示方法 <body> <ml-quad src=“images/tokufxug.png" extractable=“true“ extracted-scale="5" ></ml- quad> </body> PNGまたはJPGに 対応
  42. 42. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –Prismatic (プリズマティック)
  43. 43. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –Prismatic (プリズマティック) • 3Dコンテンツを表示するために必要なJavaScriptライブラリ • カスタマイズ化されたCSS <script src="https://unpkg.com/@magicleap/prismatic"></script>
  44. 44. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – フレームワークや共通部品との連携もできる模様
  45. 45. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – フレームワークや共通部品との連携もできる模様 •React •Next •Vue •Nuit
  46. 46. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Prismatic その他の機能
  47. 47. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Prismatic その他の機能 • 3D favicon • Transparency <link rel="icon" type="image/x-icon" href="favicon.fbx"> <meta name="viewport" content="transparent-background">
  48. 48. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Prismatic その他の機能 • unbounded 表示領域外にモデルを存在する場合、表示されない。 unbounded=“true”にすると表示領域 外でも表示される。
  49. 49. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Prismatic その他の機能 • アニメーション – Scale-To – Move-To – Move-By – Rotate-To – Rotate-By – Spin
  50. 50. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –WEBXR サポート予定 (COMING SOON)
  51. 51. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –DEVICE DISPLAY DETECTION
  52. 52. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –DEVICE DISPLAY DETECTION body { background-color: white; } p { color: black; } @media (environment-blending: additive) { body { background-color: black; } p { color: white;} } W3Cのドラフトの環境依存のメディアクエリは、Helioブラウザで機能します。
  53. 53. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –事例紹介 • NewyorkTimes
  54. 54. L. E. A. P. カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web –事例紹介 • WAYFAIR MR Commerce Experience
  55. 55. L. E. A. P カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Mixed Reality and the Web コンテンツ作成の考慮すべき点
  56. 56. L. E. A. P カンファレンス • LuminOS Mixed Reality and the Web – Mixed Reality and the Web コンテンツ作成の考慮すべき点 –目的 –空間を設計する –アニメーション&サウンド –インタラクション –パフォーマンス&複雑さ
  57. 57. L. E. A. P. カンファレンス • Best Practices for working with Unity and Magic Leap
  58. 58. L. E. A. P. カンファレンス • Best Practices for working with Unity and Magic Leap –New API •Polygonal planes •Notifications •Object recognition •Shared experiences PCF sharing
  59. 59. L. E. A. P. カンファレンス • Best Practices for working with Unity and Magic Leap – Unity FEATURES • Mars • IL2CPP managed debugger support • LWRP support for Magic Leap
  60. 60. L. E. A. P. カンファレンス • Best Practices for working with Unity and Magic Leap – Unity FEATURES • Mars • IL2CPP managed debugger support • LWRP support for Magic Leap •Unity Engine 2019.1 から Magic Leapの開発が標準サポート
  61. 61. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future
  62. 62. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future – MagicLeapが開発。 – Magic Leap OneとワコムのIntuos(インテュオス)Proを連携させ、MR環境で のデザインや制作、編集などを複数人で行うアプリケーション。 – ヘッドセットによって表示されるMR画像は、制作したオブジェクトが実際の 空間(Space)に浮かびあがり、アングルや縮尺を自在に変え、立体の画像 を見ながら、デザインや編集が可能。 – デモでは、4人のメンバーが同じMR画面を共有しながらデザインを行いまし た。 https://www.wacom.com/ja-jp/about-wacom/news-and-events/2018/1316
  63. 63. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future ロボットにペイントするデモイメージ
  64. 64. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future Magic Leap Oneを装着している人が、 全員ロボット(3Dモデル)を視認できる。
  65. 65. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future コントローラーでロボットの選択 と移動を行う。
  66. 66. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future このボタンクリックが メニューが表示(して たと思います…)
  67. 67. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future COLOR PAINT MOVE メニューが表示
  68. 68. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future COLOR PAINT MOVE ペンを動かして メニューを選択 メニューを決定
  69. 69. L. E. A. P カンファレンス • Wacom-SpaceBridge: Creation Environment of the Future 3Dモデルを色付け、 移動がリアルタイムで 反映されていく。
  70. 70. L. E. A. P カンファレンス • まとめ
  71. 71. L. E. A. P カンファレンス • まとめ – 良かった点 • 公式ドキュメントにない貴重な情報が沢山聴けた。 • 開発段階のデモに触れることができた。 • Magic Leapの社員たちと近い距離でいろんな話が聞けた。
  72. 72. L. E. A. P カンファレンス • まとめ – 良かった点 • L.E.A.P カンファレンスが終了しても、知り合った人たちとアプリ を使うことで容易につながり続けることができる。
  73. 73. L. E. A. P カンファレンス • まとめ – 悪かった点 • 会場のディスプレイが少し小さめ。(Unityなどの設定画面の キャプチャの文字が、後ろの席だと見えなかった…) • デモのルール(最大2個まで)変更や一部のデモが入れ替わり が発生した。(この辺りについて、次回は改善してほしい。)
  74. 74. L. E. A. P カンファレンス • まとめ – 反省点 • レセプションなど、Magic Leapの社員さんたちと、かなり近い距 離にいながら、あまりお話や情報収集ができなかった。 • トラックを、きっちり聞く準備ができていなかった。 • 寝坊してしまい、予約してたデモが体験できなかったzzzz • この反省を踏まえ、次回があれば事前準備を怠らないようにし、 睡眠をしっかり取るようにしたいと思います。
  75. 75. ご清聴ありがとうございました

    Soyez le premier à commenter

    Identifiez-vous pour voir les commentaires

2018年10月9日~2018年10月10日の2日間にかけて、 開催されたMagic Leap社のカンファレンス「L.E.A.P カンファレンス」について参加した私が、受講したトラックや感想などをまとめました。

Vues

Nombre de vues

1 908

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

1 320

Actions

Téléchargements

6

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

0

×