Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
Data Journalism Handbook
のCCライセンスと
オープンデータ
渡辺智暁
国際大学GLOCOM/CCJP/OKFJ
Data Journalism Handbook 翻訳&勉強の会
於:GLOCOM 2014.06.21.
自己紹介
・ICT政策や情報社会論の研究者@GLOCOM
・ウィキペディアでオープンコンテンツやオンライン・コラボ
レーションの世界に触れる。
著作権やライセンスにも興味を持つように
・クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(NPO法人コモンスフィ...
本日の献立
・CCライセンス
(Data Journalism Handbookのライセンスを例
に)
・オープンデータとCCライセンス
CCライセンス
DJ Handbook のライセンス
Creative Commons Attribution ShareAlike License 3.0
Unported
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/...
その他の特徴
・ShareAlike義務があるということは・・・
・勝手に翻訳できますが、翻訳版を公表する際
には、他の人も自由に翻訳版を利用できます
・出版者が翻訳版を出版することもできますが、
本になったものも、誰でも自由に利用できま
す。
CC BY-SAライセンス
・発想:オープンソース・ソフトウェアやウィキペ
ディアのように、誰でも複製や改変ができるこ
とを重視する
・採用例:ウィキペディア
・本文はこちら
http://creativecommons.org/license...
CCライセンスの仕組み概要
・著作者は、基本的に、権利を放棄・譲渡する
わけではない
・作品を利用する許諾を他の人に与える
・条件をつける(クレジット表示義務や、改変作
品を原作同様のライセンスで提供する義務な
ど)
・原作がCC BY-SA ...
オープンデータとCCライセンス
オープンデータ
・政府などが保有するデータを広い範囲の人々
に活用してもらう取り組み
・ねらい:
経済活性化
政府透明化
政府の決定の高度化
など(現政権は経済効果に関心高)
データと著作権
・データは著作物の場合もある
・著作物= 思想や感情の創作的な表現
※事実を当たり前の形で取捨選択・配列しただ
けなら著作物ではない(例:50音順電話帳)
※著作物かどうか判断が難しい事例も多い
・著作物なら、著作権者以外は原則...
データジャーナリズム
とオープンデータ
・データジャーナリズムは政府データの活用例
のひとつ
・データジャーナリズムは政府データやその他
の様々なデータを使う報道手法
・オープンデータの推進を欧州などで行ってい
るOpen Knowledge ...
ODとライセンス
・データを広く使ってほしい
・データは著作物の場合がある
→CCライセンスのようなツールを使って、
著作物を広く利用可能にする
CCライセンスの種類
基本が6種類ある
CC BY
CC BY-SA
CC BY-NC
CC BY-ND
CC BY-NC-SA
CC BY-NC-ND
基本構成要素が4種類
ある
BY – クレジット表示
SA – 改変版を原作品
同様にライ...
CCライセンスの採用例
CC BY
日本、オーストラリア、ニュージーランド
CC BYと互換性のあるライセンス
イギリス、フランス
ライセンスの発想
・1980年代
「フリーソフトウェア」のムーブメント: 誰でもコ
ピーし、ソースコードを閲覧し、改良できるソフト
ウェアを追及
(⇔商業プレイヤーによる囲い込み)
→GPL (General Public License)の作...
ライセンスの発想(2)
・デジタル技術:簡単にコピーや加工が可能
コンテンツ共有の技術的な可能性は拡大
・法改正は、むしろ反対に
権利拡大(無断で使えない場合が増える)
罰則強化、取締り強化
※背景には違法コピーの拡大、産業界の資金等
→法律を...
本資料のライセンス
この資料を 3 種類のライセンスで提供し、利用者が選べるようにするために、利用許諾に関する注意
書きを以下に記し ます。
・ この資料は、 CC-BY 2.1 JP (http://creativecommons.org/l...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

Data Journalism HandbookのCCライセンスとオープンデータ

1 765 vues

Publié le

Publié dans : Droit
  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Répondre 
    Voulez-vous vraiment ?  Oui  Non
    Votre message apparaîtra ici

Data Journalism HandbookのCCライセンスとオープンデータ

  1. 1. Data Journalism Handbook のCCライセンスと オープンデータ 渡辺智暁 国際大学GLOCOM/CCJP/OKFJ Data Journalism Handbook 翻訳&勉強の会 於:GLOCOM 2014.06.21.
  2. 2. 自己紹介 ・ICT政策や情報社会論の研究者@GLOCOM ・ウィキペディアでオープンコンテンツやオンライン・コラボ レーションの世界に触れる。 著作権やライセンスにも興味を持つように ・クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(NPO法人コモンスフィア) でライセンスから情報流通を見る 教育、科学、コンテンツ、データなど様々なオープン化に興 味を持つように ・オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン オープンデータの推進をお手伝い ※弁護士・法学者ではありません
  3. 3. 本日の献立 ・CCライセンス (Data Journalism Handbookのライセンスを例 に) ・オープンデータとCCライセンス
  4. 4. CCライセンス
  5. 5. DJ Handbook のライセンス Creative Commons Attribution ShareAlike License 3.0 Unported http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/ 名前からわかる特徴など ・著作者などへのクレジット表記(Attribution)が義務 ・改変した作品を公開する際などに、元の作品同様他の人が 自由に使えるように、元の作品と同様の条件で提供するこ と(ShareAlike)が義務 ・(準拠法の指定がなく、様々な国で使う用) ・(バージョンは3.0) (以下、CC BY-SA 3.0 Unportedと略します)
  6. 6. その他の特徴 ・ShareAlike義務があるということは・・・ ・勝手に翻訳できますが、翻訳版を公表する際 には、他の人も自由に翻訳版を利用できます ・出版者が翻訳版を出版することもできますが、 本になったものも、誰でも自由に利用できま す。
  7. 7. CC BY-SAライセンス ・発想:オープンソース・ソフトウェアやウィキペ ディアのように、誰でも複製や改変ができるこ とを重視する ・採用例:ウィキペディア ・本文はこちら http://creativecommons.org/licenses/by- sa/3.0/legalcode
  8. 8. CCライセンスの仕組み概要 ・著作者は、基本的に、権利を放棄・譲渡する わけではない ・作品を利用する許諾を他の人に与える ・条件をつける(クレジット表示義務や、改変作 品を原作同様のライセンスで提供する義務な ど) ・原作がCC BY-SA 3.0 Unportedなので、日本語 版もCC BY-SA 3.0 Unportedや、その他の類似 ライセンスで提供する必要がある
  9. 9. オープンデータとCCライセンス
  10. 10. オープンデータ ・政府などが保有するデータを広い範囲の人々 に活用してもらう取り組み ・ねらい: 経済活性化 政府透明化 政府の決定の高度化 など(現政権は経済効果に関心高)
  11. 11. データと著作権 ・データは著作物の場合もある ・著作物= 思想や感情の創作的な表現 ※事実を当たり前の形で取捨選択・配列しただ けなら著作物ではない(例:50音順電話帳) ※著作物かどうか判断が難しい事例も多い ・著作物なら、著作権者以外は原則として無断 で利用してはいけない。 (違法コピー行為などになる)
  12. 12. データジャーナリズム とオープンデータ ・データジャーナリズムは政府データの活用例 のひとつ ・データジャーナリズムは政府データやその他 の様々なデータを使う報道手法 ・オープンデータの推進を欧州などで行ってい るOpen Knowledge FoundationがData Journalism Handbook のホストをしている
  13. 13. ODとライセンス ・データを広く使ってほしい ・データは著作物の場合がある →CCライセンスのようなツールを使って、 著作物を広く利用可能にする
  14. 14. CCライセンスの種類 基本が6種類ある CC BY CC BY-SA CC BY-NC CC BY-ND CC BY-NC-SA CC BY-NC-ND 基本構成要素が4種類 ある BY – クレジット表示 SA – 改変版を原作品 同様にライセンス NC – 非営利利用 ND – 改変禁止
  15. 15. CCライセンスの採用例 CC BY 日本、オーストラリア、ニュージーランド CC BYと互換性のあるライセンス イギリス、フランス
  16. 16. ライセンスの発想 ・1980年代 「フリーソフトウェア」のムーブメント: 誰でもコ ピーし、ソースコードを閲覧し、改良できるソフト ウェアを追及 (⇔商業プレイヤーによる囲い込み) →GPL (General Public License)の作成 ・2000年代初頭 ソフトウェア以外のコンテンツ一般向けにCCライ センスを作成
  17. 17. ライセンスの発想(2) ・デジタル技術:簡単にコピーや加工が可能 コンテンツ共有の技術的な可能性は拡大 ・法改正は、むしろ反対に 権利拡大(無断で使えない場合が増える) 罰則強化、取締り強化 ※背景には違法コピーの拡大、産業界の資金等 →法律を変えずに、法律からオプトアウトする仕組み コピーや加工を「原則OK」と考える人たちが使う ツールとしての「ライセンス」
  18. 18. 本資料のライセンス この資料を 3 種類のライセンスで提供し、利用者が選べるようにするために、利用許諾に関する注意 書きを以下に記し ます。 ・ この資料は、 CC-BY 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ ) でライセンスされていま す。 ・ この資料は、 CC-BY-SA 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/ ) でライセンスされ ています。 ・ この資料は、 CC-BY 4.0 Inernational (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/ ) でライセンスされ ています。 なお参考までに、本作品のタイトルは「CCライセンスとオープンデータ」で、原著作者と許諾者は渡辺 智暁です。本作 品に係る著作権表示はなく、免責に関する注意書きもなく、許諾者が本作品に添 付するよう 指定した URI もありません。 そこで、例えば、CC-BYライセンスで要求されるクレジット等の表示の義務を満たすには、次のような類 の表示をすればよいということになります: 「CCライセンスとオープンデータ」 by 渡辺智暁 この資料は、 CC-BY 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ ) でライセンスされています。

×