Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
帰ってきた インフラ野郎 Azure チーム
~ Azure データセンター テクノロジー解体新書 2018春 ~
CI01
自己紹介
{
“名前” : “真壁 徹(まかべ とおる)”,
“所属” : “日本マイクロソフト株式会社”,
“役割” : “クラウド ソリューションアーキテクト”,
“経歴” : “大和総研 → HP Enterprise”,
“特技” : ...
写真で一言
s
@ishikawa84g
このセッションのゴール
Azureで使われている基盤技術を知る
技術選択の判断材料を増やす
先進技術を楽しむ
お断り
お品書き
Azureなう
Availability Zones
Inside Cloud Shell
Live Migration & Live Patching
Accelerated Networking
Resource Provisio...
Azureなう
@ashleymcnamara
United States
United States
Canada
Mexico
Venezuela
Colombia
Peru
Bolivia
Brazil
Argentina
Atlanta Ocean
Algeria
Mali
Nige...
サーバーは第6世代へ
Gen 2
12 Cores
32 GiB
Gen 3
16 Cores
128 GiB
HPC
24 Cores
128 GiB
Gen 4
24 Cores
192 GiB
Godzilla
32 Cores
512 ...
Availability Zones
@ashleymcnamara
リスクとは
これまでの優先、これからの取り組み
可用性に応じた選択肢
サーバーラックに
近い概念(電源とネットワークを
共有するサーバーのグループ)
Availability Zones (AZ)
Zonal VM
Zone 2Zone 1
Zonal VM
Zone x
Zonal VM
Load Balancer
Standard
Zone-redundant data path
(re...
AZの実装 2つのタイプ
効率追求型
都市適応型
効率追求型の例
都市適応型の例 (France Central)
10s of Km
Zone 1
Zone 2
Zone 3
Rng 1
Rng 2
Demo
クロスゾーン VMSS
AZ 1 AZ 2 AZ X
VMSS
ゾーンまたぎの負荷分散を確認
ゾーン間遅延の測定
VNet
additional geographies
Microsoft Azure Blog
Inside Cloud Shell
@ashleymcnamara
Azure Cloud Shell (Bash)
フロントエンドはJavaScript
ブラウザにXterm.jsがロードされる
Ubuntuコンテナーを生成
ユーザーごとにひとつのコンテナー
コンテナーイメージはユーザー共通
20分間無操作だ...
Azure Cloud Shell (Bash) Tools
Azure CLI 2.0 & 1.0
AzCopy
Batch Shipyard
Service Fabric CLI
Blobxfer
Docker CLI/Docker Mac...
使わなければ もったいない
Cloud Shell自体は無料
Azure Files利用料のみ
ツールのインストールと維持が不要
山ほどあるツールを、いちいちインストール、アップデートしなくていいんだ… ( ;∀;)
Azure API認証の設...
Demo
味わい深い点
味わい深い点
Announcing…
Microsoft Azure Blog
Live Migration &
Live Patching
@ashleymcnamara
可用性を下げる2つのダウンタイム
2つのダウンタイム
メンテナンスはさらに2つに分けられる
形あるものは壊れる
ので、冗長化する
停止や再起動を、
テクノロジーで解決で
きないか?
Azure では、ライブ マイグレーション テ
クノロジを使用して、故障が起こるハードウェアから正常な物理マシンに仮想マシンを移行し
ます
docs.microsoft.com
Live Migration on Azure
事前に故障、不具合が予測できた場合
ユーザーからは不可視
Azure OS
いわゆるひとつのホストOS
Azure OSの再起動をいかに避けるか
これらの更新のほとんどは、仮想マシンやクラウド サービスに影響を及ぼすことなく実行さ
れます (VM 保持メンテナンスに関する記事を参照してください)
docs.microsoft.com
Live Patching on Azure
再起動を不要とするパッチ適用技術
VM-PHU
VM-PHU + Kernel Soft
Reboot
VM-PHU-Lite
VM-PHU-Ultra-Lite
Hotpatching
Handl...
ユーザー視点での対策
冗長化 & 可用性セット(AVSets)構成
利害関係者間でのサービスレベル合意
楽するなら PaaS
Azure App Service Team Blog
Accelerated
Networking
@ashleymcnamara
Azure リージョン間ネットワーク
Microsoft
Backbone
Region
RNG RNG
DC DC DC DC
DC DC
Regional Network Gateway (RNG)
リージョン内DCのトラフィックを束ねる
...
ネットワークは可用性に大きく影響する
安定した、品質の高いネットワーク
を目指し、改善の日々
Azure SmartNIC
Host
SmartNIC
FPGA
Top of Rack
Switch
NIC ASIC
SmartNIC
CPU
FPGAを活用したNIC
様々なネットワーク処理をFPGAへオフロード
(ACL、カプセル化、...
Accelerated Networking
使用前: 仮想スイッチによるソフトウェア処理 使用後: SmartNIC + SR-IOVによるハードウェア処理
Virtual switch
Physical switch
Virtual swi...
DPDK Developer Preview
30Gbps30Gbps
Accelerated NetworkingAccelerated Networking
AzureDPDK@Microsoft.com
Benchmarking
• Azure: Fs72 v2
• AWS: c5.18xlarge
• GCP: n1-highcpu-64
• Date: November 2017
• OS: Unmodified Ubuntu 16.04
...
Demo
Japan WestJapan East
Accelerated Networking
VNet01 VNet02
リージョン内遅延と帯域の測定 リージョン間遅延と帯域の測定
Resource Provisioning
with Terraform
@ashleymcnamara
Terraform
マルチクラウド対応のプロビジョニングツール
クラウドプロバイダー個別機能をプラグイン化
AzureRM Terraform Provider
ARM Terraform Resource Provider
ARM Template Deploymentを補完
Kubernetes Podのプロビジョニング例
Demo
組み合わせでも、主としても
Azure Resource Manager Template Deployment
with Terraform RP
Terraformを主にする
• 既存ARM Template資産の活用
• Terrafor...
知っていると得をする
Azure Cloud Shell上での実行は認証作業不要
Azure VMでMSI認証可能
Visual Studio Codeプラグイン
vscode-terraform
Azure Terraform
Demo
デモインフラはすべてTerraformで作成
https://github.com/ToruMakabe/decode2018
まとめ
@ashleymcnamara
LOVE to CODE: Golangのすすめ
人気のインフラ系アプリの多くはGolangで書かれている
Docker、kubernetes、Terraform、etc
静的型付け、メモリ管理の安心感、シングルバイナリ生成、モダンなツールチェ...
お伝えしたかったこと
Azureで使われている基盤技術
技術選択の判断材料に
先進技術を楽しむ
© 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved.
本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
セッションアンケートにご協力ください。
Twitter のご案内
Ask the Speaker のご案内
ブレイクアウトセッション終了後の休憩時間に、
登壇したスピーカーに直接ご質問いただける
コーナーを 「Ask The Speakers」 Room に
用意しております。セッション内容のより深い
理解の...
帰ってきた インフラ野郎 Azureチーム ~Azure データセンターテクノロジー解体新書2018春~ - de:code2018
帰ってきた インフラ野郎 Azureチーム ~Azure データセンターテクノロジー解体新書2018春~ - de:code2018
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

帰ってきた インフラ野郎 Azureチーム ~Azure データセンターテクノロジー解体新書2018春~ - de:code2018

de:code 2018 CI01

  • Soyez le premier à commenter

帰ってきた インフラ野郎 Azureチーム ~Azure データセンターテクノロジー解体新書2018春~ - de:code2018

  1. 1. 帰ってきた インフラ野郎 Azure チーム ~ Azure データセンター テクノロジー解体新書 2018春 ~ CI01
  2. 2. 自己紹介 { “名前” : “真壁 徹(まかべ とおる)”, “所属” : “日本マイクロソフト株式会社”, “役割” : “クラウド ソリューションアーキテクト”, “経歴” : “大和総研 → HP Enterprise”, “特技” : “クラウド & オープンソース” }
  3. 3. 写真で一言
  4. 4. s @ishikawa84g
  5. 5. このセッションのゴール Azureで使われている基盤技術を知る 技術選択の判断材料を増やす 先進技術を楽しむ
  6. 6. お断り
  7. 7. お品書き Azureなう Availability Zones Inside Cloud Shell Live Migration & Live Patching Accelerated Networking Resource Provisioning with Terraform @ashleymcnamara
  8. 8. Azureなう @ashleymcnamara
  9. 9. United States United States Canada Mexico Venezuela Colombia Peru Bolivia Brazil Argentina Atlanta Ocean Algeria Mali Niger Nigeria Chad Libya Egypt Sudan Ethiopia Dr Congo Angola Zambia Nambia South Africa Greenland Svalbard Sweden Norway United Kingdom France Poland Ukraine Turkey Saudi Arabia Iran Kazakistan India Russia Russia China Myanmar (Burma) Indian Ocean Indonesia Australia Pacific Ocean Pacific Ocean Data centerOwned Capacity Moving to Owned Leased Capacity Edge Site
  10. 10. サーバーは第6世代へ Gen 2 12 Cores 32 GiB Gen 3 16 Cores 128 GiB HPC 24 Cores 128 GiB Gen 4 24 Cores 192 GiB Godzilla 32 Cores 512 GiB Gen 5.1 40 Cores 256 GiB GPU Gen 5 16 Cores + GPU 256 GiB Beast 72 Cores 4096 GiB Gen 6 48 Cores 192GiB
  11. 11. Availability Zones @ashleymcnamara
  12. 12. リスクとは
  13. 13. これまでの優先、これからの取り組み
  14. 14. 可用性に応じた選択肢 サーバーラックに 近い概念(電源とネットワークを 共有するサーバーのグループ)
  15. 15. Availability Zones (AZ) Zonal VM Zone 2Zone 1 Zonal VM Zone x Zonal VM Load Balancer Standard Zone-redundant data path (regional anycast, public & internal, inbound & out) • AZ Ready Services
  16. 16. AZの実装 2つのタイプ 効率追求型 都市適応型
  17. 17. 効率追求型の例
  18. 18. 都市適応型の例 (France Central) 10s of Km Zone 1 Zone 2 Zone 3 Rng 1 Rng 2
  19. 19. Demo
  20. 20. クロスゾーン VMSS AZ 1 AZ 2 AZ X VMSS ゾーンまたぎの負荷分散を確認 ゾーン間遅延の測定 VNet
  21. 21. additional geographies Microsoft Azure Blog
  22. 22. Inside Cloud Shell @ashleymcnamara
  23. 23. Azure Cloud Shell (Bash) フロントエンドはJavaScript ブラウザにXterm.jsがロードされる Ubuntuコンテナーを生成 ユーザーごとにひとつのコンテナー コンテナーイメージはユーザー共通 20分間無操作だと破棄される 永続化領域はAzure Filesへ $HOMEの下が永続化される ブラウザ ブラウザ ユーザーコンテナー Azure Files Xterm.js Xterm.js コンテナーイメージ (Ubuntu 16.04 & Tools)
  24. 24. Azure Cloud Shell (Bash) Tools Azure CLI 2.0 & 1.0 AzCopy Batch Shipyard Service Fabric CLI Blobxfer Docker CLI/Docker Machine Kubectl Helm DC/OS CLI MySQL クライアント PostgreSql クライアント sqlcmd ユーティリティ mssql-scripter iPython クライアント Cloud Foundry CLI Terraform Ansible .NET Core (2.0.0) Go (1.9) Java (1.8) Node.js (8.9.4) PowerShell Core (6.0.1)
  25. 25. 使わなければ もったいない Cloud Shell自体は無料 Azure Files利用料のみ ツールのインストールと維持が不要 山ほどあるツールを、いちいちインストール、アップデートしなくていいんだ… ( ;∀;) Azure API認証の設定済みのツールがある Azure CLI、Terraformなど
  26. 26. Demo
  27. 27. 味わい深い点
  28. 28. 味わい深い点
  29. 29. Announcing… Microsoft Azure Blog
  30. 30. Live Migration & Live Patching @ashleymcnamara
  31. 31. 可用性を下げる2つのダウンタイム 2つのダウンタイム メンテナンスはさらに2つに分けられる 形あるものは壊れる ので、冗長化する 停止や再起動を、 テクノロジーで解決で きないか?
  32. 32. Azure では、ライブ マイグレーション テ クノロジを使用して、故障が起こるハードウェアから正常な物理マシンに仮想マシンを移行し ます docs.microsoft.com
  33. 33. Live Migration on Azure 事前に故障、不具合が予測できた場合 ユーザーからは不可視
  34. 34. Azure OS いわゆるひとつのホストOS Azure OSの再起動をいかに避けるか
  35. 35. これらの更新のほとんどは、仮想マシンやクラウド サービスに影響を及ぼすことなく実行さ れます (VM 保持メンテナンスに関する記事を参照してください) docs.microsoft.com
  36. 36. Live Patching on Azure 再起動を不要とするパッチ適用技術 VM-PHU VM-PHU + Kernel Soft Reboot VM-PHU-Lite VM-PHU-Ultra-Lite Hotpatching Handle Proxy
  37. 37. ユーザー視点での対策 冗長化 & 可用性セット(AVSets)構成 利害関係者間でのサービスレベル合意
  38. 38. 楽するなら PaaS Azure App Service Team Blog
  39. 39. Accelerated Networking @ashleymcnamara
  40. 40. Azure リージョン間ネットワーク Microsoft Backbone Region RNG RNG DC DC DC DC DC DC Regional Network Gateway (RNG) リージョン内DCのトラフィックを束ねる 他リージョン、インターネットへの玄関 1.6 Petabits/秒 Microsoft Backbone リージョン間をつなぐ 安定した帯域、低遅延 Azureサービス間の通信はインターネットに出ない Internet Other Regions
  41. 41. ネットワークは可用性に大きく影響する 安定した、品質の高いネットワーク を目指し、改善の日々
  42. 42. Azure SmartNIC Host SmartNIC FPGA Top of Rack Switch NIC ASIC SmartNIC CPU FPGAを活用したNIC 様々なネットワーク処理をFPGAへオフロード (ACL、カプセル化、NAT、etc) CPU負荷の軽減 性能と安定性の向上 2015年後半以降に導入されたサーバーに搭載 Accelerated Networking SmartNIC + SR-IOV 4vCPU or 8vCPU(HT)以上のVMで有効化可能 (無償) 最大30Gbps
  43. 43. Accelerated Networking 使用前: 仮想スイッチによるソフトウェア処理 使用後: SmartNIC + SR-IOVによるハードウェア処理 Virtual switch Physical switch Virtual switch Virtual Network Physical switch VM1 VM2 Virtual Network VM1 VM2
  44. 44. DPDK Developer Preview 30Gbps30Gbps Accelerated NetworkingAccelerated Networking AzureDPDK@Microsoft.com
  45. 45. Benchmarking • Azure: Fs72 v2 • AWS: c5.18xlarge • GCP: n1-highcpu-64 • Date: November 2017 • OS: Unmodified Ubuntu 16.04 • Tools: sockperf, iperf
  46. 46. Demo
  47. 47. Japan WestJapan East Accelerated Networking VNet01 VNet02 リージョン内遅延と帯域の測定 リージョン間遅延と帯域の測定
  48. 48. Resource Provisioning with Terraform @ashleymcnamara
  49. 49. Terraform マルチクラウド対応のプロビジョニングツール クラウドプロバイダー個別機能をプラグイン化 AzureRM Terraform Provider
  50. 50. ARM Terraform Resource Provider ARM Template Deploymentを補完
  51. 51. Kubernetes Podのプロビジョニング例
  52. 52. Demo
  53. 53. 組み合わせでも、主としても Azure Resource Manager Template Deployment with Terraform RP Terraformを主にする • 既存ARM Template資産の活用 • Terraform実行環境の構築、維持が不要 • ワンストップサポート • Terraformの機能をフル活用できる (HCL、ドライラン、状態管理、etc) • 豊富なプロバイダー
  54. 54. 知っていると得をする Azure Cloud Shell上での実行は認証作業不要 Azure VMでMSI認証可能 Visual Studio Codeプラグイン vscode-terraform Azure Terraform
  55. 55. Demo
  56. 56. デモインフラはすべてTerraformで作成 https://github.com/ToruMakabe/decode2018
  57. 57. まとめ @ashleymcnamara
  58. 58. LOVE to CODE: Golangのすすめ 人気のインフラ系アプリの多くはGolangで書かれている Docker、kubernetes、Terraform、etc 静的型付け、メモリ管理の安心感、シングルバイナリ生成、モダンなツールチェイン Azure SDK for Goも拡充中 https://docs.microsoft.com/ja-jp/go/azure/azure-sdk-go-install インフラ野郎/乙女におすすめ いまから何か新しい言語に挑戦するなら Special thanks to @ashleymcnamara
  59. 59. お伝えしたかったこと Azureで使われている基盤技術 技術選択の判断材料に 先進技術を楽しむ
  60. 60. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
  61. 61. セッションアンケートにご協力ください。 Twitter のご案内
  62. 62. Ask the Speaker のご案内 ブレイクアウトセッション終了後の休憩時間に、 登壇したスピーカーに直接ご質問いただける コーナーを 「Ask The Speakers」 Room に 用意しております。セッション内容のより深い 理解のため、ぜひお役立てください。 「Ask The Speakers」

    Soyez le premier à commenter

    Identifiez-vous pour voir les commentaires

  • yoshinorikasamatsu

    May. 24, 2018
  • kurumai

    May. 25, 2018
  • ATSUSHIYOKOHAMA

    May. 25, 2018
  • fujiwarayutaka

    May. 25, 2018
  • vfr800rider

    May. 25, 2018
  • hiromasaoka

    May. 25, 2018
  • AzusaShinka

    May. 25, 2018
  • nemoton

    May. 25, 2018
  • KentaroITOH

    May. 27, 2018
  • satoshibfujimoto

    May. 27, 2018
  • MorimotoYasuhiko

    May. 29, 2018
  • kentaroebisawa

    May. 30, 2018
  • rihitosaito

    Jul. 27, 2018
  • KentoTashiro

    Aug. 5, 2018
  • ShingoKawahara1

    Aug. 14, 2018
  • ev67-600

    Sep. 3, 2018
  • slidesmaq

    Sep. 21, 2018
  • NozomuItoshiki1

    Feb. 11, 2019
  • hebikuzure

    Apr. 12, 2019
  • yasuyama

    Jun. 14, 2020

de:code 2018 CI01

Vues

Nombre de vues

6 054

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

681

Actions

Téléchargements

74

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

20

×