Ce diaporama a bien été signalé.
Le téléchargement de votre SlideShare est en cours. ×

3GPP LTE Detailed explanation 4 (X2 Handover)

Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité

Consultez-les par la suite

1 sur 37 Publicité

3GPP LTE Detailed explanation 4 (X2 Handover)

Télécharger pour lire hors ligne

3GPP LTE Detailed explanation (X2 Handover)
・A hands-on resource for mobile engineers
※written in Japanese

3GPP LTE Detailed explanation (X2 Handover)
・A hands-on resource for mobile engineers
※written in Japanese

Publicité
Publicité

Plus De Contenu Connexe

Plus par Ryuichi Yasunaga (14)

Plus récents (20)

Publicité

3GPP LTE Detailed explanation 4 (X2 Handover)

  1. 1. 3GPP LTE解説資料 2022/11/16 1 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED 3GPP LTE Detailed explanation 4 (X2 Handover)Rev2.00 2022年9月18日 Centimani 株式会社(技術顧問 安永 隆一)
  2. 2. 内 容 1.Handoverタイプの判断 2.X2 Handoverコールフロー 3.X2 Handoverメッセージ
  3. 3. 1.Handoverタイプの判断 2022/11/16 3 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED X2接続確認 X2ハンドオーバー 許可 X2ハンドオーバー 準備完了 X2 ハンドオーバー S1 ハンドオーバー 許可されなかった 接続無し 準備不可 X2インターフェイスは2つのeNBを接続する。 ・UEのサービングセルが属するeNB(つまりソースeNB)とターゲットセルが属するeNB(つまりターゲットeNB)の 間にX2接続がある。 ・X2接続がハンドオーバーに利用できる場合、X2ハンドオーバーが開始される。 ※ハンドオーバーが完了すると、2つのeNBが相互に通信して、MMEの介入なしにハンドオーバーを制御する。
  4. 4. 2.X2 HANDOVERコールフロー
  5. 5. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 5 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover前 RRC Connected ・UEおよびソースeNodeBはRRC接続状態にある。 ハンドオーバー前のダウンリンクデータフロー ダウンリンクデータは、ソースeNodeBを介してSGWからUEに流れる。 Downlink Data s1_teid dl1 s1_teid dl1 Downlink Data Downlink Data
  6. 6. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 6 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover前 ハンドオーバー前のアップリンクデータフロー Uplink Data s1_teid ul1 s1_teid ul1 Uplink Data Uplink Data アップリンクデータは、ソースeNodeBを介 してUEからSGWに流れる。
  7. 7. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 7 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 RRC KeNBを導出する* RRC RRC Measurement Control ・ネットワークは、測定レポートを送信するための測定しきい値を設定する。 RRC RRC RRC Measurement Report ・隣接するセルの信号品質は現在、サービングセルよりも優れている。 Signal strength of serving cell, Signal strength of neighbors RRC: ハンドオーバを実行する必要が あるため、ハンドオーバーのため にセルが選択される。 ・RRCは最新の測定値を使用して、別のセルに ハンドオーバーが必要かどうかを判断する。 ・ターゲットセルが選択される。 ・ターゲットセルのeNodeBが識別される。
  8. 8. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 8 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 X2AP KeNBからASキー を生成する (KeNB = KeNB *) X2AP X2AP Handover Request ・Source eNodeBは、Handover Request メッセージでハンドオーバーを開始する。 ・アクティブなE-RABに関する情報には、セキュリティ キーがメッセージに含まれている。 ECGI of the Target Cell (of Target eNB), UE-AMBR, UE Security Capability, KeNB*, E-RAB to be setup (E-RAB ID, QCI, ARP, S1 S-GW TEID s1_teid ul2 s1_teid ul2 Uplink S1 Bearer Establishment ・Target eNodeBとサービングSGWとの間に、アップ リンク側のGTP接続が確立される。
  9. 9. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 9 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 メッセージ内のE-RABの アドミッション制御を 実行する DRB IDの作成 (アップリンク/ダウンリンク) ・このセッションを受け入れるためにターゲットeNodeBで リソースが利用可能であるかどうかを確認する。 ・アップリンクおよびダウンリンクの専用無線ベアラIDを 割り当てる。 RRC: セッションのダウンリンクおよびアップ リンク無線リソースを予約する ・ターゲットeNodeBは、ハンドオーバされるUEのため の無線リソースを割り当てる。 RACHプリアンブルを割当 ・ターゲットeNodeBは、UEにRACHプリアンブルを 割り当てる。 ・UEは、このプリアンブルを使用して、競合のない RACHを送信する。
  10. 10. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 10 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 RRC: ハンドオーバーコマンドメッセージの準備 (RRC Connection Reconfiguration Request) ・このメッセージは、端末に送信される必要がある RACHプリアンブルを含む。 ・このメッセージには、割り当てられた無線リソースに 関する情報が含まれる。 C-RNTIを割当 ・新しいC-RNTIがUEに割り当てられる。 X2AP X2AP X2AP Handover Request Acknowledge ・ターゲットeNodeBは、ハンドオーバ要求確認メッセージで ソースeNodeBに応答する。 ・このメッセージは、Transparent Container内に ハンドオーバコマンドメッセージ(RRC Connection Reconfiguration Request)を運ぶ。 x2_teid x2_teid X2 Bearer Esablishment ・ソースeNodeBとターゲットeNodeBとの間にX2 GTP 接続が確立される。 ・このチャネルは、ハンドオーバ中にユーザデータを搬送する。 ダウンリンクデータの バッファリングを開始する ・この時点で、UEは、ハンドオーバの間に受信される ダウンリンクデータをバッファリングする準備が整う。
  11. 11. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 11 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 実行 RRC RRC RRC Connection Reconfiguration Request ・Source eNodeBは、ハンドオーバーコマンドをUE に送信する。 ・このメッセージには、新しいC-RNTIと新しいDRB IDが含まれている。 ・競合のないRACHアクセスのために、RACHプリアンブル も含まれる。 X2AP X2AP X2AP SN Transfer Status ・PDCPシーケンス番号は、ソースからターゲット eNodeBに送信される。 RACH Preamble Assignment, Target C-RNTI, Target DRB ID (UL/DL), Target eNB AS Security Algorithm Downlink PDCP Sequence Number, Uplink PDCP Sequence Number ハンドオーバ準備中のダウンリンクデータフロー この時点で、すべてのダウンリンクデータが ソースeNodeBからターゲットeNodeに 再ルーティングされている。 UEがまだターゲットに接続していないので、 データはターゲットでバッファされている。 Downlink Data s1_teid dl1 s1_teid dl1 Downlink Data x2_teid x2_teid Downlink Data 受信したダウンリンクデータを バッファリングする
  12. 12. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 12 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 アップリンクデータは、ソースeNodeBを介して UEからSGWに依然として送信されている。 Uplink Data s1_teid ul1 s1_teid ul1 Uplink Data Uplink Data ターゲットeNodeBに切り替える ソースeNodeBをデタッチする。 KeNB(KeNB = KeNB *) とASキーを生成する RRC Idle ハンドオーバー準備中のアップリンクデータフロー ・UEはハンドオーバコマンドを受信し、新しい ターゲットセルに切り替える。 ・この時点で、UEはソースeNodeBから切り離されて いるが、依然としてターゲットeNodeBと通信していない。 ・UEは、RRCアイドル状態にある。
  13. 13. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 13 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 アップリンクデータは、ソースeNodeBを介して UEからSGWに依然として送信されている。 ターゲットセルとの同期 RRC RRC RACH Preamble ・UEは、ハンドオーバコマンドで割り当てられたプリアンブル を使用して、RACHをターゲットeNodeBに送信する。 RRC RRC Random Access Response ・ターゲットeNodeBは、要求を受け入れ、タイミング 調整およびアップリンクリソース許可で応答する。 Timing Advance, Target C-RNTI, Uplink grant RRC RRC RRC Connection Reconfiguration Complete ・UEは、割り当てられたリソースを使用してハンドオーバー確認 メッセージを送信する (RRC接続再構成完了)。 Target C-RNTI ターゲットeNodeBへの切り替 え完了
  14. 14. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 14 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 UEは、ターゲットeノードBに接続される。 すべてのキューに入れられたメッセージは、 UEに向けて送信される。 キューに入れられたダウンリンクデータの送信 Downlink Data ASレイヤのセキュリティ手順 RRC Connected ・UEは、ターゲットeNodeBに接続されていない。 ・したがって、RRC接続状態に移行する。 Downlink Data Downlink Data
  15. 15. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 15 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 ハンドオーバ実行中、データは、SGWからUEへ、 ソースeNodeBおよびターゲットeNodeBを介して ルーティングされる。 ハンドオーバ実行中のダウンリンクデータフロー s1_teid dl1 s1_teid dl1 Downlink Data Downlink Data x2_teid x2_teid Downlink Data Downlink Data
  16. 16. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 16 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 アップリンクデータは、UEからターゲットeNodeBを 介してSGWに送信されている。 ハンドオーバ実行中のアップリンクデータフロー s1_teid ul2 s1_teid ul2 Uplink Data Uplink Data Uplink Data
  17. 17. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 17 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー完了 この時点で、UEはデータを受信し、送信している。 端末へのダウンリンクデータ送信は、依然として ソースeNodeBを介して行われている。 パスはソースeNodeBをパスから削除するように 切り替わる。 経路切替 S1AP Path Switch Request ECGI, TAI, UE Security Capability, E-RAB to be switched in DL (E- RAB ID, S1 Target eNB TEID) Modify Bearer Request EPS Bearer in DL (EPS Bearer ID, S1 Target eNB TEID), ECGI, TAI ・ターゲットeNodeBは、ソースeNodeBから ターゲットeNodeBへのパスを切り替えるように MMEに要求する。 ・MMEはSGWにターゲットeNodeBへのパスの 切り替えを要求する。
  18. 18. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 18 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー完了 経路切替 EPS Bearer ID, ECGI, TAI Modify Bearer Request EPS Bearer ID ・SGWは経路を切り替えるようPGWに要求する。 Modify Bearer Response ・PGWは、SGWに応答して経路切り替えの 完了を通知する。 Modify Bearer Response ・SGWは、MMEに応答して、経路切り替えの 完了を通知する。 EPS Bearer in DL (EPS Bearer ID)
  19. 19. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 19 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー完了 エンドマーカーを送信 SGWはまた、ソースeNodeBに向かって終了マーカーを挿 入する。 このマーカーは、ソースeNodeBから受信したデータとター ゲットeNodeBから受信した新しいデータをシーケンスする ために使用される。 s1_teid dl1 s1_teid dl1 End Marker 終了マーカーが受信されるまで、 ソースeNodeBからデータを 受信し続ける ・ターゲットeNodeBは、ソースeNodeBを介して 受信されたすべてのデータが送信されるまで、SGW から直接受信されたデータをバッファする。 ・これは送信順序を維持するために必要。 x2ap x2AP End Marker
  20. 20. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 20 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー完了 ハンドオーバー後のダウンリンクデータフロー SGWはターゲットeNodeB TEIDを使用して データを送信する。 Downlink Data s1_teid dl2 s1_teid dl2 Downlink Data Downlink Data
  21. 21. X2 Handoverコールフロー 2022/11/16 21 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー完了 ハンドオーバー後のダウンリンクデータフロー ・エンド・マーカはターゲットeNodeBで受信される。 ・この時点で、ターゲットはソースeNodeBにUEの リソースを解放するように要求する。 x2ap x2AP X2AP UE Context Release S1AP Path Switch Request ・MMEは、パススイッチの完了 を知らせるために 応答する。 UEコンテキストの削除
  22. 22. 3.X2 HANDOVERメッセージ
  23. 23. eNodeBX2AP Handover Request 2022/11/16 23 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED eNodeB X2 AP Handover Request Old eNB UE X2AP Id Source eNodeB ⇒ Target eNodeB Cause GU Group Id MME Code PLMN Identity eUTRAN Cell Identifier Target Cell Id GUMMEI Id GUMMEI Id eRABs to be Setup List RRC Context eRAB N-1 Handover desired for radio reasons eRAB 0 UE Security Capabilities AS Security Information MME UE S1AP ID PLMN Id MME Group Id Key eNB eRAB Id eRAB Level QoSParameters UL GTP Tunnel Endpoint
  24. 24. eNodeBX2AP Handover Request 2022/11/16 24 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED ☑ eNodeBは、次の項目に基づいてX2ハンドオーバーを開始することを決定。 ・UEは、RRCダウンリンク信号品質測定値を報告した ・eNodeBで測定されたアップリンク信号品質 ☑ eNodeBは、ハンドオーバーのためのターゲットセルIDを選択する。 ☑ ターゲットセルが現在のセルと同じMMEによってサービスされている場合、X2ハンド オーバが開始される ☑ S1APインタフェース上のUEを識別するUEコンテキスト情報を含む。 ・セキュリティパラメータもメッセージに含まれている。 ☑ 無線ベアラに関する情報はメッセージに含まれ、また、RAB単位の情報には、以下が 含まれている。 ・QoSパラメータ ・GTPトンネル情報 ☑ メッセージには、RRCコンテキスト情報も含まれる。 eNodeB X2 AP Handover Request Source eNodeB ⇒ Target eNodeB
  25. 25. X2AP Handover Request Acknowledge 2022/11/16 25 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED X2AP Handover Request Acknowledge Old eNB UE X2AP Id Target eNodeB ⇒ Source eNodeB Transparent Container DL GTP Tunnel Endpoint eRAB Admitted Item 0 eRAB Admitted Item N-1 New eNB UE X2AP Id eRABs Admitted List eRAB Id UL GTP Tunnel Endpoint Target to Source eNB Payload
  26. 26. X2AP Handover Request Acknowledge 2022/11/16 26 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED ☑ ターゲットeNodeBは、ハンドオーバ要求の受信時にアドミッション制御を受信する。 ☑ ターゲットeNodeBは、X2AP Handover Request Acknowledgeで応答する。 ☑ 受け入れられたRABに関する情報は、メッセージに含まれる。 ・アップリンクおよびダウンリンクGTPトンネル情報は、各RABに含まれる。 ・トンネル割り当ては、ハンドオーバー中にトラフィックを転送するためにターゲットで行われる。 ☑ ソースeNodeBは、このメッセージをUEに送信する。 eNodeB X2 AP Handover Request Source eNodeB ⇒ Target eNodeB
  27. 27. X2AP SN Transfer Status 2022/11/16 27 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED X2AP SN Transfer Status Source eNodeB ⇒ Target eNodeB eRABs Subject to Status Transfer DL Count Value eRAB Subject to Status Transfer N-1 Old eNB UE X2AP Id New eNB UE X2AP Id eRAB Id UL Count Value eRAB Subject to Status Transfer 0 ☑ ソースeNodeBは、SN転送ステータスを送信する。 ☑ 各RABには次のフィールドがある。 ・アップリンクPDCPシーケンス番号 ・アップリンクハイパーフレーム番号 ・ダウンリンクPDCPシーケンス番号 ・ダウンリンクハイパーフレーム番号 ☑ これらのフィールドは、ハンドオーバー後の暗号化と完全性保護を継続するために必要。 X2AP SN Transfer Status
  28. 28. S1AP Path Switch Request 2022/11/16 28 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S1AP Path Switch Request eNB UE S1AP ID Target eNodeB ⇒ MME TAI eRABs to be Switched DL Item N-1 PLMN Id Cell Id eRABs to be Switched DL List EUTRAN CGI eRABs to be Switched DL Item 0 UE Security Capabilities PLMN Id TAC Encryption Algorithms Integrity Protection Algorithms
  29. 29. S1AP Path Switch Request 2022/11/16 29 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED ☑ ターゲットeNodeBは、ターゲットeNodeBに向かうS1-U GTPトンネルの 切替を要求する。 ☑ MMEは、「eNBからUE S1AP ID」を有するUEを識別する ☑ メッセージには新しいセルIDとトラッキングエリアIDが含まれる ☑ ターゲットeNodeBのセキュリティ機能も含まれている。 S1AP Path Switch Request Target eNodeB ⇒ MME
  30. 30. Modify Bearer Request 2022/11/16 30 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Modify Bearer Request MME ⇒ SGW TEID/GRE Key S1-U eNodeB F-TEID Bearer Context to be Updated EPS Bearer Id ☑ MMEはSGWにターゲットeNodeBへのパスの切り替えを要求する。 ☑ ターゲットeNodeBから受信したS1-U TEIDはSGWに渡される。 Modify Bearer Request
  31. 31. Modify Bearer Response 2022/11/16 31 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Modify Bearer Response SGW ⇒ MME TEID/GRE Key S1 SGW F-TEID Bearer Context Updated EPS Bearer Id ☑ SGWはベアラを更新し、応答する。 Modify Bearer Response
  32. 32. S1AP Path Switch Acknowledge 2022/11/16 32 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S1AP Path Switch Acknowledge S1AP: MME ⇒ Target eNodeB eRABs to be Switched UL List GTP TEID MME UE S1AP ID eNB UE S1AP ID eRAB Id eRABs to be Switched UL Item Security Context ☑ ターゲットeNodeBは、ターゲットeNodeBに向かうS1-U GTPトンネルのスイッチング を要求する。 ☑ MMEは、「eNBからUE S1AP ID」を有するUEを識別する。 ☑ メッセージには新しいセルIDとトラッキングエリアIDが含まれる。 ☑ ターゲットeNodeBのセキュリティ機能も含まれている。 S1AP Path Switch Acknowledge
  33. 33. X2AP UE Context Release 2022/11/16 33 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ Source eNodeB X2AP UE Context Release Old eNB UE X2AP ID New eNB UE X2AP ID ☑ ターゲットeNodeBが、ハンドオーバのための経路切り替えおよび無線シグナリング を正常に完了したときに送信される。 X2AP UE Context Release
  34. 34. Tracking Area Update Request 2022/11/16 34 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Tracking Area Update Request Uplink NAS Transport eUTRAN-CGI UE-NAS ⇒MME-NAS Tracking Area Update Request TAI PLMN Id TAC PLMN Id Cell Id EPS Update Time M-TMSI Old GUTI Last Visited Tracking Area EPS Bearer Context Status TA Updating Bearer Context Active
  35. 35. Tracking Area Update Accept 2022/11/16 35 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Tracking Area Update Accept UE-NAS ⇒MME-NAS Tracking Area Update Result EPS Update Time T3412 T3402 TA Updated
  36. 36. Diameter Update Location Answer 2022/11/16 36 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S6A: HSS ⇒ MME Diameter Update Location Answer Result Code: Success Subscriber Status: Service Granted PDN GW Address PDN GW Name Called Station Id PDN Type Aggregate Maximum Bit Rate MSISDN Access Restriction Data APN Configuration Profile Maximum Requested Bandwidth Uplink 3GPP Charging Characteristics Aggregate Maximum Bit Rate Maximum Requested Bandwidth Downlink QoS Class Identifier Served Party IP Address IPv4 QCI specifies BER, Priority, GBR Maximum Requested Bandwidth Uplink Maximum Requested Bandwidth Downlink
  37. 37. COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED 2022/11/16 37 3GPP標準化技術仕様に関する知識は、 翻訳し、読むだけでは なかなか理解が進まないものです。 理解するには、実際のコールフローシナリオに基づき 実際の通信ログとの整合性確認等は欠かせませんが、 その様な資料は広く共有されていないのが現状です。 本資料は、弊社内で3GPP技術仕様の 理解・知識向上を図るため作成したものです。 コンテンツは可能な限り、ベンダー / キャリア依存などを 除外して作成しておりますが、一部標準化や実用化が 進んだシステムと整合性が担保できていない記述を 含んでいる場合があります。 本資料は、ロイヤリティフリーです。閲覧される皆さんの 知識定着と仕事の生産性の向上の一助としてご活用ください。 THANK YOU FOR VIEWS ryuichi@centimani.biz

×