Ce diaporama a bien été signalé.
Le téléchargement de votre SlideShare est en cours. ×

3GPP LTE Detailed explanation 5 (S1 Handover)

Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité

Consultez-les par la suite

1 sur 44 Publicité
Publicité

Plus De Contenu Connexe

Plus par Ryuichi Yasunaga (14)

Plus récents (20)

Publicité

3GPP LTE Detailed explanation 5 (S1 Handover)

  1. 1. 3GPP LTE解説資料 2022/11/16 1 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED 3GPP LTE Detailed explanation 5 (S1 Handover)Rev2.00 2022年9月19日 Centimani 株式会社(技術顧問 安永 隆一)
  2. 2. 内 容 1.Handoverタイプの判断 2.S1 Handoverコールフロー 3.S1 Handoverメッセージ
  3. 3. 1.Handoverタイプの判断 2022/11/16 3 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED X2接続確認 X2ハンドオーバー 許可 X2ハンドオーバー 準備完了 X2 ハンドオーバー S1 ハンドオーバー 許可されなかった 接続無し 準備不可 S1ハンドオーバーは、対象の2つのeNodeBが異なる MME に 接続されている場合のハンドオーバー。 ・異なるMMEに接続されている場合X2 ハンドオーバは出来ない。 ・S1 インターフェイスを介して情報のやり取りを行いハンドオーバをする。
  4. 4. 2.S1 HANDOVERコールフロー
  5. 5. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 5 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover前 RRC Connected ・UEおよびソースeNodeBはRRC接続状態にある。 ハンドオーバー前のダウンリンクデータフロー ダウンリンクデータは、ソースeNodeBを介してSGWからUEに流れる。 Downlink Data GTP GTP Downlink Data GTP GTP Downlink Data RLC RLC
  6. 6. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 6 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover前 ハンドオーバー前のアップリンクデータフロー Uplink Data Uplink Data アップリンクデータは、ソースeNodeBを介し てUEからSGWに流れる。 GTP GTP GTP GTP Uplink Data RLC RLC
  7. 7. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 7 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 RRC KeNBを導出する* RRC RRC Measurement Control ・ネットワークは、測定レポートを送信するための測定 しきい値を設定する。 RRC RRC RRC Measurement Report ・隣接するセルの信号品質は現在、サービングセル よりも優れている。 Signal strength of serving cell, Signal strength of neighbors RRC: ハンドオーバを実行する必要が あるため、ハンドオーバーのために セルが選択される。 ・RRCは最新の測定値を使用して、別のセルに ハンドオーバーが必要かどうかを判断する。 ・ターゲットセルが選択される。 ・ターゲットセルのeNodeBが識別される。 ハンドオーバーのタイプを「S1」に 決定する ・ソースeNodeBは、ターゲットeNodeBとのX2 インターフェースを持てない場合、ターゲット eNodeBへのS1ベースのハンドオーバーを 開始することを決定する。
  8. 8. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 8 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 S1AP S1AP S1AP Handover Required ・ソースeNodeBはMMEに「Handover Required」メッセージを送信する。 ・ソースeNodeBは、どのベアラがデータ 転送の対象であるかを示す。 ・SGWを介してデータをトンネリングする 必要がある。 ・適切なターゲットMMEの選択を容易に するために、ターゲットTAIがMMEに 送信される。 Direct Forwarding Path Availability = Not Available, Source to Target transparent container, target eNodeB Identity, target TAI, S1AP Cause, RAN assistance data S1AP S1AP S1AP Handover Request ・MMEは、ハンドオーバ要求メッセージをターゲットeNodeBに送信する。 ・このメッセージは、ベアラに関する情報およびセキュリティコンテキストを含むターゲットeNodeBにUE コンテキストを生成する。 ・各EPSベアラについて、「Bearerrs to Setup」は、ユーザプレーンのサービングGWアドレスおよび アップリンクTEID、およびEPSベアラQoSを含む。 ・ダイレクトフォワーディングフラグがダイレクトフォワーディングを利用できないことを示し、MMEがソースと ターゲットの間に間接的なデータ転送接続がないことを知っている場合、セットアップのベアラーは 各EPSベアラに対して「データ転送不可能」を表示する。 EPS Bearers to Setup, AMBR, S1AP Cause, Source to Target transparent container, Handover Restriction List, RAN assistance data
  9. 9. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 9 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 KeNBからASキーを生成 (KeNB = KeNB *) ・このセッションを受け入れるためにターゲットeNodeBで リソースが利用可能であるかどうかを確認する。 メッセージ内のE-RABの アドミッション制御を実行 DRB IDの作成 (アップリンク/ダウンリンク) ・アップリンクおよびダウンリンクの専用無線ベアラIDを 割り当てる。 RRC:セッション用のダウンリンクおよび アップリンク無線リソースを予約。 ・ターゲットeNodeBは、ハンドオーバされるUEのための 無線リソースを割り当てる。 RACHプリアンブルを割り当てる ・ターゲットeNodeBは、UEにRACHプリアンブルを割り 当てる。 ・UEは、このプリアンブルを使用して、競合のないRACH を送信する。 C-RNTIを割り当てる ・新しいC-RNTIがUEに割り当てられる。
  10. 10. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 10 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 準備 RRC:ハンドオーバーコマンド メッセージの準備 ・このメッセージは、端末に送信される必要があるRACH プリアンブルを含む。 ・このメッセージには、割り当てられた無線リソースに関する 情報が含まれる。 S1AP S1AP S1AP Handover Request Acknowledge EPS Bearer Setup list, EPS Bearers failed to setup list, Transparent container = Handover Command ・ターゲットeNodeBは、ハンドオーバ要求確認メッセージでMMEに応答する。 ・このメッセージは、 transparent container内にハンドオーバコマンドメッセージ (RRC Connection Reconfiguration Request)を運ぶ。 ・「EPS Bearer Setupリスト」は、S1 U参照ポイント(ベアラ当たり1つのTEID)上の ダウンリンクトラフィックのためにターゲットeNodeBに割り当てられたアドレスおよびTEID のリストと、必要に応じて転送されたデータを受信するためのアドレスおよびTEIDとを含む。 S1AP S1AP S1AP Handover Command ・ソースMMEは、ハンドオーバコマンド メッセージをソースeNodeBに送信する。 ・転送対象のベアラには、転送のために 割り当てられたアドレスとTEIDのリストが 含まれる。 ・解放するベアラーには解放されるベアラー のリストが含まれている。 Bearers subject to forwarding, Beare rs to Release, Transpa rent container = Handover Command ダウンリンクデータの バッファリング
  11. 11. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 11 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW Handover 実行 IMSI, target eNodeB addresses, Beare r Context {EPS Bearer Id, Target eNodeB F-TEID } 間接トンネルを割り当てる ソースeNodeBからターゲットeNodeBへのダウンリンクデータを 転送する間接トンネルを作成する GTP Create Indirect Data Forward Tunnel Request GTP GTP ・ソースeNodeBとターゲットeNodeBとの 間にX2パスは存在しないので、SGWを介 してソースeNodeBとターゲットeNodeBと の間にトンネルを確立する必要がある。 GTP Create Indirect Data Forward Tunnel Response GTP GTP ・SGWはMMEに返答する。 Cause = Request Accepted
  12. 12. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 12 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 ソースeNodeBからターゲットeNodeBへのデータのコピー Downlink Data Downlink Data GTP GTP GTP GTP ・ダウンリンクデータは、単に確立された間接トンネルを 介してSource eNodeBからTarget eNodeBに 転送される。 ソースeNodeBから 受信したバッファデータ
  13. 13. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 13 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 RRC再構成 RRC RRC RRC Connection Reconfiguration Request ・Source eNodeBは、ハンドオーバーコマンドをUEに送信。 ・このメッセージには、新しいC-RNTIと新しいDRB IDが 含まれている。 ・競合のないRACHアクセスのために、RACHプリアンブルも 含まれる。 ・このメッセージを受信すると、UEは、ターゲットセル内の対応 するEPS無線ベアラを受信しなかったEPSベアラを除去する。 S1AP S1AP eNB Status Transfer ・ソースeNodeBは、PDCP状態保存が 適用されるE-RABのPDCPおよびHFNの 状態を伝達するために、eNodeB状態 転送メッセージをMMEを介してターゲット eNodeBに送信する。 RACH Preamble Assignment, Target C-RNTI, Target DRB ID (UL/DL), Target eNB AS Security Algorithm ソースeNodeBから切り離す ターゲットeNodeBに 切り替える ・UEはハンドオーバコマンドを受信し、 新しいターゲットセルに切り替える。 Generates KeNB (KeNB = KeNB*) and AS keys
  14. 14. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 14 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 RRC再構成 RRC-Idle ・この時点で、UEはソースeNodeBから切り離され ているが、依然としてターゲットeNodeBと通信 していない。 ・UEは、RRCアイドル状態にある。 ターゲットセルとの同期 RRC RRC RACH Preamble ・UEは、ハンドオーバコマンドで割り当てられたプリアンブルを 使用して、RACHをターゲットeNodeBに送信する。 RRC RRC Random Access Response Timing Advance, Target C-RNTI, Uplink grant ・ターゲットeNodeBは、要求を受け入れ、タイミング調整 およびアップリンクリソース許可で応答する。 S1AP S1AP S1AP MME Status Transfe ・ターゲットMMEは、ステータス転送 メッセージをターゲットeNodeBに渡す。
  15. 15. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 15 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 RRC再構成 RRC RRC RRC Connection Reconfiguration Complete ・UEは、割り当てられたリソースを使用してハンドオーバー確認 メッセージを送信する。 (RRC接続再構成完了) Target C-RNTI ターゲットeNodeBへの 切り替え完了 ASレイヤのセキュリティ手順 RRC-Connected ・UEは、ターゲットeNodeBに接続されていない。 ・したがって、RRC接続状態に移行する。 RRC RRC RRC Handover Confirm ・UEは、ターゲットセルに同期した後、ハンドオーバ確認メッセージをターゲット eNodeBに送信する。 ・ソースeNodeBから転送されたダウンリンクパケットは、UEに送信することができる。 ・また、UEからアップリンクパケットを送信することができ、これは、ターゲットサービング GWに転送され、PDN GWに転送される。
  16. 16. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 16 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 Target eNodeBバッファリングされたダウンリンクデータをUEに転送する RLC RLC Downlink Data ・バッファリングされたダウンリンクデータは、端末に送信される。 Target eNodeBバッファリングされたアップリンクデータをUEに転送する Uplink Data GTP GTP RLC RLC Uplink Data ・UEからアップリンクデータを受信。 ・アップリンクデータは、ターゲットeNodeBからSGWへ直接的に流れる。
  17. 17. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 17 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 ソースeNodeBからターゲットeNodeBへのデータのコピー S1AP S1AP S1AP Handover Notify ・ターゲットeNodeBは、ハンドオーバ 通知メッセージをターゲットMMEに 送信する。 TAI+ECGI, Local Home Network ID Handover Release Timer SGWはダウンリンクデータをターゲットeNodeBに直接転送し始める GTP Modify Bearer Request GTP GTP GTP Modify Bearer Response GTP GTP ・ダウンリンクパスは、ソースeNodeB からターゲットeNodeBに切り替える ことができる。
  18. 18. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 18 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 ダウンリンクデータは直接ターゲットeノードBに流れる Handover Release Timer(前スライドより) ソースeNodeBのリソースを解放する ・リソース解放タイマーが期限切れ。 Downlink Data GTP GTP Downlink Data RLC RLC SGWは、ターゲットeNodeBへの 経路を切り替えたので、ダウンリンク データはターゲットeNodeBに直接 配信される。 Tracking Area Update Handover Release Timer S1AP S1AP S1AP UE Context Release Command ・UEは、セル変更のためにトラッキング エリア更新を行うことができる。 ハンドオーバが成功したUEの コンテキストを解放する ・Source eNodeBでリソースの解放 を開始する。 S1AP S1AP ・Source eNodeBでリソースの解放 を開始する。
  19. 19. S1 Handoverコールフロー 2022/11/16 19 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED UE ターゲット eNodeB ソース eNodeB MME S-GW PDN GW ハンドオーバー実行 ソースeNodeBのリソースを解放する S1AP S1AP S1AP UE Context Release Ack ・Source eNodeBでリソースの解放 を開始する。 ソースeNodeBからターゲットeNodeBへのダウンリンクデータを 転送する転送用トンネルを削除する。 GTP Delete Indirect Data Forward Tunnel Request GTP GTP IMSI, target eNodeB addresses, Beare r Context {EPS Bearer Id, Target eNodeB F-TEID } 間接トンネル解放完了 GTP Delete Indirect Data Forward Tunnel Response GTP GTP Cause = Request Accepted ・MMEは、ソースeNodeBとターゲット eNodeBとの間の転送用トンネルの 除去を要求する。
  20. 20. 3.S1 HANDOVERメッセージ
  21. 21. S1AP Handover Required 2022/11/16 21 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Source eNodeB ⇒ MME S1AP Handover Required MME-UE-S1AP-ID ENB-UE-S1AP-ID PDCP parameters PHY Parameters Handover Type Cause RRC Container UE Category Source To Target Transparent Container RAB Information List Supported Bands Element 0: RAB Id DL Forwarding flag 1 2
  22. 22. S1AP Handover Required 2022/11/16 22 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Source eNodeB ⇒ MME Cell Size Time Stayed in Cell Target Cell Id UE History Information (PLMN, MCC, MNC, Cell Id) Last Visited Cell Global Cell Id Source To Target Transparent Container 1 2
  23. 23. S1AP Handover Required 2022/11/16 23 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S1AP Handover Required Source eNodeB ⇒ MME ☑ ソースeNodeBはMMEに「Handover Required」メッセージを送信する。 ☑ ソースeNodeBは、どのベアラがデータ転送の対象であるかを示す。 ☑ SGWを介してデータをトンネリングする必要がある。 ☑ 適切なターゲットMMEの選択を容易にするために、ターゲットTAIがMMEに送信される。
  24. 24. S1AP Handover Request 2022/11/16 24 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Target eNodeB S1AP Handover Request Handover Type Cause RAB Id Transport Layer Address UE Aggregate Maximum Bitrate Source To Target Transparent Container ERAB To Be Setup List Handover Request RAB Level QoS Parameters GTP TEID DL (Downlink aggregate rate) UL (Uplink aggregate rate) Element 0 Allocation Retention Priority QCI RRC Container RAB Information List UE History Information Target Cell Id (PLMN, MCC, MNC, Cell Id) Handover Preparation message UE Category PDCP parameters Supported Bands PHY Parameters Element 0 Supported Bands PHY Parameters Last Visited Cell Global Cell Id Cell Size Time Stayed in Cell UE Security Capabilities Security Context Integrity Protection Algorithms Encryption Algorithms Next Hop Parameter Next Hop Chaining Count MME-UE-S1AP-ID
  25. 25. S1AP Handover Request 2022/11/16 25 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S1AP Handover Request MME ⇒ Target eNodeB ☑ MMEは、ハンドオーバ要求メッセージをターゲットeNodeBに送信する。 ☑ このメッセージは、ベアラに関する情報およびセキュリティコンテキストを含むターゲットeNodeB にUEコンテキストを生成する。 ☑ 各EPSベアラについて、「Bearerrs to Setup」は、ユーザプレーンのサービングGWアドレス およびアップリンクTEID、およびEPSベアラQoSを含む。 ☑ ダイレクトフォワーディングフラグがダイレクトフォワーディングを利用できないことを示し、MMEが ソースとターゲットの間に間接的なデータ転送接続がないことを知っている場合、セットアップの ベアラーは各EPSベアラに対して「データ転送不可能」を表示する。
  26. 26. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 26 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) E-RAB Admitted List Element 0 GTP-TEID eRAB Id Transport Layer Address RRC Connection Identifier 1 Target to Source Transparent Container RRC Container Handover Command RRC Connection Reconfiguration RRC Mobility Control Info Target Phys Cell Id T304 New UE Identity RRC Config Common RRC Config Dedicated 2 ENB-UE-S1AP-ID MME-UE-S1AP-ID
  27. 27. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 27 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME Preamble Info (number of RA preambles) RA Response window size RRC Config Common 1 RRC Power Ramping Parameters RRC Supervision Info MAC contention resolution timer MAX HARQ Msg3 TX RRC PRACH Configuration Root Sequence Index PRACH Config Index High Speed Flag Zero Correlation Zone Config PRACH Frequency Offset RRC PUSCH Config N_SB Hopping Model Enable 64 QAM
  28. 28. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 28 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME RRC UL Reference Signals PUSCH RRC Config Common 1 Group Hopping Parameters Group Sequence Hopping Parameters Cyclic Shift P_MAX UL Cyclic Prefix Length RACH Config Dedicated RA Preamble Index RA PRACH Mask Index
  29. 29. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 29 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME RRC Physical Config Dedicated RRC Config Dedicated 2 RRC PUCCH Config Dedicated Ack Nack Repetition RRC CQI Report Config CQI Report Mode Aperiodic Nominal PDSCH RS EPRE Offset CQI Report Periodic CQI PUCCH Resource Index CQI PMI Config Index Format Indicator Periodic Wideband CQI Element RI Config Index Simultaneous Ack Nack and CQI Flag RRC SRS UL Config Dedicated RRC Scheduling Request Config SR Config Index DSR Trans Max
  30. 30. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 30 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME RRC Security Config HO RRC Config Dedicated 2 RRC Security Algorithm Config RRC Ciphering Algorithm Key Change Indicator RRC Integrity Protection Algorithm Next Hop Chaining Count
  31. 31. S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) 2022/11/16 31 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED S1AP Handover Resource Allocation (Handover Request Acknowledge) ☑ ターゲットeNodeBは、ハンドオーバ要求確認メッセージでMMEに応答。 ☑ このメッセージは、 transparent container内にハンドオーバコマンドメッセージ (RRC Connection Reconfiguration Request)を運ぶ。 ☑ 「EPS Bearer Setupリスト」は、S1 U参照ポイント(ベアラ当たり1つのTEID)上の ダウンリンクトラフィックのためにターゲットeNodeBに割り当てられたアドレスおよびTEIDの リストと、必要に応じて転送されたデータを受信するためのアドレスおよびTEIDとを含む。 Target eNodeB ⇒ MME
  32. 32. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 32 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB S1AP Handover Command (RRC Connection Reconfiguration) Handover Type (Intra LTE) Element 0 DL GTP-TEID eRAB Id DL Transport Layer Address 1 E-RAB Subject to Data Forwarding List Target to Source Transparent Container RRC Container Handover Command ENB-UE-S1AP-ID MME-UE-S1AP-ID
  33. 33. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 33 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB RRC Connection Identifier 1 Handover Command RRC Connection Reconfiguration RRC Mobility Control Info Target Phys Cell Id T304 New UE Identity RRC Config Common RRC Config Dedicated 2 RRC Message 3
  34. 34. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 34 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB RA Response window size MAC contention resolution timer MAX HARQ Msg3 TX RRC Config Common 2 Preamble Info (number of RA preambles) RRC Power Ramping Parameters RRC Supervision Info Root Sequence Index PRACH Config Index High Speed Flag RRC PRACH Configuration Zero Correlation Zone Config PRACH Frequency Offset N_SB Hopping Model Enable 64 QAM RRC PUSCH Config
  35. 35. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 35 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB RA Preamble Index RA PRACH Mask Index RRC Config Common 2 RRC UL Reference Signals PUSCH P_MAX RACH Config Dedicated Group Hopping Parameters Group Sequence Hopping Parameters Cyclic Shift UL Cyclic Prefix Length
  36. 36. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 36 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB RRC Config Dedicated 3 RRC Physical Config Dedicated RRC PUCCH Config Dedicated Ack Nack Repetition RRC CQI Report Config CQI Report Mode Aperiodic Nominal PDSCH RS EPRE Offset CQI Report Periodic CQI PUCCH Resource Index CQI PMI Config Index Format Indicator Periodic Wideband CQI Element RI Config Index Simultaneous Ack Nack and CQI Flag RRC SRS UL Config Dedicated RRC Scheduling Request Config SR Config Index DSR Trans Max
  37. 37. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 37 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB RRC Config Dedicated 3 RRC Security Config HO RRC Security Algorithm Config RRC Ciphering Algorithm Key Change Indicator RRC Integrity Protection Algorithm Next Hop Chaining Count
  38. 38. S1AP Handover Command(RRC Connection Reconfiguration) 2022/11/16 38 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB S1AP Handover Command (RRC Connection Reconfiguration) ☑ ソースMMEは、ハンドオーバ コマンドメッセージをソースeNodeBに送信する。 ☑ 転送対象のベアラには、転送のために割り当てられたアドレスとTEIDのリストが含まれる。 ☑ 解放するベアラーには解放されるベアラーのリストが含まれている。
  39. 39. S1 eNB Status Transfer 2022/11/16 39 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Source eNodeB ⇒ MME S1 eNB Status Transfer DL Count Value eNB Status Transfer Container eRAB Id UL Count Value Bearers Subject to Status Transfer List Element 0: Bearers Subject to Status Transfer Item DL Count Value UL Count Value DL Count Value UL Count Value S1 eNB Status Transfer ☑ ソースeNodeBは、PDCP状態保存 が適用されるE-RABのPDCPおよび HFNの状態を伝達するために、 eNodeB状態転送メッセージをMME を介してターゲットeNodeBに送信する。
  40. 40. S1 eNB Status Transfer 2022/11/16 40 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target MME ⇒ Target eNodeB S1AP MME Status Transfer DL Count Value eNB Status Transfer Container eRAB Id UL Count Value Bearers Subject to Status Transfer List Element 0: Bearers Subject to Status Transfer Item HFN PDCP SN HFN PDCP SN S1AP MME Status Transfer ☑ターゲットMMEは、ステータス転送 メッセージをターゲットeNodeBに 渡す。
  41. 41. S1AP Handover Notify(Notification) 2022/11/16 41 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Target eNodeB ⇒ MME S1AP Handover Notify (Notification) DL Count Value eNB Status Transfer Container eRAB Id UL Count Value Bearers Subject to Status Transfer List Element 0: Bearers Subject to Status Transfer Item HFN PDCP SN HFN PDCP SN S1AP Handover Notify (Notification) ☑ ターゲットeNodeBは、 ハンドオーバ通知 メッセージをターゲット MMEに送信する。
  42. 42. S1AP UE Context Release Command 2022/11/16 42 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED MME ⇒ Source eNodeB S1AP UE Context Release Command UE-S1AP Ids ENB-UE-S1AP-ID MME-UE-S1AP-ID Cause Radio Network (Successful Handover) S1AP UE Context Release Command ☑ Source eNodeBでリソースの解放を開始する。
  43. 43. S1AP UE Context Release Complete 2022/11/16 43 COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED Source eNodeB ⇒ MME S1AP UE Context Release Complete ENB-UE-S1AP-ID MME-UE-S1AP-ID S1AP UE Context Release Complete ☑ ソースeNodeBはコンテキストを解放し、返信する。
  44. 44. COPYRIGHT © 2022 Centimani CO. CONFIDENTIAL. ALL RIGHTS RESERVED 2022/11/16 44 3GPP標準化技術仕様に関する知識は、 翻訳し、読むだけでは なかなか理解が進まないものです。 理解するには、実際のコールフローシナリオに基づき 実際の通信ログとの整合性確認等は欠かせませんが、 その様な資料は広く共有されていないのが現状です。 本資料は、弊社内で3GPP技術仕様の 理解・知識向上を図るため作成したものです。 コンテンツは可能な限り、ベンダー / キャリア依存などを 除外して作成しておりますが、一部標準化や実用化が 進んだシステムと整合性が担保できていない記述を 含んでいる場合があります。 本資料は、ロイヤリティフリーです。閲覧される皆さんの 知識定着と仕事の生産性の向上の一助としてご活用ください。 THANK YOU FOR VIEWS ryuichi@centimani.biz

×