Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

資本主義と金融

2017年5月9日(火)に東京大学にて行われる「近未来金融システム創造プログラム」の第二回講義のスライド資料になります。
http://www.carf.e.u-tokyo.ac.jp/research/finat_ws/finat-workshop.html

  • Soyez le premier à commenter

資本主義と金融

  1. 1. 資本主義と金融 近未来金融システム創造プログラム 安田洋祐 大阪大学 大学院経済学研究科 准教授 Eメール: yasuda@econ.osaka-u.ac.jp ウェブ: https://sites.google.com/site/yosukeyasuda/jp 2017年5月 1
  2. 2. 本日の報告の流れ 1. テキスト紹介 2. お金や利子はなぜ嫌われるのか? – 情報の非対称性 3. なぜお金が“価値”を持つのか? – ゲーム理論 4. 市場は格差を拡大するのか? ← 別スライド参照 – マッチング理論 5. 民意の集計はなぜ難しいのか? ← 時間があれば 2017年5月 2近未来金融システム創造プログラム
  3. 3. 必読図書 • “単なるファイナンスのテクニカルな説明 に留まらず、それを超えた、ファイナンス の基礎にある人間や資本主義社会に関 する本質的な理解を深めるための哲学 的思索のための本”(ⅱページ)。 • 第1章「教科書的理解」 – 財務諸表 – 資金調達 – 企業価値 • 第2章「10大概念」 – おカネ – 利子 – 市場 • 第3章「新しい資本主義」 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 3 コーポレート・ファイナンス 講義と関連する項目(必読!) (cf.アセット・プライシング)
  4. 4. 推薦図書 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 4
  5. 5. お金や利子はなぜ嫌われるのか? 情報の非対称性 2017年5月 5近未来金融システム創造プログラム
  6. 6. テキストからの引用 • 「人生の悲劇は2つしかない。1つは、金のない悲劇 。もう1つは、金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲 劇を生む」 – NHKドラマ『ハゲタカ』 • 「友情によるお金の貸し借りが、貨幣という石の女に 子供を産ませるなどということはあってはならない」 – ウィリアム・シェークスピア『ヴェニスの商人』 • 「高利貸しを行う者は地獄に落ちる。高利貸しと関 わらなかった者は貧困に陥る」 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 6
  7. 7. お金の積極的な意味 • 「貨幣の存在は、人間に経済の実体的構造から超 越する『自由』を与えることによって、その交換活動 の範囲を大きく拡大することになった」 – 岩井克人『経済学の宇宙』 • 「お金を使うときは、人間は身分を超えて平等になる 。これが民主主義です」 – 経済活動の選択肢の拡大 – 資本主義の原動力(←お金への無限の欲望) – 慣習や差別への対抗 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 7
  8. 8. 新美南吉 童話『手袋を買いに』 • 手袋のお使いのため、母狐は子狐の片手を 人間の手に変え、町に送り出す。 – 狐だとバレると手袋が買えない!(差別) • 子狐は店で間違って狐の手で白銅貨を差し 出すが、店の主人は手袋を売ってくれる。 • なぜ? 主人が親切だった?? – お金がホンモノだった!→ 貨幣の下の平等 – 市場の匿名性が鍵? • 完全競争市場 vs. マッチング市場 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 8
  9. 9. お金がもたらす人間疎外 • 賃金によって労働はモノと同一化され、労働が有す る支払い不能な尊厳を、価値のうちに覆い隠してし まい、人間の労働とサービスは、モノと同じように商 業的価値をもとものとみなされてしまう。 • 人間はその能力を貨幣によって評価され、経済的シ ステムへと統合され、経済的発展のさまざまな段階 において値段をつけられる存在になってしまう。 – エマニュエル・レヴィナス『貨幣の哲学』 • 「悪魔のひき臼」(カール・ポラニー『大転換』) 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 9
  10. 10. 10 理想的な「完全競争市場」 • 個人の最適化行動に 基づく需給分析が柱 – 効用最大化 → 需要 – 利潤最大化 → 供給 • バッテンで決まる価格 – 資本市場 → 利子 – 労働市場 → 賃金  分析に潜む仮定は? 2017年5月 「情報の非対称性」が存在すると… 近未来金融システム創造プログラム
  11. 11. お金はなぜ“価値”を持つのか? ゲーム理論 2017年5月 11近未来金融システム創造プログラム
  12. 12. キーワード • 貨幣商品説 vs. 貨幣法制説 – 自己循環論法(岩井克人『貨幣論』) • 欲求の二重の一致 – サーチ理論、ゲーム理論(清滝=ライト論文) • 未来からの贈り物 – 世代重複モデル • 世界の終わりが予想されると? – バックワードインダクション – 繰り返しゲーム理論:有限回 vs. 無限回 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 12 Kiyotaki, Nobuhiro, and Randall Wright. "On Money as a Medium of Exchange." Journal of Political Economy 97, 1989.
  13. 13. 物々交換 vs. 貨幣経済 • K種類の財 – 各人はどれか一つを受け取る → K通り – 別の特定の財と交換したい → K-1通り • 物々交換 – K (K-1) 回 • 貨幣経済 – K+K = 2K 回 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 13 K > 3 で、物々交換が 貨幣経済を上回る(平 均的な)取引回数に!
  14. 14. 世代重複モデル 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 14 Champ, Freeman and Haslag “Modeling Monetary Economies” Figure 1.1 より抜粋
  15. 15. 物々交換の罠 • 第1世代 – 1期の財の代わりに2期の財が欲しい • 第2世代 – 2期の財の代わりに3期の財が欲しい • 第t世代 – t期の財の代わりにt+1期の財が欲しい • ×欲求の二重の一致 → 取引不能! 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 15
  16. 16. 世界の終わりでお金は紙くずに? 2017年5月 16 もしも世界がT期後に終わるとすると… 1. T期 → 次の期が無いので誰もお金を受け取らない 2. T-1期 → お金を受け取っても来期は絶対使えない – 実質的に今期が最終期 → 誰もお金を受け取らない 3. T-2期 → お金を受け取っても将来に使うことは無理 – やはり誰もお金を受け取ろうとしない – 以下、1期にさかのぼるまでこの議論は続く… 4. 世界の終わりが分かった瞬間に紙幣は紙くずに!? 近未来金融システム創造プログラム
  17. 17. バックワードインダクションの罠 2017年5月 17 • Tはどんなに大きい数でも構わない – いつかこの世界(人類の歴史)は終わる → Tは有限 – 疑問) だとすると、今すぐお金が使えなくなるのでは? • 「有限の長さでゲームが終わる」のと「T期でゲームが終わる ことが確実に分かっている」のは全く異なる状況 – ゲームを後ろから解くためには、プレーヤーたちがいつゲームが終わ るのかをお互いに正確に知っている必要がある – 知らない場合には、常に将来の可能性を考慮するはず! • 例) 今期裏切ったら、将来お仕置きされるかもしれない… • (可能性として)「無限に続くゲーム」と見る方が適切! 近未来金融システム創造プログラム
  18. 18. 将来の価値を「割り引く」 2017年5月 18 • 無限に続くゲームでは、将来の利得を「割り引く」 – 来期の利得は、今期と比べて小さく(δ倍で)評価される • この(1より小さい)δを「割引因子」(discount factor)と呼ぶ – 割引因子が大きい = 将来を重視(忍耐強い) – 割引因子が小さい = 現在を重視(刹那的?) • さまざまな理由によって将来は割り引かれる – 利子の存在: 金銭リターンは利回りで調整して評価する – 主観的割引: 今すぐもらえる利得を将来の利得より重視する – ゲーム終了リスク: ゲームが終わる危険性を考慮する 近未来金融システム創造プログラム
  19. 19. 市場は格差を拡大するのか? マッチング理論 別スライド(リンク)参照 2017年5月 19近未来金融システム創造プログラム
  20. 20. 投票問題を考えよう 民意の集計はなぜ難しいのか? (以下のネタ本は慶應大学の坂井教 授による『多数決を疑う』。名著です!) 2017年5月 20近未来金融システム創造プログラム
  21. 21. 投票のパラドックス - 意見の“集約”はすごく難しい • 有権者の好みから多数決で社会全体の好みを求めると… – XとYを比べると → Xの勝ち(2対1) – YとZを比べると → Yの勝ち(2対1) – ZとXを比べると → Zの勝ち(2対1) • 社会全体で首尾一貫した好みが求まらない 2017年5月 21 有権者1 有権者2 有権者3 1位 X Y Z 2位 Y Z X 3位 Z X Y 近未来金融システム創造プログラム
  22. 22. 多数決を疑う - 「ペア敗者」を選ぶ危険性 • 単純多数決で1位を選ぶと「A」に – AとBを比べると → Bの勝ち(8対13) – AとCを比べると → Cの勝ち(8対13) – BとCによる票の割れがなければAは勝てなかった… • ペアごとの多数決で最も弱い者を選んでしまう 2017年5月 22 4人 4人 7人 6人 1位 A A B C 2位 B C C B 3位 C B A A 近未来金融システム創造プログラム
  23. 23. ボルダルール - 票の割れに強い仕組み • 1位に3点、2位に2点、3位に1点で合計点を計算 – Aの得点 → 37点(3×8+1×13) – Bの得点 → 45点(3×7+2×10+1×4) – Cの得点 → 44点(3×6+2×11+1×4) • 「ペア敗者」ではないBが選ばれる! 2017年5月 23 4人 4人 7人 6人 1位 A A B C 2位 B C C B 3位 C B A A 近未来金融システム創造プログラム
  24. 24. ボルダルールの落とし穴 - 「ペア勝者」が負ける危険性 • 1位に3点、2位に2点、3位に1点で合計点を計算 – Aの得点 → 19点(3×3+2×4+1×2) – Bの得点 → 20点(3×4+2×3+1×2) – Cの得点 → 15点(3×2+2×2+1×5) • 「ペア勝者」のAが選ばれない! 2017年5月 24 3人 2人 2人 2人 1位 A C B B 2位 B A A C 3位 C B C A 近未来金融システム創造プログラム
  25. 25. オストロゴルスキーのパラドックス - 代表(間接)民主制の限界 有権者 財政 外交 環境 支持政党 1 X X Y X 2 X Y X X 3 Y X X X 4 Y Y Y Y 5 Y Y Y Y 多数決 Y Y Y X 2017年5月 25近未来金融システム創造プログラム
  26. 26. 参考文献 (1) - ファイナンスの代表的テキスト 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 26
  27. 27. 参考文献 (2) - 情報の経済学の代表的テキスト 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 27
  28. 28. 参考文献 (3) - ゲーム理論の代表的テキスト 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 28
  29. 29. 参考文献 (4) - マッチング理論の代表的テキスト 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 29
  30. 30. 参考文献 (5) - 社会選択理論の代表的テキスト 2017年5月 近未来金融システム創造プログラム 30

    Soyez le premier à commenter

    Identifiez-vous pour voir les commentaires

  • ShuheiWatanabe

    May. 8, 2017
  • chanchoi3

    May. 9, 2017
  • KentaKobayashi2

    May. 9, 2017
  • masashi23

    May. 9, 2017
  • TakahiroIto4

    Jul. 6, 2017
  • ssuserd3be85

    Nov. 24, 2018

2017年5月9日(火)に東京大学にて行われる「近未来金融システム創造プログラム」の第二回講義のスライド資料になります。 http://www.carf.e.u-tokyo.ac.jp/research/finat_ws/finat-workshop.html

Vues

Nombre de vues

2 873

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

4

Actions

Téléchargements

28

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

6

×