Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

NiagaraでサクッとMorphEffectを作ろう

19 903 vues

Publié le

第8回UE4勉強会 in 大阪にて登壇した際に使用したスライドになります。

イベントページ:https://ue4study-osaka.connpass.com/event/98825/
Twitter : @YuyaShiotani

Publié dans : Ingénierie
  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

NiagaraでサクッとMorphEffectを作ろう

  1. 1. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagara でサクッと Morph Effectを作ろう! Yuya Shiotani
  2. 2. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 自己紹介 京都のUnrealer 塩谷祐也 学生企画マン Houdiniはじめました。 蜘蛛男ゲーやりたい
  3. 3. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagaraで作りました
  4. 4. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのTutorialも作りました
  5. 5. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani https://youtu.be/Ad6ABt_Vd5Y
  6. 6. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 諸注意 以下のモノに関しては、触れません。 • Niagara Dynamic Input Script • Niagara Parameter Collection/Instance • Sequencer上での扱い • Sprite Renderer以外のRenderer 一切触れません
  7. 7. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 諸注意 • Unreal Engine 4.20を使用して、作成しています。 • Niagaraはアーリーアクセスです! 今後の実装方法とは異なる可能性があります。 • 間違った表現などは、何卒...!!!(こっそり教えてほしいな・・・)
  8. 8. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立
  9. 9. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  10. 10. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  11. 11. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagaraって? 4.20よりアーリーアクセスとなった 次世代のVFXツールセット
  12. 12. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 詳しくはこちら 待望のUE4新機能ナイアガラでプログラマブルVFX - Epic Games Japan - GTMF 2018 TOKYO • https://youtu.be/KcV-hj42Ppw • https://www.slideshare.net/EpicGamesJapan/ue4-vfx/EpicGamesJapan/ue4-vfx 公式ドキュメント(英語) • https://docs.unrealengine.com/en-us/Engine/Niagara/HowTo 公式のLivestream(英語) • https://youtu.be/s7QpAkzx5eM
  13. 13. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagaraって? ぶっちゃけると 新しいエフェクトツール
  14. 14. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今回のお題
  15. 15. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani さて これ知ってますか?
  16. 16. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani カッコ良すぎ!!! 惚れた!!!! 再現したい!
  17. 17. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今回のお題 Static Mesh で Morph Effectを作ろう!
  18. 18. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagaraの有効化 Edit > Plugins > VFXより、有効化できます。 ココ
  19. 19. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  20. 20. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて
  21. 21. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて 今回は、以下の3つを使用します。 System Emitter Module
  22. 22. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 各々の特徴
  23. 23. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて System • Emitterを複数扱える • Set Niagara Variableで値を受けれる • LevelやBP, Sequencer上で扱える • 一応、ノードベース. . . • Emitterにできることはだいたいできる などなど
  24. 24. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて • 単一のEmitterのみ扱える • 複数のModuleを扱える • 一応、ノードベース. . . Emitter
  25. 25. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて • 基本的に処理はココで書く • 複数のEmitterで使い回せる • ノードベース Module
  26. 26. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて 以下は構成の一例
  27. 27. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani System Emitter Emitter Module Module Module
  28. 28. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ちなみにCascadeで例えると
  29. 29. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani System Emitter Module Niagara Cascade
  30. 30. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NiagaraのAssetsについて わからなかった時は、以下のブログを御覧ください! カニパンチさんのブログ • http://crabpunch.hatenablog.com/entry/2018/07/22/095242
  31. 31. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 説明終わり!!
  32. 32. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 実際にMorph Effectを作成する
  33. 33. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  34. 34. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagara Emitterを作成する
  35. 35. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterを作成 Niagara Emitterを作成 名前は”NE_Morph”
  36. 36. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 開くとこんな感じ
  37. 37. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 画面構成について
  38. 38. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani
  39. 39. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Timeline Preview Parameters EmitterのModuleに関する箇所 ParticleのModuleに関する箇所 Rendererに関する箇所
  40. 40. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterの編集へ 戻ります
  41. 41. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 編集していきます
  42. 42. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 以下の様な構成にします。Before 使いません 使いません 使いません 使いません
  43. 43. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 以下の様な構成にします。After
  44. 44. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Set Variables内の削除はココ ① ②
  45. 45. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitter Updateを編集 Emitter Life Cycle内の Next Loop Durationを”10.0”に
  46. 46. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Next Loop Durationとは Emitterの持つTimelineの長さです。
  47. 47. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitter Updateを編集 Emitter Updateに Spawn Burst Instantaneousを追加
  48. 48. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Particle Spawnを編集 すると こういったModuleが追加されます
  49. 49. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Particle Spawnを編集 Spawn Countの値を100000に
  50. 50. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Spawn Burst Instantaneousに関して
  51. 51. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Spawn Burst Instantaneousに関して Spawn Burst Instantaneousとは いつからいくつParticleをSpawnさせるのか 定義するModule Spawn Rateと違い、指定時間で全て出る。
  52. 52. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Spawn Burst Instantaneousに関して Spawn Count:いくつParticleをSpawnさせるのか Spawn Time:いつからParticleをSpawnさせるのか
  53. 53. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Spawn Burst Instantaneousに関して Spawn TimeはTimelineでも操作可能 1.95 1.95
  54. 54. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterの編集に 戻ります
  55. 55. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Particle Spawnを編集 Particles.LifeTimeを”10”に
  56. 56. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani または
  57. 57. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Particle Spawnを編集 先程のNext Loop Durationを変数としてSet
  58. 58. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterの編集一旦終了
  59. 59. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  60. 60. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagara Module Scriptを作成 Niagara Module Scriptを 2つ作成。名前は ”NM_Morph_PS” ”NM_Morph_PU”
  61. 61. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 開くとこんな感じ
  62. 62. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani すでに何かある
  63. 63. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 基本的な構文だと思ってください。 :BPで言うEvent Begin Play :変数MapをGet :変数MapをSet :Moduleの外へ
  64. 64. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 一例:Particleの位置を加算によって操作 ①:MapGetで使用したい変数を用意 ①
  65. 65. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 一例:Particleの位置を加算によって操作 ②:用意した変数を処理 ②
  66. 66. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 一例:Particleの位置を加算によって操作 ③:処理データをMapSetで指定変数に保存 ③
  67. 67. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 説明終わり!
  68. 68. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PSを編集! したいが…
  69. 69. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 不要なエラーなどを 回避するために
  70. 70. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Bitmaskを使用しよう
  71. 71. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内の Details > Scriptへ
  72. 72. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ココ
  73. 73. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Scriptに関して Moduleそのものについて 設定する箇所
  74. 74. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module Usage Bitmaskに関して 今回は Module Usage Bitmask に注目
  75. 75. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module Usage Bitmaskに関して Moduleの種類を定義できる 一例: Particleと付くものにチェック ▼ ParticleのModuleとしてのみ 使用できる制限をかけれる
  76. 76. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module Usage Bitmaskに関して NM_Morph_PS NM_Morph_PU
  77. 77. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module Usage Bitmaskに関して MapSetにも影響 Particlesにチェック 全てにチェック
  78. 78. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Bitmaskを設定して 不要なバグは回避しよう!
  79. 79. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今度こそ NM_Morph_PSを編集
  80. 80. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 +ボタンから Module以下の Static Meshを選択 名前は”Module.StartMesh”
  81. 81. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 同じ要領で上記を追加してください 型 名前 StaticMesh Module.EndMesh
  82. 82. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterに関して
  83. 83. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterに関して Niagaraの各Parameterの管理は Namespaceが採用されています。 そのためか、画像の どのStatic Meshを選択しても “Module.名前”とさえ入力しておけば ModuleのStatic Meshとして扱えます。 型としては どれも同じ
  84. 84. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Moduleの編集に 戻ります
  85. 85. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成
  86. 86. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成 Module.StartMeshからピンを伸ばし “Get Tri Position”を追加
  87. 87. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成 先と同じ要領でSMStartからピンを伸ばし “Random Tri Coord”を追加し、 先のNodeのCoordピンとつなげる
  88. 88. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成 Module.EndMeshピンも同じ様にNodeを用意します
  89. 89. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Nodeに関して
  90. 90. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ごめんなさい 次のスライドは憶測を含みます
  91. 91. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 各Nodeに関して ここのスライドは憶測を含みます Static Meshの指定された 重心座標のPositionを取得 Static Meshの持つ三角形の 重心座標をランダムに取得
  92. 92. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PSの編集に 戻ります
  93. 93. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapSetにピンをつなげる MapSetに上記を追加 型 名前 Vector Particles.StartPos Vector Particles.EndPos
  94. 94. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapSetにピンをつなげる あとは、先のPositionピンから、対応したピンに 接続すればok
  95. 95. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理説明
  96. 96. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PSは終了! 次はNM_Morph_PUを作成!
  97. 97. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 まずは、MapGetで上記を追加 型 名前 Vector Particles.StartPos Vector Particles.EndPos
  98. 98. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 続けて上記を追加してください 型 名前 Curve For Floats Module.MorphController Float Particles.NormalizedAge
  99. 99. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成 Lerpを追加して ピンをつなげます
  100. 100. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理を作成 Sample Curveを追加して ピンをつなげます
  101. 101. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Nodeに関して
  102. 102. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Nodeに関して Curveの値からX値時点の Curveの値を取得する 今回は、 Particleの正規化した再生時間を保持している NormalizedAgeをXとして使用ました。
  103. 103. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PUの編集へ 戻ります
  104. 104. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapSetにピンをつなげる MapSetに上記を追加し、ピンをつなげて終了! 型 名前 Vector Particles.Position
  105. 105. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 処理説明
  106. 106. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PUも終了! 再びEmitterへ
  107. 107. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani EmitterにModuleを追加 Emitter内のParticle Spawnに NM_Morph_PSを追加
  108. 108. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani EmitterにModuleを追加
  109. 109. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 各Default Meshに Sampleしたい MeshをSetして使用します 使いません 使いません
  110. 110. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 今回はEngine Content内の この2つを使用します
  111. 111. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 両方のMeshをSetするとこうなります
  112. 112. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PSへの操作は終了 ただ・・・
  113. 113. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MeshをSetした際に CPU access errorが出る事があります Fix Nowを押すだけで大丈夫です。
  114. 114. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani なぜ”CPU access error”が出るのか?
  115. 115. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani なぜCPU access errorが出るのか? Static Mesh Editor内の Allow CPUAccessが FalseだとErrorが発生します
  116. 116. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani つづけて Module内のMeshに関して
  117. 117. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内のMeshに関して
  118. 118. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内のMeshに関して Default Mesh: SampleしたいMeshをセットする箇所
  119. 119. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内のMeshに関して Source: Level上でSampleしたいMeshを選択して使用 Default Meshよりも優先され SampleしているMeshのTransformも参照する
  120. 120. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内のMeshに関して Section Filter: 複数Materialで構成されるMeshから 指定スロットのMaterialが 適用されている部分だけをサンプルする
  121. 121. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内のMeshに関して • Filterなし • Slot:0,1 • Slot:0のみ • Slot:1のみ
  122. 122. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 使用するMeshに関する 注意!!
  123. 123. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Support Uniformly Distributed Sampling (SUDS)に関して
  124. 124. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani SUDSに関して Static Mesh Editor内の Allow CPUAccessの上にあります
  125. 125. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani SUDSに関して “メッシュは一定時間内に均一に分布した サンプリングをサポートします。 メモリコストは、1トライアングル = 8バイト 使用例は、パーティクルの均一なスポーンです。” とTipsに書かれている
  126. 126. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani SUDSに関して ざっくり言うと Particleを均一に散らすかどうかという 設定
  127. 127. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani SUDSに関して 違いってどんなもんなん??
  128. 128. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani False True Spawn Count 50000
  129. 129. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani False True Spawn Count 50000
  130. 130. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani SUDSに関して 使用するかどうかは 一部を除いて ケースバイケースです
  131. 131. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterの編集に 戻ります
  132. 132. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani EmitterにModuleを追加 Emitter内のParticle Updateに NM_Morph_PUを追加
  133. 133. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani EmitterにModuleを追加
  134. 134. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 Curveの扱いはNiagara以外の操作と同じです
  135. 135. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 Keyを2つ追加します
  136. 136. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 Time:0.55 Value:1.0 Time:0.45 Value:0.0 Keyの値はそれぞれ
  137. 137. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 Colorを編集します
  138. 138. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 Curveの値と同じ箇所にKeyを打つとGood Time : 0.55Time : 0.45
  139. 139. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterの編集は完了! おや?Emitterのようすが・・・
  140. 140. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 無事にMorphしたぞ!
  141. 141. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  142. 142. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Sprite Sizeがいまいち・・・ そうだ、Sprite Sizeも操作しよう!
  143. 143. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PUへ戻りますが
  144. 144. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani その前に
  145. 145. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Module内の処理は 1処理=1MapGet・1MapSet がオススメ!
  146. 146. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani というのも
  147. 147. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani まずは軽いジャブ
  148. 148. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 1処理=1MapGet・1MapSet 素晴らしい可読性
  149. 149. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 複数処理=1MapGet・1MapSet One for all, All for one
  150. 150. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani さて、本番
  151. 151. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani というのも 1処理=1MapGet・1MapSet 素晴らしい可読性
  152. 152. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ご想像におまかせします。 複数処理=1MapGet・1MapSet
  153. 153. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani といった風に 1処理=1MapGet・1MapSet を心がけるかどうかは 可読性に大きく関わる 是非とも、心がけて頂きたい所!
  154. 154. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ダメ!スパゲッティ!
  155. 155. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PUを編集してきます
  156. 156. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Map Get/Setを追加 まずは、MapGetを追加
  157. 157. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Map Get/Setを追加 そして、MapSetも追加
  158. 158. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Map Get/Setを追加 そして、この様な形にします 先に作った処理のMapSet
  159. 159. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 MapGetに以下を追加 型 名前 Float Module.StartSpriteSize Float Module.EndSpriteSize
  160. 160. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 ここのLocalの値はEmitterで 操作する際の初期値となります。 ‘1’を設定しておきましょう。
  161. 161. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 さらにMapGetへ上記を追加 型 名前 Curve For Floats Module.MorphController Float Particles.NormalizedAge
  162. 162. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Parameterを追加 そしてMapSetに上記を追加 型 名前 Vector2D Particles.SpriteSize
  163. 163. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapSetにピンをつなげる そして、この様にピンをつなげます
  164. 164. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapSetにピンをつなげる
  165. 165. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani NM_Morph_PUの編集は完了! 再びEmitterへ行きたいのだが・・・
  166. 166. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani
  167. 167. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ありえない並びになっている!!
  168. 168. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variable Metadataを編集すれば 大丈夫
  169. 169. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variables Metadataを編集 ココがVariable Metadata
  170. 170. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variable Metadataとは
  171. 171. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani MapGetにて追加した 各Moduleの詳細を設定する箇所
  172. 172. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variable Metadataとは Material EditorのDetailsと同じ感覚
  173. 173. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variable Metadataとは Material Editor Niagara Module
  174. 174. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ほぼ一緒!
  175. 175. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variables Metadataを編集 Module.StartSpriteSize Module.EndSpriteSize 上記の隠されている タブを展開
  176. 176. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variables Metadataを編集 上記を編集 Category Name Editor Sort Priority M.StartSS SpriteSize 0 M.EndSS SpriteSize 1
  177. 177. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Variables Metadataを編集 リフレッシュボタンを押すと 各Variablesの情報が 更新されます リフレッシュボタン
  178. 178. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani すると?
  179. 179. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani
  180. 180. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani よし…! 見やすい…!
  181. 181. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今度こそ! NM_Morph_PUの編集は完了! 再びEmitterへ
  182. 182. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ModuleのParameterを編集 上記の値にします 3.0 1.5
  183. 183. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani すると?
  184. 184. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 先程よりも、くっきりする!
  185. 185. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani これで大方終わり! 最後にLevelに配置しよう!
  186. 186. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今日の献立 1. Niagaraとは 2. NiagaraのAssetsについて 3. Emitterを作成 4. Moduleを作成 5. 追加編集 6. Systemの作成
  187. 187. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Niagara Systemの作成
  188. 188. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Systemの作成 Niagara Systemを作成 名前は“NS_Morph”
  189. 189. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 開くとこんな感じ
  190. 190. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterを追加
  191. 191. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterを追加 Track > Emitters… > NE_Morph を選択
  192. 192. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitterを追加 Niagara Emitterと同じ見た目に!
  193. 193. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani これで、Level上に配置できる!
  194. 194. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Level上へD&D
  195. 195. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Levelに出てきた!!
  196. 196. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani あとはPIEでチェックして 終了!
  197. 197. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Ok! まとめだ!
  198. 198. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani 今回作成したモノを ブラッシュアップすると こうなります
  199. 199. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Editorで見ます
  200. 200. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani といっても Niagara できない事はまだある。
  201. 201. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Anim Notifyがほしい Trail作りたい… オカダサン…
  202. 202. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani でもでもでも!!
  203. 203. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani できる事は 増えている!
  204. 204. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Dev-Niagaraについて (9/7時点)
  205. 205. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani GitHub上にあります h t t p s :/ / git h u b .c o m/ E pi c Game s/ Un r e alE n gin e / t re e / de v - n iag ara
  206. 206. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Emitter作成時のベースを 選択できるようになりました
  207. 207. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani その他、テンプレートの追加
  208. 208. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani サポートされる 変数の型が増えてました!
  209. 209. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Texture Sample
  210. 210. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani これ、できるようになるわけですよ!!
  211. 211. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani Texture関連のModuleなど
  212. 212. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani これからも色々追加されそうな Niagara! みなさんも是非、触ってみては!?
  213. 213. 第8回 UE4勉強会 in 大阪#UE4 #UE4Osaka | @YuyaShiotani ありがとうございました

×