Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

タレントマネジメントセミナー エッセンシャル版 20150105

1 142 vues

Publié le

『タレントマネジメント』という人材マネジメントの概念が、国内において広がりつつあります。

しかし、コンサルティングを通して相談を受ける内容や、これまでの導入事例から見ると、『タレントマネジメント』の本質的な意味合いやゴールを理解し、正しく導入している企業は少ないのではないかと感じています。そのため運用におけるムリ・ムダや、場合によっては導入段階から形骸化が予測されることすらあります。

本セミナーでは、書籍の出版を記念して、 『タレントマネジメント』の本質的な意味合いや導入する際のポイント、また見落としがちな落とし穴についてお話しいたします。

Publié dans : Recrutement & RH
  • Soyez le premier à commenter

タレントマネジメントセミナー エッセンシャル版 20150105

  1. 1. 弊社のコンサルティングプロセスは、組織・人事 コンサルティング業界で初めて、ISO:9001/2008 (品質マネジメント)の国際認証を取得しています。 タレントマネジメントを通して組織活性化を実現する “3つのポイント”と“落とし穴”(エッセンシャル版) 株式会社アクティブ アンド カンパニー 代表取締役社長 兼 CEO 大野 順也 2015年1月5日
  2. 2. アジェンダ 1. タレントマネジメントとは 2. 設計編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 3. 活用・開発編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 4. 運用編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 0. 自己紹介及び弊社概要
  3. 3. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 3 弊社のサービス領域 / ビジネスモデル  アクティブ アンド カンパニーでは、組織活性化に関する企画・改善施策の立案・実行に留まらず、各施策 の運用・定着を効果・効率的に実現することも視野に入れ、サービス提供を行っています。  アクティブ アンド カンパニーのサービス領域/ビジネスモデルは以下の通りです。 人材マネジメント施策 採用支援 就労支援 組織開発 人材開発 総務・人事業務 アウトソーシング 人材マネジメント施策の入り口から出口までを包括的にサービス提供しています また、それらの情報を一元管理することで、効率的・効果的な人材マネジメントを実現しています アビリティマネジメントシステム (従業員情報一元管理システム)
  4. 4. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 4  弊社の主な取引実績は以下の通りです。 取引実績 パナソニック株式会社 メルシャン株式会社 株式会社アイセイ薬局 東急ファシリティサービス株式会社 株式会社ドーム 西日本電信電話株式会社 三井住友アセットマネジメント株式会社 イワキ株式会社 株式会社NHKビジネスクリエイト エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社 東急不動産株式会社 株式会社東急コミュニティー SAS Institute Japan株式会社 ソリマチ株式会社 三幸エステート株式会社 株式会社モンテローザ イメーション株式会社 株式会社クレスコ 岩城製薬株式会社 株式会社ACCESS 株式会社リクルート 株式会社翻訳センター 朝陽貿易株式会社 株式会社ベネフィット・ワン 横浜市 ※承諾企業のみ掲載/他多数 (順不同)
  5. 5. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 5  弊社は組織・人事コンサルティング業界で初めて、JIS Q 9001/ISO 9001の認 証を取得しているコンサルティング会社です。  国際規格で認証を受けた質の高いコンサルティングサービスを提供致します。 業界初 ISO:9001/2008取得
  6. 6. アジェンダ 1. タレントマネジメントとは 2. 設計編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 3. 活用・開発編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 4. 運用編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 0. 自己紹介及び弊社概要
  7. 7. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 7 人材マネジメントの変遷からみるタレントマネジメント  人材マネジメントの変遷から、タレントマネジメントの位置づけを整理すると以下の通り整理されます。 HR (ヒューマンリソース) HRM (ヒューマンリソース マネジメント) HC (ヒューマンキャピタル) TM (タレントマネジメント) • 雇用の発生 • 人材は資源であ る概念 • 怠けの管理 • 労働効率を重視 • 人材を運用する概念 • 採用~活用~代謝を コントロールする • 効率から効果に着眼 • 人材を資産とする概念 • エンゲージメントを高め て会社内にプールする • リテンション対策 (退職抑制) • 人材の潜在能力に着眼 • HCの発展系 • 潜在能力を引き出す • 人材を短期はもとより中長 期の視野で活用する 人材に大きく依存しないビジネス 人材のスキルや能力などがビジネスに大きく寄与 ビジネス・環境 変遷 人材マネジメント 変遷 タレントマネジメントは全く新しいものではなく、 これまでの人材マネジメントの変遷の延長線上にある概念です
  8. 8. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 8 タレントマネジメントとは / 定義の再整理  タレントマネジメントとは、以下の通り整理されます。 • 必要なスキルを持つ人材の意欲を増進 • 現在と将来のビジネスニーズの違いを見極め、優秀人材の維持 • 人材の採用、選抜、適材適所、リーダーの育成・開発、評価、報酬、後継 者養成等の人材マネジメントのプロセス改善 • 職場の生産性を改善 • 能力開発を統合的、戦略的に進める取り組みやシステムデザインを導入 • 事業へのタレントの活用 タレントマネジメントは、特別なものではない(これまでに取り組んでいる企業もある)が、 人材のタレントに着眼した点では、比較的新しい概念であると言えます
  9. 9. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 9 大前提 / タレントマネジメントに対する誤認  昨今の市場環境をみていると、一部誤認しているケースが見られます。  それは、タレントマネジメントは人材マネジメントの考え方であって、システムではないことです。 タレントマネジメント システムの名称 システムの導入 人材マネジメントの考え方 タレントマネジメントは、あくまで人材マネジメントの考え方であり、システムの名称・総称ではありません。 タレントマネジメントシステムを導入したところで、タレントマネジメントが実現するわけではありません。 ◎
  10. 10. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 10 タレントマネジメント実現に向けた全体像 2/2  各フェーズの内容は以下の通りです。 設計 活用 運用 開発  タレントマネジメントの全体像を設計(またメンテナンス)する  タレントの活用方法を鑑みた上で、タレントを定義し、運用方法を含めた設計を行う。  また新たに開発されたタレントは定義し、運用方法を含めたメンテナンスを行う。  タレントの利用及び育成を行う  定義されたタレントを、短期の目線・中長期の目線から、利用及び育成する。  タレントの開発を行う  初期に定義されたタレントだけでなく、新しいタレントの開発機会を創出し、新たな タレントを模索する。  タレントマネジメントの仕組みや取組みを実行する  タレントの活用を通して変化(伸長・維持・減退)したタレント、また新しく開発された タレントを、的確に把握し、最新の状態に保ち、活用を促す。
  11. 11. アジェンダ 1. タレントマネジメントとは 2. 設計編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 3. 活用・開発編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 4. 運用編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 0. 自己紹介及び弊社概要
  12. 12. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 12  タレントマネジメントを導入する際に、「どういった情報を収集~共有するか」が議論になります。 どういった情報を収集~共有するのか ビジネスで必要とされる能力 経験 知識 スキル(HS・TS・CS) 行動特性 価値観・考え方 資質・適性 組織・人事上のイベント 入社 教育・育成 評価 報酬 昇降格 異動・配置・出向 労務 タレントマネジメントにおいて 収集~共有する情報群(抜粋) 履歴書 職務経歴書 入社時 面談情報 学習履歴 評価レポート 取得資格 評価結果 業績・行動 異動履歴 適性結果 評価 面談情報 出向履歴 賞罰履歴 プロジェクト 履歴 昇降格 履歴 ・・ ・・ ・・ 給与支給 履歴 勤怠履歴 キャリア プラン
  13. 13. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 13 アジェンダ 1. タレントマネジメントとは 2. 設計編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 3. 活用・開発編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 4. 運用編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 0. 自己紹介及び弊社概要
  14. 14. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 14 タレントの活用(利用及び育成)  タレントの利用及び育成は以下の通り整理されます。 • 人材の適正配置 • 社内コラボレーション • 商品開発のアサイン • サクセッションプラン • 戦略的な人材育成 • キャリアプランニングの支援 タレントの存在は認知しつつも、社員側 が必ずしも、見せたり/気づいたりしてい るとは限らない。 そのため、現場マネジャーがこれらを引 き出し、利用できる状態にする役割が求 められる ⇒現場マネジャーの役割が重要 (ワントゥワンマネジメント) 個 人 軸 あ る な い 気 づ い て い な い 見 せ て い な い 見 せ て い る 引き出す 利用 育成  タレントはあるものの、見 せていない、また気づい ていないものを引き出す。  現状保有しているタレント を利用する  有していないタレントを育 成する 組織軸 知っている 見えている
  15. 15. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 15 アジェンダ 1. タレントマネジメントとは 2. 設計編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 3. 活用・開発編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 4. 運用編 ~タレントマネジメント実現に向けた取組み 0. 自己紹介及び弊社概要
  16. 16. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 16 人事部門の役割 / ポイント  タレントマネジメントの実現に向けて、人事部門が担う主な役割は以下の通りです。 区分 概要 【ヒト】 人材に対する施策 • 中長期の戦略を見据えたタレントの活用と開発 • これまでに捉われない人事の取組みの企画と実行 ・・・等 【組織】 組織風土・文化の醸成 • 人材の多様性が受け入れられる風土や文化の醸成 • 部門を横断する人材育成や全社目線を推奨する風土や文化の 醸成 ・・・等 【仕組み】 仕組みのオペレーション • 収集された人材情報の共有の仕組みやルールの整備 • タレントの定義や運用ルールなどの枠組みの構築とメンテナンス ・・・等
  17. 17. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 17 管理職の役割 / ポイント  タレントマネジメントの実現に向けて、管理職が担う主な役割は以下の通りです。 区分 概要 【ヒト】 マネジメントスタンス • 部下のタレントの引き出し(ワントゥワンマネジメントの実施) • 業績・成果偏重の仕事の割り当てから、組織・個人(キャリア)の 成長を鑑みた仕事の割り当てや配属及び異動 ・・・等 【組織】 組織理解・組織運営 • 他事業部に対する理解 • ヒトに依存しない組織の運営方法の習得 ・・・等 【仕組み】 仕組みのオペレーション • タレント活用の企画と実行 • 部下のタレント情報のメンテナンス ・・・等
  18. 18. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 18 PDSスクエアとタレントマネジメント  現場に権限を委譲して人材マネジメントを実現していく、また人事の仕組みや取組みを現場に浸透させて いくためには、相互のPDS(Plan・Do・See)を関連付ける必要があります。  タレントマネジメントにおいても同様に、人事と現場の関係を密にする必要があり、この関係を効率的・効果 的に実現していくためにシステムが有効と言えます。 Plan Plan Do Do See See 育成企画のPDS(対個人) 活用実行のPDS(対環境) タレントマネジメントシステム
  19. 19. Copyright © Active and Company Ltd. All Right Reserved. 19 お問合せ先  本件に関するお問合せ先  株式会社アクティブ アンド カンパニー TEL : 03-6231-9505 E-Mail : info@aand.co.jp

×