Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

SharePoint モダン ポータル 徹底解説 !

2 031 vues

Publié le

Microsoft 365 Virtual Marathon のセッションスライドです。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

SharePoint モダン ポータル 徹底解説 !

  1. 1. MICROSOFT 365 Virtual MARATHON May 27 & 28, 2020 36 hours / 2 days MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON SharePoint モダン ポータル徹底解説 ! 平野 愛 (Ai HIRANO) オフィスアイ株式会社 代表取締役 | Microsoft MVP Broughtto youby: TheGlobalMicrosoft Community& M365Conf.com | #M365CONF #M365VM M365VirtualMarathon.com @ai_yamasaki Blog : https://shanqiqi.weblogs.jp
  2. 2. MICROSOFT 365 Virtual MARATHON May 27 & 28, 2020 36 hours / 2 days Mark Your Calendars: March 23-25, 2021, MGM Grand Resort Las Vegas, Nevada, USA M365Conf.com #M365CONF TheSharePoint Conferenceis nowTheMicrosoft 365 CollaborationConference #M365VM M365VirtualMarathon.com Broughtto youby: TheGlobalMicrosoft Community& M365Conf.com | #M365CONF
  3. 3. THANK YOU TO ALL OUR GENEROUS SPONSORS
  4. 4.  オフィスアイ株式会社 代表取締役 (http://www.office-i-corp.jp)  Microsoft MVP for Office Apps and Services 自己紹介 Broughtto youby: TheGlobalMicrosoft Community& M365Conf.com | #M365CONF #M365VM M365VirtualMarathon.com 平野 愛 (Ai HIRANO) 1999年~ 2006年まで Microsoft 認定トレーナー。 2008年にオフィスアイ株式会社を立ち上げ、SharePoint および Office 365 に関する オリジナル研修の実施および利活用のコンサルティングを行っている 主な書籍 - ひと目でわかる SharePoint シリーズ (日経PB) - ひと目でわかる Office 365 導入・運用管理編
  5. 5.  ベンダーブースやセッションに参加し、ビデオを観よう  答えを送って、抽選会にエントリーしよう  抽選で当たるには、少なくとも 5 問正解する必要があります (米国、APAC、EMEA ごとにそれぞれ 1 つ当たります) 抽選会へ参加しよう! 抽選で OCULUS QUEST ALL IN ONE!(3名様)が当たる! https://bit.ly/m365raffle
  6. 6. 次のチャリティー救済基金への寄付をご検討ください : UNITED WAY: HTTPS://GIVE.UWKC.ORG/M365VM INTERNATIONAL MEDICAL CORPS: HTTPS://BIT.LY/MEDICALCORPSFUND スポンサーからの寄付金の 10% は地域社会の救済支援に使われます 詳細は INFO@M365VIRTUALMARATHON.COM までお問合せください
  7. 7. SharePoint モダンポータルを解説する前に、、、 Warming up ! 社内ポータル SharePoint の主な用途 ファイル共有 SharePoint リスト
  8. 8.  Microsoft 365 でファイル共有と言えば SharePoint ! ファイル共有
  9. 9.  従来と比較すると SharePoint を意識しなくても、手軽に利用できるようになっ てきた  それだけ Microsoft 365 内ではインフラとして浸透してきたということ  このあたりが理解できていれば、 「SharePoint は要らなくなったよね」という話にはならない  SharePoint を理解することは、以前にも増して重要になったということ ファイル共有
  10. 10.  定型的なデータの格納先としては、Excel スプレッドシートもしくは SharePoint リスト  より大規模なデータを扱いたければ Power Platform の Common Data Service (ただし、追加コストがかかるかも) SharePoint リスト
  11. 11.  SharePoint リスト → Microsoft Lists (リスト)  SharePoint リストをビジネス シナリオに沿った形で、より 使いやすく  SharePoint を意識することなく単独で利用できる Microsoft Lists 【関連セッション】 Share and track your information with lists across Microsoft 365 | Lincoln DeMaris 5/29 13:00 – 13:50
  12. 12.  Microsoft Teams の特徴 • 手軽に素早く会話できる • 会話は時系列となっているため、やりとりの経緯はわかる • 最新トピックスが入れ替わっていってしまう • 自分が欲しいタイミングで欲しい情報が公開されるとは限らない • 重要な情報(連絡事項など)が最新の会話の中に埋もれがち (探しにくい) • チーム間では情報が分散しがち  SharePoint ポータルの特徴 • 会話は不得意 • 情報を取りまとめるのが得意 • 情報は時系列で頻繁に入れ替わることがないため、まとまった情報を探し出しや すい Microsoft Teams と SharePoint との違い 補完
  13. 13.  まとまった情報を多くの人に直接伝達できる  情報をスムーズに伝えることは、業務効率の向上につながる SharePoint ポータルサイトの利用目的 自分ひとりで集中して 仕事に専念する Focus Time 他の人と コミュニケーション をとる たとえば、問い合わせなどが 多くなると、集中しにくくなる… 電話、オフライン会議、 Microsoft Teams, Yammer, Outlook …
  14. 14. SharePoint ポータルサイトの必要性 例) 社内からの問い合わせを減らした い [発信者へのフィードバック] 公開した情報の 閲覧数が確認できる [受信者] 必要な情報を確認 ※ポータルに行けば、欲しい情 報が見つかるという習慣づけ [発信者] まとまった情報を発信
  15. 15. 2種類の SharePoint サイト チーム サイト コミュニケーション サイト 業務チームごとの作業場所 (ワークスペース) ポータル
  16. 16. Demo
  17. 17. 多言語対応
  18. 18.  複数サイトを論理的に関連付ける仕組み  利点 • 共通のナビゲーション • 共通のテーマ(見た目の色合い) • ハブ内での検索 • サイトごとにアクセス権は担保される SharePoint ハブ ハブは組織内で 最大 2,000 まで指定可能
  19. 19.  組織のランディングページをホストするサイト SharePoint Home site SharePoint Home 管理部門の ハブ 事業部の ハブ プロジェクトの ハブ サイトCサイトA サイトB サイトD サイトE サイトF ここから発行したニュースは 組織のニュースになる ここから検索すると組織全体 のサイト検索になる
  20. 20.  組織内の複数のサイトを「組織のニュース」サイトとして指定 できる  ニュースWebパーツ上で目立つように配信される 組織のニュース
  21. 21. 組織のニュース
  22. 22.  ポータル構築に時間とコストをかけない  SharePoint の特性を度外視したポータルデザインから設計を始めない  1ページごとに情報を詰め込みすぎない (壁新聞的にしない、断捨離を!)  ユーザーとして使い勝手がよいことを意識する モダン ポータルサイトの設計に欠かせないベストプラ クティス
  23. 23. SharePoint Look book https://lookbook.microsoft.com/
  24. 24. [参考] 情報の入り口を Teams で一本化 「Create a Teams 'Intranet Portal app' from a SharePoint Online site or page」 https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/teams-standalone-static-tabs- using-spo-sites
  25. 25.  コミュニケーションサイ ト  メガメニュー  拡張フッター  サイトのページ/ニュース  対象ユーザー  組織のアセット  ストック画像  後で見る  サイトの利用状況レポー ト  ページごとの閲覧履歴  多言語対応  SharePoint ハブ  SharePoint Home サイ ト  組織のニュース ご紹介した主な機能 (キーワード)
  26. 26.  Microsoft Teams によるコミュニケーションを重視しすぎると、かえって情 報の分散に転じる  SharePoint のポータル機能を組み合わせることでバランスのよい情報共有の 仕組みが用意できる  ポータル作成する際には「コミュニケ―ションサイト」を使おう! まとめ
  27. 27. MICROSOFT 365 Virtual MARATHON May 27 & 28, 2020 36 hours / 2 days ご参加いただき、ありがとうございました! ご質問はありますか? Speaker feedback https://bit.ly/M365VMSpeakerFeedback Event feedback https://bit.ly/M365VMFeedback

×