Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
A Proposal for Analyzing Productivity and Quality Data
Asako Okano
目次
 背景
 生産性・品質データの現象論
関係式(1/2)、関係式(2/2)
 解析手法-回帰モデルのタイプとその採択
 手法の適用例
 今後に向けて
 まとめ
背景
 生産性・品質データの分析を、ツールやExcelで
行ってきた。
 内部の処理が不明のため、解析作業や結果の
考察にも限界があると考えられた。
 標本数の不足、層別の困難さ、散布図プロットで
相関が見えないという問題などから、その要...
生産性・品質データの現象論
関係式(1/2)

関係式(2/2)
解析手法-回帰モデルのタイプとその採択
(1/2)
利点:
1.データの確率分布を仮定しないで4タイプの
回帰分析の決定係数から適切なモデルタイプ
を採択できる。
2.背景を理解せずに、なんでも対数をとる、という
ことを避け、変数間の現象論に基づいて解析
することできる。
解析手法-回帰モデルの...
手法の適用例
1.生産量と工数
2.生産性と累積誤り検出率
今後に向けて
 単純にソフトウェアの規模と工数というような指標で
測ることは難しい。単位や指標などに新たな概念や
工夫を取り入れることを視野に入れていく
※弊社が開発しているような科学技術計算に関するソフトウェアはIT技術の他に、
数学、物理...
まとめ
 生産性・品質以外の分野データでも、この手法
は適用できる。
 何事にも、現象を記述する方程式があると仮定
する。
 内部処理を理解せずに、ツールを利用してその
結果をただ使用するだけでは、統計解析にはな
らない。変数の背景を知ろ...
ご清聴
ありがとうございました。
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

生産性と品質データの解析手法についての提案 紹介

710 vues

Publié le

昨年書いた論文を研究会で紹介する資料。

Publié dans : Industrie automobile
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

生産性と品質データの解析手法についての提案 紹介

  1. 1. A Proposal for Analyzing Productivity and Quality Data Asako Okano
  2. 2. 目次  背景  生産性・品質データの現象論 関係式(1/2)、関係式(2/2)  解析手法-回帰モデルのタイプとその採択  手法の適用例  今後に向けて  まとめ
  3. 3. 背景  生産性・品質データの分析を、ツールやExcelで 行ってきた。  内部の処理が不明のため、解析作業や結果の 考察にも限界があると考えられた。  標本数の不足、層別の困難さ、散布図プロットで 相関が見えないという問題などから、その要因を 見つけるのが困難であった。
  4. 4. 生産性・品質データの現象論
  5. 5. 関係式(1/2) 
  6. 6. 関係式(2/2)
  7. 7. 解析手法-回帰モデルのタイプとその採択 (1/2)
  8. 8. 利点: 1.データの確率分布を仮定しないで4タイプの 回帰分析の決定係数から適切なモデルタイプ を採択できる。 2.背景を理解せずに、なんでも対数をとる、という ことを避け、変数間の現象論に基づいて解析 することできる。 解析手法-回帰モデルのタイプとその採択 (2/2)
  9. 9. 手法の適用例 1.生産量と工数 2.生産性と累積誤り検出率
  10. 10. 今後に向けて  単純にソフトウェアの規模と工数というような指標で 測ることは難しい。単位や指標などに新たな概念や 工夫を取り入れることを視野に入れていく ※弊社が開発しているような科学技術計算に関するソフトウェアはIT技術の他に、 数学、物理、工学の基礎知識を必要とする。  定量的プロジェクト管理の精度向上には、意味の あるデータを見極め、関係性を導き出し、我々に気 付きをも与えてくれる統計解析の基礎を固めること が必須
  11. 11. まとめ  生産性・品質以外の分野データでも、この手法 は適用できる。  何事にも、現象を記述する方程式があると仮定 する。  内部処理を理解せずに、ツールを利用してその 結果をただ使用するだけでは、統計解析にはな らない。変数の背景を知ろう!!
  12. 12. ご清聴 ありがとうございました。

×