Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

20190528asano

53 vues

Publié le

公共地図とまちづくりで使用する地図の望ましいあり方は、地図の統合にあると思います。
別の地図であったとしてもそれぞれの地図の位置情報が整合していることが大切です。
システムの拡充や統合よりも地図の統合や更新に大切な税金を使いましょ
う。

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

20190528asano

  1. 1. 公共地図とまちづくりで使用 する地図の望ましいあり方 浅野和仁 地理情報システム学会自治体分科会
  2. 2. 統合型GISについて システム統合とデータ統合
  3. 3. 人材育成 地域ICT人材 オープンソース オープンデータ ベンダーロック 部署ロック 測量法ロック 阪神淡路大震災 先進都市のGIS活用 施設管理GIS 情報管理GIS 統合型GIS 1/2500地形図1/500地形図 個別処理GIS 全庁型GIS 地形図の統合 基盤地図情報 情報開放 地理院地図 地理院タイル 政策支援活用地域支援活動 定型業務支援 庁内情報共有 オープンソースGIS GIS操作研修 OpenStreetMap マッピングパーティ Web-GIS提供 情報開放 東日本大震災
  4. 4. 先進都市でGIS活用が 始まりました 1995年1月17日 阪神淡路大震災
  5. 5. それは2つの流れから 始まりました 施設管理GIS 情報管理GIS
  6. 6. 施設管理GIS 情報管理GIS 位置精度管理 多様な位置情報 高額な地形図調達 安価な地形図調達 従来事務の延長線上 多様な位置情報 更新予算を継続確保 更新予算確保が困難 情報更新が義務 情報更新が課題 事務として定着 事務継続が困難 道路台帳、上・下水道台 帳・固定資産台帳etc (スタンドアローン) 都市計画図、公共施設案 内図etc (クラサバ・ウェブ)
  7. 7. 施設管理GIS 情報管理GIS 当初予算確保が課題だが地形図 更新が義務化され止まらない 当初予算確保は容易だが地形図 等更新が困難で多くの屍が‥ 政府のテコ入れとして・・・ 統合型GIS登場 道路台帳、上・下水道台 帳・固定資産台帳etc (スタンドアローン) 都市計画図、公共施設案 内図etc (クラサバ・ウェブ)
  8. 8. 施設管理GIS 情報管理GIS 統合型GIS 情報提供 地形図更新
  9. 9. 統合型GIS と 全庁型GIS 元々の統合型GISの「統合」は 「システムの統合」ではなく 「位置の統合」です
  10. 10. 地理空間情報活用推進基本法(平成19年法律第63号) (定義) 第2条 この法律において「地理空間情報」とは、第一号の情報又は同号及び 第二号の情報からなる情報をいう。 一 空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(当該情報に係る時点に関 する情報を含む。以下「位置情報」という。) 二 前号の情報に関連付けられた情報 2 この法律において「地理情報システム」とは、地理空間情報の地理的な把 握又は分析を可能とするため、電磁的方式により記録された地理空間情報を 電子計算機を使用して電子地図(電磁的方式により記録された地図をいう。 以下同じ。)上で一体的に処理する情報システムをいう。 3 この法律において「基盤地図情報」とは、地理空間情報のうち、電子地図 上における地理空間情報の位置を定めるための基準となる測量の基準点、海 岸線、公共施設の境界線、行政区画その他の国土交通省令で定めるものの位 置情報(国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)であって電磁 的方式により記録されたものをいう。
  11. 11. 自治体GISについて GISデータは自治体の財産
  12. 12. 庁内GIS研究会 基準点 下水道台 帳図 建物登記 図 地番図 家屋 図 都市計画 図 用途地域 図 B 1/1000 C 1/2500 A 1/500 S 1/100 航空 写真 E --- 建築確認位 置図 地積測 量図 住宅地 図 住居表示 図 住民基 本台帳 緊 急 指令 目標物 文化財 マップ 道路台帳 図 水道台帳 図 道路現況 図 宅地家屋ハ ザード 課税 台帳 地表モデル DSM 交通網図 文化財分 布図 遺跡遺構 図 登記公図 ガスマッ プ 道路施設管 理図 ベースとして利用 作成時に参照 将来利用予定 将来参照予定 相互連携(予定を含む) 国勢調 査区 校区図 投票区 地形 観光案 内 市販道路マ ップ 土砂水害ハ ザード 白地図 高密度オ ルソ
  13. 13. 自治体業務に推奨する地理空間情報 • 空中写真…課税客体調査(Lv1000以上) 地方税法第22条(守秘義務)問題 • 道路…道路法施行規則第4条の2(認定道路1/1000以上)下水道法施行規則第20条(1/600) • 道路名称…国道・府道 • 建物…固定資産家屋図(Lv1000以上)、都市計画図(Lv2500) 屋根形状vs壁形状 • 建物名称…都市計画図(目標物) 消防救急(全施設) • 河川・池・主要水路…都市計画図(Lv2500) • 軌道…都市計画図(Lv2500) • 被覆・等高線…都市計画図(Lv2500) • 標高…都市計画図(Lv2500) • 町丁目…都市計画図(地形Lv2500)or 固定資産地番図(境界) • 地番・筆界…固定資産地番図(構囲として活用) • 街区…国土交通省位置参照情報(街区レベル、大字・町丁目レベル) • 住居表示…国土地理院電子国土基本図(地名情報)「住居表示住所」 • 表札…住宅地図(Z社) 住民基本台帳(個人情報)
  14. 14. 地理空間情報の製品仕様書 1.概覧・・・仕様書の目的、空間範囲、時間範囲、引用規格、用語と定義 2.適用範囲・・・仕様書の適用範囲、階層レベル 3.データ製品識別・・・地理空間データ製品の名称、日付、問合せ先、地理記述(市町村名) 4.データ内容及び構造・・・応用スキーマ UML クラス図、応用スキーマ文書 5.参照系・・・座標参照系、時間参照系 6.データ品質・・・品質要求、品質評価手順 7.データ製品配布・・・書式名称、符号化規則、文字集合、言語、単位 8.メタデータ・・・メタデータの形式(JMP2.0)、メタデータの作成単位の指示 9.その他 ・・・地理空間データ製品のデータ取得や保守に関する事項
  15. 15. 品質要素 品質の重みの指標 S A B C D 完全性 漏れ・過剰が許さ れないもの 漏れ・過剰が無い ことが望ましいも の 漏れ・過剰が少し は許されるもの 洩れ・過剰がある程 度は許されるもの 評価を行わなくて よいもの 位置正確度 高い位置正確度を 求められるもの 規定値の位置正確 度を求められるも の 規定値より緩やか な位置正確度でよ いもの 規定値より大幅に 緩やかな位置正確 度でよいもの 評価を行わなくて よいもの 時間正確度 誤りが許されない もの 誤りがないことが 望ましいもの 多少の誤りが許さ れるもの ある程度の誤りが 許されるもの 評価を行わなくて よいもの 主題正確度 誤りが許されない もの 誤りがないことが 望ましいもの 多少の誤りが許さ れるもの ある程度の誤りが 許されるもの 評価を行わなくて よいもの 品質要素毎における品質の重みの指標基準(地物ごとの定義が可能) 平成 13 年 12 月国土交通省国土地理院「大縮尺数値地形図品質要件定義書(案)」
  16. 16. 富田林市のGIS導入更新経費 上水道システ ム 土地分類調査 法定外公共物 下水道システム 固定資産システム 文化財 システム 都市計画システム 道路台帳 データ ウェブGIS 基本計画 共用基盤 データ 地形図・航空写真・地番図・家屋図など
  17. 17. 自治体業務で更新する地理空間情報 • 空中写真…固定資産担当・情報担当・都市計画・・・Lv1000(公共測量) • 道路…道路担当・上下水道担当・・・Lv500(公共測量) • 道路名称…道路担当 • 建物…固定資産担当・都市計画担当・・・Lv1000(公共測量) • 建物名称…都市計画担当・消防救急担当 • 河川・池・主要水路…河川水路担当・都市計画担当・・・Lv2500(公共測量) • 軌道…交通担当・都市計画担当・・・Lv2500(公共測量) • 被覆・等高線…都市計画担当・・・Lv2500(公共測量) • 標高…都市計画担当 • 町丁目…住居表示担当・ 固定資産担当 • 地番・筆界…固定資産担当 • 街区…住居表示担当 • 住居表示…住居表示担当 • 表札…住民担当・消防救急担当
  18. 18. 不動産登記情報 道路異動情報 地理空間情報の更新 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 鮮 度 道路異動箇所の抽出(道路担当) 水道台帳更新 下水道台帳更新 道路台帳更新 航空写真処理 航空写真処理 道路編集 街区編集 地形編集 (情報担当) 家屋・土地異動箇所の抽出(固定資産担当) 土地台帳更新 家屋台帳更新 家屋・土地編集 地形図(更新情報あり)と航空写真 を解放(オープンデータ)
  19. 19. 市民と創る地図”OSM” 市民と位置情報※を共有する仕組み ※ 空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報 OpenStreetMap OpenStreetMap(OSM)は、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成 することを目的としたプロジェクトです。誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事 が出来ます。 https://openstreetmap.jp/
  20. 20. 空中写真…Lv1000(公共測量) 道路…Lv500(公共測量) 建物…Lv1000(公共測量) 河川・池・主要水路…Lv2500(公共測量) 軌道…Lv2500(公共測量) 被覆・等高線…Lv2500(公共測量) 測量により年度更新を実施する地物群 年度更新に伴い図上編集する地物群 地形図 基盤地図情報 オープンデータ 測量法 (測量成果の複製) 第43条 公共測量の測量成果のうち図表等を測量の用に供し、刊行し、又は電磁 的方法であって国土交通省令で定めるものにより不特定多数の者が提供を受け ることができる状態に置く措置をとるために複製しようとする者は、あらかじ め、当該測量成果を得た測量計画機関の承認を得なければならない。 (測量成果の使用) 第44条 公共測量の測量成果を使用して測量を実施しようとする者は、あらかじ め、当該測量成果を得た測量計画機関の承認を得なければならない。 これは利用者の義務 計画機関があらかじめ測量成果 の複製等を広く承認しておくこ とを禁じていない。
  21. 21. 人材育成 地域ICT人材 オープンソース オープンデータ ベンダーロック 部署ロック 測量法ロック 阪神淡路大震災 先進都市のGIS活用 施設管理GIS 情報管理GIS 統合型GIS 1/2500地形図1/500地形図 個別処理GIS 全庁型GIS 地形図の統合 基盤地図情報 情報開放 地理院地図 地理院タイル 政策支援活用地域支援活動 定型業務支援 庁内情報共有 オープンソースGIS GIS操作研修 OpenStreetMap マッピングパーティ Web-GIS提供 情報開放 東日本大震災
  22. 22. 地形図 インポート前のOSM
  23. 23. インポート後のOSMのイメージ
  24. 24. https://wiki.openstreetmap.org/wiki/Tondabayashi_map/ortho 富田林市の公開データを背景にしてOSMを描く際のルールを公表しています (Tondabayashi map/ortho) 富田林市が公開している地形図・道路中心線 データ管理課 対象エリア 更新頻度 データ形式 座標系 データサイズ 政策推進課 富田林市全域 1回/年度 shape EPSG:2448 22.1MB 政策推進課 富田林市全域 1回/年度 shape EPSG:2448 0.8MB 富田林市がタイル配信している地形図・航空写真 区分 URL ズームレベル 範囲 摘要 地形図 http://www.city.tondabayashi.lg.jp/map2/tile/1050/{z}/{x}/{y}.png 12~19 東経135.55北緯34.43~ 東経135.63北緯34.53 Lv500~ Lv2500 航空写 真 http://www.city.tondabayashi.lg.jp/map2/tile/1018/{z}/{x}/{y}.png 12~19 東経135.55北緯34.43~ 東経135.63北緯34.53 Lv1000 富田林市オープンデータの地形図と航空写真 大阪府富田林市は地形図・道路中心線をクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0国際 ライセンスの下に提供していま す。 地形図・道路中心線データは公開データの利用について(地図等)で入手できます。 富田林市の地形図と航空写真のタイル配信 富田林市の地形図と航空写真は市のウェブサーバーでタイル画像として配信しています。そのタイル画像はガ イドマップとんだばやしでご覧いただけます。 そのタイル配信のURLは次のとおりです。
  25. 25. https://wiki.openstreetmap.org/wiki/Tondabayashi_map/ortho 富田林市の公開データを背景にしてOSMを描く際のルール (Tondabayashi map/ortho) OpenStreetMapエディタでの利用 公開されている地形図・航空写真タイル画像をトレースしてデータ作成を行うことが可能です。 エディタでの使い方 エディターでタイル画像を背景画像として利用する際の手順を説明します。 JOSM メニューの[画像]→[画像設定]より、TMS+ボタンで TMSのURLを追加してください。 利用可能なズームレベルは12-18です。 iD (ブラウザー内エディター) 右側メニューの「背景画像設定」より「カスタム」を選択してTMSのURLを入力してください。 TMSのURL 地形図タイルと航空写真タイルのURLは次のとおりです。 地形図 http://www.city.tondabayashi.lg.jp/map2/tile/1050/{z}/{x}/{y}.png 航空写真 http://www.city.tondabayashi.lg.jp/map2/tile/1018/{z}/{x}/{y}.png sourceタグによる原典明記 地形図・航空写真を参照してデータ編集を行った場合、変更セットとオブジェクトのどちらか、あるいはその両方に対して以 下のsourceタグを付与してください。 地形図 source=Tondabayashi_map 航空写真 source=Tondabayashi_ort オプション: OSMへのコミットに対するタグ (注: JOSMなど、入力が可能なエディタでのみ実施。推奨項目であり必須ではあ りません) source_ref=https://www.city.tondabayashi.lg.jp/map2/1050/download.html ライセンス CC BY 4.0 ライセンスで公開されています。
  26. 26. 公開データをOSMにインポートする手順とその記録 (JA:Tondabayashi/Road Building import) https://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Tondabayashi/Road_Building_import 目次 •1 Goals 目的 •2 Schedule スケジュール •3 Import Data インポートデータ詳細 • 3.1license ライセンス • 3.2Data Files データファイル •4 Data Preparation データの準備 • 4.1Tagging Plans タグ定義計画 • 4.2Changeset Tags 変更セットへのタグ付け •5 Data Merge Workflow データマージ作業計画 • 5.1Team Approach チーム編成 • 5.2Workflow ワークフロー • 5.3Conflation 既存データとの整合性維持 •6 QA 品質管理
  27. 27. マッピングパーティにご参加いただいたみなさんの意見から ➢OSMで町を描く取り組みは面白い。 ➢地図にも載っていない小さな神社の言い伝えを近くのおばあさんが教えてくれた。 ➢寺内町のことを熟知していると思っていたのに、知らないことが見えた。 ➢これまで通過したことはあったが、城下町とは違う雰囲気で、町人による自治を感じた。 ➢地図作りが楽しいことを初めて知った。景観がとてもよかった。 ➢寺内町には何度も来ているが、今日は発見することが多かった。 ➢奈良大学時代にArcInfoを使って阪神淡路大震災の被災マッピングをしているときは孤独 だったけど、みんなでマッピングするのは楽しい。 ➢まちあるきを初めて体験してコアな話を聞くことができた。 ➢如何に町をPRしていくかが課題で、マッピングパーティは一つの新しい方法。 ➢観光の本を書いているがこれまでは有名なところを選りすぐって観ていたが、舐めるよう に町を調べると面白い発見がある。 ➢OSM経由で富田林のファンを増やせられる。 ➢まちの店は生き物で、変化も激しい。その変化を真っ先に知ったユーザーが地図に書き 込んでいけば、ますます町が好きになっていける。
  28. 28. https://www.openstreetmap.org/#map=16/34.5008/135.6009
  29. 29. 公共地図とまちづくりで使用する地 図の望ましいあり方は、地図の統合に あると思います。 別の地図であったとしてもそれぞれ の地図の位置情報が整合していること が大切です。 システムの拡充や統合よりも地図の 統合や更新に大切な税金を使いましょ う。 https://www.facebook.com/asano.kazuhito 浅野和仁

×