Ce diaporama a bien été signalé.
Le téléchargement de votre SlideShare est en cours. ×

remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法

Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 1/22
© 2022 remot3.it, Inc.
クイックスタートガイド
Dragino Gatewayデバイス
概要
このガイドでは、Dragino...
remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 2/22
© 2022 remot3.it, Inc.
目次
1. 準備 3
1.1. remote.itアカウント作成 3
1.2. remote.itデ...
remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 3/22
© 2022 remot3.it, Inc.
1. 準備
Draginoデバイスにremote.itをインストールし、ターゲットデバイスとして登録...
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité

Consultez-les par la suite

1 sur 22 Publicité
Publicité

Plus De Contenu Connexe

Plus par CRI Japan, Inc. (20)

Plus récents (20)

Publicité

remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法

  1. 1. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 1/22 © 2022 remot3.it, Inc. クイックスタートガイド Dragino Gatewayデバイス 概要 このガイドでは、Dragino Gatewayデバイス用の remote.it のインストールと基本的な使用方法について説 明します。 本書は、ファームウェア lgw-5.4.164031589 で動作するDragino LG308 LoRaWAN ゲートウェイでの運 用を想定しています。ファームウェアのバージョンが異なる場合、または使用する機器が異なる場合、 実際に表示される内容やメッセージは本ガイドの記載内容と異なる場合があります。 remote.itの便利なリンク集 インストールと登録が完了すれば、ゲートウェイやその他のリモート.it対応デバイスの全フリートを監視す るように迅速に拡張することができます。 ● 購読オプション- Subscriptions and Licensing. ● 他のユーザーとアクセスやアカウントに関する責任を共有 - Organizations. ● 通知設定とアクセスログの確認- Logs and Notifications ● モバイル機器からのデバイスの監視とアクセス - iOS and Android ● 自社プラットフォームにremote.itのコネクティビティを組み込む- APIs Dragino 要求事項 remote.itは以下のDraginoデバイスをサポートしています: ● ファームウェアバージョン5.4.1632916986 または以降 ● デバイス商品名: ○ LG01N, OLG01N (Note: LG01-P, LG01-S does not support) ○ LG02, OLG02 ○ LG308, DLOS8 ○ LSP8 ○ LIG16 ○ MS14 series (If installed with the same firmware.)
  2. 2. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 2/22 © 2022 remot3.it, Inc. 目次 1. 準備 3 1.1. remote.itアカウント作成 3 1.2. remote.itデスクトップアプリケーションインストール 5 2. remote.itインストールとデバイス登録 6 2.1. ライセンスキーを確認 6 2.2. デバイスをインストールと登録 7 4. サービス登録 12 5. remote.itを使って登録したサービスに接続 15 5. アンインストール方法 19 5.1. remote.itをアンインストール 19 5.2. remote.itデバイスを削除 21
  3. 3. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 3/22 © 2022 remot3.it, Inc. 1. 準備 Draginoデバイスにremote.itをインストールし、ターゲットデバイスとして登録するためには、remote.itのアカ ウントとデスクトップアプリケーションが必要です。 事前にアカウントを作成し、デスクトップアプリケーションをPCにインストールしておいてください。 1.1. remote.itのアカウント作成 1) remote.itウェブサイトのアカウント作成ページにアクセスし、手順に従ってremote.itアカウントを作成 してください。 *注記:認証メールに記載されているリンクをクリックする必要があるため、メールを受信できるメールアド レスが必要です。 https://app.remote.it/auth/#/sign-up
  4. 4. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 4/22 © 2022 remot3.it, Inc. 2) remote.itのアカウントを作成したら、ウェブポータルにサインインできることを確認します。. https://app.remote.it
  5. 5. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 5/22 © 2022 remot3.it, Inc. 1.2. remote.itデスクトップアプリケーションのインストール remote.itデスクトップアプリケーションは、remote.itがインストールされたDraginoデバイスをターゲットデバイ スとしてremote.itアカウントに登録するための機能を提供するものです。また、remote.itアカウントに登録さ れたターゲットデバイスに対して、セキュアなP2P接続を行う機能も提供します。 1) remote.itウェブサイトのダウンロードページにアクセスし、お使いのOS(Windows / macOS)に対応し たインストーラーをダウンロードします。 https://remote.it/download/#desktop 2) ダウンロードしたインストーラーを実行し、指示に従って、PCにremote.itデスクトップアプリケーション をインストールします ** デスクトップアプリケーション remote.it のインストールと操作方法については、以下のガイドも参照して ください。 https://support.remote.it/hc/en-us/articles/360048935231
  6. 6. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 6/22 © 2022 remot3.it, Inc. 2. remote.itのインストールとデバイスの登録 まず最初に、デバイスにremote.itをインストールし、デバイスをremote.itのアカウントに登録します。 2.1. ライセンスキーの確認 1) デスクトップアプリケーションを起動し、サインインし、"Licensing" をクリックします。 PC にインストールした remote.it デスクトップアプリケーションを起動し、サインインして、左ペインの 「More」メニューの「Licensing」 をクリックします。. 2) 右ペインに表示される「LICENSE KEY」の値をメモしてください。また、ライセンスキーのボックスをクリ ックすると、クリップボードにコピーすることができます。
  7. 7. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 7/22 © 2022 remot3.it, Inc. * ライセンスキーは remote.it のウェブポータルでも確認することができます。 2.2. デバイスのインストールと登録 1) ローカルネットワーク上のWebブラウザーを使用して、DraginoデバイスのWeb UIにアクセスしま す。(ログインが必要な場合は、rootでログインしてください)。
  8. 8. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 8/22 © 2022 remot3.it, Inc. 2) 「System」タブの「remote.it」メニューをクリックします。 3) "Remote.it"スクリーンが表示されたら"Install"ボタンをクリックします。
  9. 9. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 9/22 © 2022 remot3.it, Inc. 4) インストールが開始されます。インストールが完了すると、次のメッセージが表示されます。 5) 「登録」の欄にライセンスキーを貼り付け、「保存」ボタンをクリックします。
  10. 10. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 10/22 © 2022 remot3.it, Inc. 6) ライセンスキーの保存に成功すると、緑と赤の2つのステータスメッセージが表示されます(残りの "Installing remote it " のメッセージは消えます) 7) "Register"ボタンをクリックします。 8) デバイスの登録に成功すると、両方のステータスメッセージが緑色に変わるのが確認できます。
  11. 11. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 11/22 © 2022 remot3.it, Inc. 9) 再度remote.itデスクトップアプリケーションを起動し、登録された名称を確認します。 * デフォルトでは、remote.it に登録するデバイス名として、デバイスのホスト名が使用されることに注意してく ださい。ホスト名は、デバイスの Web UI の下部に表示されます。 これでインストールとデバイスの登録は完了です。 次に、接続するDraginoデバイスにremote.itを使用してサービスを登録します。 .
  12. 12. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 12/22 © 2022 remot3.it, Inc. 4. サービス登録 remote.itを使って接続したいサービスを登録します。remote.itは、接続するサービスをアプリケーション(ポ ート)単位で登録します。 この手順では、例としてDraginoデバイスのSSHとHTTPのサービスを追加します。 1) remote.itのデスクトップアプリでデバイスリストを表示し、登録したデバイスの名前をクリックし ます。 2) 中央のペインでAdd Serviceボタン(プラスアイコン)をクリックします。
  13. 13. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 13/22 © 2022 remot3.it, Inc. 3) 追加するサービスの設定画面が表示されます。「SERVICE TYPE」のプルダウンメニューから 「SSH」を選択し、「SAVE」ボタンをクリックします。 4) 中央ペインのサービス一覧に追加したサービスが表示されることを確認します。.
  14. 14. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 14/22 © 2022 remot3.it, Inc. 5) 同様の手順で、HTTPサービスを追加します。 * 「SERVICE TYPE」のプルダウンにプリセットがないサービスについては、TCPタイプでサービス名 とポート番号を編集することができます。. 6) 追加したサービス名がオンラインになっていることを確認(サービス名が取り消し線になっていないこ と) *しばらく待ってもサービスが開始されない場合は、左上の再読み込みのアイコンをクリックしてみてく ださい。. これでサービスの登録が完了しました。
  15. 15. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 15/22 © 2022 remot3.it, Inc. 5. remote.itを使って登録されたサービスに接続 ここでは、remote.it を使って登録されたサービスに接続する方法について説明します。 * remote.itを使用して登録されたサービスに接続する方法については、以下のガイドも参照してください。. https://support.remote.it/hc/en-us/articles/4425640060173 1) デスクトップアプリケーション remote.it を起動し、サインインして、使用するデバイスの名前をク リックします。 2) 接続したいサービスをクリックします。(例としてSSHを選択)
  16. 16. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 16/22 © 2022 remot3.it, Inc. 3) 「ADD TO NETWORK 」ボタンをクリックします。 4) 接続アイドルが成功すると、アプリケーションからアクセスするためのアドレスとポート番号が表示され ます。次に、"LAUNCH "アイコンをクリックします。 * 接続に使用するアプリケーションがある場合、接続先として指定されたアドレスとポート番号を指定しま す。.
  17. 17. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 17/22 © 2022 remot3.it, Inc. 5) SSH接続のためのユーザー名を入力し、「SAVE」ボタンをクリックします。 6) SSHクライアント(Windowsでは標準のコマンドプロンプト)が起動します。通常通りRSA鍵の指紋を 確認し、パスワードを入力することでSSHコンソールに接続できます。
  18. 18. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 18/22 © 2022 remot3.it, Inc. 7) 同じ手順で、HTTPサービス(DraginoデバイスのWeb UI)にブラウザで接続することもできます。
  19. 19. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 19/22 © 2022 remot3.it, Inc. 5. アンインストール remote.itをアンインストールするには、Draginoデバイス上でプログラムを削除し、remote.itクラウドの登録 情報を削除してください。. 5.1. remote.itをアンインストール Draginoデバイスにインストールされているremote.itパッケージを削除します 1) DraginoデバイスのWeb UIにアクセスし、「Systems 」タブの 「Remote.it 」メニューをクリックします。 2) 「Remove」ボタンをクリックします。
  20. 20. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 20/22 © 2022 remot3.it, Inc. 3) デバイスの登録に成功すると、「ステータス」に「Removal complete」のメッセージが表示されます。 4) 「Refresh」ボタンをクリックすると、ステータスメッセージが最初の2つの赤いメッセージに変 わります。アンインストールが完了しました。
  21. 21. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 21/22 © 2022 remot3.it, Inc. 5.2. remote.itデバイスの削除 次に、remote.itに登録されているターゲットデバイスの情報を削除します。. 1) remote.itのデスクトップアプリを起動し、サインインして、ターゲットデバイスが "オフライン "になっている ことを確認します。. 2) デバイスの詳細表示の右上にあるドットアイコンをクリックし、メニューの「Delete Device」をクリ ックします。
  22. 22. remote.itをDragino LoRaWANゲートウェイで利用する方法 Page 22/22 © 2022 remot3.it, Inc. 3) 確認画面で 「DELETE DEVICE」ボタンをクリックします。. デバイスリストからデバイスが消えていることを確認します。 これでアンインストールは完了です。

×