Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

SX1302 LoRaWANゲートウェイ LIG16 日本語ユーザーマニュアル

SX1302 LoRaWANゲートウェイ LIG16 日本語ユーザーマニュアル

  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

SX1302 LoRaWANゲートウェイ LIG16 日本語ユーザーマニュアル

  1. 1. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 1 / 46 SX1302 LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語ユーザーマニュアル Document Version: 1.0 Firmware Version: lgw-5.4.1609393379 Version Description Date 1.0 Release 2021-Jan-3 1.0JP 和訳 2021-Feb-8
  2. 2. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 2 / 46 1. イントロダクション................................................................................................................................................5 1.1 LoRaWANゲートウェイ LIG16 とは?........................................................................................................5 1.2 仕様............................................................................................................................................................................6 1.3 特徴.............................................................................................................................................................................7 1.4 ハードウェアシステム構成 .................................................................................................................................7 1.5 LIG16 アプリケーション........................................................................................................................................7 1.6 LED 表示...................................................................................................................................................................8 2. LIG16 にアクセスと設定 ...................................................................................................................................9 2.1 LIG16 の IP アドレス検出....................................................................................................................................9 2.1.1 WiFi で接続...................................................................................................................................................9 2.1.2 ルーターDHCP IPの WAN ポートで接続....................................................................................9 2.1.3 PCのダイレクト LAN ポートで接続 .....................................................................................................9 2.1.4 ルーターDHCP IP の WiFi で接続.................................................................................................10 2.1.5 Fall Back IP LANポートで接続....................................................................................................10 2.2 ウェブ UI 設定でアクセス.................................................................................................................................11 3. 典型的なネットワーク設定.............................................................................................................................12 3.1 概観..........................................................................................................................................................................12 3.2 WAN ポートでインターネットアクセス ..........................................................................................................12 3.3 WiFi クライアントでインターネットアクセス.................................................................................................13 3.4 4G モデムでインターネットアクセス.............................................................................................................13 3.5 インターネット接続のチェック .........................................................................................................................14 4. 例 : LoRaWAN ゲートウェイとして設定......................................................................................................15 4.1 TTN でゲートウェイを作成 ..............................................................................................................................15 4.2 LIG16 を TTN に接続 .......................................................................................................................................17 4.3 周波数を設定.......................................................................................................................................................20 4.4 LoRaWAN エンドデバイスを設定..................................................................................................................21 5. ウェブ設定ページ .............................................................................................................................................23 5.1 Home........................................................................................................................................................................23 5.2 LoRa 設定..............................................................................................................................................................24 5.2.1 LoRa --> LoRa.........................................................................................................................................24
  3. 3. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 3 / 46 5.2.2 LoRa --> ABP Decryption..................................................................................................................25 5.3 LoRaWAN 設定 ....................................................................................................................................................26 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN.....................................................................................................................26 5.3.2 LoRaWAN --> LORIOT.........................................................................................................................26 5.4 MQTT 設定............................................................................................................................................................27 5.5 システム..................................................................................................................................................................28 5.5.1 System --> System Overview...........................................................................................................28 5.5.2 System --> General ( login settings)..............................................................................................28 5.5.3 System --> Network .............................................................................................................................30 5.5.4 System --> WiFi......................................................................................................................................31 5.5.5 System --> Cellular...............................................................................................................................31 5.5.6 System --> Network Status ..............................................................................................................31 5.5.7 System --> Remote Mgnt & Auto Update ...................................................................................32 5.5.8 System --> Firmware Upgrade .........................................................................................................34 5.5.9 System --> Reboot/Reset .................................................................................................................35 5.5.10 System --> Package Maintain...........................................................................................................36 5.6 LogRead(ログ解析)...........................................................................................................................................37 5.6.1 LogRead --> LoRa Log.........................................................................................................................37 5.6.2 LogRead --> System Log....................................................................................................................37 6. 追加機能.............................................................................................................................................................39 6.1 追加インストラクション ......................................................................................................................................39 7. Linux システム ...................................................................................................................................................40 7.1 SSH Access..........................................................................................................................................................40 7.2 ファイルを編集と転送........................................................................................................................................41 7.3 ファイルシステム.................................................................................................................................................41 7.4 パッケージメンテナンス ....................................................................................................................................42 8. Linux ファームウェアをアップグレート ........................................................................................................42 9. FAQ.......................................................................................................................................................................43 9.1 どうやって周波数帯をカスタマイズしますか?.......................................................................................43 9.2 LIG16を LORIOT に接続できますか?....................................................................................................43 9.3 独自ファームウェアをつくれますか?ソースコードの場所はどこですか?.................................43 9.4 915Mhz 周波数帯バージョンを 868Mhz で使えますか?...................................................................43 9.5 LED をコントロールできますか?.................................................................................................................43
  4. 4. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 4 / 46 10. トラブルシューティング...............................................................................................................................43 10.1 新規パッケージをアップグレードしたらカーネルエラー発生、修復できますか?...............43 10.2 ファームウェアクラッシュ発生、LIG16 を修復できますか? ........................................................44 10.3 WiFi アクセスしようとしたら IP アドレス不明、修復できますか? ............................................44 11. 注文情報........................................................................................................................................................45 12. 梱包情報........................................................................................................................................................45 13. サポート..........................................................................................................................................................46
  5. 5. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 5 / 46 1. イントロダクション 1.1 屋内 LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 とは? LIG16 は、オープンソースの LoRaWAN Pico Gateway です。 LoRa 無線ネットワークを WiFi、 Ethernet を介して IP ネットワークにブリッジすることができます。 LoRa 無線を使えば、ユーザー は低データレートでデータを送信し、非常に長い距離まで到達することができます。 LIG16 は、Semtech パケットフォワーダーと LoRaWAN ステーション接続をサポートしており、 LoRaWAN プロトコルと完全に互換性があります。 また LIG16 は、SX1302 LoRa コンセントレー タを搭載しており、従来のデバイスに比べて消費電流が少なく、トラフィック量が多い新世代の ゲートウェイとして利用することができます。 LIG16 は、さまざまな国で使用するために、あらかじめ設定された標準的な LoRaWAN 周波数帯 を持っています。 ユーザーは、独自の LoRaWAN ネットワークで使用するために周波数帯をカ スタマイズすることもできます。 LIG16 は、LoRaWAN ネットワークサーバー無しで ABP LoRaWAN エンドノードと通信することが できます。 システムインテグレーターは、独自の LoRaWAN サーバーをセットアップすることなく、 またはサードパーティの LoRaWAN サービスを使用することなく、既存の IoTサービスと統合する ことができます。LIG16 は、大量導入や長期保守のための自動プロビジョニングに対応していま す。システムインテグレーターをリモートで簡単に変更することができます。
  6. 6. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 6 / 46 1.2 仕様 ハードウェアシステム: Linux パート:  400Mhz ar9331 processor  64MB RAM  16MB Flash インターフェース:  10M/100M RJ45 Ports x 1  WiFi : 802.11 b/g/n  LoRaWAN Wireless  Power Input: USB Type C. 5V , 2A  USB 2.0 host connector x 1  SX1302 + 2 x SX1250 WiFi 仕様:  IEEE 802.11 b/g/n  Frequency Band: 2.4 ~ 2.462GHz  Tx power:  11n tx power : mcs7/15: 11db mcs0 : 17db  11b tx power: 18db  11g 54M tx power: 12db  11g 6M tx power: 18db  Wifi Sensitivity  11g 54M : -71dbm  11n 20M : -67dbm LoRa 仕様:  70 dB CW interferer rejection at 1 MHz offset  Up to -141 dBm sensitivity with SX1250 Tx/Rx front-end  125 kHz LoRa reception with:  8 x 8 channels LoRa® packet detectors  8 x SF5-SF12 LoRa® demodulators  8 x SF5-SF10 LoRa® demodulators  125 /250 / 500 kHz LoRa® demodulator 電力消費:  Max: 5v, 410mA
  7. 7. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 7 / 46 1.3 特徴  オープンソース Linux システム(OpenWRM)  LAN および WiFi 経由でウェブ UI, SSH 管理  LoRaWAN ゲートウェイ  オートプロビジョン機能 1.4 ハードウェアシステム構成 1.5 LIG16 アプリケーション
  8. 8. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 8 / 46 1.6 LED 表示 LIG16 は、6種類の LED があります。  パワー LED : 黄色 LED デバイスの電源が適切に入っている場合に LED が点灯し ます。  心臓部 LED : 緑色 LED LoRaWAN 接続があると LED が点灯します。  SYS LED : LED LED は別の状態で異なった色を示します。  ON:デバイスがインターネット接続中です。.  点滅: a) デバイスにはインターネット接続があるが、LoRaWAN 接続がない。 または b) デ バイスが起動段階にあり、この段階では数秒間点滅する。  OFF:デバイスがインターネットに接続されていません。  トライアングル LED : 機能なし  Ethernet LED :この LED は、ETHERNET インターフェースの物理的な接続状態を 示します。  WiFi LED :この LED は、WiFi 接続状態を示します。
  9. 9. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 9 / 46 2. LIG16 にアクセスし設定 TLIG16 は、デフォルトで WiFi アクセスポイントとして設定されています。 ユーザーは、WiFi ネ ットワークに接続した後、またはイーサネットポートを介して LIG16 にアクセスして設定すること ができます。 2.1 LIG16 の IP アドレス検出 2.1.1 WiFi 経由で接続 LIG16 の最初の起動時に、安全でない WiFi ネットワークコ ール dragino-xxxxxx を自動生成します。 パスワードは次のとおりです: dragino+dragino ユーザーはこの WiFi ネットワークに接続するためにラップトッ プを使用することができます。PC は、IP アドレス 10.130.1.xxx を取得し、LIG16 は、デフォルトの IP 10.130.1.1 となります。 2.1.2 ルーターDHCP IP WAN ポートで接続
  10. 10. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 10 / 46 ルータから IP アドレスを取得します。 ルータのWANポートでは、ルータが LIG16 に割り当て た IP アドレスを見つけることができるはずです。 この IP アドレスを使って接続することもできま す。 2.1.3 ルーターの DHCP IP で WiFi 接続 LIG16 がすでに WiFi 経由でルーターに接続している場合は、WiFi IP を使用して LIG16 に接続す ることができます。 2.1.4 フォールバックIPで WAN ポート接続 WAN ポートには、ユーザーがアップリンクルータに接続しない場合は、アクセスするためのフォ ールバック IP アドレスがあります。
  11. 11. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 11 / 46 2.2 ウェブ UI アクセスで設定 ウェブインターフェース PC 上でブラウザを開き、LIG16 の IP アドレスを入力します。 http://10.130.1.1/ (LIG16 の WiFi AP ネットワーク経由でのアクセス 或いは http://IP_ADDRESS または http:// IP_ADDRESS:8000 (アップリンクルータで IP が割り当てら れている場合) 以下に示すように、LIG16 のログインインターフェースが表示されます。 Web ログインのアカウント詳細は以下の通りです。 ユーザー名: root パスワード: dragino
  12. 12. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 12 / 46 3. 典型的なネットワーク設定 3.1 概観 LIG16 は、様々な環境に対応した柔軟なネットワーク設定に対応しています。 ここでは、LIG16 で設定できる代表的なネットワークトポロジーについて説明します。代表的なネットワーク設定 には以下のようなものがあります:  WAN ポートインターネットモード  WiFi クライアントモード  WiFi アクセスポイントモード 3.2 WAN ポートでインターネットアクセス デフォルトで LIG16 は、WAN ポートを使用してアップストリームネットワークに接続するように設 定されています。 LIG16 の WAN ポートをアップストリームルータに接続すると、LIG16 はルータ から IP アドレスを取得し、アップストリームルータを経由してインターネットにアクセスできるよう になります。 ネットワークの状態はホームページで確認できます。
  13. 13. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 13 / 46 3.3 WiFi クライアントでインターネットアクセス WiFi クライアントモードでは、LIG16 は WiFi クライアントとして動作し、WiFi 経由でアップストリー ムルータから DHCP を取得します。 WiFi クライアントの設定は、下記手順です。 System  WiFi  WiFi WAN Client Settings WiFi アンケートで WiFi AP を選択し、パスフレーズを入力し、[Save&Apply] をクリ ックして接続します。
  14. 14. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 14 / 46 3.4 インターネット接続チェック ホームページでは、インターネットの接続状況を確認することができます。  緑色チェック このインターフェイスはインターネットに接続されています。  黄色チェック このインターフェイスは IP アドレスを持っていますが、インターネット接 続していません。  赤色罰点 このインターフェイスは接続していません。
  15. 15. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 15 / 46 4. 事例: LoRaWAN として設定 LIG16 は、LoRaWAN プロトコルと完全に互換性があります。 LoRaWAN パケットをサーバに転 送するためにレガシーSemtech パケットフォワーダを使用しますが、そのネットワーク構成は以 下の通りです。 この章では、通信費無料のパブリック LoRaWAN サービス The Things Network(=TTN) LoRaWANネットワークサーバー. とLIG16との接続を取り上げています。LIG16は、他の同種類 LoRaWAN ネットワークサーバーもご利用することができます。 4.1 TTN でゲートウェイを作成 ステップ 1: Get a Unique gateway ID. 全ての LIG16 は、一意のゲートウェイ ID を持っています。 ゲートウェイ ID は、管理画面の LoRaWAN Configuration ページで確認できます。
  16. 16. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 16 / 46 このゲートウェイ ID は、: a840411b8268ffff となります。 ステップ 2: TTNでアカウント設定します。 ステップ 3: ゲートウェイを作成します。
  17. 17. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 17 / 46 注記!: ルータは選択した周波数プランと一致している必要がありますが、一致していない場 合、エンドノードがネットワークに参加することができません。どのルータを選択すればいいの かわからない場合は、下記 URL を参照してください。 ↓ https://www.thethingsnetwork.org/docs/gateways/packet-forwarder/semtech-udp.html#connect-a-gateway _server-addresses ゲートウェイを作成した後、以下のようにゲートウェイ情報を見ることができます。 4.2 LIG16 を TTN に接続設定 ここで、LIG16 を TTN ネットワークに接続するための設定をしなければなりません。まず、LIG16 がインターネットに接続されていることを確認してください。 適切なサービスプロバイダを選択し、k Save&Apply をクリックします。
  18. 18. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 18 / 46 注記!: サーバーアドレスは、TTN で選択したルーターと一致している必要があります。
  19. 19. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 19 / 46 ホーム画面では、LoRaWAN 接続の準備ができたことが確認できます。 チェック結果(Check Result) 上記の設定を行うと、LIG16 は TTN に接続できるはずですが、TTN から見た結果はうまくいくと ステータスが 接続済(connected)となります。
  20. 20. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 20 / 46 4.3 周波数の設定 使用する LoRaWAN エンドノードに合わせて LIG16 の周波数プランを設定する必要があります。 LoRaWAN センサノードからの LoRaWAN パケットを受信するようゲートウェイ側の周波数をあわ せます。 LoGRead ページで使われている周波数があっているか確認します。
  21. 21. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 21 / 46 以上の操作を行うことで LIG16 は、LoRaWAN ゲートウェイとして動作するようになります。 この LoRaWAN ネットワークに LoRaWAN エンドデバイスを追加し、TTN からのデータを確認する方法 を説明します。 下記では LoRaWAN I/O コントローラーLT-22222-L を参考にしていますが、他の LoRaWAN デ バイスについても同様です。 4.4 LoRaWAN エンドデバイスを追加します。 ステップ 1: LT-22222-L の I/O コントローラから OTAA キーで TTN にデバイスを作成します。 各 LT には、下記のようなデフォルトのデバイス EUI のステッカーが同梱されています。 ユーザーはこのキーを TTN コンソール画面で入力します。以下は TTN のスクリーンショットで す。アプリケーションにアプリケーション EUI を追加します。
  22. 22. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 22 / 46 APP KEY とデバイスEUIを追加します。 ステップ 2: LT-22222-L の電源を入れると、自動で TTN ネットワークに JOIN(参加)します。成 功した後、TTN にメッセージをアップロードが開始し、ユーザーは TTN コンソール画面でパケッ トを確認することができます。そしてアップロードされたデータを分析します。
  23. 23. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 23 / 46 5. ウェブ設定ページ 5.1 ホーム ゲートウェイシステムの実行状況を表示します。
  24. 24. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 24 / 46 5.2 LoRa 設定 5.2.1 LoRa --> LoRa このページでは、LoRa 無線の設定を行います。LoRaWAN プロトコルに応じたデフォルトの周波 数帯が設定されており、ユーザーはその周波数帯をカスタマイズすることができます。 LIG16 ハードウェア版は、異なる周波数帯域をサポートしています:  868: 有効周波数帯域: 863Mhz ~ 870Mhz. バンド EU868、RU864、IN865 または KZ865。  915: 有効周波数帯域: 902Mhz ~ 928Mhz.バンド US915、AU915、AS923 または KR920。 ユーザーが周波数プランを選んだ後、下記ページを点検することによって使用される実際の周 波数を確認できます。 LogRead --> LoRa Log 注記!. 周波数帯域をカスタマイズする方法については、下記 URL を参照してください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Customized_Frequency_Band_for_Gateway
  25. 25. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 25 / 46 5.2.2 LoRa --> ABP Decryption(この機能はまだ未実装です) LIG16 は、LoRaWAN サーバーを必要とせずに LoRaWAN ABP エンドノードと直接通信すること ができます: ・ インターネットと接続ができない場合 ・ ゲートウェイでデータを取得し、MQTT/HTTP などを利用して自分のサーバに転送した い。(ABP 通信方式と MQTT 転送を併用) この機能の詳細は、下記 URL をご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Communication_with_ABP_End_Node
  26. 26. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 26 / 46 5.3 LoRaWAN 設定 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN このページは、一般的な LoRaWAN ネットワークサーバー: TTN, ChirpStack など設定をおこな います。 注記! : パケットフィルタは、不要な LoRaWAN パケットをドロップするためのもので、詳細は下 記 URL を参照してください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Filter_unwanted_LoRaWAN_packets 5.3.2 LoRaWAN --> LORIOT LORIOT LoRaWAN ネットワークサーバーと通信するための設定です: https://www.loriot.io/ インストラクション: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_LORIOT
  27. 27. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 27 / 46 5.4 MQTT 設定 エンドノードが ABP モードで動作する場合、ユーザーは LIG16 を設定して MQTT ブローカにデ ータを転送することができます: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#MQTT_Forward_Instruction
  28. 28. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 28 / 46 5.5 システム 5.5.1 System --> System Overview システム情報を表示します。 5.5.2 System --> General (ログイン設定) システムパスワード:: LIG16 のログインは、root /dragino と admin /dragino の 2 種類があります。root も admin も WEB へのアクセス権は同じです。root は Linux システムへの SSH アクセス権も持っていますが、 admin は WEB のみのアクセスとなります。 このページでは、そのパスワードを設定することができます。
  29. 29. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 29 / 46 Timezone: デバイスのタイムゾーンを設定します。 Port forwarding: WAN インターフェースを介した HTTP および SSH アクセスを有効/無効にします。.
  30. 30. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 30 / 46 5.5.3 System --> Network LAN Settings: LIG16 が AP Enable の場合、LAN 設定で LIG16 自身のネットワーク情報を指定します。 WAN Settings: LIG16 WAN ポートの設定です。 WiFi Settings: WiFi クライアントとして使用する場合の LIG16 WiFi IP の設定です。
  31. 31. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 31 / 46 5.5.4 System --> WiFi LIG16 の WiFi 設定です。 5.5.5 System --> Network Status
  32. 32. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 32 / 46 5.5.6 System --> Remote Mgnt & Auto Update 自動プロビジョニングは、バッチ設定やリモート管理を行うための機能です。以下の 2 つの場合 に使用できます:
  33. 33. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 33 / 46 詳細は、下記 URL をご参照ください。 http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LPS8/Firmware/Application_Note/&file=Au to-update-feature.pdf R-SSH はリモートアクセスデバイスと管理のためのもので、下記下記 URL にて使い方を紹介し ています。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Remote_Access_Gateway_via_Reverse_SSH
  34. 34. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 34 / 46 5.5.7 System --> Firmware Upgrade 新機能やバグフィックスのために、LIG16 ファームウェアの改善を続けています。以下は参考リ ンクです:  Latest firmware: LoRa Gateway Firmware, http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LIG16/Firmware  Change Log: Firmware Change Log. http://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_Gateway/LIG16/Firmware/ChangeLog dragino-lgw–xxxxx-squashfs-sysupgrade.bin のファイル名が、アップグレードファームウェアイ メージファイルです。 Web  System  Firmware Upgrade 必要なイメージファイルを選択し、「Upload」をクリックします。画像が端末にアップロードされま すので、[Process]をクリックしてアップグレードします。 注記1:通常、アップグレードを行う際には、古い設定と新しいファームウェアの間に競合がない ことを確認するために、 [ 設定の保存 ] チェックボックスのチェックを外す必要があります。新 しいファームウェアは、デフォルト設定で起動します。.
  35. 35. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 35 / 46 アップグレード後は、自動的に新しいファームウェアで起動します。 注記!:Linux コンソールを介してファームウェアをアップグレードすることもできます。 ファームウェアをシステムの /var ディレクトリに SCP してから、以下のように実行します。 root@OpenWrt:~# /sbin/sysupgrade –n /var/Your_Image 注記!: /var ディレクトリにイメージを転送することが重要です。そうでない場合は、利用可 能なフラッシュサイズを超える可能性があります。 5.5.8 System --> Reboot/Reset
  36. 36. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 36 / 46 5.5.9 System --> Package Maintain どのパッケージがインストールされているか?パッケージのアップグレードが可能かを表示する 場所です。
  37. 37. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 37 / 46 5.6 LogRead 5.6.1 LogRead --> LoRa Log LoRa 無線とトラフィクスの周波数を表示します。 5.6.2 LogRead --> Gateway Traffic 過去 72 時間のゲートウェイ・トラフィック統計と、直近の 100 件のゲートウェイ・トラフィック・エント リを表示します。 5.6.3 LogRead --> System Log システムログを表示します。
  38. 38. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 38 / 46
  39. 39. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 39 / 46 6. 追加機能 6.1 追加のインストラクション http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#LoRa.2FLoRaWAN_Gateway_Instruction
  40. 40. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 40 / 46 7. Linux システム LIG16、OpenWrt Linux System をベースにしています。 オープンソースであり、Linux 内部の設 定を自由に変更することができます。 7.1 Linux コンソール用 SSH アクセス ユーザは SSH プロトコルで Linux コンソールにアクセスすることができます。PCとLIG16が同 じネットワーク内にあることを確認し、SSH ツール(putty など)を使ってアクセスしてください。 IP アドレス: LIG16 の IP アドレス Port 数: 22 or 2222 ユーザー名: root パスワード: dragino (デフォルト) ログイン後、Linux コンソールでコマンドを入力できます。 “logread –f” コマンドは、システムの動作をデバッグするために使用することがで きます。
  41. 41. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 41 / 46 7.2 ファイルの編集と転送 LIG16 は SCP プロトコルをサポートし、SFTP サーバーを内蔵しています。これら 2 つのプロト コルを使ってファイルを編集したり転送したりする方法はたくさんあります。最も簡単な方法の一 つは、WinSCP ユーティリティを使用することです。WinSCP を介してデバイスにアクセスした後、 使用するには、同様にFTPウィンドウを使用してLIG16にファイルをドラッグ/ドロップしたり、ウィ ンドウ内で直接ファイルを編集することができます。 7.3 ファイルシステム LIG16 は 16MB のフラッシュと 64MB の RAM を搭載しています。RAM には/var と/tmp ディレク トリがあり、/tmp と/var に保存されている内容はデバイスを再起動すると消去されます。その他 のディレクトリはフラッシュにあり、再起動後も保持されます。 Linux システムは約 8MB ~10MB のフラッシュサイズを使用しているため、ユーザーが LIG16 フラッシュにデータを保存するスペースはあまりありません。ユーザーは外付けの USB フラッシ ュを使用して、ストレージのサイズを拡張することができます。
  42. 42. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 42 / 46 7.4 パッケージメンテナンスシステム LIG16 は、 OPKG パッケージメンテナンスシステム を利用しています。 パッケージサーバには 3000 以上のパッケージが用意されており、ユーザがアプリケーションに インストールできるようになっています。例えば、ユーザが iperf ツールを追加したい場合は、 関連するパッケージをインストールし、iperf を使用して LIG16 を設定できます。 右のリンクからいくつかの例の opkgs コマンドで参照してください。OPKG package maintain system Linux コンソールで実行します: root@dragino-169d30:~# opkg update // 最新のパッケージリストを取得 root@dragino-169d30:~# opkg list //有効なパッケージを表示 root@dragino-169d30:~# opkg install iperf // iperf をインストールすると、必要なパッケージを自 動的にインストールしてくれます。 . root@dragino-169d30:/etc/opkg# opkg install iperf Installing iperf (2.0.12-1) to root... Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/iperf_2.0.12-1_mips_24kc.ipk Installing uclibcxx (0.2.4-3) to root... Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/uclibcxx_0.2.4-3_mips_24kc.ipk Configuring uclibcxx. Configuring iperf.
  43. 43. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 43 / 46 8. FAQ 8.1 カスタマイズ周波数帯をどうやって設定しますか? 周波数帯のカスタマイズ方法は以下のリンクを参照してください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Customized_Frequency_Band_for_Gateway 8.2 ゲートウェイ用のファームウェアを自分で作ることはできますか?そのソー スコードはどこにありますか? はい、ブランド化を目的とした LIG16 用のファームウェアを作成したり、カスタマイズされたアプリ ケーションを追加することができます。 ソースコードとコンパイル手順は、下記 URL にあります: https://github.com/dragino/openwrt_lede-18.06 8.3 868Mhz 版は 915Mhz 帯でも使えますか? 868Mhz 版のハードウェアで US915 周波数帯を選択することは可能ですが、距離は非常に短く なります。868Mhz 版は 863~870Mhz 帯の RF フィルターを持っているので、性能が大幅に低下し ます。 8.4 トライアングル LED をコントロールできますか? まず、gpio22(トライアングル LED)をエクスポートして out に設定します。 echo 22 > /sys/class/gpio/export echo out > /sys/class/gpio/gpio22/direction ON: echo 0 > /sys/class/gpio/gpio22/value OFF: echo 1 > /sys/class/gpio/gpio22/value 9. トラブルシューティング 9.1 新しいパッケージをインストールするとカーネルエラーが発生します。どうや って修復しますか? パッケージをインストールすると、以下のようなカーネルエラーが発生する場合があります。 s: root@dragino-16c538:~# opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk Installing kmod-dragino2-si3217x (3.10.49+0.2-1) to root...
  44. 44. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 44 / 46 Collected errors: * satisfy_dependencies_for: Cannot satisfy the following dependencies for kmod-dragino2-si3217x: * kernel (= 3.10.49-1-4917516478a753314254643facdf360a) * * opkg_install_cmd: Cannot install package kmod-dragino2-si3217x. この場合、ユーザは -force-depends オプションを使ってパッケージをインストールすることが できます。 opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk --force-depends 9.2 ファームウェアがクラッシュした場合の LIG16 の復旧方法は? 下記の手順に従ってゲートウェイを復旧してください:: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Recover_Gateway 9.3 LIG16 を WiFi アクセス用に設定したのですが、IP を失ってしまいました。どう すればいいのでしょうか? LIG16 は WAN ポートにフォールバック IP を持っています。この IP は常に有効になっている ので、ユーザーは WiFi IP が何であるかに関係なく、フォールバック IP を使用して LIG16 にアク セスすることができます。フォールバック IP は、ユニットを接続し、デバッグするのに便利です。 注記!:フォールバック IP は LAN と DHCP ページで無効にすることができます。 フォールバック IP 経由で接続する手順: 1. PC のイーサネットポートを LIG16 の WAN ポートに接続します。 2. PC のイーサネットポートの IP: 172.31.255.253 とネットマスク 255.255.255.252 を設定 します。下記スクリーン画面をご参照ください。
  45. 45. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 45 / 46 3. PCでは、172.31.255.254 を使用して、Web またはConsole を介してLIG16にアクセスします。 10. 注文情報 品番: LIG16-XXX: XXX: Frequency Band  868: 有効周波数帯域 863Mhz ~ 870Mhz. for band EU868 or IN865.  915: 有効周波数帯域: 902Mhz ~ 928Mhz. for bands US915, AU915, AS923 or KR920 11. 梱包情報 商品パッケージは下記が同封されています:  LIG16 LoRaWAN ゲートウェイ本体 x 1 台  LoRa 無線用スティックアンテナ x 1 個  電源アダプター x 1 個  環境保護紙を使用した包装箱 寸法と重量:  デバイスサイズ: 12 x 8.5 x 3 cm  デバイス重量: 150g  梱包サイズ / pc : 21.5 x 10 x 5 cm
  46. 46. www.dragino.com LoRaWAN ゲートウェイ LIG16 日本語マニュアル 46 / 46  梱包重量 / pc : 360g  カートン寸法: 45 x 31 x 34 cm. 36 箱/カートン  カートン重量: 12.5 kg 12. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com

×