Ce diaporama a bien été signalé.
Le téléchargement de votre SlideShare est en cours. ×

製品の質と、仕事の質を向上させるふりかえりの活用

Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Publicité
Prochain SlideShare
KPTとKPTA
KPTとKPTA
Chargement dans…3
×

Consultez-les par la suite

1 sur 75 Publicité

製品の質と、仕事の質を向上させるふりかえりの活用

製品の質を向上するには、その製品を生み出すチームの仕事の質を向上させることが肝要です。
チームがチームとして機能するまでの時間を短縮したり、チームが置かれている不確実性の高い環境において、成果を出し続けていくための、ふりかえり会のヒントを紹介しています。

製品の質を向上するには、その製品を生み出すチームの仕事の質を向上させることが肝要です。
チームがチームとして機能するまでの時間を短縮したり、チームが置かれている不確実性の高い環境において、成果を出し続けていくための、ふりかえり会のヒントを紹介しています。

Publicité
Publicité

Plus De Contenu Connexe

Diaporamas pour vous (20)

Similaire à 製品の質と、仕事の質を向上させるふりかえりの活用 (20)

Publicité

Plus récents (20)

Publicité

製品の質と、仕事の質を向上させるふりかえりの活用

  1. 1. 製品の質と、仕事の質を向上させる ふりかえりの活用 ~ ふりかえりの目的に沿った頻度とフレームワークの選び方 ~ 2021/4/30 1 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター 天野 勝
  2. 2. 現職 オブジェクト指向、アジャイル開発、開発現場の活性化をテーマに、ファ シリテーションを活用したコンサルティング、セミナー、人材活用企画に 従事 経歴 1995年 電機メーカの情報システム部門 2002年10月より現職 社外活動 マナビノシクミ 代表 OKR Japan マスターファシリテーター けぷた倶楽部 エバンジェリスト 資格 Licensed Scrum Trainer KPT/A Practitioner | Trainer 著書 『ダメふりかえりを撲滅する3つのヒント』 『LEADER'S KPT』 『OKRマネジメント入門』 『これだけ!KPT』 『正しく学ぶソフトウエア設計』 『eXtreme Programmingテスト技法』 訳書 『リーン開発の本質』 『アジャイルソフトウェア開発スクラム』 2 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 プロフィール 天野 勝(あまの まさる) 永和システムマネジメント コンサルティングセンター センター長
  3. 3. ◼ 株式会社 永和システムマネジメント(https://esm.co.jp/) ◼ 本社:福井県福井市 ◼ 1980年創業、2002年東京事務所開設 ◼ 金融、医療、オブジェクト指向を使った システム開発 ◼ コミュニティ活動や、書籍の執筆・翻訳に積極的 3 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 会社紹介 福井県福井市 リモート見学 受付中 https://www.agile-studio.jp/tour
  4. 4. ◼ 忙しさのあまり、仕事をやりっぱなしにしていないでしょうか? ◼ 問題があった案件だけ、分析をしていないでしょうか? ◼ 不確実性が高い中で、製品の質を上げるには、フィードバックを素早く繰 り返しながら、仕事の質を上げていかなくてはなりません。 ◼ 仕事の質が製品の質を左右するのです。 ◼ 仕事の質を上げるには、発生する問題対して対処療法的な解決を試み たり、じっくり時間をかけて問題の根本原因を特定して取り除くことだけ では不十分です。 ◼ 自身らの行動を客観視し、素早く問題事象を取り除くこと、良い行動をよ り良く行なえるように根付かせていくことが重要です。このような素早い フィードバックを行なう方法を「ふりかえり」と呼んでいます。 ◼ この講演では、ふりかえりの効果と使いどころを紹介した事例でイメージ をつかんでいただきます。ふりかえりのフレームワークを用いた具体的 な進め方、他のツールと組み合わせてふりかえりの効果を上げる方法を 紹介いたします。 4 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 概要
  5. 5. ◼ ふりかえりの事例紹介 ◼ 「ふりかえり」の定義 ◼ ふりかえり会の効果 ◼ ふりかえりの活用シーン ◼ ふりかえりのフレームワーク ◼ KPTAフレームワーク ◼ 解決志向アプローチ ◼ KPTとKPTAの使い分け ◼ 様々なふりかえりフレームワーク ◼ ふりかえりの活かし方 ◼ OKRとふりかえりの組み合わせ ◼ 見える化とふりかえりの組み合わせ 5 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 本日のお話
  6. 6. ふりかえりの事例紹介 2021/4/30 6 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  7. 7. 「ふりかえり」の定義 2021/4/30 7 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  8. 8. 8 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえりとは [1/2] 過去の学びを、幸福な未来を作ることに活かす行為のこと 現在 過去 未来 幸福度
  9. 9. ふりかえりとは [2/2] ◼ 過去の学びを、幸福な未来を作ることに活かす行為のこと ◼ 学びには、経験から得られる気づきを含む ◼ 自身の行動を客観視することで、学びを得る ◼ マナビサイクル「P-D-S-A」のS-A、 カイゼンサイクル「P-D-C-A」のC-Aに相当 ◼ Plan:計画 ◼ Do:実行 ◼ Study:学習、Check:評価 ◼ Act:改善 ◼ 繰り返すことで、次第に成長する 9 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 各人の経験で得た学びを共有することで共に成長が加速する ※カイゼンサイクルは、デミングサイクルや、シューハートサイクルとも呼ばれる。
  10. 10. ふりかえり会の効果 チームのふりかえり 2021/4/30 10 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  11. 11. 11 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 チームの活動イメージ 製品の質を上げるには、チームの仕事の質の向上が肝要 😃 顧客/ユーザー チーム メンバー(個人、関係) プロセス ツール 製品/価値 原料 廃棄物 要求
  12. 12. ふりかえり会の効果 効果 説明 対話の場作り ・個人間で、話しやすくなる。 ナレッジの共有 ・個人の暗黙知が表出化され共有、蓄積される。 チームビルディング ・チームの行動規範が生まれ、チームに一体感が生ま れる。 アイデアの創発 ・質の高いアイデア(イノベーション)が生まれやすくなる。 ・チームとして前向きな思考になる。 コーチング効果 ・目標達成に対して自主性が増す。 ・行動への動機づけがされる。(モチベーション向上) 12 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 個人やチームの成長が期待できる
  13. 13. ふりかえりの活用シーン 2021/4/30 13 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  14. 14. ふりかえり(会)の活用シーン 利用場面 説明 システム開発 ・イテレーション/スプリントごとに実施(アジャイル) ・チームで毎週実施(ウォーターフォール) コールセンター ・週に1回の作戦会議で実施 看護師 ・チーム医療の運営に定期的に実施 ・交代勤務なので参加者は流動的 目標面談(1on1) ・上司と部下で、1週間/1か月毎に目標面談を行い、 期末の達成度を高める OKR ・個人や、チーム、組織の目標に向かって、自律的 に最善の行動をとるようになる スポーツチーム(社会人、少年団) ・毎日の練習後に個人で実施 ・毎試合後にチームで実施 学習塾 ・学習の習慣付け(自発的な学習)に活用 ・学習の障害の早期発見、早期改善 14 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 様々な場面で利用されている
  15. 15. 15 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえり会の実施タイミング [1/2] 頻繁にふりかえれば、短時間ですみ、すぐに行動に活かせる プロジェクト 工程① 工程② プロジェクト 定期開催 工程② 工程① Keep Problem Try Action Keep Problem Try Action Keep Problem Try Action Keep Problem Try Action Keep Problem Try Action Keep Problem Try Action 思 い 出 す
  16. 16. 16 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえり会の実施タイミング [2/2] 他のプロジェクトへのナレッジの転用は慎重に プロジェクト 工程① 工程② 工程③ プロジェクト プロジェクト Keep Problem Try 思 い 出 す プロジェクト 工程① 工程② 工程③ Keep Problem Try 思 い 出 す Keep Problem Try 思 い 出 す Keep Problem Try 思 い 出 す
  17. 17. 病院でのふりかえりの事例 KPTフレームワーク 2021/4/30 17 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  18. 18. 18 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 やわたメディカルセンター様
  19. 19. 機器メーカーでの事例 KPTAフレームワーク 2021/4/30 19 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  20. 20. ◼ 動機 ◼ 部門長「自分たちで自分たちのやり方をカイゼンしてほしい。」 ◼ 対象チーム ◼ メカ、エレキ、ソフトの混合チーム。 ◼ 製品シリーズ毎に、チームがある。 ◼ 複数チームを兼務している人もいる。 ◼ やったこと ◼ ふりかえりの進め方の研修 ◼ 隔週でふりかえり会を実施。 ◼ 15分~60分 ◼ KPTAボードの写真を送付。 ◼ 講師からのフィードバック。 20 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 機器メーカー様
  21. 21. 21 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAふりかえり会の履歴
  22. 22. 22 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 履歴を追跡
  23. 23. 23 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 フォローアップの例
  24. 24. ◼ リーダーの負荷減少 ◼ これまでは、プロジェクトが抱えている課題をメンバーが話して、リー ダーだけが解決していた。これまで発言のなかった人が改善のアイ デアを挙げ、チームで課題を解決するようになった。 ◼ ナレッジの共有(技術伝承) ◼ 「○○について、○○さんに教えてもらう」というTryが多数挙がり、上 位者が、自身が多くの暗黙知を持っていることに気づいた。 ◼ 「知っているだろう」「教えるほどでもないだろう」と思い込んでいた。 ◼ 偉い人で、忙しそうにしているので、教えてもらうことに躊躇していた。 ◼ メンバーの巻き込み ◼ 最初は報告のために、しぶしぶやっている人がいた。しかし、それで も参加してくれて、アイデアは出してくれた。最終的には、それほどい やそうではなくなった。 24 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 部門長の評価
  25. 25. ふりかえりのフレームワーク 2021/4/30 25 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  26. 26. KPTAフレームワーク 2021/4/30 26 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  27. 27. KPTAの概要 ◼ Keep、Problem、Try、Actionの観点で過去の学びを次の行 動へつなげる思考フレームワーク ◼ Keep:続けること ◼ Problem:不満・不安なこと ◼ Try:試したいこと ◼ Action:実施すること ◼ 「けぷた」と発音する ◼ ふりかえりによく使われる ◼ 「KPTA≠ふりかえり」 ◼ テーマ欄を追加して使うこと が多い 27 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえりと相性の良い単純な思考フレームワーク Keep Problem Try 出典:『LEADER's KPT』 Action テーマ テーマはオプション
  28. 28. 28 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAのステップ Keep Try Problem Action Keepの強化や、Problemの改善 に効きそうなアイデアを挙げる 3 実施するTryを選択する 4 実行可能なActionに 落とし込む 5 続ける行動、 好ましい事象を挙げる 1 前回のTry、Actionを確認し、継 続する行動をKeepに移動する 0 不満、不安なことを 挙げる 2
  29. 29. 29 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAによるナレッジサイクル KPTAで繰り返すことで、ナレッジが蓄積、強化されていく Keep Problem Try Action 良い行動のナレッジ が蓄積され、 さらに強化される
  30. 30. 30 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAの例
  31. 31. 31 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAとPDSA、PDCA KPTAを繰り返すことで、マナビとカイゼンがまわる Keep Problem Try Action Plan Study & Check Do Act
  32. 32. ◼ 次も続けること(Keep) ◼ テーマがある場合は、テーマの達成や向上に寄与していること ◼ どんな些細なことでもよい(一番難しい) ◼ チームでやる場合でも、個人的なことを挙げてよい ◼ 前回のTry、Actionがあれば、それを次も続けるか検討する ◼ ポイント ◼ 「良いこと(Good)」も挙げる ◼ ただし、「良いこと」は 現象なので、続けられない ◼ その現象を引き起こす 行動(Keep)を確認する ◼ GKPTAを使って思考を促す 32 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Keep(続けること) Problem Try Keep Action
  33. 33. ◼ 不満に感じていること、工夫の余地がありそうなこと ◼ 発生している現象だけではなく、感じていることも挙げる ◼ 将来的に発生しそうな負の状況だと思うこと ◼ 未来の問題(不安、リスク)も挙げる ◼ テーマがある場合は、その達成の障害になっていること ◼ ポイント ◼ 「~してない」「~すべきだった」は要注意 ◼ TryありきのProblemは挙げない ◼ 行動の否定形は、Tryの裏返しになりがち それをしていないことで生じる不利益を挙げる 33 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Problem(不満・不安なこと) Try Keep Action Problem
  34. 34. Action ◼ よりよくなりそうな改善案を挙げる ◼ 問題に対する改善案を挙げる(解決志向で) ◼ やってみたらうまくいく予感のすることを挙げる ◼ 試すことを選択し合意(=同意+サポート)する ◼ ポイント ◼ 多くの選択肢を挙げて選ぶ ◼ 全てのTryを実施する必要はない ◼ 可能性のあるアイデア挙げることが重要 ◼ 「しっかり」「ちゃんと」は要注意 ◼ あいまいなため、各人で理解が異なりがち 34 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Try(試したいこと) Keep Problem Try
  35. 35. ◼ Tryを参考に、実行可能な行動を検討する ◼ Tryが具体化されていればそのままActionにしてもよい ◼ テーマに沿っていること ◼ Tryの実行にはなるが、テーマにつながらない行動はムダになる ◼ ポイント ◼ 期限内で行動できること ◼ 行動による効果が期待できること(実効性) ◼ 行動しやすいこと(実行性) 35 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Action(実行すること) Keep Problem Try Action
  36. 36. 進行について ◼ それまでの行動を点数化する ◼ 困らなければ改善の必要性を感じない ◼ 「表明じゃんけん」がおすすめ ◼ Keepから始まり、Actionで終わる ◼ 良いこと(Keep)を共有することで、雰囲気が良くなる ◼ お互いをたたえる ◼ 未来の話(Try/Action)をすることで、同じ方向を向ける ◼ 次も集まりたいと思える ◼ 勇気がわく ◼ Problemから始まる、Problemで終わるのはNG! 36 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTAはK⇒P⇒T⇒Aの順に実施する
  37. 37. 表明じゃんけん ◼ 各自が考えていることを、指の数を使って6段階で 一斉に表明する ◼ 言葉で言い表しにくいことを、他の人に伝えることが できる 37 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 各自が考えていることを知るきっかけを作れる
  38. 38. 解決志向アプローチ 2021/4/30 38 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  39. 39. Tryの出し方について ◼ まずは解決志向で行なう 39 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 短時間で行なえるやり方の方が継続できる Keep Problem Try 解決志向 原因追求 Action 各人が感じている問題を共有 し、何かしらの解決策を出すこ とを目的とし、問題の原因の 追究は行なわない
  40. 40. 40 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ◼ 概要 ◼ 問題を共有し、何かしらの解決 策を出すことを目的とし、問題の 原因の追究は行なわない ◼ メリット ◼ 素早く実施できる ◼ デメリット ◼ 同じ原因による問題が発生する 可能性がある ◼ 概要 ◼ 問題を発生させている、その真 因を深堀する ◼ メリット ◼ 真因を取り除ければ、問題が二 度と発生しなくなる ◼ デメリット ◼ 時間がかかる 解決志向 原因追求 解決志向と原因追求 ◼ ポイント ◼ 初めのうちのふりかえりでは、解決志向で行ない、サイクルをまわしても 解決できない問題があるようなら、その問題に対して原因追求を行なうと よい
  41. 41. 残り続けるProblemについて ◼ 自分たちで解決すべきProblemか判断する ◼ 解決すべきProblemでなければ、Problemから外す ◼ しかるべき受け先があるならば、そちらに回す ◼ 解決すべきProblemであれば、ふだんのふりかえり 会とは別に場を設け、しかるべき参加者を決める ◼ チーム外の有識者を招待する ◼ Problemを細かく分け、少しずつ改善していく ◼ 解決しようとすると、全く前に進めなくなることが多い ◼ Problemをとりまく環境を図解し、原因を探る ◼ なぜなぜ5回、因果関係図、リッチピクチャ、etc・・・ 41 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 解決しようとするのではなく、少しずつ改善を積み重ねる
  42. 42. KPTとKPTAの使い分け 2021/4/30 42 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  43. 43. 43 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 2種類のふりかえり カイゼンのための ふりかえり 記録のための ふりかえり 自身の活動を改善し続けるために行なうふりか えり。 自身がどのようにしてきたか、これからどのよう に行動すべきかを、決定することが目的。 自身ではない、他の人のために行なうふりかえり。 自身がどのようにしてきたか、どのようにすべき だったかを、他の人たちに残し伝えることが目的。 自身が行なう場合でも、しばらく時間をあけてか ら新たに活動する場合もこちら。
  44. 44. 44 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 KPTとKPTA Keep 続けること Problem 不満・不安なこと Try 試すこと Keep 続けること Problem 不満・不安なこと Try 試したいこと Action 行動すること KPT(けぷと) カイゼンのためのふりかえりにも、記録の ためのふりかえりにも使える。 しかし、カイゼンのためのふりかえりなの に、行動できないようなあいまいなTryし か挙がらないといことになりがち。 KPTA(けぷた) 「Action」欄があるため、具体的な行動を 決めるように促されるため、カイゼンのた めのふりかえりに向いている。
  45. 45. 様々なふりかえりフレームワーク 2021/4/30 45 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  46. 46. 46 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 様々なふりかえりフレームワーク 気づきや学びを得るために、フレームワークを有効活用する 思い出す 評価する 発想する 行動を決める タイムライン KPT KPTA YWT Fun-Done-Learn
  47. 47. ◼ 長期間の活動を思いだすために、時間軸に沿って、過去の 様々なできことを見える形にして、思い起こす手法 ◼ 「絵巻物」と呼んでいる人たちもいる ◼ 当時の感情を思い出し共有することで、より鮮明に当時の状 況を思い出したり、新たな気付きを得る 47 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 タイムライン 2月 3月 4月 5月 6月 自身の 出来事 社内の 出来事 世の中の 出来事 選挙 ダイヤ改正 熊本地震 知事退任 北海道で 無事発見 伊勢志摩 サミット 電力自由化 出来事 ネガティブ 感情 ポジティブ 感情 気づき
  48. 48. ◼ 日本能率協会が発祥のフレームワーク ◼ Y(やった事) ◼ やったこと、やったときの意図や結果 ◼ W(分かった事) ◼ 結果に対する気づき ◼ T(次にやる事) ◼ 具体的にできる事 48 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 YWT やった事 分かった事 次にやる事
  49. 49. ◼ 安井力氏が考案したふりかえりのフレームワーク ◼ ネガティブな観点がなく、ポジティブな気持ちになれる ◼ Fun(楽しかったこと) ◼ ポジティブな感情になった出来事 ◼ Done(完了したこと) ◼ やり遂げたこと ◼ チームに外に届けられたこと ◼ Learn(学んだこと) ◼ 個人のスキルアップ ◼ 新しい発見 49 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Fun-Done-Learn 参考 https://qiita.com/yattom/items/90ac533d993d3a2d2d0f
  50. 50. ◼ Fun-Done-Learn-Try-Action 50 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえりフレームワークの組み合わせ例 Fun Done Learn Try Action 思い出す 評価する 発想する 行動を決める
  51. 51. ふりかえりの活かし方 2021/4/30 51 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  52. 52. OKRとふりかえりの組み合わせ 2021/4/30 52 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  53. 53. Owner 53 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRとは ゴールを定めることで、効果的にリソースを活用するマネジメント手法 Objective Key Result Key Result ... 目的 ・ありたい姿(定性的) 主要成果 ・野心的で測定可能な 目標1~4つ ・1~3か月毎に変える 狭義の定義 活動の方向性を 示すゴール 広義の定義 マネジメントの手法 Action Action 実行主体 個人、チーム、組織 Action ... Action 行動 ・Key Resultを得るた めの働き ・随時変える
  54. 54. 54 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 実行主体とOKR 実行主体が変わっても、本質的な構造は変わらない Action KR O Action KR O Action KR O 個人 チーム 組織
  55. 55. 55 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRの原則:フォーカス 出典:「OKRマネジメント入門」
  56. 56. 56 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRの原則:アラインメント 出典:「OKRマネジメント入門」
  57. 57. 57 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRの原則:トラッキング 障害物 出典:「OKRマネジメント入門」
  58. 58. 58 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRの原則:ストレッチ 出典:「OKRマネジメント入門」
  59. 59. 59 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRのプロセス 1か月単位でも OK 出典:「OKRマネジメント入門」
  60. 60. 運用方法の具体例 ◼ 1週間サイクルのOKR運用の時間割の例 60 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 活動サイクルを決めて、回していくことで目標に近づける 1週間サイクルの 活動を時間割に 落とし込む 出典:「OKRマネジメント入門」
  61. 61. ◼ 「Key Result の達成状況を評価する」「行動を見直 す」「行動を決める」会議 61 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 OKRブリーフィング Check Act Plan K P T A 出典:「OKRマネジメント入門」
  62. 62. 見える化とふりかえり会の組み合わせ チームファシリテーション 2021/4/30 62 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  63. 63. 63 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 チームファシリテーション 素早くサイクルが回ることで、報告と判断が素早く行なえる マネジメント(PMOなど) チーム Plan Check Act Do Plan Check Do Act リズム 週計画会 朝会 ふりかえり会 実施計画 月 火 水 木 金 Don e ToDo Doing Done Don e Keep Try Problem 本人/チームが 業務の状況や すべきことを認識 異常状態へ のすばやい 対応 業務上の改善を 定常的に実施 (カイゼン) 仕事のミスやムダが減れば、 生産性が向上する 素早く正確な進捗情報 ・チームの週計画を進捗報告 の材料とする。 ・作業と連携した見える化ツー ルで正確に状況把握。 正しい情報による適切な判断 ・チームの状況と、大局を見据 えた判断を素早く行なえる。 ・相互のコミュニケーション 同期 見える化 ツール 問題を 隠せなくする
  64. 64. 64 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 = 基本的なタスクボードのレイアウト = タスクボード ToDo Doing Done するべきこと 実施中 完了 着手 完了
  65. 65. 65 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 = 「タスク」の記入例 = タスクボード 「見える化」の必要性によって記入項目を変える 設計案の説明 資料を作成する 田中 8/19 1.2 1.0 タスク名 担当者 見積工数 着手日 実績工数 設計案候補の比較表 を作成する タスク名のみ
  66. 66. 66 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 = バーンダウンチャートの例 = バーンダウンチャート 残作業量をプロットして進捗の傾向が把握できる 6/2 6/3 6/4 6/5 6/6 0 10 20 30 40 日時 残 作 業 量 基準線 計画線 実績線 未完了タスク の量 期限 (完了日) 開始日 burn down:鎮火 burn up:炎上
  67. 67. 67 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 = バーンダウンチャートの事例 = バーンダウンチャート 途中から退出時 間を記載 計画会から次の 朝会までに、タス クが追加された 不要な作業を 削除した マネジメントと調整し て次の定例会議まで のゴールを変更した 本来は稼働日以外 はカウントしない
  68. 68. 68 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 バグレゴ 協力:チェンジビジョン
  69. 69. 終わりに 2021/4/30 69 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  70. 70. ◼ ふかえりとは、過去の学びを、幸福な未来を作るこ とに活かす行為のこと ◼ 様々な規模のフィードバックサイクルを作るのに活 用できる ◼ 1~2週間程度で行なうのがオススメ ◼ プロジェクトならば、初期段階から始めるとよい ◼ 定期的なふりかえりにはフレームワークを用いると 効果的 ◼ KPTA、KPT、YWT、タイムライン、Fun-Done-Learn 70 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 終わりに
  71. 71. 参考資料 2021/4/30 71 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc.
  72. 72. ◼ チームが成長し続けられるふりかえり支援ツール 「Continuous KPTA」のSoloライセンスを無料で発行 しています。 ◼ 以下のページを参考に、お申し込みください。 https://docs.google.com/presentation/d/1W9KfjF_ArqMb- oT7tW5_lv84qgC-EbAPGUscXu76vwM/edit#slide=id.gaef653f15f_0_0 72 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 Continuous KPTA Soloライセンスの発行
  73. 73. 73 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 リモートふりかえり会の風景 https://agile-douga.tv/products/practices-of-an-agile-team-remote-retrospective
  74. 74. 行動 74 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 様々な階層でのふりかえり 幸福な未来を作るには、素早いフィードバックサイクルを作る ふりかえり 行動 行動結果 行動計画 目標 行動計画 行動結果 目標 ふりかえり ・・・ ふりかえり 行動結果 行動計画 目標 行動 😃 😃 😃 😣 😄 😍
  75. 75. 75 Copyright (c) 2002-2021 Eiwa System Management, Inc. 2021/4/30 ふりかえりとは(実施レベル) 気づきや学び、次のアクションを生み出す ふりかえり 行動計画 目標 行動結果 行動 気づき、学び 評価する 発想する 行動を決める 更新 行動計画 目標 文書化 ナレッジ (教訓/パターン) 思い出す

×