Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
IoTを支える(かもしれない※)技術 
Masayuki Uchida(@etmnk) 
くわっちょLT大会 in GMO Yours 
11.23.2014
※支えるとは言っていない
about me 
←こんなペンギン 
恵比寿でherokuとかsalesforceとか 
使ってSIしてます
今日話さないこと 
M2M 
具体的な実装
構成 
1. IoTを支える(かもしれない)プロトコル 
2. IoTを支える(略)クラウド
IoTを支える(略)プロトコル
従来のプロトコル 
SOAP 
HTTP(REST) 
get put post delete...
IoTにより 
モノがインターネットに繋がるようになる 
=>データが多くなる
データのやりとり 
デバイス⇔クラウド 
頻度 
少多 
データ量 
少イベントセンサー 
データ 
多画像ファーム 
ウェア
データのやりとり 
デバイス⇔クラウド 
頻度 
少多 
データ量 
少イベントセンサー 
データ 
多画像ファーム 
ウェア
センサーデータの特色 
一つ一つあたりのデータは小さい 
送受信の頻度が多い
MQTT 
軽量プロトコル 
ヘッダが小さい 
1対多、多対多のメッセージ配布 
Publish/subscribe モデル 
メッセージは'/'区切りのツリー状
MQTTの構造
メッセージサイズの比較 
request header response 
header 
HTTP 67byte 200byte 
MQTT 6byte 9byte
ここまでのまとめ 
扱うデータに応じて最適なプロトコルを選択
IoTを支える(略)クラウド
データを扱うサービス
ESB 
Enterprise Service Bus 
SOAの実現に必要な,システム同士をつなぐ基盤
ESBの最低限の機能 
各システムの情報を管理するリポジトリ 
プロトコルやデータ形式の変換 
メッセージのルーティング
プロトコル変換 
ESBに接続するシステム同士が同じプロトコルを使用する必がない 
FTP -> ESB -> REST
データ形式変換 
ESBに接続するシステム同士が同じデータ形式を使する必要がない 
XML -> ESB -> JSON
サポートするコンテナ 
(Mule ESBの例) 
Salesforce 
AWS 
Mongo DB 
Redis 
MQTT 
PostgreSQL 
MySQL 
JBoss
ここまでのまとめ 
疎結合のサービス/データはハブになるものを通せば 
いいよ(多分)
最後に 
でもまだIoTの将来は未定。。
ありがとうございました
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

IoTを支える(かもしれない)技術

IoTを支える(かもしれない)技術

  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

IoTを支える(かもしれない)技術

  1. 1. IoTを支える(かもしれない※)技術 Masayuki Uchida(@etmnk) くわっちょLT大会 in GMO Yours 11.23.2014
  2. 2. ※支えるとは言っていない
  3. 3. about me ←こんなペンギン 恵比寿でherokuとかsalesforceとか 使ってSIしてます
  4. 4. 今日話さないこと M2M 具体的な実装
  5. 5. 構成 1. IoTを支える(かもしれない)プロトコル 2. IoTを支える(略)クラウド
  6. 6. IoTを支える(略)プロトコル
  7. 7. 従来のプロトコル SOAP HTTP(REST) get put post delete...
  8. 8. IoTにより モノがインターネットに繋がるようになる =>データが多くなる
  9. 9. データのやりとり デバイス⇔クラウド 頻度 少多 データ量 少イベントセンサー データ 多画像ファーム ウェア
  10. 10. データのやりとり デバイス⇔クラウド 頻度 少多 データ量 少イベントセンサー データ 多画像ファーム ウェア
  11. 11. センサーデータの特色 一つ一つあたりのデータは小さい 送受信の頻度が多い
  12. 12. MQTT 軽量プロトコル ヘッダが小さい 1対多、多対多のメッセージ配布 Publish/subscribe モデル メッセージは'/'区切りのツリー状
  13. 13. MQTTの構造
  14. 14. メッセージサイズの比較 request header response header HTTP 67byte 200byte MQTT 6byte 9byte
  15. 15. ここまでのまとめ 扱うデータに応じて最適なプロトコルを選択
  16. 16. IoTを支える(略)クラウド
  17. 17. データを扱うサービス
  18. 18. ESB Enterprise Service Bus SOAの実現に必要な,システム同士をつなぐ基盤
  19. 19. ESBの最低限の機能 各システムの情報を管理するリポジトリ プロトコルやデータ形式の変換 メッセージのルーティング
  20. 20. プロトコル変換 ESBに接続するシステム同士が同じプロトコルを使用する必がない FTP -> ESB -> REST
  21. 21. データ形式変換 ESBに接続するシステム同士が同じデータ形式を使する必要がない XML -> ESB -> JSON
  22. 22. サポートするコンテナ (Mule ESBの例) Salesforce AWS Mongo DB Redis MQTT PostgreSQL MySQL JBoss
  23. 23. ここまでのまとめ 疎結合のサービス/データはハブになるものを通せば いいよ(多分)
  24. 24. 最後に でもまだIoTの将来は未定。。
  25. 25. ありがとうございました

×