Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

自動車の自動運転で何が変わるのか

2 210 vues

Publié le

今、世界的に大きな変化が訪れようとしています。
この資料が日本の多くの方々に読まれることで、多くの人が救われると思います。

質問、再利用についてはこちらまで
https://www.facebook.com/johnny.shaman

  • Soyez le premier à commenter

自動車の自動運転で何が変わるのか

  1. 1. 自動車の自動運転で何が変わるのか •3〜5年後を踏まえて
  2. 2. はじめに この資料の再配布、再利用を禁止いたします。 この資料を再利用して利益を挙げられた方へは、厳罰に対処いたします。 予め、ご了承下さい。
  3. 3. §1 自動運転技術に必要なもの ● 自動運転は、主に以下の機能が自動車に組み込まれています。 ● 障害物回避 ● 道路の把握 ● 姿勢制御 ● 操作パネル
  4. 4. 自動運転の障害物回避 ● メーカーによって実現方法が違います。 ● これは、メーカーごとの技術が統一されてないからで、技術的には統一するのではなく競 争で勝ち取ろうという意欲を感じます。実現したメーカーがグローバルスタンダードになると いうわけではなさそうです。但し、最低限の定義があるため、IEEEが規格化を行っていま す。現に、Googleが開発したシステムは非常に高額なため、実用化には経済的ハードル が有りましたが、2013年の5月にアメリカの高校生が開発したシステムは40万円で実現 されました。これにより、各自動車メーカーがこぞって開発を加速し始めたのです。具体的 な実現方法は、次のとおりです。
  5. 5. 自動運転の障害物回避 ● 電波を使ったレーダー式 ● レーザーとセンサーによるもの ● 光学的なセンサーで解像度はさほど高くなくても良い ● 上述を併用する方式
  6. 6. 自動運転での道路の把握 ● メーカーでの統一はない ● これについても、メーカーはGPS以外の部分は障害物回避と同様で共通点は見受けられ ません。次のような仕組みを使って問題が解決されています。 ● GPS ● 光学カメラ方式 ● レーザーセンサー式 ● やはり併用型が実用化される可能性が強い
  7. 7. 自動運転での姿勢制御 ● BMWは、車の力学的な制御が極限状態となった場合でも姿勢制御出来る技術を目指し ています。参考: ● 加速度センサー方式姿勢制御は、スマートフォンを振ったりすると操作できるものと同じ技 術を利用しています。 ● 姿勢制御についてはその他メーカーは取り組み次第です。
  8. 8. タブレット端末 ● 携帯がリモコン ● 車は、アンドロイド携帯やiphoneがリモコンになって動きます。ラジコンの操作とは違い、 自動で自分の所まで来たり、自動で駐車場に駐車したりといった操作が行えます。 ● タブレットは車載操作用として普及 ● 現在はあまり日の目を見ていないタブレットですが、タブレットで車内での目的地設定など を行えるようになっています。 ● androidとiPadで2極化 ● androidとiPadで2極化しており、どちらを採用するかはメーカー次第です。
  9. 9. §2 自動運転の普及について ● 2035〜2040年の自動運転の普及率は75% ● 安定動作する端末の開発はボトルネック ● オンデマンドタクシー化する自動車 ● 人身事故率90%削減 ● エネルギー効率が向上する
  10. 10. ● 75%と各機関の専門家が分析 ● 2020年には市販が開始され、その15年後には半数以上を占めるだろうと予測されていま す。2035年までに75%に到達する予測は、金融機関関係者における予測です。2040年 の予測はIEEE(アイトリプルイー)の専門家が予測しています。 ● 2022年頃からは、経済状態が加速度的に変化する可能性が大きい!実用化から、安定 供給に至り価格が安定するのがこのぐらいの時期からと予測できます。それにより急速な 経済変化が起こり始めることを想定できます。
  11. 11. ● 国内では政治的干渉が行われる? ● 交通という、公的な機関を利用するという意味で避けられない事実です。諸外国では、既 に2つの州が自動運転の車が公道を走れる法整備を行いました。日本人の考える癖を応 用すれば、この政治干渉は必然です。そして、交通のシステムは警察が掌握したいという のも事実です。よって日本では、何らかの単一的なシステムのもとにこれを実現するという 動きが起こりえる可能性が高いです。そこには必ず政財官の癒着が有ります。 ● 現在、IT企業でこの癒着を持っている会社は日本電機産業(NEC)です。つまり、NECの 株式は連日ストップ高となる可能性が非常に高いと言えます。通信量の増加とインフラの 整備も、同社のプロジェクトの元で進められるでしょう。
  12. 12. タクシー業界の大ピンチ ● 車をシェアリングするという選択肢 ● 自動運転がもたらす恩恵はたくさんあります。目的地に到着した自動車を別の人が別の場 所まで利用する。そうしたカーシェアリングが実現化する可能性もあります。 ● 駐車は全て無人化する ● 現状で分かっている範囲では、自動車の駐車時の運転は無人になることが分かっていま す。そして、スマートフォンで呼べばマイカーが自宅の玄関まで来る日はそう遠くありませ ん。これは、タクシーを呼ぶよりも利便性が高く「オンデマンドタクシー」と呼ばれています。
  13. 13. 交通事故率の低減 ● 自動運転化すると、事故90%減 ● 既に述べられている情報のうちの一つに、人が判断して行う運転よりも的確で素早い判断 ができる為、統計上で現在の事故は90%無くなると言われています。 ● 保険会社のあり方が変わる ● 事故が減るとなれば、保険のあり方が変わります。これにより保険会社のあり方も大きく変 わるでしょう。 ● 事故の責任は誰にある?現状、自動車保険で解決できていない問題の一つです。事故の 責任を他に言及するということになる可能性もあります。このことからも、保険のあり方は 大きく変わるということが分かっています。
  14. 14. エネルギー効率の向上 ● 駐車作業の無人化で効率化 ● 駐車作業は先にも述べたとおり全て無人化されます。人が行うよりも素早い判断が行われ るため、今までよりもエネルギー効率が上がる箇所が山ほどあると言われています。渋滞 問題の解決も期待されていて、物流にも大きな変化が起こります。 ● 運転時の作業時間が無くなる ● 時間も、エネルギーや資源として捉えることが可能です。運転時間が無くなることで家族と の対話が増え、外出する機会も増えます。運転しないことがもたらす利益は非常に大きい のです。必然的に車内での過ごし方が大きく変わります。
  15. 15. §3 経済的影響 ● 半導体の需要が増える ● 新車の購買意欲が増加する ● レンタカーが大躍進する ● ガソリンスタンドが激減する ● 物流企業の大革命 ● 旅行業界の大躍進と運転手の削減 ● 大型のワゴン、キャンピングカーの売れ行きが伸びる ● 床に固定できるソファ、寝具の売れ行きが伸びる ● 日雇い派遣業が大躍進する
  16. 16. §3 経済的影響 ● 自動車保険、自賠責保険の激変 ● 重機での作業は自動化出来ない ● 警備業の激変 ● 運動不足の懸念と健康器具、スポーツクラブと温泉の躍進 ● エンターテインメントの回帰 ● 通信量の増加と安定化に伴うコスト増、利益増 ● バイオマス資源の加速度的促進 ● 自動運転に伴う、新しい商品やサービスの開発 ● 「ものづくり」への原点回帰
  17. 17. 半導体の需要 ● 益々増える、半導体需要自動運転技術は、いくつかの精密機器を自動車に搭載します。 自動車が高性能であるためには、機器の小型化、軽量化、高性能化が条件です。更には 部品故障時の交換などを踏まえ、半導体の需要はますます高まります。半導体とは、電気 を流した時に特性を発揮する「物質」のことなのでその需要が高まります。 ● 安定動作するソフトウェア=人件費安定動作するソフトウェアは、人が作ります。人権費が 追加捻出できる会社がこの公共事業へ参入できる条件と言っても過言ではありません。
  18. 18. 半導体の需要 ● レアメタルの価値上昇!半導体には、しばしばイットリウムといったようなレアメタルが使わ れます。レアメタルの価値上昇から目が離せません。 ● 利益の大きいのは、半導体ソフトウェアは人件費がかかります、物質である半導体はその 製作過程においてソフトウェアよりは失敗率が少ないです。当初から頭角を現して利益を 伸ばすのは、半導体事業です。但し、投資先として選ぶには海外の企業が多いのと、既に どの企業が参入するかが決まっているためここに投資をしても旨味は少ないでしょう。リチ ウム電池業界と再利用を行っている事業への投資は効果があるでしょう。
  19. 19. 新車の購買意欲が増加 ● 新車を買うことが事業のコスト削減になる ● 新車を買うことで事故を起こす可能性が90%減るということは、事故を起こすリスクを費用 として考えた際の購買意欲は物凄く高いと言えます。おそらくは、自動運転車を購入するメ リットが大きい為、購入の為のマイカーローンは様々な敷居が低く設定されるでしょう。自 動運転自動車の資産価値はとてつもなく高いのです。 ● コスト削減のための「購買意欲」は、法人需要に注目 ● 企業でかかる経費の中で一番高いのは人件費です。人件費が削減できるとなれば、企業 は自動運転の自動車をいち早く購入するでしょう。それは、一部の人の失業を意味し、価 格の大変動も起こります。
  20. 20. レンタカーの大躍進 ● レンタカーは、無人配車化する ● レンタカーは自動運転により各家庭まで運転されるようになります。電話一本、無人でお届 けの時代が来るのです。 ● レンタカーの駐車が便利になる ● 注射のことを気にする必要は全くありません。レンタカーはいち早くシェアリング制度を導 入するでしょう。一日借りるのではなく、時間貸しが当たり前となりタクシーより格安になり ます。
  21. 21. レンタカーの大躍進 ● レンタカーの公共利便性が増す ● マイクロバスなどのレンタルを行えばそのまま団体旅行も出来ます。レンタル価格が時間 貸しとなることで公共利便性が増し、利用者は急増します。 ● レンタカーであれば、個人で車を所有する必要がなくなる ● 自動車重量税などは、個人で負担すると馬鹿になりませんがレンタルに頼れば負担の必 要はなくなります。 ● 自動車のオンデマンド化で大躍進 ● 自動車のオンデマンド化は返却時でも力を発揮します。乗り捨てても、自動運転で勝手に 帰っていきます。 ● 上記の理由で一番の注目は、なんといってもレンタカー業界です。これから分散投資する にも一番お勧めです。
  22. 22. ガソリンスタンドが激減 ● 燃料管理機能と自動運転で燃費が減る ● 自動運転での駐車場の無人化と渋滞の解消は燃費削減に効果大です。節約されたエネ ルギーは燃料の過剰需要を減らすため、ガソリンスタンドが激減します。 ● 燃料電池化、電気自動車化の動機になる ● 元々電気で操作するシステムであるため、自動車の電気化を促進します。 ● 水素ステーション、電気ステーションも急増はしない。 ● エネルギー効率が高いため、水素(燃料電池)ステーションや電気ステーションも急増はし ません。 電気自動車の充電は家庭でもできるのです。
  23. 23. 物流企業の大革命 ● 物流が自動運転化されるのは、一般車よりも少し後になる ● 大型車になればなるほど制御は難しくなります。しかしそれらは小型車の応用で実現が可 能なので少し後になるだけです。 ● 運転手の人件費削減で利益が増す ● 悲しい話ですが、ドライバーの皆さんは失業に対する備えが必要です。転職を視野に入れ た行動をとって下さい。一方、企業は利益が増します。物流が安くなるため、個人商店や ネットショップ、通販はより利便性が高まります。
  24. 24. 物流企業の大革命 ● 鉄道の衰退と国内航空便の衰退 ● 輸送自動化は様々な効率化につながるため、最終的には鉄道を衰退させ国内航空も衰 退する可能性があります。 ● 自動化されても無くならないのが物流。 ● 物流は、自動化されても無くなることはありません。小幅では有りますがリスクのない投資 先と言えます。
  25. 25. 旅行業界の大躍進 ● 旅行の機会が増える ● バスの運転が自動化されるため、バスはとても安価で遠くまで行ける手段となります。夜 行バスは事故とは無縁となり、経費の削減が旅行の促進に繋がります。レンタカーを借り るよりも遠方へ行く場合は、旅行会社の力を借りるのは今と同じです。 これにより、観光 資源の再発掘と観光化の促進されます。また、電子機器がひとつ増えることにより、人々 は開いた時間を創造性に割り当てるでしょう。地方振興と人情と風情の欲求増加に伴う、 温泉宿の需要増加が期待できます。
  26. 26. 旅行業界の大躍進 ● 口コミのレストランが流行る ● 自動運転の自動車にはGoogleマップを含むGPSナビゲーションを使います。AR(液晶画 面を通じて見ることで現実の建物にコメントなどを表示させる)システムはベンツで実用化 されています。こうした車と情報が密接に関与できる環境は口コミの重要度を高めます。 ● そういった広告手法を開発出来る広告代理店は大きな収益を上げるでしょう。
  27. 27. ワゴン、キャンピングカーの需要 ● 今より快適な車内空間を求めるようになる ● 今までは運転という作業に費やしていた車内の時間が自由時間となるため、車内空間の 居住性や利便性を求める声が高まります。人は、何かが解決したら何かを求める生き物 です。 ● 車内暮らしのメリットが増加する ● 家で暮らすよりも車内で暮らすことのほうがメリットになる時代が来ます。これは当分先に なりますが、自動運転の普及からまもなく行われます。ワゴン車にマットレスを敷いて寝る 時代はすぐそこです。
  28. 28. 車内リビングと寝具の需要 ● 一時的に増える ● 車内用のリビングが一時的に特需となるでしょう。車内に固定できるソファが発売されるか もしれません。あなたが作ってもいいんですよ? ● 新車にオプションで搭載される様になる ● 自動運転自動車に搭載してメリットのあるものは、自動車メーカーやディーラーとの専属契 約の機会となります。専属契約を機に起業する方も増えてくるでしょう。
  29. 29. 車内リビングと寝具の需要 ● ワゴンにマットレスを敷く人が急増する ● 自動運転中の着座義務がなくなれば、ワゴンにマットレスを敷いて眠る人が急増します。 キャンピングカーが急激に売れる理由もこの辺りです。 ● 移動しながら暮らせる時代 ● 車内暮らしが実現され、行きたい場所でやりたい仕事をする時代が来るかもしれません。 自分のライフスタイルに合った暮らし方が見つかるまで車内暮らしをする若者が増えま す。
  30. 30. 日雇い派遣業の大躍進 ● 休みながら作業現場へ行けるので労働者の負担が減る ● 車内暮らしの実現が労働者の負担を軽減します。現地宿泊も、ホテルを使う必要はなくな り経費が削減されます。 ● ホームレスの再雇用の促進 ● 車内暮らしはホームレスの受け皿にもなります。彼らが働くための雇用機会を増やす可能 性もあるのです。 ● 失業したドライバーの受け皿 ● ドライバーの失業が日雇いや一時雇用を促進します。車もレンタカーに頼り社用車の少な い企業は特に躍進します。
  31. 31. 自動車保険 自賠責保険の激変 ● リスク低減で掛金が1000円未満になる? ● 交通事故は大幅に減ります。そのためリスク低減により掛金は減額を余儀なくされます。 ● 交通事故の責任は誰のもの? ● 人よりも何倍も早く反応する自動運転は所有者の操作よりも正確無比に事故を回避しま す。これは、自動車の所有者ではなく歩行者にも事故の責任があるという法規に変わる可 能性があるということを示唆します。歩行者の保険が誕生する可能性すら有ります。
  32. 32. 重機作業は自動化出来ない ● 重機の現地調達時の輸送が自動運転化するのみ。 ● 重機オペレータの方はご安心下さい。自動運転はされますが自動作業はかなり無理があ るのです。重機オペレータの方は失業しません。 ● 重機オペレータの待遇が向上する運転をしないという労力を別のところへ使える為、労働 環境は改善されます。給与面などが変わらずとも楽になることで待遇が向上します。ダン プや生コンのドライバーの方は積み下ろし時の操作のみとなります。
  33. 33. 警備業の激変 ● 雑踏警備は不要になる ● 駐車場は全て無人で扱われるようになります。今のETCシステムを駐車場に導入し、駐車 料金は自動決済が盛んになります。手動決済も、手近な支払期の近くまで自動車を呼ぶ だけです。片側交互通行も自動化され、正面衝突も回避されます。必要なのは、事前の通 行止めや交通規制の情報配信だけになるため、雑踏警備は歩行者に対するもののみが 生き残ります。 ● 施設警備や機械警備の需要を拡大 ● 逆に施設を警備する保安警備は需要が高まります。失業率の高騰による治安悪化が理 由です。警備会社への投資は、会社によりお勧めです。
  34. 34. 運動不足と健康増進 ● 運動不足が更に進み、健康への関心が更に高まる ● 自動運転化は人々の運動不足に拍車を掛けると言われています。このため、健康に対す る意識が高まります。健康器具やスポーツクラブに関心が集まります。 ● 運動後の入浴と旅行により、温泉宿は繁盛します。人口の多い地域の郊外に位置する温 泉宿は人気になります。 ● より美味しく、より安全なものを求める動きが活発化 ● 健康意識の増進により、健康への意識はより高まります。「車内暮らし」の優雅さを求める 嗜好品やハーブティが躍進します。
  35. 35. エンターテイメントの回帰 ● 移動時間の家族の過ごし方が家の中とほぼ同じになる ● キャンピングカーが需要の主流となる頃には、家の中と変わらない生活が出来るようにな ります。チェスボードや囲碁、ボードゲームを主体としたパーティゲーム空間を作ることが 流行する可能性も大きいです。デジタルゲームの時間も相対的に増えるため、ゲーム業 界は更に好調となります。 ● より生の音楽を聴きたくなるようになり、ハイレゾが売れる ● 車内での快適性は、音楽にも言及されます。良い音源で良い音楽を聴く事が望まれるよう にもなります。
  36. 36. エンターテイメントの回帰 ● 移動劇場が復活する ● 洋の東西を問わず、移動する見世物は流行しました。これが再流行する可能性は否定で きません。馬車の事故率は低かったため、当時の移動劇場の芸人たちは大きな馬車の中 や野宿に近いキャンプを行って生活していました。移動劇場で移動しながら芸能をやる 方々も出てくる可能性はあります。 ● 映画館は移動式に変遷する ● 固定の映画館はそのお客様を繋ぎ止める新しい価値を見出す必要があります。車内に映 写機をおいて試聴する人々も増えるでしょう。そうすれば家にあるものより大迫力なものを 用意し、映写する動きも出てきます。
  37. 37. 通信量の増加 ● ナビゲーションによる通信量の増加 ● 自動運転が50%を占める頃には、ネットに膨大な量の通信が発生します。この問題は、今 の通信環境では耐えられないでしょう。 ● この通信量の増加を見越して、通信コストの見直しなどが行われる可能性が高いです。 ● 通信関係への投資は慎重を要します。企業は責務を全うできるかが問題です。
  38. 38. バイオマス資源の加速度的促進 ● バイオマス発電技術の効率を上げるための開発の必要性 ● 効率が上がるとはいえ、エネルギー需要は定率で増えます。現在、最もエコなエネルギー の一つはバイオマスだと言えます。 ● とうもろこしや安価な穀類、ジャガイモ等は更に需要増 ● このまま行けば飢餓にあえぐ人々が出てくる可能性もあります。先物取引で利益は出やす いでしょうが、いたずらな価格高騰に注意しましょう。
  39. 39. 自動運転に伴う商品の開発 ● 開発について ● ここでは、自動運転に伴うサービスや商品は、こういったことが考えられるというものを列 挙します。他にもアイデアが湧けば、一攫千金のチャンスも有りますので、今のうちに良い アイデアを発想しましょう。 ● 燃料電池機構の高効率化 ● 燃料電池用燃料補充ステーション ● バイオマス発電の小型化による、食べ残し発電の開発
  40. 40. 自動運転に伴う商品の開発 ● 精密機器の汚損防止カバー ● 免震構造の耐震テーブル ● 自動車用カーテンは大流行し、おしゃれに! ● 車内の照明が家庭用と近い感覚へ変化 ● 車内生活用の給排水関係 ● 無煙調理器具関係 ● 新しい自動車内の掃除機具や洗剤
  41. 41. 「ものづくり」への原点回帰 ● 再び必要になる、Made in Japan 品質の「ものづくり」 ● 以上のことから、日本が大きく市場に割り込むためには日本にしか出来ないことをやるべ きです。再び、「ものづくり」が役に立つ日がやって来ます。 ● 半導体センサー、レーザー発振器、電波発信機は精度の高さが安全性と密接に関係する ので、低解像度でも品質の高いものが要求されます。 ● 精密な型を制作できることで精密な動きを再現できる日本の技術は今後需要が高まりま す。
  42. 42. §4 経済変動を生き残る ● ドライバー職の方々は今のうちに他に生きる術を身に着けましょう ● ドライバー、運転手を生業とされている方々は転職を勧めます。教習所の需要も減ります ので、教習所の教官の方も考えられたほうがよろしいでしょう。事前に知ることで回避でき るリスクです。冷静に行動して下さい。 ● 何がどうなるかを正確に見極め、価値観の大きな変動に備えましょう ● 高度経済成長以来の大変動がやってきます。今のうちに有益な投資を行いましょう。
  43. 43. ご購読、ありがとうございました。

×