Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

CloudFormationと付き合い続けよう

883 vues

Publié le

2019/07/01 【学生限定】Akatsuki Geek Live Vol.3【LT会:7/1(月)】 の発表資料です。

コード化されたインフラ環境が失われてしまっても、取り戻すのはそんなに難しくなくなったよというお話でした。

https://aktsk.connpass.com/event/131240/

Publié dans : Ingénierie
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

CloudFormationと付き合い続けよう

  1. 1. CloudFormationと 付き合い続けよう Akatsuki Geek Live Vol.3
  2. 2. 自己紹介 じぃる サーバサイドエンジニア #個人ゲーム制作 #お絵かき
  3. 3. 今日持ち帰ってもらいたいもの ● 大規模システムを将来触ることになった時に 「こんなものあったな」と思い出せるようになる ● 最近のAWSの機能追加について知る
  4. 4. 大規模システムを運用しています
  5. 5. こんな感じ
  6. 6. これくらいの構成だと... ● 本番と同等構成の検証用環境を作るのが大変 ● 誰が何をいつ弄ったのかが明確でなくなる ● なぜこの設定になっているのかわからなくなる
  7. 7. つらい
  8. 8. AWS CloudFormation
  9. 9. AWSの構成を stackと呼ばれる jsonやyaml に書いて その通りに組んでくれる
  10. 10. こんな感じ { "Type" : "AWS::CloudFormation::Stack", "Properties" : { "NotificationARNs" : [ String, ... ], "Parameters" : { AWS CloudFormation }, "Tags" : [ Resource Tag, ... ], "TemplateURL" : String, "TimeoutInMinutes" : Integer } }
  11. 11. ● 構成の変更をバージョン管理できる ● 既存環境と同一構成の新しい環境を簡単に作れる
  12. 12. 夢のようなツール!
  13. 13. … ...
  14. 14. ...stack内で 変更が完結している場合は
  15. 15. 設定と現実の乖離
  16. 16. 「ちょっと急ぎスケールアップのために直接更新を...」 「xxのIP変わったからすぐ対応して」 「え、そんなツールで管理してたんですか?」
  17. 17. 全てが整った状態を 維持できないこともある
  18. 18. 設定と現実でどこに差分があるかわからなくなる 設定が適用できるかわからなくなる 今目先の変更を加えるには直接変更が「安心」になる 誰もstackを更新しなくなる コード管理されたインフラは維持されなくなる
  19. 19. CloudFormationと付き合い続ける 意思を持った運用が必要
  20. 20. ...だった(2018年11月まで)
  21. 21. 現在の構成と設定の差分を検出する 機能が追加されました
  22. 22. `ドリフトの検出`で すぐに実行可能
  23. 23. 変更がある場所が 一覧表示されるし
  24. 24. 具体的な差分が確認可能
  25. 25. 設定側の現実への追従が 簡単になりました
  26. 26. Infrastructure as Code は取り戻せる CloudFormationと付き合い続けよう

×