Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
引用元
2
科学的に考える
3
何が起きる?
(理論)
何が起きた?
(実証)
学習
改善の型
4
方向性や
挑戦を理
解する
現在の状
況を把握
する
次の目標と
なる状況を
決める
目標に向
かって繰
り返す
1. 方向性や挑戦を理解する
‣1∼3年以内の未来のVSM(aka
チャレンジマップ)を挑戦とする
‣改善するプロセスを決定する
•プロセスは人間の活動であること
•最初のうちは「見える、反復可能な、短期
的な」プロセスにするとよい
5
2. 現在の状況を把握する
‣折れ線グラフを作成する
‣グラフをストーリーボード(次ページ)
の「現在の状況」欄に貼り付ける
6
学習者のストーリーボード
7
フォーカスするプロセス
挑戦
PDCAサイクル
の記録
現在の
状況
目標と
する状況

達成方法:
障害物
置き場
3. 次の目標となる状況を決める
‣折れ線グラフに目標値の線を引いて、
目標とする状況に貼り付ける
‣障害物置き場に障害物を列挙する
(TODOリストではない)
8
4. 目標に向かって繰り返す
‣学習者のストーリーボードの前で
‣毎日コーチングセッション(5∼20分)を開く
‣あくまでも主役は学習者!!
‣コーチングセッションの内容:
•5つの質問(コーチ)
•PDCAサイクルの記録(学習者)
9
コーチングセッションの様子
10
学習者のストーリーボード PDCAサイクルの記録
障害物置き場 学習者
折れ線グラフ
コーチ
5つの質問カード
5つの質問
‣1. 目標とする状況は?
‣2. 現在の状況は?
‣---(カードを裏返す)--->
‣3. 目標達成の障害物は何?

ひとつだけ対処するとしたら?
‣4. 次のステップは何?

(次の実験では)何を期待する?
‣5. 次のステッ...
前回のステップに関する質問
‣1. 前回のステップで

計画したことは何?
‣2. 何を期待した?
‣3. 実際に起きたことは何?
‣4. 何を学んだ?
‣---> 5つの質問の3に戻る
12
PDCAサイクルの記録
13
選択した障害物
4で「繰り返す」のはなぜか
14
現在の知
識で見通
せる範囲
よくわかんないので試行錯誤
©Mike Rother
15
http://www-personal.umich.edu/~mrother/
改善の型 コーチングの型
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

改善の型 コーチングの型

from "Toyota Kata" by Mike Rother

Livres associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir

Livres audio associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir
  • Soyez le premier à commenter

改善の型 コーチングの型

  1. 1. 引用元 2
  2. 2. 科学的に考える 3 何が起きる? (理論) 何が起きた? (実証) 学習
  3. 3. 改善の型 4 方向性や 挑戦を理 解する 現在の状 況を把握 する 次の目標と なる状況を 決める 目標に向 かって繰 り返す
  4. 4. 1. 方向性や挑戦を理解する ‣1∼3年以内の未来のVSM(aka チャレンジマップ)を挑戦とする ‣改善するプロセスを決定する •プロセスは人間の活動であること •最初のうちは「見える、反復可能な、短期 的な」プロセスにするとよい 5
  5. 5. 2. 現在の状況を把握する ‣折れ線グラフを作成する ‣グラフをストーリーボード(次ページ) の「現在の状況」欄に貼り付ける 6
  6. 6. 学習者のストーリーボード 7 フォーカスするプロセス 挑戦 PDCAサイクル の記録 現在の 状況 目標と する状況
 達成方法: 障害物 置き場
  7. 7. 3. 次の目標となる状況を決める ‣折れ線グラフに目標値の線を引いて、 目標とする状況に貼り付ける ‣障害物置き場に障害物を列挙する (TODOリストではない) 8
  8. 8. 4. 目標に向かって繰り返す ‣学習者のストーリーボードの前で ‣毎日コーチングセッション(5∼20分)を開く ‣あくまでも主役は学習者!! ‣コーチングセッションの内容: •5つの質問(コーチ) •PDCAサイクルの記録(学習者) 9
  9. 9. コーチングセッションの様子 10 学習者のストーリーボード PDCAサイクルの記録 障害物置き場 学習者 折れ線グラフ コーチ 5つの質問カード
  10. 10. 5つの質問 ‣1. 目標とする状況は? ‣2. 現在の状況は? ‣---(カードを裏返す)---> ‣3. 目標達成の障害物は何?
 ひとつだけ対処するとしたら? ‣4. 次のステップは何?
 (次の実験では)何を期待する? ‣5. 次のステップから学べるのはいつ頃? 11
  11. 11. 前回のステップに関する質問 ‣1. 前回のステップで
 計画したことは何? ‣2. 何を期待した? ‣3. 実際に起きたことは何? ‣4. 何を学んだ? ‣---> 5つの質問の3に戻る 12
  12. 12. PDCAサイクルの記録 13 選択した障害物
  13. 13. 4で「繰り返す」のはなぜか 14 現在の知 識で見通 せる範囲 よくわかんないので試行錯誤
  14. 14. ©Mike Rother 15 http://www-personal.umich.edu/~mrother/

×