SlideShare une entreprise Scribd logo
1  sur  66
LOGO
PITCH DECK
1
こしガーヤ
武蔵野大学・立正大学
藤田海渡・藤田帆乃香 指導教員:西川哲夫
D I G
Discover Invisible Goodness
無価値の価値化
LOGO
を提案します!!
ロボット×メタバースでのオンライン観光で、1/365の住⺠へ
その土地を知り、価値を見出すことで旅行に行きたくなる
D I G
Discover Invisible Goodness
無価値の価値化
LOGO
1. 背景
2. 現状の旅⾏に関して
3. 有効的なビジネス施策の提案
4. 実現性について
LOGO
1.1 消滅可能性都市とは?
1.2 消滅可能性都市の条件と、
人口密度との関係
1.3 一休の宿泊者人口密度の
若年女性人口減少率との関係
1.4 年齢層別宿泊ホテルの
消滅可能性都市割合
1. 背景
2. 現状の旅⾏に関して
3. 有効的なビジネス施策の提案
4. 実現性について
LOGO
消滅可能性都市割合
消滅可能性都市 非消滅可能性都市
5
消滅可能性都市の割合
0
1
消滅可能性都市割合
1.1 消滅可能性都市とは?
少子化や人口移動に歯止めがかからず、2010年から2040年にかけて20~39歳の
若年女性人口が5割以下に減少すると予想される自治体のことを指す
約49.8%
全国の市町村1799のうち、896の市区町村(約49.8%)が2040年まで
に消滅する可能性があると推計される。
出典:日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口』[1]
出典:日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口 [1]』
LOGO
6
1.2 消滅可能性都市の条件と、⼈⼝密度との関係
y = -0.058ln(x) + 0.8066
R² = 0.4179
-0.1
0
0.1
0.2
0.3
0.4
0.5
0.6
0.7
0.8
0.9
1
1 10 100 1,000 10,000 100,000
若
年
⼥
性
⼈
⼝
減
少
率
︵
Rd
︶
⼈⼝密度(⼈/km2)
★消滅可能性都市の条件[2]
●着目する都市の若年女性人口変化率をRcとすると、
・ Rc ≡
2040年の20~39 歳の推定女性人口
2010年の20~39 歳の女性人口
ー1
・Rc≦-0.5の896の市区町村は、将来消滅の可能性が
あるといわれている。
●ここで、Rd(若年女性人口減少率)=-Rcとすれば、
消滅可能性都市の条件は、Rd≧0.5となる。
★全ての市区町村のRdの、人口密度依存性(左
図)[3],[4]
● Rd(若年女性次人口減少率)は、ln(人口密度)に対し
て、負の相関がある(相関係数=-0.65)
●消滅可能性都市の閾値(0.5)を赤線でプロット
●人口密度が1000人/km2を超えると、消滅可能性都
市は、ほとんどなくなる。
●人口密度が100人/km2を下回ると、ほとんど
が消滅可能性都市となる。
Rd≧0.5
消滅可能性都市の条件
⼈⼝密度が1000⼈/km2
を
超えると、消滅可能性都市は、
ほとんどなくなる。
⼈⼝密度が100⼈/km2をと
下回ると、ほとんどが消滅可
能性都市となる。
出典・引用
[1]日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口』
[2] 「ストップ少子化・地方元気戦略」資料1 人口再生産力に着目した市区町村別将来推計人口について
[3] 「ストップ少子化・地方元気戦略」 資料2-1 全国市区町村別「20~39歳女性」の将来推計人口
[4]全国都道府県市区町村別面積調 | 国土地理院
LOGO
7
1.3 ⼀休宿泊者⼈数密度の若年⼥性⼈⼝減少率との関係
y = 2.9486e-4.88x
R² = 0.0063
0.001
0.01
0.1
1
10
100
1000
-0.1 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1
一
休
宿
泊
者
人
数
密
度
*
人
/
km
2
)
若年女性人口減少率
消滅可能性都市では、
宿泊者⼈数密度が1を下
回る割合が⾮常に⼤きい。
★市区町村における⼀休宿泊者⼈数密度の若年⼥性⼈⼝
減少率Rdへの依存性(左図)
●市区町村は、⼀休での宿泊があった734の市区町村
●⼀休宿泊者⼈数密度は、各市区町村における⼀休での宿泊者
⼈数を、各⾃治体の⾯積 [1]で割って求めた。
●⼀休宿泊者⼈数密度は、若年⼥性減少率に対して、負の相関
●消滅可能性都市の閾値を⾚線でプロット
●消滅可能性都市では、⼀休宿泊者⼈数密度が1を下回る割合
が⾮常に⼤きい(82.3%) 。
消滅可能性都市では、観光客が少ない傾向
消滅可能性都市への観光客を増加させることが、
消滅可能性の解消に効く可能性
Rd≧0.5
消滅可能性都市の条件
出典・引用
[1]日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口』
LOGO
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
12,000
14,000
16,000
18,000
20,000
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代
消
滅
可
能
性
都
市
割
合
予
約
件
数
合
計
年齢層
年齢別予約件数、及びその中での消滅可能性都市割合
予約件数
消滅可能性都市割合
●提供データ
・宿泊予約データ (キャンセルされたデータを除いた)
●独⾃収集データ
・宿泊都道府県名とホテル名からGoogleAPIを⽤いて算出した住所データ
・⽇本創世会議「全国市区町村別「20〜39歳⼥性」の将来推計⼈⼝」[1]
予約件数は50代がピーク。
消滅可能性都市へ宿泊する割合は⼩さく、80代(163件)、90代(2件)を除き、30%未満。
22.4%
77.6%
宿泊者人数の宿泊先割合
消滅可能性都市 非消滅可能性都市
1.4 年齢層別宿泊ホテルの消滅可能性都市割合
8
LOGO
・SDGsの認知度は上昇傾向にあり、注目度が高い。
・旅行にSDGsを組み込む事例も存在し始めている
出典・引⽤
朝⽇新聞『SDGs認知度調査 第8回報告】SDGs「聞いたことがある」8割に急伸 』[5]
HIS「今求められている「SDGs経営」に向けて」
ソーシャルグッドとは
地球環境や地域コミュニティなどの「社会」に対して良い
インパクトを与える活動や製品、サービスのことをさす。
SDGsは、ソーシャルグッドの⼀つである。
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
2017 2018 2019 2020 2021
SDGsの認知度
76%
1.5 ソーシャルグッド(SDGs)の認知度と旅⾏への適⽤
12%
9
・親子で自然環境のリアルを学ぶ
SDGs旅による「ものごころつくり」
・【北海道/下川町】三井不動産株式会社様
SDGs研修旅行
・【岩手県/八幡平市】SDGs研修旅行
旅行にSDGsが組み込まれた事例
LOGO
背景まとめと⽬標
●旅⾏の現状に関する調査を⾏い、近年のトレンドとなっており、観光客の増加に
影響があると考えられる、以下のことについて調べる。
・SNSの旅⾏先決定への影響
・リモート観光
・ソーシャルグッド
●調査結果に基づき、課題を抽出し、都市圏以外の消滅可能性都市への旅⾏者数を
増やす施策を導き出す。
●消滅可能性都市について
①全国の都市の中で、約半数を占めている。
②消滅可能性都市かどうかと⼈⼝密度には、負の相関関係(R=−0.65)がある。
③消滅可能性都市への旅⾏者は少ない傾向にある。
・⼀休宿泊者⼈数密度が1を下回る割合が⾮常に⼤きい(82.3%)。
消滅可能性都市への観光客を増加させることが、消滅可能性の解消に効く可能性
●SDGsの認知度は⼤幅な上昇傾向にあり、旅⾏にSDGsを組み込む事例も増えてきた。
背景
⽬標
10
LOGO
1. 背景
2. 現状の旅⾏に関して
3. 有効的なビジネス施策の提案
4. 実現性について
2.1 国内宿泊旅行の頻度
2.2 SNSについて
・SNSの活用
・観光者数とInstagram投稿数の関係
2.3 リモート観光について
2.4 ソーシャルグッドについて
LOGO
12
2.1 国内宿泊旅⾏の頻度
出典:リクルートじゃらんリサーチセンター 「じゃらん宿泊旅行調査2022」[6]
0
100
200
300
400
500
600
700
800
900
0.0%
10.0%
20.0%
30.0%
40.0%
50.0%
60.0%
70.0%
80.0%
全体
20代
30代
40代
50代
60代・70代
全体
20代
30代
40代
50代
60代・70代
男性 男性 男性 男性 男性 男性 女性 女性 女性 女性 女性 女性
調
査
数
旅
行
回
数
割
合
(%)
性別年齢層
年齢層別旅行回数
調査数 3回以上 2回 0〜1回
旅行に行く頻度が、年に1回以下の割合が5割以上
旅行は時間・場所・金にとらわれるため、頻繁に行けない貴重なものになっている。
15.6
16.4
19.6
19.7
48.8
70.9
0 10 20 30 40 50 60 70 80
魅力的に感じる場所がない
一緒に行く人がいない
遠い
計画や手配が面倒
行く時間がない
費用がかかる
旅行に行かない理由
旅行に行かない理由に費用や時間が要因になっている
LOGO
13
旅⾏先を探すためにSNSが活⽤される
Instagramを活⽤する割合は全体で34%
35歳以下は58%、36歳以上は25%
2.2 SNSについて SNSの活⽤
出典:アクトインディ株式会社【おでかけ施設を探す際のSNS活⽤に関する調査】7割の親がおでか
け先探しにSNSを活⽤!よく活⽤するのは「Instagram」「LINE」の2強/いこーよ総研[7]
34%
33%
11%
9%
9%
4%
出かけ先探しに最も活用するSNS
Instagram LINE Twitter facebook YouTube その他
58%
18%
11%
6%
3%
3%
35歳以下
25%
38%
11%
10%
11%
5%
36歳以上
Instagram
Instagram
Instagram
LOGO
14
✓大正時代から魚の水揚げ用に作られたが、50年前にその役割を終えた全国でも数少ない木製の桟橋
✓2017年以前は、観光場所ではなく、地域住民にしかこの景色は知られていなかった。
✓現在は、潮風を浴びながら、のんびり夕陽や富士山を眺められる素敵なフォトスポットとして注目されている
2.2 SNSについて SNSの活⽤
Instagramで注⽬を集め観光地になった事例:千葉県南房総「岡本桟橋」
LOGO
北海道
⻘森県
岩⼿県
宮城県
秋⽥県
⼭形県
福島県
茨城県
栃⽊県
群⾺県
埼⽟県
千葉県
神奈川県
新潟県
富⼭県
⽯川県
福井県
⼭梨県
⻑野県
岐⾩県 静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
⼤阪府
兵庫県
奈良県
和歌⼭県
⿃取県
島根県
岡⼭県
広島県
⼭⼝県
徳島県
⾹川県
愛媛県
⾼知県
福岡県
佐賀県
⻑崎県
熊本県
⼤分県
宮崎県
⿅児島県
0
5
10
15
20
25
0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 10000
イ
ン
ス
タ
投
稿
数
/1000
⼈
︵
I/G
︶
観光⼊込客総数(万)
●各都道府県の観光⼊込客総数 [7]
・⽋損の少ない2015年と2016年データの平均値
・県内の宿泊・⽇帰り、及び県外の宿泊・⽇帰りの総和
●インスタグラム投稿数(万) [8]
・47都道府県に対して【#+都道府県名+観光】で、イ
ンスタグラム検索を⾏い、投稿数を取得。
●観光⼊込客総数 1,000⼈当たりのインスタグ
ラム投稿数(=I/G)
・ I/G=
インスタグラム投稿数
観光⼊込客 1,000⼈
● I/Gを、観光客からみた観光地の魅⼒度を測
る量として導⼊。
15
2.2 観光者数とInstagram投稿数の関係 各都道府県の観光⼊込客総数とインスタ投稿数/1000⼈の散布図
出典[8] 共通基準による観光入込客統計 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁
[9] Instagram
北海道
⻘森県
岩⼿県
宮城県
秋⽥県
⼭形県
福島県
茨城県
栃⽊県
群⾺県
埼⽟県
千葉県
神奈川県
新潟県
富⼭県
⽯川県
福井県
⼭梨県
⻑野県
岐⾩県 静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
⼤阪府
兵庫県
奈良県
和歌⼭県
⿃取県
島根県
岡⼭県
広島県
⼭⼝県
徳島県
⾹川県
愛媛県
⾼知県
福岡県
佐賀県
⻑崎県
熊本県
⼤分県
宮崎県
⿅児島県
0
5
10
15
20
25
0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 10000
イ
ン
ス
タ
投
稿
数
/1000
⼈
︵
I/G
︶
観光⼊込客総数(万)
●都道府県は、2つのグループに分かれる
関東圏などの国内の中核都市を除き
① I/G≧7.0
・奈良や広島、志賀、宮崎などいわゆる観光で有
名な都道府県
② I/G<7.0
・いわゆる観光県でない都道府県
●グループの特徴
・有名な都道府県は、そうでない都道府県に⽐べ、観
光客⼀⼈が投稿するインスタグラム数が、
2〜3倍多い ➡ 観光資源が多いことを反映
① I/G≧7.0
① I/G<7.0
LOGO
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
三重県
滋賀県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
愛媛県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県 鹿児島県
y = 78.373x + 1046
R² = 0.2312
0
500
1000
1500
2000
2500
3000
3500
4000
4500
5000
0 5 10 15 20 25 30 35 40
観
光
⼊
込
客
総
数
︵
万
︶
インスタグラム投稿数(万)
北海道
⻘森県
岩⼿県
宮城県
秋⽥県
⼭形県
福島県
茨城県
栃⽊県
群⾺県
新潟県
富⼭県
⽯川県
⼭梨県
⻑野県
岐⾩県
三重県
島根県
⼭⼝県
愛媛県
佐賀県
福井県
滋賀県
奈良県
和歌⼭県
⿃取県
岡⼭県
広島県
徳島県
⻑崎県
熊本県
⼤分県
宮崎県
⿅児島県
y = 178.09x + 511.18
R² = 0.7474
y = 41.714x + 697.31
R² = 0.5374
0
500
1000
1500
2000
2500
3000
3500
4000
4500
5000
0 5 10 15 20 25 30 35 40
観
光
⼊
込
客
総
数
︵
万
︶
インスタグラム投稿数(万)
1000⼈当たりのインスタ投稿数<5
1000⼈当たりのインスタ投稿数≧5
① I/G≧7.0
① I/G<7.0
16
●近年の、観光とインスタグラムの関係
・旅⾏先の写真を、映える写真として、インスタ
グラムに投稿することが流⾏
・⼀⽅、次に訪問する旅⾏先を、インスタグラム
の検索で決定することが盛ん
●各都道府県の観光⼊込客総数とインスタグラム
投稿数の散布図:正の相関(相関係数:0.48)
●先ほどのI/Gの⼤きさによる分類で2つのグ
ループに分けた。
●相関係数の大きな2つの線形な散布図に分離
●傾きの緩やかなグループ
・ ① I/G≧7.0 観光資源が多い(相関係数:0.86)
●傾きの急なグループ
・ ② I/G<7.0 観光資源少ない(相関係数:0.73)
●インスタグラム投稿数を増加させることによっ
て、観光客数を増加させることができるのでは
ないか?
出典[8] 共通基準による観光入込客統計 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁
[9] Instagram
2.2 観光者数とInstagram投稿数の関係 各都道府県の観光⼊込客総数とインスタ投稿数の散布図
LOGO
2.3 リモート観光について データ分析
オンライン観光ツアー メタバース観光
●COVID-19の流行による越境移動制限などがきっ
かけでスタートした。
●インターネットを利用した映像配信やガイドツアー
●参加目的は「旅の予習」が多い
●3DCGを用いて観光地を再現し、
●観光客はアバターとしてその中に入り込み観光を行う。
世界のメタバース市場規模(売上⾼)の推移及び予測
●現実旅行再開後も、体験者数は持続的に増大中。
●非常に安定的に推移している。
2021年から比較すると、2030年には、
市場が約17倍になると予測されている成長産業である。
旅行に関する統計データはまだ十分に整備されていない。
17
出典:HIS「HISオンライン体験ツアー 体験者数累計25万人突破」[10] 出典:総務省「第2部 情報通信分野の現状と課題」[11]
17倍
2021年 2030年
2022年
25万⼈突破
2022年8⽉
LOGO
11日間の開催で動員数10万人を達成!!!
沖縄の国際通りやビーチをメタバースで再現
アバターが被れるグッズなどを販売
18
引用:【オンラインツアー取材】群馬・みなかみ町の絶景スポット赤谷湖のカヤックツアーをZOOMで遊んでみた![12]
「バーチャルOKINAWA]
はじめてのカヤック体験
<穏やかな秘境の渓⾕からカヤックをはじめてみよう>
【オンライン体験】
実際の漕いでいる様子や景色などが見られる。
動画に臨場感があり、イメージトレーニングになる。
引用:バーチャル沖縄「沖縄初のメタバースへ、めんそーれ!!」[13]
2.3 リモート観光について リモート観光の事例
LOGO
オンライン観光ツアー メタバース旅行
メリット
実際の現地映像のため、
現実感・臨場感がある。
アバターとして、
メタバースの世界で
自由に観光ができる。
デメリット
現地の方の撮影のため、
自由な観光はできない。
CGの質感のため、
没入感・臨場感が味わえない。
インスタ投稿用の写真撮影ができない インスタ投稿用の写真撮影ができない
デメリットを解消し、メリットを増強できるような、
『実際の画像や映像を映し出し、自由な観光』を行い、
『自由な画角で写真撮影』ができる手段を提供できないか。 19
2.3 リモート観光について メリット・デメリット
LOGO
6%
12%
15%
16%
13%
12%
11%
12%
15%
24%
37%
41%
39%
39%
40%
43%
0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
80歳以上
70歳〜79歳
60歳〜69歳
50歳〜59歳
40歳〜49歳
30歳〜39歳
20歳〜29歳
15歳〜19歳
SDGsやエシカル消費に関する興味や取り組み状況
興味があり、現在取り組んでいる
興味はあるが、現在取り組んでいない
興味がない
分からない/知らない
無回答
15歳〜69歳の
「興味があると」
回答した割合
50%以上
20
2.4 ソーシャルグッドについて 取り組み状況
出典:消費者庁「消費者意識基本調査」[14]
しかし、興味がある人の中で現在取り組んでいる割合は約25%
(調査人数:5,453人)
SDGsやエシカル消費に関する取り組みに
「興味はあるが、現在取り組んでいない」理由
参加⽅法がわからないため、
現在取り組んでいない⼈が約半数
参加⽅法がわからない 46.6%
SDGsやエシカル消費に関する
興味や取り組み状況
参加できる機会を与えることが
取り組み増加に繋がると考える
LOGO
廃棄を減らすため
多くのECサイトで活発的に販売が行われているが、
認知度はまだ低い状況
誰しもが利用する
旅行サービス内で販売などを行うことで、
活動の認知度向上を狙い、
食品ロス問題に取り組む
21
水産業界
全体の水揚げ量の約3〜4割が未利用魚
市場が低い魚は、廃棄されている
農業業界
収穫量及び出荷量の推移
200万t
農作物の収穫量と出荷量には約200万tの差があり、
出荷できなかった多くの農作物は廃棄
出典・引⽤:佐々木俊介、渡辺浩平、酒井悠衣「未利用魚を巡る現状と課題」 [15]
終末顛末記「雑魚の未来ー雑魚を生かしたニッチビジネスー」[16]
農林水産省「作況調査(野菜)」[17]
2.4 ソーシャルグッドについて 廃棄問題
ソーシャルグッドを組み込むことで
消費をイミ消費を促す!
付加価値の創造
LOGO
22
調査まとめ・課題
1)⽇本⼈の旅⾏頻度は低く、費⽤・時間・⼿間・魅⼒的な場所が無いことが要因。
2)SNS(特にInstagram)が旅⾏先の決定に⼤きく影響している。
Instagram投稿数と観光客数に強い相関を発⾒した。
3)近年新しい旅⾏形態であるリモート旅⾏(オンライン観光ツアーとメタバース旅⾏)が誕⽣した
が、⾃由な観光ができない、没⼊感・臨場感が味わえない、インスタ投稿⽤の写真撮影ができな
いなどのデメリットがある。
●デメリットを解消し、
『実際の画像や映像を映し出し、⾃由な観光』を⾏い、
『⾃由な画⾓での写真撮影』が容易なリモート旅⾏の⼿段を提供することで、現地に⾏かなくて
も撮れる、映えるインスタ投稿の数、ひいては、観光客数の⼤幅な増⼤を⾒込むことができない
か?
4)ソーシャルグッドは注⽬されてきているが、参加⽅法が分からないため、取り組み状況はあまり
よくない。
●アクセスの多い旅⾏サービス内で未利用魚などを販売することによって、認知度を向上させると共に、
旅⾏に付加価値を与えることで、消費者の満⾜感と観光客数の増⼤につなぐことができないか?
LOGO
23
⾵景・体験
住⺠にとってその⼟地の観光資源は⽇常であり、
その⽇常の価値に気が付くことは困難である
規格外の野菜
ブランド化されていない⿂
市場性が低いため、価値はないと思われている。
「無価値」だと思われているモノ・コト
「無価値」を観光客の⼒で「価値」あるものへ
観光客数の増⼤
LOGO
24
施策の内容・詳細
ターゲット・機能・
利用イメージ
1. 背景
2. 現状の旅⾏に関して
3. 有効的なビジネス施策の提案
4. 実現性について
LOGO
を提案します!!
ロボット×メタバースでのオンライン観光で、1/365の住⺠へ
その土地を知り、価値を見出すことで旅行に行きたくなる
D I G
Discover Invisible Goodness
無価値の価値化
LOGO
観光ロボット
Moving Eye
D I G
3D画像を⽤いた
メタバース空間の提供
オンラインの
現地体験の提供
施策の内容・詳細について
地域の存在を知ってもらうための施策
・現地に⾏かなくても映える写真が撮れる仕組み
・それによって、インスタグラムの投稿数が増える
ソーシャルグッドな活動の推進施策
消費者の満⾜感+付加価値の創造
管理された施設内 施設外の公道など
これらを統合するアプリの提供
26
観光客数の増⼤
LOGO ターゲットの選定
ターゲット:20代〜40代
✓10代〜40代のInstagram利⽤率は、50%以上 ✓予約件数2,000以上の年代は、 20代〜70代
旅⾏に現状、あまり⾏けていない20代から、旅⾏に関⼼があり、
Instagram利⽤率の⾼い40代をターゲットととしてアプローチ
※:提供データ
[2]:令和3年度情報通信メディアの利⽤時間と情報⾏動に関する調査報告書<概要>[18]
27
0.0%
10.0%
20.0%
30.0%
40.0%
50.0%
60.0%
70.0%
80.0%
90.0%
100.0%
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
12,000
14,000
16,000
18,000
20,000
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代
Instagram
利
用
率
宿
泊
者
予
約
件
数
年齢層
宿泊者人数※とInstagram利用率[2]
宿泊予約件数
Instagram利…
ターゲット
Instagram利⽤率
宿泊者⼈数
LOGO
28
● 観光ロボット「Moving Eye」
● 3D画像を用いたメタバース空間の提供
● オンラインの現地体験の提供
● これらを統合するアプリの提供
施策の内容・詳細について
28
LOGO
29
ロボット機能・イメージ
利用者の顔となる画面
GNSS受信センサー
高性能カメラ
AI障害物回避センサー
6つのキャタピラー
スピーカー・マイク
太陽光パネル
裏面イメージ
広告
(QRコードを設置)
LOGO
30
DIG 観光探索マップ(イメージ)
みやげ
観光ロボット「Moving Eye」
エリア
オンライン現地体験エリア
オンライン現地体験エリア
3D画像を用いた
メタバース空間エリア
LOGO
31
利⽤イメージ
都道府県・地域名で検索できる
●ロボット設置地域の中から好きな場所を選択する
●地図で選択するか、都道府県・地域名、キーワー
ドで検索をすることもできる
①行き先を選択する
② DIG旅行をする(イメージP61.62)
③インスタグラムに、旅行中に撮影した
写真を投稿する
LOGO
32
観光ロボット「Moving Eye」での観光イメージ
施設内の観光は、観光ロボット「Moving Eye」で行う。
地元の方とのやりとりができる!
撮影スポットを自分の操作で探し出し、
気に入ったところでシャッター又は
ビデオ撮影を開始!
撮影した画像/動画は、すぐに同期さ
れる!
●メリット②
●メリット③
自由に移動ができる!
好きな角度・高さを調整できる!
●メリット①
32
●観光したい場所を選択して、出発!
●コントローラーで操作しながら自由に施設
内を散策する
●現地の人と会話をしたり、写真を撮って記
録し、楽しい思い出を沢山つくる!!
LOGO
進行・方向 カメラ角度
シャッター ビデオ
33
ロボットでの観光イメージ
パソコンやスマホ等から見える映像(旅行客視点)
現地の観光ボランティアさん
こんにちは〜!
良い天気ですね〜
沢山写真撮っていって
くださいね!
現地の観光ボランティアさん
LOGO
34
自分自身を映し出し撮影ができる機能
ロボットでの観光イメージ
旅行に行く前の初期設定で登録してもらう
スマホでスキャンした顔と用意されている身体を
組み合わせて自身の3Dアバターが作成される!
自撮りを撮影することや、複数人で記念写真を
撮ることも可能!
風景だけでなく、あたかも自分が
現地にいるような写真が撮影で
き、臨場感たっぷり
形に残る思い出になる!
洋服やコスチューム
+課金要素
自分自身の3Dアバター
LOGO
35
● 観光ロボット「Moving Eye」
● 3D画像を用いたメタバース空間の提供
● オンラインの現地体験の提供
● これらを統合するアプリの提供
施策の内容・詳細について
LOGO
36
Ø OpenStreetMap(オープン
ソースの地図サイト)からの
画像を3D変換した画像を用
いる(Appendix参照)。
Ø これまでのメタバース空間の
メリットはそのまま活用する。
Ø デメリットである没入感・
臨場感が生まれない問題
は低減できる。
ロボットが設置できない場所(公道など)に関しては、3D画像を用いたメタバース空間
でオンラインの観光体験を実施する。
こんにちは~!
どちらへ行かれましたか?
こんにちは!
一枚岩を見てきました。
ものすごい迫力でした
よ!!!
引用:OpenStreetMap[19]
LOGO
37
Ø Cesium ionで上空から
の画像を取得し、
メタバース空間を作成
Ø オンラインならではの
観光方法が可能になる。
メタバース空間では、現実の旅行では難しい空からの観光が気軽に体験できる。
こんにちは~!
どちらへ行かれてた
んですか?
こんにちは!
一枚岩を見てきました。
ものすごい迫力でした
よ!!!
引用:Cesium ion[20]
LOGO
38
観光で撮影した写真や動画
観光ロボット「Movig Eye」やメタバース空間で
撮影した写真や動画は、即時にアプリ内に転送され、
InstagramなどのSNSに投稿が可能。
Instagramによる拡散が期待できる!!
LOGO
39
● 観光ロボット「Moving Eye」
● 3D画像を用いたメタバース空間の提供
● オンラインの現地体験の提供
● これらを統合するアプリの提供
施策の内容・詳細について
LOGO
40
●観光ロボット「Moving Eye」の利⽤ができる場所
・ロボットで現実の⾵景を映しながら、農作物の収穫体験や⿂釣りなどの現地体験が
できる
●観光ロボット「Moving Eye」の利⽤ができない場所
・3D画像を⽤いたメタバースの空間で現地体験ができる
●収穫体験をして届く農作物は、味は変わらないが、規格外などの理由で市
場に出回らない農作物である。
●釣り体験で釣れる⿂は、その⼟地で釣れる市場に出回らない地⿂が釣れる。
体験で得た収穫物は、後⽇実際に⼿元に届く
⾷品ロス問題の解決に取り組む
ソーシャルグッドな施策
オンラインの現地体験の提供方法と提供物に関して
LOGO
41
例)釣り体験
海や川での釣り体験の実施
手順
1.海・川沿いに行く
2.釣りをしたい場所まで移動する
3.赤いボタンで釣り竿を投げる
4.魚がかかったら釣り竿が反応す
るため、タイミングを合わせて引
き上げる
5.釣った魚は、食べ方ガイドと共
に、後日郵送で家に届く
魚を釣り上げた!
オンライン現地体験イメージ
LOGO
42
● 観光ロボット「Moving Eye」
● 3D画像を用いたメタバース空間の提供
● オンラインの現地体験の提供
● これらを統合するアプリの提供
施策の内容・詳細について
42
LOGO
43
12:17
すぐに出発
どんな旅行先があるか見る
DIGで旅に行く理由を探索しませんか?
Moving Eyeとは~~~
~~~~~~~~~~~~~~~
旅行予約サイトで
予約も可能にする
アプリ利用イメージ
DIGで旅行を体験
実際に現地に行って
観光したい
同じアプリ内で旅行の
予約ができる
アプリにするメリット
旅行に関する機能
すべてを統合することで
利便性の向上を図る
12:17
DIG予約
旅行予約
LOGO
4.1 リモート観光と“DIG”の⽐較
4.2 メタバース空間の作成について
4.3 ビジネスモデル
4.4 実証実験
4.5 ロードマップ
4.6 事業費⽤
1. 背景
2. 現状の旅行に関して
3. 有効的なビジネス施策の提案
4. 実現性について
LOGO
45
4.1 近年普及し始めたリモート観光とD I Gの⽐較
リモート観光 D I G (Discover Invisible Goodness)
リモート観光
ツアー
メタバース観光 観光ロボット「Moving Eye」
3D写真を⽤いた
メタバース空間
特徴
●現地に⾏くことなく、好きな場所の写真を⾃分や
友⼈を⼊れて撮影可能で、映える写真をインスタ
グラムに投稿可能
●実際の画像を⽤いるため、メタバー
ス旅⾏より現実感を持って観光が可能
で、⾃由な画⾓で撮影が可能
●カメラ映像を使⽤
●ガイドが観光地を
案内
●CG画像を使⽤
●参加者は、アバ
ターとしてCG内へ
の参⼊が可能
●観光ロボットを使⽤し、現地のカメラ映像を視
聴可能
●観光ロボットが、⾃分の分⾝として現地を動き
回り、現地の写真を撮影する。
●⾃分や友⼈の写真をアバターとして、現地写真
に⼊れることが可能
●撮影した写真は、迅速にSNSに上げることも可
能。
●APIで取得した実際の画像を使⽤
●顔画像を⽤いることで、アバターと
して、参⼊でき、⾃分や友⼈の写真
を景⾊の中で撮影可能
●撮影した写真は、迅速にSNSに上げ
ることも可能。
⾏動制限 決められた場所だけ ⾃由に選択できる ⾃由に選択できる ⾃由に選択できる
⾏動範囲 狭い 狭い 狭い 広い
臨場感 少ない 少ない あり あり
カメラで
の撮影
できない
CG質感の写真で
あれば可能
●現地を撮影可能
●視聴者が、写真中に参加可能
●臨場感のある質感の⾼い写真を撮影可能
●現地を撮影可能
●全く⾃由な場所、画⾓からの撮影が
可能
費⽤
実際の旅⾏
より安価
実際の旅⾏
より安価
実際の旅⾏
より安価
実際の旅⾏
より安価
気軽さ 気軽 気軽 気軽 気軽
LOGO
46
地方自治体
観光庁
運営企業
プログラム等や
新規で追加したい場所を公開
有志の方がアクセスし、
新規場所のプログラム作成・更新
(学校教育でも使用可能だと考える。)
地方創生推進交付金
実証実験場所の
メタバース空間作
成
サービス提供
テスト等行い、問題がなければ
更新・追加
デ
ー
タ提
供
作
成
委
託
金
4.2 メタバース空間の作成について
広告打ち出し
営
業
実証実験の際 サービスが開始された際
利
益
一
部
分
配
又
は
、クー
ポ
ン配
布
運営企業
地方自治体
観光庁
インターネット
LOGO
4.3 ビジネスモデル
生産者
運営企業
体験・情報提供
地方自治体
観光庁 旅行サイト・代理店
体験料
加
盟
料
・マージン料
地方創生
推進交付金
レストラン・土産屋
体験内容等の情報提供
システム運営委託金
体験料
現実の
旅行予約
・観光ロボット
・メタバース
・統合化アプリ
営業
営業
広告
47
ユーザー
次回割引クーポン配布
(Instagram投稿をした場合)
LOGO
4.4 実証実験について
秋田県 沖縄県
現在の状況(旅行客数※) 非常に少ない 比較的少ない
現在の状況(Instagram投稿) 非常に少ない 非常に多い
MovingEye設置場所 ・角館武家屋敷 ・ムルクビーチ
・美ら海水族館
メタバース空間 ・横倉棚田
・りんご畑
・御座石神社
・サトウキビ畑
・パイナップル畑
・久米島風景
体験内容 ・田植え/米の刈り込み体験
・りんご収穫体験
・サトウキビ収穫体験
・パイナップル収穫体験
目的 ・Instagramへの投稿数推移を測る
・観光客数への影響を見るため
・Instagramへの投稿数推移を測る
・サービス全般に関する反応を見るため
Instagramへの投稿と観光客数への影響、サービス全般に関する反応を見るために、
2つの県で1年間実証実験を行う。
※観光庁が発表している観光入込客総数を参考にした。
48
LOGO
49
2023 2024 2025 2026 2027
ロボット開発
3Dメタバース
空間作成
観光体験内容
等の選定
マーケティング
戦略の考案
運用・保守
マーケティング戦略の実行 企画・イベント
マーケティ
ング分析
メタバース空間のプログラム公開
有志が新規場所の作成や更新
4.5 ロードマップ
実証実験 運用開始 事業拡大
開発・準備作業
LOGO
50
4.6 事業費⽤
初期費用 費⽤
ロボット開発
※基本的に既存にある災害⽤ロボットをモデルと
しているため、安価に開発できると想定
¥5,000,000
ロボット制作(1台 500万円)
※1 災害⽤ロボットの半額程度だと想定
¥30,000,000
メタバース空間製作外注
※2 制作会社HPを参考にした
¥10,000,000
統合アプリ開発
※3 サイトより想定
¥5,000,000
その他サーバー等初期費用 ¥500,000
広告費用 ¥1,000,000
合計 ¥51,500,000
運用費用(年間) 費用
サービス運用・保守 ¥10,000,000
ロボット運用(6台)
※ ロボット開発の1/10程度だと想定
¥3,000,000
広告費用 ¥1,000,000
その他費用 ¥500,000
合計 ¥14,500,000
初期収入 収入
地方創生推進交付金(秋田県・沖縄県) ¥50,000,000
クラウドファンディング ¥2,000,000
合計 ¥52,000,000
運用収入 収入
利用・体験料(1回あたり) ¥3,000
運用収入(年間) 収入
都道府県からの収入 ¥10,000,000
加盟料(宿泊予約サイト・旅行代理店等) ¥1,000,000
利用・体験料(1回当たり) ¥3,000
1件当たりのアフィリエイト(旅行に繋がった等)5%
(1回の旅行を4万円とした時)
※4 通常、0%〜300%である。今回は少額の5%と想定
¥2,000
合計 ¥14,500,000
実証実験にかかる費用
実証実験で得られる収入
実際の運用にかかる費用
実際の運用で得られる収入
参考
※1 日刊工業新聞「神奈川県、官民で災害救助ロボット商品化」[21]
※2 ネストビジュアル[22]
※3 システム幹事「【一覧表】アプリ作成・開発の費用相場!見積事例や計算のやり方まで徹底解説」[23]
※4 Affiliate Re:Life「アフィリエイトは何パーセントもらえるの?【ASP別で解説】」[24]
LOGO
D I G
スパイラル
DIGでまだ見えない価値を発見し、スパイラルを起こそう!
51
DIGを利用し
オンライン旅行・体験・写真撮影
撮影した写真を
Instagramへ投稿
投稿数の増加による
認知度向上
観光客の増加
LOGO
52
出典・引用・参考
[1]日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口』
http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03_2_1.pdf
[2] 「ストップ少子化・地方元気戦略」資料1 人口再生産力に着目した市区町村別将来推計人口について
http://www.policycouncil.jp/
[3] 「ストップ少子化・地方元気戦略」 資料2-1 全国市区町村別「20~39歳女性」の将来推計人口
http://www.policycouncil.jp/
[4]全国都道府県市区町村別面積調 | 国土地理院
https://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO-title.htm
[5] 朝日新聞『SDGs認知度調査 第8回報告】SDGs「聞いたことがある」8割に急伸』
https://miraimedia.asahi.com/sdgs_survey08/
[6]リクルートじゃらんリサーチセンター 「じゃらん宿泊旅行調査2022」
https://www.jalan.net/
[7]アクトインディ株式会社【おでかけ施設を探す際のSNS活用に関する調査】7割の親がおでかけ先探しに
SNSを活用!よく活用するのは「Instagram」「LINE」の2強/いこーよ総研
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000237.000026954.html
[8] 共通基準による観光入込客統計 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁
https://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/irikomi.html
[9] Instagram
https://z-p15.www.instagram.com/?hl=ja
[10] HIS「HISオンライン体験ツアー 体験者数累計25万人突破」
https://www.his.co.jp/news/13107.html
LOGO
53
出典・引用・参考
[11]総務省「第2部 情報通信分野の現状と課題」
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/html/nd236a00.html
[12] 【オンラインツアー取材】群馬・みなかみ町の絶景スポット赤谷湖のカヤックツアーをZOOMで遊んでみた!
https://activityjapan.com/feature/online_nomadhouse/
[13]バーチャル沖縄「沖縄初のメタバースへ、めんそーれ!!」
https://virtualokinawa.jp/
[14]消費者庁「消費者意識基本調査」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/research_report/survey_002/
[15]佐々木俊介、渡辺浩平、酒井悠衣「未利用魚を巡る現状と課題」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmcwm/32/0/32_53/_pdf/-char/ja
[16]終末顛末記「雑魚の未来ー雑魚を生かしたニッチビジネスー」
http://namazerpenn.sakura.ne.jp/sakana/zako.htm
[17]農林水産省「作況調査(野菜)」
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_yasai/
[18]総務省「令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000831289.pdf
[19] OpenStreetMap
https://www.openstreetmap.org/
[20]CESIUM
https://cesium.com/
LOGO
54
[21]日刊工業新聞「神奈川県、官民で災害救助ロボット商品化」
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00427776
[22]ネストビジュアル
https://nest-vis.com/metaverse?gclid=Cj0KCQiA9YugBhCZARIsAACXxeISRhjXz-
f03BjH7NAyLJKkYQd7t-f_JTQKsVKadpGIzMNxXocLL4MaAo_-EALw_wcB
[23]システム幹事「【一覧表】アプリ作成・開発の費用相場!見積事例や計算のやり方まで徹底解説」
https://system-kanji.com/posts/app-price
[24]Affiliate Re:Life「アフィリエイトは何パーセントもらえるの?【ASP別で解説】」
https://k-net01.com/archives/16564
出典・引用・参考
LOGO
APPENDIX
LOGO
56
Q1:写真撮影の際の肖像権に関して
A1:人工知能によって自動的に顔にモザイクをかける技術が数多く存在しているため、
その技術を導入したいと思っております。
Q2:メタバースに使用する画像利用の著作権に関して
A2:「OpenStreetMap」「Cesium ion」はオープンソースのプラットフォームであり、
適切なクレジット等を表示することで自由に二次創作や再配布をすることができます。
[ライセンスに関するのサイト]
「OpenStreetMap」https://www.openstreetmap.org/copyright/ja
「Cesium」https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0.html
~APPENDIX~
LOGO
57
Q3:3D画像を用いたメタバース空間の作成に関して
A3:Smoothie-3Dなど、画像から3Dデータに変換する様々なソフトが存在しているため、
それを用いて画像を3D化し、1〜2メートル先の画像と組み合わせることで作成が可能だと思います。
~APPENDIX~
Q4:観光ロボット「Moving Eye」の日常的な管理について
A4:観光ロボット「Moving Eye」は、管理者が常駐している場所での運用を想定しております。
そのため、基本的な管理はその場所の管理者が行います。
なお、修理やメンテナンス等は、運営企業が行います。
LOGO
58
各都道府県の観光入込客総数/人口10万人とインスタ投稿数/人口10万人の散布図
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
新潟県
富山県
石川県
長野県
岐阜県
静岡県
三重県
福井県
滋賀県
奈良県
和歌山県
鳥取県
岡山県
広島県
徳島県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
y = 1E+06x + 523960
R² = 0.7513
y = 393872x + 621039
R² = 0.2651
0
500,000
1,000,000
1,500,000
2,000,000
2,500,000
0 0.5 1 1.5 2 2.5
観
光
入
れ
込
0
総
数
/
人
口
10
万
インスタ投稿数/人口10万
1000人当たりのインスタ投稿数<7
1000人当たりのインスタ投稿数≧7
線形 (1000人当たりのインスタ投稿数<7)
線形 (1000人当たりのインスタ投稿数≧7)
線形 (1000人当たりのインスタ投稿数≧7)
~APPENDIX~
p16で示したデータは、
人口の影響を受けている可能性があるため、
人口10万人当たりに換算したデータを作成した。
換算前の結果と同様な、
2つの線形な散布図に分かれること
を確認した。
出典
[1]日本創成会議 『「20歳〜39歳女性」の将来推計人口』
[8] 観光庁『共通基準による観光入込客統計|統計情報|統計情報・白書』
[9] Instagram
LOGO
59
衛星画像から視認できる場合
観光ロボット「Moving Eye」の稼働場所の設定方法
屋内や木などによって視認できない場合
衛星画像から座標を特定し、設定をする。
オープンソフトウェア・プラットフォーム(AMP)
を用いて、3次元の地図自動生成を行う。
車が入れる場所は車載カメラで撮影を行う。
車が困難な場合は、それ以外の手段(徒歩など)
で撮影する。
作成した地図をもとに設定を行う。 地図上でMoving Eyeの稼働範囲を設定イメージ
~APPENDIX~
LOGO
60
観光ロボットの稼働の監視方法
GNSSの相対測位によって位置情報の監視を行う。
測量精度は約1cmであるため、高精度に監視を行える。
この測位方法を取り入れるために、
必ず同じ施設内に2台以上設置する。
監視イメージ
観光ロボット「Moving Eye」
観光ロボット「Moving Eye」
ベクトルを求める
~APPENDIX~
引用:国土交通省国土地理院「GNSSを使用した測量のいろいろ」
https://www.gsi.go.jp/denshi/denshi45009.html
LOGO
61
~オンラインの現地体験の提供手順~
地方自治体に収穫情報
の通知
現地体験の実施
契約生産者に収穫情報
の
通知・発送
現地体験利用者の手に
収穫物が届く
~APPENDIX~
LOGO
62
消滅可能性都市に陥る要因
大学進学時期
就職時期
観光業を盛り上げることで従事する人
が増え、その地域で様々なライフプラン
が実行される
✓社会問題解決の第一歩に繋がるのではないか
地方には大学や就職時の
選択肢が少ない
都市部への人口流出
~APPENDIX~
出典:RENOSYマガジン「【2021年人口移動を読み解く】東京から本当に若者は減ったのか?」
https://www.renosy.com/magazine/entries/5039
LOGO
63
一回の旅行にかかる費用
~APPENDIX~
全体の平均 42,322円
宿泊旅行の平均 61,208円
日帰り旅行の平均 19,036円
0
10,000
20,000
30,000
40,000
50,000
60,000
70,000
2
0
1
9
年
(
1
-
3
月
期
)
2
0
1
9
年
(
4
-
6
月
期
)
2
0
1
9
年
(
7
-
9
月
期
)
2
0
1
9
年
(
1
0
-
1
2
月
期
)
2
0
2
0
年
(
1
-
3
月
期
)
2
0
2
0
年
(
4
-
6
月
期
)
2
0
2
0
年
(
7
-
9
月
期
)
2
0
2
0
年
(
1
0
-
1
2
月
期
)
2
0
2
1
年
(
1
-
3
月
期
)
2
0
2
1
年
(
4
-
6
月
期
)
2
0
2
1
年
(
7
-
9
月
期
)
2
0
2
1
年
(
1
0
-
1
2
月
期
)
2
0
2
2
年
(
1
-
3
月
期
)
2
0
2
2
年
(
4
-
6
月
期
)
2
0
2
2
年
(
7
-
9
月
期
)
単
価
(
円
)
旅行四期別単価
国内全体旅行 旅行単価 宿泊旅行 旅行単価 日帰り旅行 旅行単価
出典:国土交通省観光庁「旅行・観光消費動向調査2022年7-9月期(速報)」
https://www.mlit.go.jp/common/001571772.pdf
LOGO
64
観光ロボット「Moving Eye」の機能・イメージ
カメラは、上下左右や角度を動かすことができ、
自由に撮影・景色を見ることができる。
モニターには、自宅から顔を映し出すことがで
き、現地の方々とやりとりをすることができる。
また、カメラの方向に同期して向きが変わる。
GNSS受信センサーでロボットの位置情報を正確に
監視している。
AIを搭載したセンサーで障害物等の衝突を回
避する。
キャタピラが6個ついており、段差でも進めるようにする。
~APPENDIX~
LOGO
65
旅行先が決定される要因を購買行動モデルULSSAS(ウルサス)に当てはめて考える
UGC(ユーザー投稿コンテンツ)・・・消費者の投稿によって旅行先を知る
Like(嗜好) ・・・SNSで気になる投稿に「いいね!」をする
Search 1(SNS検索) ・・・SNSで旅行先を検索する
Search 2(Google/Yahoo!検索)・・・検索エンジンで旅行先を検索する
Action(行動) ・・・旅行に行く
Spread(拡散) ・・・旅行に行った結果についてSNSで拡散する
行動を起こすためには
認知が必須である
SNSでの認知が行動に
繋がる
データ分析
Instagramの投稿数と旅
行者数には相関関係が
あることが予想される
~APPENDIX~
LOGO
1)サービスは観光庁が統括・管理を⾏い、観光ロボットによる設置場所や体験内容等の事業運営は各地⽅⾃治体が⾏
う。
2)実証実験は、2箇所で⾏い、サービスに対する意⾒と観光客数の推移を確認する。
3)実証実験後は運⽤を開始し、各都道府県に営業を⾏い、合意があった場合は、都道府県や⾃治体と相談の上、
観光ロボット「Moving Eye」やメタバース場所、体験内容等を決定し、サービスの構築を⾏う。
4)メタバース空間は、できるだけ安価に済ませるために、実証実験後は、ソースコード等を公開し
初期は⼩空間で実現させ、そのソースコード等を公開して⾃由に閲覧できるようにする。
有志の⽅々コードの改善、新規場所を作成をして頂き、委託管理会社と地⽅⾃治体はその都度確認し、問題がなけ
れば追加・更新を⾏う。なお、メタバース作成に関しては学校教育の題材としても活⽤が⾒込める。
また、データ提供をして頂いた⽅などには、利益の⼀部の分配やクーポン配布等を⾏う。
5)多くの⽅に体験して頂くため、初回20分は無料にする。
6)Instagram投稿を促すため、体験後投稿をして頂いた場合は、次回の割引クーポンを発⾏する。
事業計画
~APPENDIX~
事業計画は以下の通りに考えている。

Contenu connexe

Similaire à 未来創造賞_こしガーヤ

20090527 Gurunavi Wba
20090527 Gurunavi Wba20090527 Gurunavi Wba
20090527 Gurunavi Wba
武 河野
 
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdfわがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
platinumhandbook
 
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
Junya Shiraishi
 
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
platinumhandbook
 
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
AmeKazeTaiyo
 
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
AmeKazeTaiyo
 

Similaire à 未来創造賞_こしガーヤ (20)

公共政策フォーラムパワーポイント
公共政策フォーラムパワーポイント公共政策フォーラムパワーポイント
公共政策フォーラムパワーポイント
 
0924 中川ゼミナール発表用PP
0924 中川ゼミナール発表用PP0924 中川ゼミナール発表用PP
0924 中川ゼミナール発表用PP
 
金沢アプリコンテスト2013_1次審査_佐久間捷矢
金沢アプリコンテスト2013_1次審査_佐久間捷矢金沢アプリコンテスト2013_1次審査_佐久間捷矢
金沢アプリコンテスト2013_1次審査_佐久間捷矢
 
14 水戸市ラックバス
14 水戸市ラックバス14 水戸市ラックバス
14 水戸市ラックバス
 
20090527 Gurunavi Wba
20090527 Gurunavi Wba20090527 Gurunavi Wba
20090527 Gurunavi Wba
 
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdfわがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
わがまちのプラチナ構想【取手市】Pdf
 
2021 01 HOSHICHAN
2021 01 HOSHICHAN2021 01 HOSHICHAN
2021 01 HOSHICHAN
 
オーナー向け企画書
オーナー向け企画書オーナー向け企画書
オーナー向け企画書
 
My japan award
My japan awardMy japan award
My japan award
 
討論会パワポ1122
討論会パワポ1122討論会パワポ1122
討論会パワポ1122
 
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
2011.12.07隠岐gpガイド協会事業計画案
 
160227 iodd向けヒント資料2
160227 iodd向けヒント資料2160227 iodd向けヒント資料2
160227 iodd向けヒント資料2
 
住民が主体のデータ利活用(シビックテック)
住民が主体のデータ利活用(シビックテック)住民が主体のデータ利活用(シビックテック)
住民が主体のデータ利活用(シビックテック)
 
僕が考えたアプリ
僕が考えたアプリ僕が考えたアプリ
僕が考えたアプリ
 
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
第3期わが街のプラチナ構想 葛飾区
 
地域密着型プラットフォーム創りに商機あり!
地域密着型プラットフォーム創りに商機あり!地域密着型プラットフォーム創りに商機あり!
地域密着型プラットフォーム創りに商機あり!
 
島田商業 3班 静岡市観光アプリ「しず旅」の概要
島田商業 3班 静岡市観光アプリ「しず旅」の概要島田商業 3班 静岡市観光アプリ「しず旅」の概要
島田商業 3班 静岡市観光アプリ「しず旅」の概要
 
LODチャレンジ Japan 2013 スポンサー賞 IBMスマーター・シティ賞
LODチャレンジ Japan 2013 スポンサー賞 IBMスマーター・シティ賞LODチャレンジ Japan 2013 スポンサー賞 IBMスマーター・シティ賞
LODチャレンジ Japan 2013 スポンサー賞 IBMスマーター・シティ賞
 
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2310_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
 
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
2405_インパクトレポート/会社概要_雨風太陽
 

Plus de keiodig

Plus de keiodig (20)

Dig17高校生部門賞_Dreamer.pdf
Dig17高校生部門賞_Dreamer.pdfDig17高校生部門賞_Dreamer.pdf
Dig17高校生部門賞_Dreamer.pdf
 
Dig17審査員特別賞_三匹の子豚.pdf
Dig17審査員特別賞_三匹の子豚.pdfDig17審査員特別賞_三匹の子豚.pdf
Dig17審査員特別賞_三匹の子豚.pdf
 
Dig17未来創造賞_KIM.pdf
Dig17未来創造賞_KIM.pdfDig17未来創造賞_KIM.pdf
Dig17未来創造賞_KIM.pdf
 
Dig17カカクコム賞_海老アヒージョ.pdf
Dig17カカクコム賞_海老アヒージョ.pdfDig17カカクコム賞_海老アヒージョ.pdf
Dig17カカクコム賞_海老アヒージョ.pdf
 
Dig17優秀賞_3軒目のタランチュラ.pdf
Dig17優秀賞_3軒目のタランチュラ.pdfDig17優秀賞_3軒目のタランチュラ.pdf
Dig17優秀賞_3軒目のタランチュラ.pdf
 
Dig17最優秀賞_MotherLake
Dig17最優秀賞_MotherLakeDig17最優秀賞_MotherLake
Dig17最優秀賞_MotherLake
 
第36回勉強会講義スライド
第36回勉強会講義スライド第36回勉強会講義スライド
第36回勉強会講義スライド
 
第12回スキル養成講座 講義スライド
第12回スキル養成講座 講義スライド第12回スキル養成講座 講義スライド
第12回スキル養成講座 講義スライド
 
第11回スキル養成講座 講義スライド
第11回スキル養成講座 講義スライド第11回スキル養成講座 講義スライド
第11回スキル養成講座 講義スライド
 
第10回スキル養成講座資料
第10回スキル養成講座資料第10回スキル養成講座資料
第10回スキル養成講座資料
 
高校生部門賞_勝ちまくり同盟
高校生部門賞_勝ちまくり同盟高校生部門賞_勝ちまくり同盟
高校生部門賞_勝ちまくり同盟
 
審査員特別賞_藤代ファンクラブ
審査員特別賞_藤代ファンクラブ審査員特別賞_藤代ファンクラブ
審査員特別賞_藤代ファンクラブ
 
一休賞_#ひとやすみ。
一休賞_#ひとやすみ。一休賞_#ひとやすみ。
一休賞_#ひとやすみ。
 
優秀賞_JR志村
優秀賞_JR志村優秀賞_JR志村
優秀賞_JR志村
 
最優秀賞_チームコルテ
最優秀賞_チームコルテ最優秀賞_チームコルテ
最優秀賞_チームコルテ
 
第9回スキル養成講座講義資料
第9回スキル養成講座講義資料第9回スキル養成講座講義資料
第9回スキル養成講座講義資料
 
第8回スキル養成講座講義資料.pdf
第8回スキル養成講座講義資料.pdf第8回スキル養成講座講義資料.pdf
第8回スキル養成講座講義資料.pdf
 
第7回スキル養成講座講義スライド
第7回スキル養成講座講義スライド第7回スキル養成講座講義スライド
第7回スキル養成講座講義スライド
 
07_こもり唄.pdf
07_こもり唄.pdf07_こもり唄.pdf
07_こもり唄.pdf
 
03_エピックス.pdf
03_エピックス.pdf03_エピックス.pdf
03_エピックス.pdf
 

未来創造賞_こしガーヤ