Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
情報化社会の今を考える 
~ Make と Operate ~ 
慶應義塾大学 環境情報学部 
植原啓介 (kei@sfc.keio.ac.jp) 
2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$Èã...
主なSTEのアクティビティ(情報提供) 
*6]^x‹C0G
Ç½Ò x‹C0ElÇ½Ò Safecast¬°B 
g’/°H9x‹.) WebGIS¯¶¹C0G
Yahoo!³°C0G
2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ˜ 
固定センサー 
• 1か所あたり10万円程度の低価格のネットワーク接続型センサーを3ヶ月 ...
南相馬市との協働/復興支援 
(太田地区復興会議の支援) 
• GRIZZLY125(ヤマハ製バギー) 
+SAM940(BND製2x2NaIシンチレータ) 
+Trimble製GPS 
• 地上から1mの高さにSAM940を設置し農地 
・牧...
なにごともデータに基づいて語られる世界 
• 「◯◯データ」といった言葉がよく聞かれるようになった。 
– 「ビッグデータ」という言葉の起源は定かではない。 
– コンピュータ業界誌であるWiredが「The End of Theory: Th...
SNSデータの活用 
h]p://www.flickr.com/photos/walkingsf/sets/72157624209158632/( 
c@3ŸQŸNtŸ¡Ý½ÄâÚâŬ
yC0ºb£©_ZRhÈÊÐÞ°Ss¢Ÿn75(C0`4...
プローブ情報システム 
2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –– 
オープンデータ 
• オープンデータとは、自由に使えて再利用もで...
Current status of Japan related to OpenData 
• 日本のオープンデータは遅れていると言わ 
れている 
– WWWFのOpen Data Indexによると日本は 
中国に続いて19位 
http:/...
日本におけるオープンデータポータル 
• http://data.go.jp/ 
(2013年12月20日開設) 
• 2014年9月14日現在、10,411件の 
データセットが登録されている 
• 現在は試行版だが、10月1日には正 
式版...
オープンデータを支援するサイト
2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –œ 
コンテスト・アイディアソン 
• 「オープンデータ・アプリコンテスト」 
総務省・オープ...
海外の事例 
EH`N48%˜‹v´4%¶ž—•5™¬YbI_]B“º.@€o*³§,A/G8GdYcSdP¨#6('3% 
XMVNyv*¥ 7e26'@ 
bcUc‚h¾`CaPE]» 
±QY
• bcUck¸‰*”q.@» 
±ƒBx£-% 
g4%`CaPE]7÷7 
nªƒBz|­6į 
¾}Ÿ7KdXN 
?Å 
• 
6('3†¢¹–4‡š, 
A3'@
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×

20140918 センサ・アクチュエータ・マイクロナノ/ウィーク2014 次世代センサ総合シンポジウム

1 173 vues

Publié le

Presentation material for 次世代センサ総合シンポジウム

Publié dans : Données & analyses
  • Soyez le premier à commenter

20140918 センサ・アクチュエータ・マイクロナノ/ウィーク2014 次世代センサ総合シンポジウム

  1. 1. 情報化社会の今を考える ~ Make と Operate ~ 慶應義塾大学 環境情報学部 植原啓介 (kei@sfc.keio.ac.jp) 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA – インターネット時代のセンサーネットワーク ;W|‡«]6䀧%‘‚Y 8Œ7¥]6䀧‚YpºGi …{µ;W¯¶¹äa[r`( …{°ËãÇå( 䊃Ÿ~-ƒ( äH9x]6'( ä|7bˆ( fTŽo¯¶¹eä+,5 ( “=®8ŒfËãÇå( äMRIŸPET( äX„áåÍå( ä}mT( Sensor Web/Network DB Analysis Publish Server kƒ]ä6^ƒ] Sensor( Network ;W°ƒ]vP CGM( 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —
  2. 2. 主なSTEのアクティビティ(情報提供) *6]^x‹C0G
  3. 3. Ç½Ò x‹C0ElÇ½Ò Safecast¬°B g’/°H9x‹.) WebGIS¯¶¹C0G
  4. 4. Yahoo!³°C0G
  5. 5. 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ˜ 固定センサー • 1か所あたり10万円程度の低価格のネットワーク接続型センサーを3ヶ月 程度で開発 • 右図が示すように線量率の減少傾向が見て取れる ËãÇåàÕÏÒ ËãÇåàÕÏÒ Ã½Ãå( ¾ãÌå u´‰´ ƒqT( (arduino) Ethernet WiFi( ÆãØåÌ( (Planexj(MZKR RP150N®­) Internet Access(Point pachube.com yahoo.co.jp WiFi STE(Project 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ™
  6. 6. 南相馬市との協働/復興支援 (太田地区復興会議の支援) • GRIZZLY125(ヤマハ製バギー) +SAM940(BND製2x2NaIシンチレータ) +Trimble製GPS • 地上から1mの高さにSAM940を設置し農地 ・牧草地・林道を測定 • 航空機・自動車サーベイを補完 • 南相馬市の測定事業として展開 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA š 無人航空機(UAV)によるサーベイ 4.00E+00( 3.00E+00( 2.00E+00( 1.00E+00( 0.00E+00( 1( 121( 241( 361( 481( 601( 721( 841( 961( 1081( 1201( 1321( 1441( 1561( 1681( 1801( 1921( 2041( 2161( 2281( 2401( 2521( 2641( 4.00E+00( 3.00E+00( 2.00E+00( 1.00E+00( 0.00E+00( 1( 140( 279( 418( 557( 696( 835( 974( 1113( 1252( 1391( 1530( 1669( 1808( 1947( 2086( 2225( 2364( 2503( 2642( 2781( 2920( 3059( ]6vP ® Legend Air radiation uSv/h 0.152 - 0.200 0.201 - 0.300 0.301 - 0.400 0.401 - 0.500 0.501 - 1.029 0 75 150 300 450 600 m F6 ® Legend Estimated uSv/h 0.718 - 0.812 0.813 - 0.846 0.847 - 0.878 0.879 - 0.919 0.920 - 1.446 0 75 150 300 450 600 m 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ›
  7. 7. なにごともデータに基づいて語られる世界 • 「◯◯データ」といった言葉がよく聞かれるようになった。 – 「ビッグデータ」という言葉の起源は定かではない。 – コンピュータ業界誌であるWiredが「The End of Theory: The Data Deluge Makes the Scientific Method Obsolete」[2008]という記事を掲載したのがきっかけと言わ れる。 – その後、Computing Community Consortiumから「Big-Data Computing: Creating revolutionary breakthroughs in commerce, science, and society」 [2008]という白書や、The Economist誌の「The data deluge」[2010]、「Data, data everywhere」[2010]という記事をうけて、いよいよ「ビッグデータ」という言 葉が定着していった。 – 2012年3月には米国のオバマ政権が「Big Data Research and Development Initiative」を立ち上げ、2億ドル以上の予算をつけることをアナウンスしている。 「Research and Development」とあるように、どちらかと言うと技術的な意味が強 い言葉であることがわかる。 • なぜ、これまでできなかったのか。 • データを沢山集めるのが難しかった。 • コンピュータがこの状況を変えた。 – それでも、1MBのデータを処理するのに1秒かかると、3TBのデータを処理するの に… 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA œ Big Data • 誤 「データを集める」 正 「データが集まる」 • 「Born Digital」の時代となり、人間の活動の多くがデジタルデータとし て記録されている。 – 自動車は約100個のプロセッサを搭載しており、300種程度の情報を処理しなが ら走行している。 – 自動運転の車では、秒間約1GBのデータを処理している。 • 量(Volume), 種類(Variety), 頻度(Velocity) – Twitterで1日に生成される データの量は2012年当時で12TB – Googleが1日に処理している データ量は2004年当時で20PB以上 h]ps://twi]er.com/Bill_Gross/status/329069954911580160/photo/1 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA 
  8. 8. SNSデータの活用 h]p://www.flickr.com/photos/walkingsf/sets/72157624209158632/( c@3ŸQŸNtŸ¡Ý½ÄâÚâŬ yC0ºb£©_ZRhÈÊÐÞ°Ss¢Ÿn75(C0`4 +2 lŸ20133M 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ž  “マック” vs “マクド” “ÝÄÓ”¬ª²µ¦°I±2:®£( ÝÏÄ( ÝÄÓ( ÝÄÓ¬ª²µ¦ I±ŽO¬Ž« 2:®£¥ŸÝÏÄ ¬ª²µ¦±K· ¤¯ŽO¥1£  2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –•
  9. 9. プローブ情報システム 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –– オープンデータ • オープンデータとは、自由に使えて再利用もでき、かつ誰でも再配布でき るようなデータのことだ。従うべき決まりは、せいぜい「作者のクレジッ トを残す」あるいは「同じ条件で配布する」程度である。 • 利用できる、そしてアクセスできる データ全体を丸ごと使えないといけな いし、再作成に必要以上のコストインターネット経由でダウン技ロー術がか的か問って題 はいけない。望ましいのは、 ドできるようにすることだ。また、デー タは使いやすく変更可能な形式で存在しなければならない。 • 再利用と再配布ができる デー法タを的提供するにあたって、再利用や再配布を 許可しなければならない。また、他の問デー題 タセットと組み合わせて使うこ とも許可しなければならない。 • 誰でも使える 誰もが利用、再利用、再配布をできなければならない。デー タの使い道、人種、所属団体などによる差別「非営利目的での利用に限る社」な会どと的い問う制題 をしてはいけない。たとえば 限をすると商用での利用を制 限してしまうし「教育目的での利用に限る」などの制限も許されない。 z:(ÁåÛãÑåÌ×ãÓÚÏÄ((h]p://opendatahandbook.org/ja/) 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –—
  10. 10. Current status of Japan related to OpenData • 日本のオープンデータは遅れていると言わ れている – WWWFのOpen Data Indexによると日本は 中国に続いて19位 http://www.webfoundation.org/2012/09/introducing-the-open-data- index/ – Open Knowledge FoundationのOpen Data Indexでは日本は27位 https://index.okfn.org/country – 登記情報や交通情報、教育情報などの openness, accessibility, machine readabilityにおいて、特に評価が低い 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –˜ 日本におけるオープンデータに関する動き • 電子行政オープンデータ戦略(平成24年7月4日 IT総合戦略本部決定) 1. 透明性・信頼性向上 → 行政の透明性の向上、行政への国民からの信頼性の向上 2. 国民参加・官民協働推進 → 創意工夫を活かした公共サービスの迅速かつ効率的な提供、 ニーズや価値観の多様化等への対応 3. 経済活性化・行政効率化 → 我が国全体の経済活性化、国・地方公共団体の業務効率化、高 度化 • 電子行政オープンデータ実務者会議の設置 (平成24年11月30日 IT総合戦略本部企画委員会決定) • 世界最先端IT国家創造宣言(平成25年6月14日 閣議決定) – 世界最高水準のIT利活用社会を実現するに際して、「ヒト」、「モノ」、「カネ」 と並ん で「情報資源」は新たな経営資源となるものであり、「情報資源」の活用こそが 経済成長 をもたらす鍵となり、課題解決にもつながる。ビッグデータやオープンデータに期待される ように、分野・領域を超えた情報資源の収集・蓄積・融合・解析・活用に より、新たな付 加価値を創造するとともに、変革のスピードを向上させ、産業構造・社会生活において新た なイノベーションを可能とする社会の構築につなげる必要がある。 • 電子行政オープンデータ推進のためのロードマップ (平成25年6月14日 IT総合戦略本部決定) • data.go.jp試行版開設(平成25年12月20日) • 世界最先端IT国家創造宣言 改訂(平成26年6月24日 閣議決定) 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –™
  11. 11. 日本におけるオープンデータポータル • http://data.go.jp/ (2013年12月20日開設) • 2014年9月14日現在、10,411件の データセットが登録されている • 現在は試行版だが、10月1日には正 式版が公開される予定 • 2013年4月1日に一旦閉鎖されたが、 5月16日に再開 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –š オープンデータを活用した例 h]p://pending.jp 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –›
  12. 12. オープンデータを支援するサイト
  13. 13. 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –œ コンテスト・アイディアソン • 「オープンデータ・アプリコンテスト」 総務省・オープンデータ流通推進コンソーシアム • 「オープンデータ・ユースケースコンテスト」経済産業省・総務省 • 「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」千葉市 • 「流山市アプリコンテスト」流山市 • 「福井県Webアプリコンテスト」 福井県 • 「ビッグデータ・オープンデータの 活用アイデア・アプリケーション コンテスト」 ビッグデータ・オープンデータ 活用推進協議会 様々なコンテストが開催され、多くのア イディアが生まれている。今後の課題は、 これらのアイディアを社会にきちんとイ ンプリメントしていくこと。 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –
  14. 14. 海外の事例 EH`N48%˜‹v´4%¶ž—•5™¬YbI_]B“º.@€o*³§,A/G8GdYcSdP¨#6('3% XMVNyv*¥ 7e26'@ bcUc‚h¾`CaPE]» ±QY
  15. 15. • bcUck¸‰*”q.@» ±ƒBx£-% g4%`CaPE]7÷7 nªƒBz|­6į ¾}Ÿ7KdXN ?Å • 6('3†¢¹–4‡š, A3'@
  16. 16. ! 7JcRNT7{ h]p://trainemes.org.uk/map/tube/µp~ ¦ • VPEO7°® • ÷*¡;1/› Á)%lœad Tđ²›ÁÅB ”q©B‡š http://www.theodi.org/ $˜‹v´4%¶ž—•5™¬YbI_]B“ º.@€o*³§,A/ $ŠÆ7Še7tÀ7
  17. 17. jr7JcZ RDL^c4¼9A/XMVN6ˆ-3%mh BÂi¤6—•.@ • ¶ž«:7K[dT=CUWEN • KFKcYTc„…BiŽ6-/™¬YbI _]7”q • ½¿¤—•Ä˜‹*§0g+´½Äf [cUÇ suÅBŒw ŠÁ’vÅ h]p://www.itoworld.com/( JIPDEC坂下様プレゼン資料より 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA –ž センサーネットワークの構築 • オープンソースハードウェアの存在 – ArduinoをはじめとするIoTのためのプラットホームが簡単に、安価に入手できる – 周辺機器との接続が容易で、高度に専門的な知識を必要としない • クラウド環境 – IoTのためのデジタル基盤 – サーバのセットアップ等を必要とせず、とりあえずデータを登録すれば、そのま ま公開できる • オープンデータ – クラウドソーシング – データをオープンにすることにより、多くのアプリケーションが出現する環境 MITメディアラボの初代所長のニコラス・ネグロポンテ氏 の「Demo or Die」という言葉が霞むような時代になり、 現所長の伊藤穣一氏が「Deploy or Die」と発言する時代 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —•
  18. 18. 人: 様々なSNS h]ps://twi]er.com( h]ps://www.facebook.com( h]ps://plus.google.com 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —– モノ: 様々なハードウェア h]p://arduino.cc( h]p://www.raspberrypi.org( h]p://beagleboard.org/bone 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA ——
  19. 19. 環境: 様々なクラウドサービス h]ps://github.com( h]ps://xively.com( h]ps://www.heroku.com( h]p://maps.google.co.jp 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —˜ 資金: クラウドファンディング 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —™
  20. 20. Deploy 実際に現場に投入するにあたり、課題だったこと • 設置時 – 設置場所の調整 – 設置場所の環境(電源、通信環境) – 量産 – 設置場所との連絡体制 – 設置 運用に示唆を与えるのが得意なのが、 ビッグデータという側面もある • 設置後 – 機器の安定動作 – 監視 – トラブル対応(含む 人為的なもの) 「導入」と「運用」の間の大きな隔たり 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —š リアルを測る L m Vx n20ç14(/09¡/1I8TS¯ËŽãǨ仹ÄÌÎÊß¿ÄåÙÌäÀݽåÄÊâÔ¢Ö2æ¾!¼åÄa201†4(UJ¶Ë¸ãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —›
  21. 21. リアルを測る L m ˆDh'8 (.^])8 Vx #AC0 d?éêè n20ç14(/09¡/1I8TS¯ËŽãǨ仹ÄÌÎÊß¿ÄåÙÌäÀݽåÄÊâÔ¢Ö2æ¾!¼åÄa201†4(UJ¶Ë¸ãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —œ L リアルを測る m ˆDh'8 (.^])8 様々な計測手法が利用できるようになり、 さ多ら種に多、様運な用大に量対のすデるーロタグを解使析っなてどリのア技ル術な も 動きを計算機上で捉えることが可能となった。 Vx #AC0 d?éêè 日々進歩している。 nç(¡2014/09/18ITS ¯Ž¨¹ÌÊÄÙÀåÊ¢2!a†J¶¸ ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —
  22. 22. まとめ • 簡単にデータ収集のための仕組みを作れる時代になった。 • これからは、どんどん処理すべきデータが増えてくる。 • ありとあらゆることが「データに基づいて語られる」ようになる。 • データを扱うスキルが切実に求められている。 – 統計的考え方 – データを収集するための力 – ビッグデータを扱うための計算機アーキテクチャ • しかし、継続的な運用は難しい。 – 忘れがちだが、ビッグデータの考え方を運用にも導入しなければならない。 • アイディア1つで、とんでもない事実がわかったり、とんでもないビジネス が生まれたり、生活環境を一変するようなことができるかも。 2014/09/18 ËãÇä»ÄÎß¿åÌäݽÄâÔÖæ¾¼åÄ2014(UËãÇw$ÈãÜɾޔ©(2014(Keisuke(UEHARA —ž

×