Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Python semi 第4回 --- Numpy & Scipy

1 365 vues

Publié le

Python講座 最後は科学計算用の代表的なパッケージNumpy&Scipyの紹介です。
研究の用途にPythonを用いるならば必須と言っても過言ではないでしょう。
スライド自体は、何ができるのかということ程度しか触れておりませんが、URLをスライド内に埋め込んでありますので、そちらのリンクより勉強されることを強くお勧めいたします。

For Scientist.

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

Python semi 第4回 --- Numpy & Scipy

  1. 1. Python Semi 第4回 黒柳研究室M1 学籍番号:26413508 大脇謙太
  2. 2. Pythonゼミの予定  第1回Pythonとは, 基本的文法, 組み込み型  第2回パッケージを使う  第3回オブジェクト指向とは  第4回Numpy , Scipyを使った科学計算
  3. 3. オブジェクトとは?  データと命令をまとめたもの 車種 メーカー ナンバー … アクセル() ブレーキ() ハンドル() … メンバ変数 メソッド
  4. 4. 設計図! クラスとは?  必要なメンバ変数  メソッドの処理 それらが書かれたもの
  5. 5. インスタンスとは? クラスをもとに作ったオブジェクト! データやメソッドをもつ
  6. 6. オブジェクト指向の特徴 ポリモーフィズムカプセル化動的型付け継承
  7. 7. Numpy, Scipyを使った 科学計算
  8. 8. Numpy  数値計算を行うためのパッケージ  配列/行列の生成・計算に特化  パッケージ内部はおもにC言語で実装 高速  配列の大きさ分、一度でメモリ確保 append()はない…  Scipy , Matplotlibを使うことで機能を拡張
  9. 9. Scipy  Numpyをベースに科学計算に特化(内部でNumpyを使用)  数多くの専門的な関数をもつ 手打ちで作った関数(ルーチン) バグが多 共有が難 メンテナンス性が悪 Scipyを使う 最適化され、動作も保障、共有も易
  10. 10. 科学計算  ( ファイルIO --- MATLABファイルや画像などの読込)  統計--- 連続分布, 離散分布, 統計的関数など  信号処理--- 畳み込み、フィルタ設計、wavelet変換など  画像処理--- アフィン変換(回転、並進) , フィルタリング  特殊関数--- ベッセル関数, 楕円関数, Gamma関数など
  11. 11.  http://docs.scipy.org/doc/scipy/reference/io.html#idl-files  WAV  MATLAB  Fortran  Arff  IDL  Matrix Market  Netcdf ファイルIO
  12. 12. ベクトル量子化(k-means)  http://aidiary.hatenablog.com/entry/20120813/1344853878
  13. 13. FIRフィルタ設計  http://personalutility.blogspot.jp/2012/11/python-scipy-fir.html
  14. 14. IIRフィルタ設計  http://blog.livedoor.jp/sce_info3-craft/archives/8388566.html
  15. 15. 積分  http://naoyat.hatenablog.jp/entry/2012/03/03/221022
  16. 16. 画像処理  http://turbare.net/transl/scipy-lecture-notes/ intro/scipy.html#image-processing-scipy-ndimage
  17. 17. t分布/t検定  http://seesaawiki.jp/met-python/d/%C5%FD%B7%D7%B2%F2%C0%CF  http://qiita.com/ynakayama/items/e41f592ad7fe02f23c1c
  18. 18. 課題 5 푥2 푑푥を計算しなさい 1. 0 2. 次の信号をFIRのLPFにかけなさい <信号>  5Hzと2kHzのサイン波の混合音  サンプリング周波数: 10kHz <FIR>  タップ数:255  カットオフ周波数: 1kHz
  19. 19. 1. スライド15 ヒント 2. (1)サンプリング周波数10kHz  1秒間に10k点 (2)ナイキスト周波数が1になるよう正規化 (3)FIRフィルタの設計 スライド13
  20. 20. 以上でPython Semiは終了です ありがとうございました また機会があれば・・・!
  21. 21.  Numpy Tutorial 参考文献  http://wiki.scipy.org/Tentative_NumPy_Tutorial  Python Scientific Lecture Notes  http://turbare.net/transl/scipy-lecture-notes/index.html  http://turbare.net/transl/scipy-lecture-notes/intro/scipy.html  人工知能に関する断層録  http://aidiary.hatenablog.com/  http://aidiary.hatenablog.com/entry/20111102/1320241544

×