Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

インフラエンジニアの魅力と今後求められるスキル

9 286 vues

Publié le

講演資料

Publié dans : Ingénierie
  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

インフラエンジニアの魅力と今後求められるスキル

  1. 1. インフラエンジニアの魅力と 今後求められるスキル 2018/9/20 さくらインターネット株式会社 さくらインターネット研究所 鷲北 賢 (C) Copyright 1996-2018 SAKURA Internet Inc
  2. 2. 自己紹介 • 鷲北 賢(わしきた けん) • 1998年4月入社 • バックボーンのお守りからサービス開発まで ─ 初期の専用サーバ、データセンター構築 ─ オンラインゲームプロジェクト ─ CTO兼取締役 ─ さくらのクラウド開発マネージャー、などなど • 2009年より、さくらインターネット研究所 所長 ─ 仮想化技術の研究(Linux KVM) • @ken_washikita • https://facebook.com/ken_washikita 2
  3. 3. インフラストラクチャーとは • インフラって? ─ Infrastructure 基礎構造、土台;《都市・国家などの》基幹施設《電気、 水道、ガス、道路、病院、学校など》、社会的生産基盤 • 現代においてインターネットはインフラの一部 ─ 現代社会を支える欠かせない基盤技術 ─ インターネットが止まると社会生活が成り立たない • 企業活動、個人生活もインターネットが不可欠に ─ 企業のサービスそのものがインターネットを利活用 ─ 個人の生活においてインターネットが前提になっている 3
  4. 4. インフラエンジニアとは • 社会インフラたるインターネットを支えるエンジニア ─ ただし、その業務・業態は多岐に渡る ─ ひとつひとつを紹介していると何時間あっても足りない… ちょっと視点を変えて プログラマと比較してみます 4
  5. 5. プログラマ:インフラエンジニア プログラマ インフラエンジニア 主な仕事 プログラムを書く サーバやネットを準備する 仕事のスタイル リリース日に向けてガリガリや る プログラマが望むより先に準備を 整える プロジェクト 最初の日 どんなシステム/サービスにし ようかワクワクするなあ どんなシステム/サービスにする のか早く決めてほしい リリースの日 間に合ってよかった… 台数が足りるのかドキドキ リリース後 バグfixで大変 サーバとネットの追加で大変 トラブル サーバ性能が足りないのが原因 だと固く信じている プログラムがイマイチだと固く信 じている 5 ※ジョークです
  6. 6. インフラエンジニアの魅力とは • エンジニアリングの面白さは語り尽くせない ─ 複雑なシステムを安定稼動させることは大きなチャレンジ ─ 困難に立ち向かうことは魅力でもある • さくらのトップエンジニアの言葉 ─ 「『なんでも繋ぎたい』ので、入社しました」 ─ バックボーン管理者を経て、サービス開発を担当 ─ 今では社内のすべてのサービスの相互接続を実現 • パブリックサービス:多くのお客様を支える ─ 1万、10万、100万という大きなスケールのお客様を支える ─ それぞれのサービスでは小さなパートでも、総合計は全体 を超える 6
  7. 7. これまでの仕事の例 7
  8. 8. 今後求められるスキル(1) 8 • 今はクラウド・ネイティブの時代 ─ インフラは高度に抽象化された ─ IaaS、SaaSはさらに進化し、FaaS(Function as a Service)、Infurastructure as Codeと呼ばれる状況に発 展してきた • インフラはプログラムの一部になりつつある ─ サーバ作成もネットワーク接続もAPIで可能 ─ 設定ファイルで記述し、「実行」することで環境が完成す る ─ 機材設置や配線作業は不要になる • ただし! ─ インフラエンジニアが不要になるという意味ではない
  9. 9. 今後求められるスキル(2) • プログラマと和解しよう ─ 「自分はコードは書かない」と思っているなら、今すぐ悔 い改めよう • キーワードは「スケールアウト」 ─ 負荷を分散し適切に処理するためには、プログラマとイン フラエンジニアの密接な協力が不可欠 ─ 互いに責任を押し付けあっていては解決できない • インフラエンジニアの基礎は30年変わっていない ─ TCP/IPはこれまでも、これからも変わらない ─ インターネットは、結局最後はパケットのやり取り ─ これさえ押さえておけば、実装が何だろうと怖いものナシ 9
  10. 10. おしまい 10

×