Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
  • Soyez le premier à commenter

  • Soyez le premier à aimer ceci

パーマカルチャーとパタン・ランゲージ

  1. 1. Takeshi Kakeda (@kkd, kakeda@zensow.jp) パーマカルチャーと パタン・ランゲージ 世界を「いきいき」させる、2つのやり方の交わりについて
  2. 2. 自己紹介 懸田 剛(Kakeda Takeshi) • ソフトウェア開発者、コンサルタント(1995年〜) • パタン・ランゲージ(2009年〜) • パーマカルチャー(2011年PC関西〜)
  3. 3. 今日のきっかけ
  4. 4. パーマカルチャーとパタン・ランゲージ 同時代に生まれた 1979 1977 19791978
  5. 5. パーマカルチャーとパタン・ランゲージ 同時代に生まれた「デザイン」についての新しい方法論 1979 1977 19791978 町・コミュニティ・ 建物・住居・文化 住居・農園・コミュニティ 経済・文化
  6. 6. 両者の共通点 • システムの全体の調和を重視 → 全体論的アプローチ • 自然や伝統文化を手本に → 自然のプロセス • 創発的・漸進的 → 徐々に全体が現れてくる • 様々な分野に影響を与えている • ソフトウェア、社会
  7. 7. ネイチャーオブオーダー(NOO) パタン・ランゲージ以降の集大成 • パタン・ランゲージ/時 を超えた建設の道を 更に熟成された理論 • 15の幾何学的特性、 全体性、センターとい う概念、生命構造を生 み出すデザインプロ セスを解説 邦訳はこれだけ
  8. 8. 盈進学園東野高校 • アレグザンダーの手掛けた最大 の建築物が「盈進学園東野高校」 • 埼玉県飯能市に • まるで「町」のようなキャンパス • 経緯が「Battle」という本に書か れている
  9. 9. パーマカルチャーデザインとアレグザンダー理論 • オーストラリアのPCデザイナーのダン・パ ーマー氏がアレグザンダーのデザインプロ セスをPCのデザインに応用しはじめている • https:// makingpermaculturestronger.net/ recapping-phase-one/ • 部分の組合せ(PC)と全体の分化(CA)の両 方をうまく適用するデザインプロセス https://note.com/kkd/n/ n02722f82b94f
  10. 10. 部分から全体へ 全体から部分へ
  11. 11. • カリフォルニア大学バークレー 校にてアレグザンダーに師事 • 盈進学園プロジェクトにも関 わる • アレグザンダーの教えを日本 で広めるべく奔走中(?) 中埜博さん
  12. 12. ティール組織〜組織のあり方も自然の形が生まれる… • イラスト版を中埜さんが翻訳 • 組織のあり方やデザインにもパ タン・ランゲージやNOOの考え 方を適用できる • 人の組織化も「形」がある • PCも「人の組織化」が重要!!
  13. 13. withコロナの時代にこそ PC&PL

×