Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
Prochain SlideShare
心電図の話 基本の『き』
Suivant
Télécharger pour lire hors ligne et voir en mode plein écran

88

Partager

Télécharger pour lire hors ligne

輸液の話 基本の『き』

Télécharger pour lire hors ligne

薬剤師(看護師)1-2年目対象の輸液の基本

Livres associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir

Livres audio associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir

輸液の話 基本の『き』

  1. 1. 輸液の話
 基本の”き” 薬剤師/看護師 1-2年目 対象
 薬剤師 佐野
  2. 2. 今日の目的 • 体内の水分量について知る • ”水”の分布について知る • 基本的な輸液について知る • 輸液の”水”がどこに分布するのか知る
  3. 3. 体内の水分量 60kg ?L 体重の ?%
  4. 4. 体内の水分量 60kg 36L 体重の 60%
  5. 5. では その水はどこに? 細胞内 間質 血管内 36L
  6. 6. それぞれには”容量”がある 細胞内 間質 血管内 細胞内 間質 血管内
  7. 7. ”比”が 重要 細胞内 間質 血管内 8 3 1 :: 36L
  8. 8. ”容量”に変換 細胞内 間質 血管内 8 3 1 :: 36L 3L 9L 24L
  9. 9. マジで血管内は3Lなの? 60kg 4.8L 血液量は 体重の 8%
  10. 10. 血球成分と血漿成分は? 4.8L 血球 = 4.8 × 0.40(Hct)= 1.9L 血漿 = 4.8 - 1.9 = 2.9L 血漿成分 = 血管水分
  11. 11. 輸液を投与すると? 細胞内 間質 血管内 3L 9L 24L 水 血管壁 細胞膜 アルブミン電解質
  12. 12. 輸液を投与すると… 細胞内 間質 血管内 3L 9L 24L 自由に細胞膜を
 通過できるが
 浸透圧の制限がある アルブミン 自由に細胞膜を
 通過できない 血管壁を
 通過できない 水 電解質
  13. 13. つまり、こういうこと 自由に細胞膜を
 通過できるが
 浸透圧の制限がある アルブミン 自由に細胞膜を
 通過できない 血管壁を
 通過できない 水 電解質 • 細胞内まで"水"
 ➾ 低張輸液 • 細胞外まで"水"
 ➾ 等張輸液 • 血管内のみ"水"
 ➾ コロイド輸液
  14. 14. 低張輸液? • 血管内に”注射用水”を投与することはできない • ”低張”とは、血管内では”水”と同様に振る舞うもの • もちろん、投与するときは”等張” • 輸液でいうと…
  15. 15. 低張輸液 = 5%ブドウ糖液
  16. 16. 低張輸液 = 5%ブドウ糖液 • 5%ブドウ糖
 ➾ C6H12O6
 ➾ 肝臓で速やかに代謝もし くは細胞内へ取り込まれる • つまり”溶媒”の水のみとな る • では、1000mL 投与する と…
  17. 17. 細胞内 間質 血管内 5%ブドウ糖 1000mL 8 3 1 :: 細胞内まで水が行き届く
  18. 18. 細胞内まで水が行き届く 細胞内 間質 血管内 5%ブドウ糖 1000mL 667mL 250mL 83mL 8 3 1 ::
  19. 19. 等張輸液? • 血管内、間質液と(晶質)浸透圧の等しい輸液 • 血管内と間質は”水”も”電解質”も自由に移動できる • いわゆる”細胞外補充液”と呼ばれているもの • 輸液でいうと…
  20. 20. 等張輸液 = ソルアセトF
  21. 21. 等張輸液 = ソルアセトF • いわゆる”リンゲル液”
 ➾輸液の電解質組成が血 中の電解質組成と近似し ている
 ➾緩衝剤によって数種あ る • では、”生理食塩液”は細 胞外補充液に区別されま すか?
  22. 22. 生理食塩液 = 細胞外補充液 • NaClの濃度で等張とした 輸液 • 基本的な細胞外液 • Clイオンが血中の”1.5倍” になっているため、多量 に投与することは避ける
 ➾代謝性アシドーシスの リスクあり
  23. 23. 細胞外補充液の分類 Na+ K+ Ca2+ Mg2+ Cl- Buffer 薬価
 500mL 血中
 正常値 140 4 10 1.5 100 重炭酸
 25 生食 154 154 ¥149 ラクテック 130 4 3 109 乳酸
 28 ¥200 ソルアセト F 131 4 3 109 酢酸 28 ¥136 ビカーボン 135 4 3 1 113 重炭酸
 25 ¥219 フィジオ 140 140 4 3 5 115 酢酸
 25 ¥175
  24. 24. 細胞外補充液の分類 Na+ K+ Ca2+ Mg2+ Cl- Buffer 薬価
 500mL 血中
 正常値 140 4 10 1.5 100 重炭酸
 25 生食 154 154 ¥149 ラクテック 130 4 3 109 乳酸
 28 ¥200 ソルアセト F 131 4 3 109 酢酸 28 ¥136 ビカーボン 135 4 3 1 113 重炭酸
 25 ¥219 フィジオ 140 140 4 3 2 115 酢酸
 25 ¥175 血中のNa/Kとほぼ一緒 種類が異なる
  25. 25. Bufferの種類 • HCO3を配合するビカーボン は製剤的工夫のなされたもの • 乳酸も酢酸も結局は体内で代 謝されて、重炭酸となる • 臨床ではBufferの違いによる
 “差”は報告されていない • フィジオはMgと1%ブドウ糖 を配合し、最も生体に近い Ca2+ Mg2+ Cl- Buffer 血中
 正常値 10 1.5 100 重炭酸
 25 生食 154 ラクテック 3 109 乳酸
 28 ソルアセト F 3 109 酢酸 28 ビカーボン 3 1 113 重炭酸
 25 フィジオ 140 3 2 115 酢酸
 25
  26. 26. 細胞内 間質 血管内 ソルアセトF 1000mL 8 3 1 :: 細胞外に水が行き届く
  27. 27. 細胞内 間質 血管内 ソルアセトF 1000mL 8 3 1 :: 細胞外に水が行き届く 750mL 250mL
  28. 28. コロイド輸液 • 膠質輸液 = 代用血漿輸液 のこと • HES や アルブミン を用いて浸透圧を調節 • コロイドは血管壁を通過できないため血管内にのみ “水”が残る • 輸液でいうと…
  29. 29. コロイド輸液 ボルベン / アルブミン製剤
  30. 30. コロイド輸液 ボルベン / アルブミン製剤 • 多量の出血
 ➾ 循環血液量の減少
 ➾ 血圧低下⇓嫌気代謝⇑
 ➾ 乳酸⇑アシドーシス⇑死亡
 こんな事を予防するために、輸 血が現場に届くまで投与する • ただしボルベンの過剰な投与 は、血液の希釈による凝固異 常、腎機能障害の危険性がある • 5%アルブミン製剤は高価
  31. 31. それぞれの詳細と適応 溶質 溶媒 適応 薬価 500mL ヘスパンダー HES
 MW=7万 リンゲル液 出血多量の場合
 最大20mL/kg ¥757 ボルベン HES
 MW=13万 生食 循環血液量の維持
 最大50mL/kg ¥970 5%
 アルブミン 献血
 アルブミン NaCl添加 50%以上の多量出血 ¥10,926
 (¥5463✕2) 25%
 アルブミン 献血
 アルブミン NaCl添加 アルブミン喪失/
 合成低下による低Alb ¥5,437
 (50mL)
  32. 32. それぞれの詳細と適応 溶質 溶媒 適応 薬価 500mL ヘスパンダー HES
 MW=7万 リンゲル液 出血多量の場合
 最大20mL/kg ¥757 ボルベン HES
 MW=13万 生食 循環血液量の維持
 最大50mL/kg ¥970 5%
 アルブミン 献血
 アルブミン NaCl添加 50%以上の多量出血 ¥10,926
 (¥5463✕2) 25%
 アルブミン 献血
 アルブミン NaCl添加 アルブミン喪失/
 合成低下による低Alb ¥5,437
 (50mL) 出血しないと使えない。量も少ない 多量の出血時のみ。30%程度までは外液を使用
  33. 33. 細胞内 間質 血管内 ボルベン 1000mL 8 3 1 :: 血管内にのみ水がとどまる 1000mL
  34. 34. 3種 区別できれば難しくない 750mL 250mL 1000mL 667mL 250mL 83mL
  35. 35. では、“KN”はどう考えるか
  36. 36. Na 濃度に注目する Na : 77 Na : 50 mEq/L mEq/L
  37. 37. Na : 77 Na : 50 Na : 154 mEq/L mEq/L mEq/L
  38. 38. Na : 77 Na : 50 Na : 154 1/2 1/3 mEq/L mEq/L mEq/L
  39. 39. Na : 77 Na : 50 Na : 154 1/2 1/3 希釈 mEq/L mEq/L mEq/L
  40. 40. Na : 77 Na : 50 ① ① ②① + K:20mEq/L mEq/L mEq/L
  41. 41. 体内の水の分布を考える Na : 77 Na : 50mEq/L mEq/L 1000mLで考えると…
  42. 42. 体内の水の分布を考える Na : 77mEq/L 1000mL ① ① 500mL 500mL
  43. 43. 体内の水の分布を考える Na : 77mEq/L 1000mL 500mL 500mL 8 3 1 :: 375mL 125mL 125mL 42mL 333mL
  44. 44. 同様にKN3号液では Na : 50mEq/L 1000mL 333mL 667mL 8 3 1 :: 250mL 83mL 167mL 55mL 445mL
  45. 45. 分布量の比較 0 250 500 750 1000 ソルアセトF KN1号 KN3号 5%Glu 細胞内 間質 血管内
  46. 46. 3号液 を考える • 1日に必要な水分? • 1日に必要な NaCl? • 1日に必要な KCl? • “維持液”だし… Na : 50 K : 20 mEq/L
  47. 47. 水分の出納 IN 飲料 : 1200mL 食物 : 1000mL 代謝水 : 200mL 尿 : 1500mL 不感蒸泄 : 800mL 呼吸/排便 : 100mL OUT
  48. 48. 水分の出納 IN 飲料 : 1200mL 食物 : 1000mL 代謝水 : 200mL 尿 : 1500mL 不感蒸泄 : 800mL 呼吸/排便 : 100mL OUT 禁飲食の場合に 必要な水分量
  49. 49. 1日に必要な”塩類” NaCl : 6g~9g KCl : 3g
  50. 50. 1日に必要な”塩類” NaCl : 6g~9g KCl : 3g NaCl:1g ➾ Na+ 17.1mEq KCl:1g ➾ K+ 13.4mEq
  51. 51. これは、憶えておこう NaCl:1g ➾ Na+ 17.1mEq KCl:1g ➾ K+ 13.4mEq 七/三 分け で憶えてもOK
  52. 52. つまり、1日に必要な”塩類” NaCl : 6g ➾ Na+ : 約100mEq KCl : 3g ➾ K+ : 約40mEq
  53. 53. 3号液 を考える • 1日に必要な水分? • 1日に必要な NaCl? • 1日に必要な KCl? • “維持液”だし… Na : 50 K : 20 mEq/L
  54. 54. 3号液 を考える • 1日に必要な水分?
 ➾ 2200mL • 1日に必要な NaCl?
 ➾ NaCl 6g = Na 100mEq • 1日に必要な KCl?
 ➾ KCl 3g = K 40mEq • “維持液”だし…
 ➾ 2000mL 投与したら… Na : 50 K : 20 mEq/L
  55. 55. 3号液 を考える Na : 50 K : 20 mEq/L Na : 100 K : 40 mEq ✕2L 2000mLで1日に必須な“塩類”と水分を投与できる。
  56. 56. 維持液(3号液)の分類 電解質(mEq/L) 糖質 浸透
 圧比 Na+ K+ Mg2+ P(mM) Cl- Buffer 1L中 薬価 500mL KN3 50 20 50 乳酸
 20 Glu 27g 1 ¥137 KNMG3 50 20 50 乳酸
 20 Glu
 100g 3 ¥143 アクチット 45 17 5 10 37 酢酸
 20 マルトース
 50g 1 ¥199 ソリタックス H 50 30 3
 Ca2+:5 10 48 乳酸
 20 Glu
 125g 3 ¥227
  57. 57. 維持液(3号液)の分類 電解質(mEq/L) 糖質 浸透
 圧比 Na+ K+ Mg2+ P(mM) Cl- Buffer 1L中 薬価 500mL KN3 50 20 50 乳酸
 20 Glu 27g 1 ¥137 KNMG3 50 20 50 乳酸
 20 Glu
 100g 3 ¥143 アクチット 45 17 5 10 37 酢酸
 20 マルトース
 50g 1 ¥199 ソリタックス H 50 30 3
 Ca2+:5 10 48 乳酸
 20 Glu
 125g 3 ¥227 マルトースはGluと同濃度で半分の浸透圧
 また細胞内取り込みにインスリンが関与しない Mg / P が追加されている = 400kcal/L = 200kcal/L = 500kcal/L
  58. 58. Mg と P • 意外とこれらの欠乏症は見過ごされる • 低栄養、アルコール依存、TPN管理の患者では注意 • とくにTPNを”調製”している場合は注意
 ➾Mg/Pが補充されない場合がある • Mg/Pが配合されていない輸液のみで継続されてい る場合には、1週に1度ほど確認しても良いかも
  59. 59. まとめ • 体内の水は、細胞内/間質/血管内に分布している • 輸液も、浸透圧に応じてその3区画に分布する
 ➾ Na の濃度を見ればわかる • 基本輸液は、細胞外補充液か維持液で、製剤による 特徴を知っておく • NaCl / KCl 1gから、Na+ / K+ を換算できるように する
  • IkawaAnna

    Jul. 18, 2021
  • ssuserb6499a

    Jul. 12, 2021
  • ssuser0ff5d3

    Jul. 10, 2021
  • ssuserc4e1c0

    Jun. 24, 2021
  • nekotarosan

    Jun. 15, 2021
  • YudaiKashiwagura

    Jun. 8, 2021
  • ssuser287611

    Jun. 6, 2021
  • ssuser082ec8

    May. 25, 2021
  • KeiSatou1

    May. 21, 2021
  • NaokiSugita

    May. 8, 2021
  • ssuser776519

    Apr. 29, 2021
  • ShunsukeUeno1

    Apr. 18, 2021
  • TakeshiHasukawa

    Mar. 14, 2021
  • ssuser54852e1

    Feb. 28, 2021
  • ssuser1b9963

    Feb. 13, 2021
  • ssuser40c1fe

    Feb. 1, 2021
  • hirotomiya

    Jan. 22, 2021
  • taichiito3

    Jan. 19, 2021
  • ryosukearaki1

    Jan. 9, 2021
  • ssuserc0c3c3

    Dec. 6, 2020

薬剤師(看護師)1-2年目対象の輸液の基本

Vues

Nombre de vues

73 753

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

26

Actions

Téléchargements

302

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

88

×