Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

Ruby 3 の型解析に向けた計画

9 021 vues

Publié le

名古屋Ruby会議04
http://regional-gh.rubykaigi.org/nagoya04/

Publié dans : Technologie
  • Identifiez-vous pour voir les commentaires

Ruby 3 の型解析に向けた計画

  1. 1. Ruby 3の型解析に向けた計画 遠藤 侑介 名古屋Ruby会議04 (2019/06/08) 1
  2. 2. 自己紹介:遠藤侑介 (@mametter) •クックパッドで働く フルタイムRubyコミッタ •Rubyプログラムを堅牢に •テスト、Ruby 3の静的解析 •クックパッドに興味あったら お声がけください 2
  3. 3. この発表では •Ruby 3の静的解析のmatz構想 •型プロファイラの紹介と進捗 を話します 3
  4. 4. Rubyの型と名古屋の関係 •三浦さんからmrubyでの型推定の話を聞いて Ruby 3の静的解析は回りだした •型プロファイラはmruby-meta-circularの パクリ •細かい設計指針の違いはあとで 4
  5. 5. Ruby 3の静的解析のmatz構想 •目的: バグっぽいコードを指摘する •高速化のための解析ではない(間違ってもいい) •要件: Rubyのプログラミング体験を維持する •型を書かない選択肢を残す 5
  6. 6. Ruby 3の静的解析の構想 1. 標準の型シグネチャフォーマット 2. 型シグネチャなし型検査器 + 型シグネチャのプロトタイプ生成器 3. 型シグネチャあり型検査器 6
  7. 7. 1. 型シグネチャフォーマット •Rubyコードの型情報を示すもの class Array[A] include Enumerable def []: (Integer) -> A def []=: (Integer,A) -> A def each: { (A) -> void } -> self ... end interface generics union type option type any type Proposal: ruby-signature 7
  8. 8. 2. 型シグネチャなし型検査 •型エラーの可能性を指摘する解析器 •アプリの型シグネチャが無くても動作する •false positive は許容する def foo(s) s.gsuub!(//, "") s + 42 end foo("foo") NoMethodError? TypeError? Proposals: • mruby-meta-circular • 型プロファイラ 8
  9. 9. 2'. 型シグネチャプロトタイプ生成 •無注釈コードから型シグネチャを推測する •メソッドの呼び出しを追う def foo(s) s.to_s end foo("foo") foo(42) (String | Integer) -> String ? Proposals: • mruby-meta-circular • 型プロファイラ 9
  10. 10. 3. 型シグネチャあり型検査 •型エラーの可能性を指摘する解析器 •型シグネチャとコードの整合性を検査する •わりと普通の型検査 •ツール定義の inline annotation も def foo(s) s.gsuub!(//, "") s + 42 end TypeError! def foo: (String) -> Integer Proposals: • Steep • Sorbet NoMethodError! 10
  11. 11. Ruby 3の静的解析の図 Library code type signature Sorbet Steep RDL Type error warnings Application code mmc Type Profiler Type error warnings type signature 11
  12. 12. ユースケースに合わせた使い方 •緩く検査したい派:型シグネチャなし型検査 •きっちり検査したい派: •コーディング→型シグネチャプロトタイプ→ 型シグネチャあり型検査 •型ドリブン開発派: •型シグネチャ手書き→コーディング→ 型シグネチャあり型検査 12
  13. 13. Ruby 3の静的解析の進捗 •ruby-signature: ツール開発者間で議論中 •https://github.com/ruby/ruby-signature •Type-Profiler: 試験実装状態 •mruby-meta-circular: (次の発表で) •Steep: Siderで試用中、型注釈が結構必要 •Sorbet: Stripeで試用中、duck typingがない 13
  14. 14. Ruby 3には何が入る? •「型シグネチャ」はバンドルしたい •型シグネチャフォーマットのパーサ •標準添付ライブラリの型シグネチャファイル •型シグネチャ対応版RubyGems •ツール群はバンドルの予定なし •当面は外部ライブラリとして提供される 14
  15. 15. 型プロファイラの 紹介と進捗 15
  16. 16. 型プロファイラとは •目的:型レベルテストとシグネチャ推定 •型エラーの可能性を指摘する •型シグネチャのプロトタイプを生成する •対象:型注釈のない素のRubyコード 16
  17. 17. 型エラーの指摘 •NoMethodErrorやTypeErrorの可能性を示す def foo(n) if n < 10 n.timees {|x| } end end foo(42) Type Profiler t.rb:3: [error] undefined method: Integer#timees Typo 17
  18. 18. 型シグネチャ推定 •型シグネチャのプロトタイプを生成する def foo(n) n.to_s end foo(42) Type Profiler Object#foo :: (Integer) -> String 18
  19. 19. 型プロファイラの動作イメージ •Rubyコードを「型レベル」で実行する 普通のインタプリタ def foo(n) n.to_s end foo(42) Calls w/ 42 Returns "42" 型プロファイラ def foo(n) n.to_s end foo(42) Calls w/ Integer Returns String Object#foo :: (Integer) -> String 19
  20. 20. デモ:オーバーロードの例 def my_to_s(x) x.to_s end my_to_s(42) my_to_s("STR") my_to_s(:sym) Type Profiler Object#my_to_s :: (Integer) -> String Object#my_to_s :: (String) -> String Object#my_to_s :: (Symbol) -> String 20
  21. 21. デモ:再帰関数の例 def fib(n) if n > 1 fib(n-1) + fib(n-2) else n end end fib(10000) Type Profiler Object#fib :: (Integer) -> Integer 21
  22. 22. デモ:ユーザ定義クラスの例 class Foo end class Bar def make_foo Foo.new end end Bar.new.make_foo Type Profiler Bar#make_foo :: () -> Foo 22
  23. 23. 型プロファイラと分岐 •実行を「フォーク」する def foo(n) if n < 10 n else "error" end end foo(42) Fork! イマココ n<10 の真偽は わからない Returns Integer Returns String Object#foo :: (Integer) -> (Integer | String) 23
  24. 24. 最大の問題:状態爆発 •RubyKaigi時点(4月)の実験結果 •型プロファイラの型プロファイル:約10分 •optcarrotの型プロファイル:約3分 a=b=c=d=e=nil a = 42 if n < 10 b = 42 if n < 10 c = 42 if n < 10 d = 42 if n < 10 e = 42 if n < 10 Fork! Fork! Fork! Fork! Fork! 2 4 8 16 32 状態数 24
  25. 25. RubyKaigi からの進捗 (1) •解析方式を大きく変えた(後述) •state merging 風の改良を加えた •改善後の実験結果 •セルフ型プロファイル:約10分 ➔ 約2.5秒 •optcarrotの型プロファイル:約3分 ➔ 約6秒 25
  26. 26. 解析にかかる時間 0 200 400 600 800 self-profiling optcarrot seconds old new 26
  27. 27. RubyKaigi からの進捗 (2) •Flow sensitiveな解析 •右の例で警告が出ない •分岐で単純フォークすると 誤警告が出てしまう def foo(x) if x.is_a?(Integer) x + 42 else x + "str" end end foo(42) foo("str") 27
  28. 28. 解析アルゴリズム •環境:各変数がとりうる型 •{ x: Integer or String, y: Integer } とか •行ごとの「環境」を更新していく •正確に言うとYARVのバイトコードごと •「環境」が更新されなくなったら終わり 28
  29. 29. 解析の例 1: def foo(a) 2: if a < 10 3: b = 42 4: else 5: b = "str" 6: end 7: c = b 8: c 9: end 10: 11: ret = foo(42) 行番号 a b c 1 ∅ ∅ ∅ 2 ∅ ∅ ∅ 3 ∅ ∅ ∅ 4 - - - 5 ∅ ∅ ∅ 6 - 7 ∅ ∅ ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 ∅ ∅ ∅ 3 ∅ ∅ ∅ 4 - - - 5 ∅ ∅ ∅ 6 - 7 ∅ ∅ ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 ∅ ∅ ∅ 4 - - - 5 ∅ ∅ ∅ 6 - 7 ∅ ∅ ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 ∅ ∅ ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 { Int } { Int } ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 { Int } { Int } ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 { Int } { Int, Str } ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 { Int } { Int, Str } ∅ 8 ∅ ∅ ∅ 行番号 a b c 1 { Int } ∅ ∅ 2 { Int } ∅ ∅ 3 { Int } ∅ ∅ 4 - - - 5 { Int } ∅ ∅ 6 - 7 { Int } { Int, Str } ∅ 8 { Int } { Int, Str } { Int, Str } Object#foo :: (Int) -> (Int|Str) 29
  30. 30. 他の問題 •嘘の警告・推定が出ることがある •原理的に扱えない言語機能がある •sendメソッド・特異クラス 30 # b: Integer or String c = b # c: Integer or String # 「bとcの型は同じ」という条件が消えるので b + c # 「Integer + String の可能性あり!」
  31. 31. mmcとの方針の違い •mmc: ヒューリスティクス盛りだくさん •ターゲットアプリで正しい推定をするように •mmcを更新したら推定結果が結構変わったり •型プロファイラ:理解可能な動きをすること •解析方法を複雑化し、正しく推定するより •解析方法を単純化し、なぜ間違えるか ユーザが理解できるようにしたい 31
  32. 32. 実装進捗:できてること •基本的な言語機能のサポート •変数、メソッド、ユーザ定義クラスなど •一部の組み込みクラス •ブロックと配列(たぶん) •解析アルゴリズムの基本設計 32
  33. 33. 実装予定:やっていくこと •言語機能のサポート •ハッシュ •複雑な引数(可変長やキーワード) •例外 •モジュール •型シグネチャ言語の読み書き •実用性向上 33
  34. 34. 関連研究 •mruby-meta-circular (Hideki Miura) •型プロファイラの元ネタ •HPC Ruby (Koichi Nakamura) •抽象解釈でRubyからCへ変換(HPC向け) •pytype (Google's unofficial project) •型解析のための抽象解釈器 34
  35. 35. 謝辞 •Hideki Miura •Matz, Akr, Ko1 •PPL paper co-authors • Soutaro Matsumoto • Katsuhiro Ueno • Eijiro Sumii •Stripe team & Jeff Foster •And many people 35
  36. 36. まとめ •Ruby 3の静的解析の構想を説明しました •型プロファイラの概略を説明しました •お便りお寄せください! •https://github.com/mame/ruby-type-profiler 36

×