Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.
欠損教育から、個性伸展支援へ
-Success Case Methodによる教育成果評価を応用したプログラムの提案-
全日本患者安全組織文化学習支援財団
笑顔のおうちクリニック松戸
松本尚浩
The 11th SMeNG meeting 121...
皆さんの教育・訓練を
評価法から変える
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 2
思い浮かべる“凄い人”は誰?
歴史上の人物 最近の人物
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 3
一人でメモ
あなたの“凄い人”を列挙しましょう
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 4
凄い人行動リストを創ろう
• 吉田松陰
– 黒船に乗り込み、密航しようとした。
– 謹慎中、松下村塾を開いた。
– 老中暗殺計画を暴露した。
• スティーブ・ジョブス
– MacOSの開発
– デスクトップ・ノートブックコンピュータデザイン
–...
一人でメモ
“凄い人”行動内容を列挙しよう
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 6
“仮想インタビュー”
あなたの◎◎な行動にどんな
教育が役立ちましたか?
あなたが◎◎できたのは、ど
んな環境だったからですか?
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 7
インタビュー様式の例
• 「何を、いつ、どのように活用したのか」
• 「どんな成果を上げられたのか」
• 「その成果は(金銭的に)どんな価値を生み出
したのか」
• 「成果を生み出すことに影響を与えた環境要
因にはどのようなものがあるのか」
2...
二人組でインタビュー
• 1回目
– Aさん:「Aさんの凄い人」役、Bさん:面接者
• Bさんの質問(Aさんの行動リストをみながら)
– 前頁のインタビュー形式を参照に
– 面接内容を記録
• 2回目:役割交替
21 Nov 2015 The ...
自分でメモ:教育デザイン改善
• インタビュー内容分析
– 効果のあった教育・訓練
– 効果を促進した現場環境
• 今後の教育・訓練の改善計画
– 成果のある教育・訓練を発展させるには?
– 教育訓練成果を促進する現場環境の改善は?
21 No...
サクセス・ケース(成功事例)法を
応用しよう
-Success Case Methodによる教育成果評価を応用したプログラムの提案-
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 11
Success Case Method 入門
(参照 http://www.humanvalue.co.jp/hv2/insight_report/articles/post_77.html )
• Success Case Method (S...
成功事例法活用事例
( http://www.humanvalue.co.jp/hv2/insight_report/articles/post_77.html )
• シニア・リーダー層対象リーダーシップ開発プログラム
• インパクト・モデル...
私の患者安全教育・訓練事例
• 対象
– ある市中病院看護部管理者
• プログラム概要
– 振り返り会話支援技能を身に付ける
– 現場での振り返り会話を支援する
– 自律的に発展する医療者を養成する
• 教育・訓練方法
– 講義、少人数議論、ワ...
インパクトモデル表示の例
「振り返り会話支援者技能訓練」の事例
能力(Capability)
重要な応用
(Critical
Application)
鍵となる
結果
(Key Results)
社会組織
達成
(Business Goal)
...
お題:あなたの事例で成功事例法
一人で
•あなたの事例でインパクトモデル表作成
•成功事例のインタビュー計画立案
共有
•二人で教育実践・体験例と成果を共有
•一度に話す時間は1分以内です。
一人で
•議論の結果、自分の考えをまとめる
•最初の...
共有お題:あなたの事例で
サクセスケース(成功事例)法
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 17
一人でメモ:お題
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 18
サクセス・ケース・メソッドの探究を
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 19
この161-3頁に
「成功事例法」記載あり。
ご一緒に、成功事例法を応用して、
教育・訓練成果を確認してみませんか?
サクセス・ケース・メソッド
実践したい
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う(80/100)
6. 非常に強く思う(100)
...
さらに、学びを深めたい方、
お手伝いします。
• 「チャットワーク」で学習支援開始
– チャット・メッセージで情報交換・質疑応答
– ファイル添付・共有可能
– ビデオ会議も可能
• 手順
– オンライン会議室「チャットワーク」で無料アカウント...
教育・訓練の概念を見つめなおす
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 22
あなたの教育・訓練実践は、
人の欠点・短所修正に焦点化
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う(80/100)
6. 非常に強く...
あなたの発展には、
あなたの欠点・短所修正が効果的
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う(80/100)
6. 非常に強く思う...
最近の現象1
• ポジティブ心理学の発展(1998年から)
– http://www.jppanetwork.org/positivepsychology/aboutpp1.html
• 私たち一人ひとりの人生や、私たちの属する
組織や社会のあ...
ポジティブ心理学のすすめ
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 26
今日のお持ち帰り:3つの祝福
• 毎日、練る前の10分間
• 上手く行ったこと3つ書き
出し、
• その理由を考えてみる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 27
うまくいったこと、その1
うまくいったこと、そ...
最近の現象2
• 教育の変化
– 産業化社会の影響からの脱却
• ピーター・センゲ
– 『学習する組織』(1990)
– 『学習する学校』
• 参考資料
– http://change-agent.jp/news/files/SchoolsTh...
産業化時代の学校での「学習」とは
(ピーター・センゲ『学習する学校』より)
1. 子どもは欠陥品で学校がそれを修正する
2. 学習は頭で行うもので体全体でやるもので
はない
3. 誰もが同じ方法で学ばなくてはならない
4. 学習は教室の中で行わ...
徹底的に長所を伸ばせ
ー高畠コーチの言葉ー
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 30
• 欠点を直そうとしたって、直るものではありません。
• 欠点を直そうとすることは無駄な努力なのです。
• だから長所を伸ば...
現象1と2から、今日の提言
• 教育とは、「欠損した人を補充する」のか?
• 一斉・画一教育は妥当か?
• 個人の発展はどのように支えればよいのか?
The 11th SMeNG meeting 3121 Nov 2015
一方、皆さんの慣れ親しんだ
教授システム学では、
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 32
IDの前提(鈴木克明, JSET,2013)(http://cvs.ield.kumamoto-u.ac.jp/wpk/wp-content/uploads/2013/01/e383a9e383b3e38381e383a7e383b3148.p...
IDの13前提(1/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9)
• 1) 人によって学習ペースが違うが,結局はみんな
やればできる
– キャロルの時間モデル
• 2) 学習課題の性質によっ...
IDの13前提(2/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9)
• 4) 人は失敗を振り返ることで学ぶ.講義を聴くよ
り実行させるのが効果的である
– 事例ベース推論モデル
• 5) 応用...
IDの13前提(3/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9)
• 7) ID は学習目標が書けるすべての学習課題に適
用できる
– IDの汎用性
• 8) ベテランの芸や暗黙知は,万人に...
IDの13前提(4/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9)
• 10)IDの責任範囲は到達したい目標と現状と
のギャップを埋めることにある
– ギャップ分析
• 11)インストラクショ...
IDの13前提(5/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9)
• 12)総学習時間ではなく,学習成果で評価する
– 履修主義でなく習得主義
• 13)「教えた」と「教えたつもり」を区別し...
産業化社会教育を
IDの前提で斬る!
The 11th SMeNG meeting 3921 Nov 2015
Round 1:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
キャロルの時間モデルで斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5....
Round 2:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
ガニェの学習の条件で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. ...
自分でやってみよう
• IDの13の前提のどの項目が、センゲの「産業
化時代の学校における「学習」」を論じるのに
使えるでしょうか?
– 産業化時代の学校における「学習」
1. 子どもは欠陥品で学校がそれを修正する
2. 学習は頭で行うもので体...
鈴木「ID13前提」 X センゲ「産業化社会学習」
論点チェック表
欠損 体より頭 同じ方法 教室で でき・ふでき
キャロルの時間モデル
ガニェの学習の条件
教育メディア研究の知見
事例ベース推論モデル
状況学習論
成人学習学
IDの汎用性
教...
鈴木「ID13前提」 X センゲ「産業化社会学習」
論点チェック表
欠損 体より頭 同じ方法 教室で でき・ふでき
キャロルの時間モデル
ガニェの学習の条件
教育メディア研究の知見
事例ベース推論モデル
状況学習論
成人学習学
IDの汎用性
教...
今日の課題
• 「子どもは欠損品でそれを修正する」という状
況はIDの13前提のどの項目で反論できるか、
その理由などをメモにしてみましょう
– 約10分
• 10分後以後、二人組で共有しましょう
21 Nov 2015 The 11th SM...
Round 1:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
キャロルの時間モデルで斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5....
議論共有 Round 1:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
キャロルの時間モデルで斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 47
Round 2:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
ガニェの学習の条件で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. ...
議論共有 Round 2:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
ガニェの学習の条件で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 49
Round 3:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
教育メディア研究の知見で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5...
議論共有 Round 3:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
教育メディア研究の知見で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 51
Round 4:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
事例ベース推論モデルで斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5....
議論共有 Round 4:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
事例ベース推論モデルで斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 53
Round 5:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
状況学習論で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思...
議論共有 Round 5:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
状況学習論で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 55
Round 6:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
成人学習学で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思...
議論共有 Round 6:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
成人学習学で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 57
Round 7:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
IDの汎用性で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり...
議論共有 Round 7:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
IDの汎用性で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 59
Round 8:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
教育の科学化で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり...
議論共有 Round 8:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
教育の科学化で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 61
Round 9:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
折衷主義で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う...
議論共有 Round 9:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
折衷主義で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 63
Round 10:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
ギャップ分析で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かな...
議論共有 Round 10:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
ギャップ分析で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 65
Round 11:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
学習者中心設計で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. か...
議論共有 Round 11:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
学習者中心設計で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 67
Round 12:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
履修主義でなく習得主義で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
...
議論共有 Round 12:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
履修主義で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 69
Round 13:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
成功的教育観で斬ることができる
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かな...
議論共有 Round 13:
「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を
成功的教育観で斬ることができる
21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 71
Take Home Messages
• 教育概念が変化しつつある。
– 欠損修正から能力開発支援へ
• IDの概念を基盤として教育概念変化を論じ
ることができる。
• 「IDの前提」を応用して、能力開発実践を
21 Nov 2015 The ...
欠損補充教育から転換したい
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う(80/100)
6. 非常に強く思う(100)
1
1
1
...
この議論はIDの応用に役立った
1. 全く思わない (0)
2. ほとんど思わない(20/100)
3. あまり思わない(40/100)
4. やや思う(60/100)
5. かなり思う(80/100)
6. 非常に強く思う(100)
1
1
...
Prochain SlideShare
Chargement dans…5
×
Prochain SlideShare
Installation of windows 7 || how to boot pendrive or cd/dvd
Suivant
Télécharger pour lire hors ligne et voir en mode plein écran

3

Partager

Télécharger pour lire hors ligne

サクセス・ケース・メッソド応用と教育概念変化での教授システム学応用

Télécharger pour lire hors ligne

success case method を応用して教育訓練プログラムを創る。その基盤として従来の欠点修正教育から個性発展支援への教育概念変化を認識し、これらの変化を教授システム学の概念から論じる。

Livres associés

Gratuit avec un essai de 30 jours de Scribd

Tout voir

サクセス・ケース・メッソド応用と教育概念変化での教授システム学応用

  1. 1. 欠損教育から、個性伸展支援へ -Success Case Methodによる教育成果評価を応用したプログラムの提案- 全日本患者安全組織文化学習支援財団 笑顔のおうちクリニック松戸 松本尚浩 The 11th SMeNG meeting 121 Nov 2015
  2. 2. 皆さんの教育・訓練を 評価法から変える 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 2
  3. 3. 思い浮かべる“凄い人”は誰? 歴史上の人物 最近の人物 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 3
  4. 4. 一人でメモ あなたの“凄い人”を列挙しましょう 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 4
  5. 5. 凄い人行動リストを創ろう • 吉田松陰 – 黒船に乗り込み、密航しようとした。 – 謹慎中、松下村塾を開いた。 – 老中暗殺計画を暴露した。 • スティーブ・ジョブス – MacOSの開発 – デスクトップ・ノートブックコンピュータデザイン – iPod開発 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 5
  6. 6. 一人でメモ “凄い人”行動内容を列挙しよう 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 6
  7. 7. “仮想インタビュー” あなたの◎◎な行動にどんな 教育が役立ちましたか? あなたが◎◎できたのは、ど んな環境だったからですか? 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 7
  8. 8. インタビュー様式の例 • 「何を、いつ、どのように活用したのか」 • 「どんな成果を上げられたのか」 • 「その成果は(金銭的に)どんな価値を生み出 したのか」 • 「成果を生み出すことに影響を与えた環境要 因にはどのようなものがあるのか」 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 8
  9. 9. 二人組でインタビュー • 1回目 – Aさん:「Aさんの凄い人」役、Bさん:面接者 • Bさんの質問(Aさんの行動リストをみながら) – 前頁のインタビュー形式を参照に – 面接内容を記録 • 2回目:役割交替 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 9
  10. 10. 自分でメモ:教育デザイン改善 • インタビュー内容分析 – 効果のあった教育・訓練 – 効果を促進した現場環境 • 今後の教育・訓練の改善計画 – 成果のある教育・訓練を発展させるには? – 教育訓練成果を促進する現場環境の改善は? 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 10
  11. 11. サクセス・ケース(成功事例)法を 応用しよう -Success Case Methodによる教育成果評価を応用したプログラムの提案- 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 11
  12. 12. Success Case Method 入門 (参照 http://www.humanvalue.co.jp/hv2/insight_report/articles/post_77.html ) • Success Case Method (SCM:成功事例法)の目的 – トレーニングで学習したことを組織がいかに成果に結びつ けているかを評価すること • SCM 5ステップ – 1. サクセス・ケース研究の焦点化と計画 – 2. 上手くいった事例を示す「インパクト・モデル」創り – 3. 上手くいった事例と上手くいかなかった事例探しのデザ インと実施 – 4. サクセス・ケースのインタビューと記録 – 5. 所見・結論・推奨を情報共有 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 12
  13. 13. 成功事例法活用事例 ( http://www.humanvalue.co.jp/hv2/insight_report/articles/post_77.html ) • シニア・リーダー層対象リーダーシップ開発プログラム • インパクト・モデル創り – プログラム実施後、対象者に対して5分程度で回答可能な サーベイを実施 – 効果のあった層、学習したことを活用しようと試みた層、 まったく活用しなかった層に分類した。 • インタビュー(30分程度) • 分析 – 効果のあった層の具体的な成果と促進要因 – 効果のなかった層の阻害要因 • 次年度の研修の改善に反映21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 13
  14. 14. 私の患者安全教育・訓練事例 • 対象 – ある市中病院看護部管理者 • プログラム概要 – 振り返り会話支援技能を身に付ける – 現場での振り返り会話を支援する – 自律的に発展する医療者を養成する • 教育・訓練方法 – 講義、少人数議論、ワークショップ 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 14
  15. 15. インパクトモデル表示の例 「振り返り会話支援者技能訓練」の事例 能力(Capability) 重要な応用 (Critical Application) 鍵となる 結果 (Key Results) 社会組織 達成 (Business Goal) 「責めない文化」の 実践ができる 改善策を個人でなく システムに求める 自発的に事例が提 示される 離職率低下 効果的な改善計画 立案を支援できる 改善案が測定可能 な表現である 改善案実施後の達 成評価が確実 (仮想)患者安全指 数改善 強みを活かす振り返 り会話を支援できる 振り返り会話実践者 の強み改善計画を 支援する 振り返り会話後、実 践者の強みが発展 する (仮想)医療機関利 用者評価改善 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 15
  16. 16. お題:あなたの事例で成功事例法 一人で •あなたの事例でインパクトモデル表作成 •成功事例のインタビュー計画立案 共有 •二人で教育実践・体験例と成果を共有 •一度に話す時間は1分以内です。 一人で •議論の結果、自分の考えをまとめる •最初のメモとの変化を明らかにする 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 16
  17. 17. 共有お題:あなたの事例で サクセスケース(成功事例)法 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 17
  18. 18. 一人でメモ:お題 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 18
  19. 19. サクセス・ケース・メソッドの探究を 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 19 この161-3頁に 「成功事例法」記載あり。 ご一緒に、成功事例法を応用して、 教育・訓練成果を確認してみませんか?
  20. 20. サクセス・ケース・メソッド 実践したい 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 20 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  21. 21. さらに、学びを深めたい方、 お手伝いします。 • 「チャットワーク」で学習支援開始 – チャット・メッセージで情報交換・質疑応答 – ファイル添付・共有可能 – ビデオ会議も可能 • 手順 – オンライン会議室「チャットワーク」で無料アカウント • http://www.chatwork.com/ja/price/ – アカウント作ったら、松本へメールで連絡を • takahiro.matsumoto418@gmail.com 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 21
  22. 22. 教育・訓練の概念を見つめなおす 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 22
  23. 23. あなたの教育・訓練実践は、 人の欠点・短所修正に焦点化 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 23 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  24. 24. あなたの発展には、 あなたの欠点・短所修正が効果的 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 24 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  25. 25. 最近の現象1 • ポジティブ心理学の発展(1998年から) – http://www.jppanetwork.org/positivepsychology/aboutpp1.html • 私たち一人ひとりの人生や、私たちの属する 組織や社会のあり方が、本来あるべき正しい 方向に向かう状態に注目。 The 11th SMeNG meeting 2521 Nov 2015
  26. 26. ポジティブ心理学のすすめ 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 26
  27. 27. 今日のお持ち帰り:3つの祝福 • 毎日、練る前の10分間 • 上手く行ったこと3つ書き 出し、 • その理由を考えてみる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 27 うまくいったこと、その1 うまくいったこと、その2 うまくいったこと、その3 その1の理由 その2の理由 その3の理由
  28. 28. 最近の現象2 • 教育の変化 – 産業化社会の影響からの脱却 • ピーター・センゲ – 『学習する組織』(1990) – 『学習する学校』 • 参考資料 – http://change-agent.jp/news/files/SchoolsThatLearn.pdf – http://www.japanjenaplan.org/news/jenanews20120125.pdf The 11th SMeNG meeting 2821 Nov 2015
  29. 29. 産業化時代の学校での「学習」とは (ピーター・センゲ『学習する学校』より) 1. 子どもは欠陥品で学校がそれを修正する 2. 学習は頭で行うもので体全体でやるもので はない 3. 誰もが同じ方法で学ばなくてはならない 4. 学習は教室の中で行われるもので世界の中 で行われるものではない 5. 「できる子ども」と「できない子ども」がいる The 11th SMeNG meeting 2921 Nov 2015
  30. 30. 徹底的に長所を伸ばせ ー高畠コーチの言葉ー 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 30 • 欠点を直そうとしたって、直るものではありません。 • 欠点を直そうとすることは無駄な努力なのです。 • だから長所を伸ばすんです。
  31. 31. 現象1と2から、今日の提言 • 教育とは、「欠損した人を補充する」のか? • 一斉・画一教育は妥当か? • 個人の発展はどのように支えればよいのか? The 11th SMeNG meeting 3121 Nov 2015
  32. 32. 一方、皆さんの慣れ親しんだ 教授システム学では、 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 32
  33. 33. IDの前提(鈴木克明, JSET,2013)(http://cvs.ield.kumamoto-u.ac.jp/wpk/wp-content/uploads/2013/01/e383a9e383b3e38381e383a7e383b3148.pdf) The 11th SMeNG meeting 3321 Nov 2015
  34. 34. IDの13前提(1/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9) • 1) 人によって学習ペースが違うが,結局はみんな やればできる – キャロルの時間モデル • 2) 学習課題の性質によって,最適な学習環境条 件が異なる – ガニェの学習の条件 • 3) よりシンプルなメディアを選んで,学習者を活 動的にするのが良い – 教育メディア研究の知見 The 11th SMeNG meeting 3421 Nov 2015
  35. 35. IDの13前提(2/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9) • 4) 人は失敗を振り返ることで学ぶ.講義を聴くよ り実行させるのが効果的である – 事例ベース推論モデル • 5) 応用の文脈に近い文脈で学ぶのが良い.基礎 からの積み上げよりジャストインタイム – 状況学習論 • 6) 大人に最適な学習環境は子どもとは異なる. 過去の経験を活用するのが効果的である – 成人学習学 The 11th SMeNG meeting 3521 Nov 2015
  36. 36. IDの13前提(3/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9) • 7) ID は学習目標が書けるすべての学習課題に適 用できる – IDの汎用性 • 8) ベテランの芸や暗黙知は,万人に共有できる 形に形式知化できる – 教育の科学化 • 9) 学習支援に役立つ基礎理論や実践成果は,適 材適所に何でも使うのがよい – 折衷主義 The 11th SMeNG meeting 3621 Nov 2015
  37. 37. IDの13前提(4/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9) • 10)IDの責任範囲は到達したい目標と現状と のギャップを埋めることにある – ギャップ分析 • 11)インストラクションは教え込みと同等では ない.特定の教育方法を前提としない – 学習者中心設計 The 11th SMeNG meeting 3721 Nov 2015
  38. 38. IDの13前提(5/5)(鈴木克明、大学における教育方法の改善・開発、日本教育工学論文誌, 2012;3:171-9) • 12)総学習時間ではなく,学習成果で評価する – 履修主義でなく習得主義 • 13)「教えた」と「教えたつもり」を区別し,教える 努力がなされたことではなく学びが成立したとき に初めて「教えた」という – 成功的教育観 The 11th SMeNG meeting 3821 Nov 2015
  39. 39. 産業化社会教育を IDの前提で斬る! The 11th SMeNG meeting 3921 Nov 2015
  40. 40. Round 1: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を キャロルの時間モデルで斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 40 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  41. 41. Round 2: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を ガニェの学習の条件で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 41 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  42. 42. 自分でやってみよう • IDの13の前提のどの項目が、センゲの「産業 化時代の学校における「学習」」を論じるのに 使えるでしょうか? – 産業化時代の学校における「学習」 1. 子どもは欠陥品で学校がそれを修正する 2. 学習は頭で行うもので体全体でやるものではない 3. 誰もが同じ方法で学ばなくてはならない 4. 学習は教室の中で行われるもので世界の中で行われ るものではない 5. 「できる子ども」と「できない子ども」がいる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 42
  43. 43. 鈴木「ID13前提」 X センゲ「産業化社会学習」 論点チェック表 欠損 体より頭 同じ方法 教室で でき・ふでき キャロルの時間モデル ガニェの学習の条件 教育メディア研究の知見 事例ベース推論モデル 状況学習論 成人学習学 IDの汎用性 教育の科学化 折衷主義 ギャップ分析 学習者中心設計 履修主義でなく習得主義 成功的教育観 The 11th SMeNG meeting 4321 Nov 2015
  44. 44. 鈴木「ID13前提」 X センゲ「産業化社会学習」 論点チェック表 欠損 体より頭 同じ方法 教室で でき・ふでき キャロルの時間モデル ガニェの学習の条件 教育メディア研究の知見 事例ベース推論モデル 状況学習論 成人学習学 IDの汎用性 教育の科学化 折衷主義 ギャップ分析 学習者中心設計 履修主義でなく習得主義 成功的教育観 The 11th SMeNG meeting 4421 Nov 2015 今回は、 この列の組み合わせだけ、 検討してみましょう
  45. 45. 今日の課題 • 「子どもは欠損品でそれを修正する」という状 況はIDの13前提のどの項目で反論できるか、 その理由などをメモにしてみましょう – 約10分 • 10分後以後、二人組で共有しましょう 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 45
  46. 46. Round 1: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を キャロルの時間モデルで斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 46 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  47. 47. 議論共有 Round 1: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を キャロルの時間モデルで斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 47
  48. 48. Round 2: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を ガニェの学習の条件で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 48 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  49. 49. 議論共有 Round 2: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を ガニェの学習の条件で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 49
  50. 50. Round 3: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 教育メディア研究の知見で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 50 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  51. 51. 議論共有 Round 3: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 教育メディア研究の知見で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 51
  52. 52. Round 4: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 事例ベース推論モデルで斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 52 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  53. 53. 議論共有 Round 4: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 事例ベース推論モデルで斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 53
  54. 54. Round 5: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 状況学習論で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 54 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  55. 55. 議論共有 Round 5: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 状況学習論で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 55
  56. 56. Round 6: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 成人学習学で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 56 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  57. 57. 議論共有 Round 6: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 成人学習学で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 57
  58. 58. Round 7: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を IDの汎用性で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 58 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  59. 59. 議論共有 Round 7: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を IDの汎用性で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 59
  60. 60. Round 8: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 教育の科学化で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 60 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  61. 61. 議論共有 Round 8: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 教育の科学化で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 61
  62. 62. Round 9: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 折衷主義で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 62 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  63. 63. 議論共有 Round 9: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 折衷主義で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 63
  64. 64. Round 10: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を ギャップ分析で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 64 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  65. 65. 議論共有 Round 10: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を ギャップ分析で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 65
  66. 66. Round 11: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 学習者中心設計で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 66 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  67. 67. 議論共有 Round 11: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 学習者中心設計で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 67
  68. 68. Round 12: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 履修主義でなく習得主義で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 68 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  69. 69. 議論共有 Round 12: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 履修主義で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 69
  70. 70. Round 13: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 成功的教育観で斬ることができる 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 70 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  71. 71. 議論共有 Round 13: 「子どもは欠陥品で学校がそれを修正する」を 成功的教育観で斬ることができる 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 71
  72. 72. Take Home Messages • 教育概念が変化しつつある。 – 欠損修正から能力開発支援へ • IDの概念を基盤として教育概念変化を論じ ることができる。 • 「IDの前提」を応用して、能力開発実践を 21 Nov 2015 The 11th SMeNG meeting 72
  73. 73. 欠損補充教育から転換したい 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 73 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  74. 74. この議論はIDの応用に役立った 1. 全く思わない (0) 2. ほとんど思わない(20/100) 3. あまり思わない(40/100) 4. やや思う(60/100) 5. かなり思う(80/100) 6. 非常に強く思う(100) 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 The 11th SMeNG meeting 74 0:30 投票数: 021 Nov 2015
  • MariYano

    Aug. 3, 2019
  • HanaeOkamoto

    Nov. 13, 2017
  • kmasuokajp

    Nov. 28, 2015

success case method を応用して教育訓練プログラムを創る。その基盤として従来の欠点修正教育から個性発展支援への教育概念変化を認識し、これらの変化を教授システム学の概念から論じる。

Vues

Nombre de vues

791

Sur Slideshare

0

À partir des intégrations

0

Nombre d'intégrations

3

Actions

Téléchargements

8

Partages

0

Commentaires

0

Mentions J'aime

3

×