Ce diaporama a bien été signalé.
Nous utilisons votre profil LinkedIn et vos données d’activité pour vous proposer des publicités personnalisées et pertinentes. Vous pouvez changer vos préférences de publicités à tout moment.

スマートデバイス またはモバイルOS / Web OS / スマート何とか

2 408 vues

Publié le

メイン(デバイス関係)の話は34ページから。
スマート何とか系のごった煮です。
前半がモバイルOS・Web OSの話、後半がHMD・HUD、スマートウォッチ、IVI、スマートTV、スマートホーム・スマート家電あたり。

2014/08/06
以下の変更を行いました。(ようてんさんありがとう!)
・41ページ(ハコスコ)を追加
・31ページ、50ページに情報を追記
・45ページ、47ページの記述を修正

Publié dans : Technologie
  • Soyez le premier à commenter

スマートデバイス またはモバイルOS / Web OS / スマート何とか

  1. 1. NTTアドバンステクノロジ株式会社 (NTT-AT) 回り道 康博
  2. 2.  モバイルOS / WebOS・スマートデバイス 諸々について広く浅く触れます  「こんなおもちゃデバイスがあるんだ」とい うのを眺めて、この界隈を何となく把握する 用途向きです  もし興味を惹かれた分野やモノがありましたら、 ページ内のリンクやキーワードでご確認ください  この資料は水物です  2014/7/25前後までの公開情報を元にしています
  3. 3.  回り道 康博(まわりみち やすひろ)  NTT-AT 情報機器テクノロジセンタに所属  http://www.ntt-at.co.jp/  デバイスからアプリまで幅広く  最近のお仕事  Web系(大雑把)の調査・技術支援  社内講師 ▪ 本資料のような軽めのお話 ▪ 資格試験対策(ITストラテジスト)  稀に社外でお話ししたり  過去の公開資料  WebSocket / WebRTCの技術紹介 ▪ http://www.slideshare.net/mawarimichi/websocketwebrtc
  4. 4.  スマートフォン / タブレット  モバイルOS / Web OS  スマートデバイス  ウェアラブルなのとかそうでないのとか  HMD / HUD  スマートウォッチ  IVI (In-Vehicle Infotainment)  スマートTV  スマートホーム / スマート家電
  5. 5.  HTML5=HTML5+JavaScript+CSS3  本資料では「HTML5」を広義の意味、以 下の仕様の総称として用います  マークアップ仕様のHTML5  JavaScript及び各種Web API  CSS3 広義のHTML5=Webプラットフォーム開発で用いる仕様の総称 (もしくはなんかすごいWebという意味のバズワード) 狭義のHTML5=マークアップ仕様
  6. 6.  辞書曰く  「賢い」「利口な」  類似語 : intelligent  スマート=賢い機器につけられる名称?
  7. 7.  インターネット家電  インターネットレンジ、インターネット冷蔵庫…  シャープのインターネット対応オーブンレンジ「インター ネット DE これつくろ!」(1999/9発売)  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/1999/0615/s harp.htm  PCでレシピをダウンロード  専用機器(RS-232Cで接続)もしくはSDカード経由でレンジへ レシピ インターネット対応オーブンレンジ
  8. 8.  スマート家電@パナソニック  http://panasonic.jp/pss/  洗濯機、エアコン、レンジ、炊飯器……  炊飯器? スマート家電なら、私好みの設定も簡単。 「子どもたちはやわらかめの白米が好きだ けど、私はやっぱり玄米を食べたい」。 たとえばそんな時は、家族それぞれの好み にあった炊き方をスマートフォンに登録。 登録すれば、炊飯器にタッチするだけで好 みの炊き方にしあがり、ご飯をもっと美味 しくいただけます。 http://panasonic.jp/pss/ap/ http://panasonic.jp/suihan/spx/point/index.html スマホでタッチすると炊 き方を転送できるよ!
  9. 9.  以下のいずれか or 複合と想定  従来のその機器より高機能・多機能である  インターネットに繋がる  スマートフォン等と連携する 念のため : 個人の主観です
  10. 10. もしくはモバイルOS / Web OSの近況 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1 “スマート”と呼ばれなかった携帯電話 スマートデバイスにも 入っていたりするよ
  11. 11. http://www.androidcentral.com/pictures-android-l Android L Preview
  12. 12.  Android L(仮称)  http://developer.android.com/p review/index.html  VMの変更(ART)  省電力化  デザインの変更(Material Design)  ……  詳細はWebで  Android One  $100未満の安価な端末 ▪ 新興市場向け ▪ 「The Next Billion」 http://japan.cnet.com/news/service/35049969/ Android One
  13. 13.  Material Design  http://www.google.com/design/  デザインガイドライン  物理的な素材感と動きの表現がコンセプ ト ▪ カードの重なりや距離感を表す陰影 ▪ 画面操作は触覚を伴わないので、触った時に リップル(波紋)を出して視覚で代替  Android限定ではない  Project Ara  http://www.projectara.com/  好きなパーツを組み合わせてAndroidス マートフォンを作る  東芝も参画 ▪ http://www.semicon.toshiba.co.jp/design_s upport/project_ara/index.html http://www.slashgear.com/google-project-ara-will-be- detailed-for-devs-in-april-26318655/ Project Araのイメージ Google Designのトップページ http://www.google.com/design/
  14. 14.  AOSP (Android Open Source Project)  https://source.android.com/  素のAndroidにはGmailやGoogle Play等は含まれない  Googleさんが認証した端末だけ  CTS (Compatibility Test Suite)  3Gが必須だった時代も  Google Play等が入っていない例  Kindle Fire(のFire OS) ▪ Androidアプリは動く ▪ Google Playストアアプリの代わり にAmazon Androidアプリストア http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/25/news080.html Kindle Fire HDX
  15. 15. http://www.apple.com/jp/ios/ios8/ iOS8
  16. 16.  http://www.apple.com/jp/ios/ios8/  iOS8  WWDC 2014で発表、2014/秋にリリース予定  iPhone 4S以降・iPad 2以降をサポート  iOS8の新機能  アプリ間共有 ▪ AndroidのIntent相当  サードパーティ製IME  サードパーティ製ウィジェット(@通知センター) ▪ 通知センターからメッセージ返信できたりとか  Spotlight(検索機能)の検索対象拡大  ……
  17. 17.  Swift  iOS限定ではないが  Objective-Cより「モダン」な開発言語  Xcode 6 betaで使用可能  The Swift Programming Language ▪ iBookで無償公開 ▪ https://itunes.apple.com/us/book/swift-programming- language/id881256329  IBMとAppleが戦略的提携 (2014/7/15)  http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/071600068/  IBMのエンプラ向けソリューションがiOSに対応  IBMがiPhone / iPadを顧客向けに販売 / リース
  18. 18.  国内事情  2011/10 ▪ auがiPhone 4Sを発売 ▪ ソフトバンクモバイルの独占販売終了  2013/9 ▪ ドコモがiPhone 5c/5sを発売 ▪ 3キャリアで提供開始 ▪ NTTグループ社員でもiPhoneを堂々と持てる時代に  2013/11 ▪ AppleがSIMフリー版iPhone 5c/5sを国内で発売
  19. 19. http://gigazine.net/news/20140120-firefox-os-tablet/ http://www.soeren-hentzschel.at/mozilla/firefox- os/2014/04/06/design-vorschau-auf-firefox-os-2-0/
  20. 20.  http://www.mozilla.jp/firefoxos/  Android(カーネル部分等)+Geckoエンジン がベース  2.0が2014/7リリース予定  3ヶ月サイクルで更新  Androidに比べ軽量、ローエンド機器でも動作  現在の販売圏は中南米、ヨーロッパ、インド  「The Next Billion」  国内向けのリファレンス機「Flame」  中国TCL製、2014/7発売  パナソニックのTVに搭載予定  アプリの開発言語はHTML5
  21. 21. http://www.windowsphone.com/en-us/phones Nokia Lumia 1320
  22. 22.  http://www.windowsphone.com/ja-jp  最新はWindows Phone 8.1  スマートフォン向け  タブレット向けはWindows 8/8.1 ▪ Windows RTというOSもありました  アプリの開発言語は各種(HTML5含む)  8.0はVisual Studio 2012以降、8.1は同2013
  23. 23.  国内未発売 パナソニックのTOUGHPAD FZ- E1の国内発売が2014/7/下旬から出荷  http://ascii.jp/elem/000/000/913/913776/  Windows Phone 8.1ベースのOS「Windows Embedded 8.1 Handheld」  ごつい(厚さ31mm、重さ458g)  Windows 9でデスクトップ向け・タブレッ ト向け・スマートフォン向けのOSが統合さ れる予定  http://ggsoku.com/2014/07/windows-9-all- in-one/ http://panasonic.biz/pc/prod/pad/e1/ FZ-E1
  24. 24. http://www.journaldugeek.com/2013/07/05/ca-sent-le-sapin-pour-tizen/
  25. 25.  https://www.tizen.org/  https://www.tizenassociation.org/  Tizen Mobile  Samsung主導  2014/06に初のTizenスマホ「Samsung Z」発表 ▪ ロシアで発売予定 延期(2014/7現在)  Tizen IVI  Intel主導  Tizen Wearable  Gear2に初搭載  Tizen TV  2014/7にTizen Smart TV SDKが出る予定  アプリの開発言語はC/C++、HTML5、ハイブリッド  ドコモのTizenなんてなかった Samsung Z Gear 2
  26. 26. http://www.ubuntu.com/phone Phone Tablet
  27. 27.  http://developer.ubuntu.com/start/ubuntu-for-devices/  Tablet/Phone  アプリの開発言語はQMLまたはHTML5  Qt ▪ http://ja.wikipedia.org/wiki/Qt  Canonicalは2014年中のUbuntu Phone発売を目指している  興味がある方は以下からどうぞ  Nexus 4 / Nexus 7 2013(Wi-Fi) / Nexus 10向け  http://developer.ubuntu.com/start/ubuntu-for- devices/installing-ubuntu-for-devices/
  28. 28.  http://ja.wikipedia.org/wiki/Google_Chrome_OS  できること≒Chromeブラウザでできること  Chrome OSでAndroidアプリが動くようになる予定  http://jp.techcrunch.com/2014/06/26/20140625google- will-soon-bring-android-apps-to-chrome-os/  Chromeウェブストアで公開されているアプリが利 用できる  データはクラウドに  Googleアカウント必須  オフラインでも動作、オンラインになった時に同 期  管理コンソールでデバイスのポリシーを管理  USBデバイスを一律禁止とか  アプリの開発言語はHTML5 Chrome OS上で動く Androidアプリ http://jp.techcrunch.com/2014/0 6/26/20140625google-will-soon- bring-android-apps-to-chrome-os/
  29. 29.  Chromebook  https://www.google.com/intl/en/chrome/devices/  米国でChromebookがラップトップPC分野のシェアを拡大 ▪ https://www.npd.com/wps/portal/npd/us/news/press-releases/u-s- commercial-channel-computing-device-sales-set-to-end-2013-with- double-digit-growth-according-to-npd/  国内では未発売 7/14に法人・教育機関向けの提供が発表された ▪ http://japan.cnet.com/news/service/35050806/ ▪ Acerが7月、Asusが8月、HPが9月、DELLと東芝は未定 この辺 (1年で0.2%→9.6%)
  30. 30.  System Applications Working Group (Sysapp WG)  http://www.w3.org/2012/sysapps/  TCP/UDP通信、デバイス制御、電話機向け機能(カレン ダーや連絡先)等  Web Applications Working Group (Webapps WG)  http://www.w3.org/2008/webapps/  Webアプリのマニフェスト、パッケージング等  スマートフォンだけでなく「アプリをHTML5で開発で きるスマートデバイス」全般に関連する  標準もしくはプラットフォーム独自のAPIがなければ開発 できないから  (HTTPでなく)TCP通信したり、電源にアクセスしたり
  31. 31. アメリカ陸軍の戦車兵 with HMD http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9 E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3% 83%97%E3%83%AC%E3%82%A4
  32. 32.  Head Mounted Display  視界を専有してコンテンツを表示  専有しないタイプ : 後述のHUD http://japanese.engadget.com/2013/09/03/hmz-t3/ HMZ-T3
  33. 33.  http://www.sony.jp/hmd/products/HMZ-T3/  ソニー製  バッテリー駆動が可能  3D表示対応のHDMIディスプレイ  3D対応テレビ/モニタの延長 http://japanese.engadget.com/2013/09/03/hmz-t3/
  34. 34.  http://www.oculusvr.com/  Oculus VR社製  PC用の対応アプリと合わせて使う  ということはPCに繋がないと使えない  2014/3、FacebookがOculus VR社を買収  2014/7にDevelopment Kit 2(DK2)を提供開始予定 Oculus DK1 Oculus DK2 http://codigotech.com/tecnofields-2014-probamos-el-oculus-rift-dk1/2014/05/21/ http://www.chip.de/news/Oculus-Rift-Development-Kit-2-wird-ausgeliefert_70753053.html
  35. 35. 魚眼レンズ + PCでの補正処理  高視野角の仕組み  DK1は110度、DK2は100度、ちなみに前述のHMZ-T3は45度  センサによるヘッドトラッキング  頭の向きに合わせて視界が移動  DK2では解像度や描画遅延・ヘッドトラッキング遅延を改善、位置トラッキングを追加 http://ja.wikipedia.org/wiki/Oculus_Rift http://3dvision-blog.com/8873-my-first-impressions-from-the-oculus-rift-development-kit/
  36. 36.  http://s- max.jp/archives/16211 95.html  kinnekoさんが作った Oculus Riftもどき (fake)  構成  100均で売っている諸々 (特に凸レンズ)  Nexus 7(ディスプレイ) FakeRift http://s-max.jp/archives/1621195.html
  37. 37.  https://developers.goo gle.com/cardboard/  Google I/O 2014で公 開・配布されたOculus Riftもどき  構成  段ボール  凸レンズ  スマートフォン ▪ Nexus 5等 CardBoard https://developers.google.com/cardboard/
  38. 38.  http://hacosco.com/  段ボール+レンズの HMD  iPhoneを取り付けて使う  2014/9以降にAndroidに も対応予定  体験用アプリ(iPhone 用)が公開中、公式ア プリは2014/9公開予定 ハコスコ http://hacosco.com/
  39. 39.  https://www.scei.co.jp/corporate/release/140319.html  Sony Computer Entertainment(SCE)製、PS4専用  2014/03のGame Developer Conferenceで発表、発売時期未定  ヘッドトラッキングだけでなくアイトラッキングも可能、らしい http://www.thecrowdfundnetwork.com/sonys-project- morpheus-makes-big-bet-on-body-tracking/ http://www.worldviz.com/newsletter/oculus-and-sony-new-3d-headsets
  40. 40. 戦闘機(F/A-18C)のHUD http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A 2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3% 83%AC%E3%82%A4
  41. 41.  Head Up Display  透明な何か(プラスチックやガラス等)にコンテンツを表示  ゲームでよく目にするアレ  ここではメガネ型のHUD(いわゆるスマートグラス)を紹介 フロントウィンドウ前の スクリーンに透過表示 http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/avic-vh99cs_avic-zh99cs/navigation/ パイオニアのサイバーナビのAR HUD ビュー
  42. 42.  http://www.google.com/glass/  OSはAndroid(2014/7時点で4.4)  投影機、スピーカー、カメラ、マイク、タッチセンサを搭載  スマートフォンとBluetoothでペアリング  AndroidスマホだけでなくiOSとも専用アプリでペアリング可能  音声、タッチセンサ(タップやスワイプ)、アイジェスチャで操作  Explorer Editionは1500ドル  但しアメリカ国内限定 アメリカとイギリスで販売(価格はそれぞれ1500ドル、1000ポンド) http://www.cnet.com/news/google-buys-stake-in-glass-display-maker-himax/ この辺がタッチセンサ http://www.techradar.com/news/mobile-computing/google- glass-say-goodbye-to-your-privacy-1134796
  43. 43.  投影の仕組み  http://www.brillen-sehhilfen.de/en/googleglass/  右目の前のプリズムに映像を投影して視界に重ねる http://www.brillen-sehhilfen.de/en/googleglass/
  44. 44.  http://www.epson.jp/products/moverio/  エプソン製、現行機はBT-200とBT-AV200 BT-200AV  メガネ型、両眼視、透過ディスプレイ  タッチセンサ付きコントローラ(左下の写真の左下のやつ)で操作  「画面なしスマートフォン」  OSはAndroid 4.0  アプリはMOVERIO Apps Marketからダウンロード ▪ https://moverio.epson.biz/jsp/pc/pc_application_list.jsp ▪ ということになっているがアプリがほとんど公開されていない… ▪ Amazon Androidアプリストアが偉大らしい
  45. 45. 結構ごつい (が、先代よりはかなり小さい)
  46. 46.  公式サイトなし(と思う)  ソニー製  プロトタイプ  右下のデモイメージでは、サッカー選手に情報をオーバーレ イしている http://www.androidpolice.com/2014/02/24/mwc-2014-sonys- smarteyeglass-concept-may-just-be-a-google-glass-competitor-to-keep- your-eyes-on/ http://gizmodo.uol.com.br/sony-smart-eyeglass/
  47. 47.  http://mira.ma/ja/index.html  ブリリアントサービス製  プロトタイプ  ディスプレイにVuzix STAR1200XL-Dを使用 ▪ http://mira.ma/ja/buy_prototype.html ▪ http://www.vuzix.com/augmented-reality/products_star1200xld/  開発はObjective-C+Cocoa Framework  ハンドジェスチャで操作 prototype 利用イメージの1つmirama one(コンセプトモデル)
  48. 48. http://recode.net/2014/01/16/inside-google-xs-smart-contact-lens/
  49. 49.  コンタクトレンズに諸々を搭載  通信モジュール  センサ(血糖値とか)  レンズ(度数の動的変更)  画面  ノバルティス社がライセンス提供を受けて商用開発へ  http://japanese.engadget.com/2014/07/15/google-smart-lens/  涙の成分を常時分析して外部機器に伝えるコンタクトレンズ  老眼用に度数を変更できるコンタクトレンズ/眼内レンズ  電源=電波 http://googleblog.blogspot.jp/2014/01/introducing-our-smart-contact-lens.html
  50. 50. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88 “スマート”になる前の腕時計(1879年・ドイツ軍)
  51. 51.  http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/smart watch2/  ソニーモバイルコミュニケーションズ製  そのままの名称  現行機はSW2  OSは不明(先代機のMN2はμC/OS II)  Android 4.0以上のスマートフォンとペアリング、連携  スマートフォンに専用アプリ「Smart Watch 2 SW2」をインス トール  Bluetooth 3.0で接続  加速度センサを搭載  画面タッチ、ボタン(戻る/ホーム/メニュー/電源)で 操作  アプリ(アドオン)はSony Add-on SDKに含まれる「Smart Extension API」で開発  https://developer.sony.com/ja/sony-add-on-sdk-page/  スマートフォンにアドオンをインストールして導入 http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/smartwatch2/
  52. 52.  http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/gea r/  Samsung製  Galaxy GearのOSはAndroid  故に「Galaxy」ブランド、後にファームアップでTizenへ  Gear 2のOSはTizen  カメラ、加速度センサ、ジャイロセンサ、Gear 2は心拍数 センサも  画面タッチ、音声(、Gear 2は+ホームボタン)で操作  Samsungのスマートフォンの一部とペアリング、連携  新しめのSamsungスマートフォン以外は非対応  専用のGearアプリ(Tizen SDK for Wearableで開発)  https://developer.tizen.org/ja/downloads/tizen-sdk  Android(Wear含む)アプリは動かない Galaxy Gear Gear 2
  53. 53.  http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/gear /docomo/SM-R3500ZKADCM  OSは何らかのRTOS(Real-Time Operating System)  細長い曲面ディスプレイ、加速度センサ、ジャイロセンサ、 心拍数センサ  画面タッチで操作  Samsungのスマートフォンの一部とペアリング、連携  新しめのSamsungスマートフォン以外は非対応  アプリ開発用のSDK  Samsung Mobile SDKのCompanion UI Profile(CUP)を使う、らし いが現物が見つからない  Android用及びTizen用のアプリは動かない  参考 : 無慈悲なレビュー  サムスン「Gear Fit」レヴュー:美しいデザインが台無し、全然 使えない最新ウェアラブルデバイス ▪ http://www.gizmodo.jp/2014/04/gear_fit_1.html Galaxy Fit
  54. 54.  http://www.android.com/wear/  OSはAndroid(2014/7時点で4.4W / Wear用の カスタム版)  Androidスマートフォン(4.3以上)とBLEでペ アリング、連携  画面タッチ、音声で操作  Android Wear APIsで(Androidの)Android Wear対応アプリを開発  アプリのインストールはスマートフォンの Android Wearアプリから  画面形状は四角と丸の2種  両方の画面形状での表示を考慮しないとダメ https://moto360.motorola.com/ Motorola Moto 360 LG G Watch Samsung Gear Live
  55. 55.  Android Wearの用途  時計っぽいこと(時刻表示、アラーム、とか)  Android Wear対応アプリの実行 ▪ 小さい画面向けに作られたアプリ ▪ Android Wearならではの機能を持つアプリ  スマートフォン側の通知を表示したり連携したり  Webへの接続はスマートフォン経由  Android Wear≒Google Glass-AR-大画面
  56. 56.  https://getpebble.com/  2012/4にKickstarterで資金調達、2013から販売  現行機は第2世代の「Pebble Steel」  初代より外装が良いが価格は高い、249ドル  OSはPebble OS(Free RTOSの派生)  Android/iPhoneとBluetoothで接続、連携  2013/11のファームウェアアップデートでBLEに対応  本体の左右に配置されたボタンで操作  PebbleアプリはC、JavaScriptで開発  Pebble側をC、スマホ側をJavaScript  Simply.jsを使うとJavaScriptオンリーでも可能 ▪ 但しSimple.jsで作れるUIはテキストベースのみ  Webの情報を表示するアプリも作成可能  スマートフォン経由でWebへ接続 Pebble(初代) Pebble Steel
  57. 57.  2014/7現在、都市伝説  代わりに「iTime」の特許情報が流れてきた  http://japanese.engadget.com/2014/07/22/itime/  2011年出願の特許(iTimeは当時設定されていた名称)  特にどうということはない http://japanese.engadget.com/2014/07/22/itime/
  58. 58.  スマートフォンとの連携が基本  スマートウォッチはサブディスプレイ、子機  通信手段はスマートフォン依存  簡単な作業がスマートウォッチだけで完結する  通知の簡易確認  スマートフォン上のメディアプレイヤーの操作  スマートフォンの画面サイズで充分なアプリ  ……  「常に肌と密着している機器」ならではのセンサ  心拍数、発汗……  画面のリッチさとバッテリー持ちはトレードオフ  単体での操作性はお察し
  59. 59. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%93% E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 昔から割と“スマート”なカーナビゲーションシステム
  60. 60.  https://www.apple.com/jp/ios/carplay/  AppleのIVI  音声、画面タッチ、車載のボタン等を使って操 作  個々の車の実装に依存  カーナビ、電話発信、音楽、アプリ……  iPhone5以降の機種が対応  iPhoneありき  複数の自動車メーカが参画  フェラーリ、ホンダ、ヒュンダイ、メルセデスベンツ、 ボルボが2014年に提供予定  カーナビメーカのアルパインやパイオニアも参 画 https://www.apple.com/jp/ios/carplay/
  61. 61.  http://www.android.com/auto/  GoogleのIVI  車のダッシュボードにAndroidのサブディスプレ イがあるイメージ  音声、画面タッチで操作  見えている範囲の情報では  カーナビ、電話発信、音楽、アプリ……  Open Automotive Alliance  http://www.openautoalliance.net/  Googleの他、自動車メーカやカーナビメーカが参画  Android Auto SDKはまだ未提供  http://developer.android.com/auto/overview.html http://www.android.com/auto/
  62. 62.  Tizenの車載周り  歴史的にIntelが主導  Automotive Grade Linux (AGL)、 GENIVIアライアンスと協力  GENIVI ▪ http://www.genivi.org/genivi-members ▪ 国内自動車メーカではホンダ、日産  アプリ開発はHTML5またはLinuxネ イティブ(+EFL) NO IMAGE
  63. 63.  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/06/jn140 609-1/jn140609-1.html  http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/2982983/  トヨタとパナソニックが共同開発中  車と家電を繋ぐ次世代テレマティクスサービス  IVIよりホームコントロール寄り?  ユースケース  自動車からの操作で家電を制御、確認  自動車の位置情報に基いて家電を制御、あるいは操作をリコメンド http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/06/jn140609-1/jn140609-1.html
  64. 64.  Automotive and Web Platform Business Group  http://www.w3.org/community/autowebplatform/  自動車メーカやIVIメーカ毎に独自規格のままではコ ストがかかる&開発者の参入を促せない ▪ 「Webアプリ開発者を取り込みたい」というモチベーション  自動車の各種情報へアクセスするWeb API  他の団体から提供されたWeb API仕様 ▪ http://www.w3.org/community/autowebplatform/wiki/Main _Page#Examples_of_Web_and_Auto_Specs_from_outside_the _Business_Group ▪ Webious、Tizen IVI、GENIVI、QNX、OBD-II
  65. 65.  「スマートIVI」とは言わない  なぜ?  カーナビ=そもそも賢いから?  昔の時計=ただの時計  昔の炊飯器=ただの炊飯器  昔のカーナビ=地図を動的に表示してくれる、 目的地へ案内してくれる=賢い!
  66. 66. “スマート”になる前のTV http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93
  67. 67.  http://www.google.com/intl/ja_ALL/ch rome/devices/chromecast/  AndroidスマートフォンやChromeブラウ ザからTVへコンテンツをTVへキャスト (Google Cast)  Chromeブラウザの画面表示のミラーリ ング  Androidスマートフォンの画面のミラー リング(ベータ版)  対応機種はまだ限定的  Google Cast APIで対応アプリを開発  https://developers.google.com/cast/  Android、iOS、Chrome用のSender API  iOS向けにライブラリが提供されている http://www.google.com/intl/ja_ALL/chrome/devices/chromecast/ Chromecastの利用イメージ
  68. 68.  http://www.android.com/tv/  GoogleによるTV向けプラットフォーム  旧「Google TV」  スマートフォンやコントローラ、音声で操作  Google Cast(Chromecastでも使われている、 コンテンツを別デバイスへキャストする仕 様)に対応  今秋以降、各社が対応製品を発売予定  ソニーがAndroid TVへの対応を表明  http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/201406 30_655759.html  対応アプリは「Android L」のSDKで開発  http://developer.android.com/preview/tv/index.h tml http://www.android.com/tv/ Android TVの画面イメージ
  69. 69.  https://www.apple.com/jp/ap pletv/  ミラーリング(AirPlay)  Mac、iPhone、iPad等の画面をテ レビへ表示  YoutubeやHulu等のビデオコン テンツの視聴  iCloud上のコンテンツの視聴  iPhoneで取った写真や動画、 iTunesのコンテンツ  アプリ開発は開放されていない http://store.apple.com/jp/buy-appletv/appletv AppleTV
  70. 70.  http://www.iptvforum.jp/hybridcast/  次世代スマートテレビの国内規格  データ放送とは違うんです  「放送とインターネットの融合」  放送波にアプリ制御信号を載せる ▪ アプリが番組と同期して動作  放送局サーバとアプリ用Webサービスの 連携  アプリ(TV側)の開発言語はWeb  番組連動アプリ  独立アプリ  息してない http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130529_601241.html Hybridcastの画面イメージ
  71. 71.  http://panasonic.co.jp/corp/new s/official.data/data.dir/2014/01/ jn140107-4/jn140107-4.html  Mozillaとパナソニックが 「次世代スマートテレビ向けオープ ンプラットフォーム」の開発・推進 に合意 (2014/1/7)  将来のパナソニック製TVにFirefox OSを搭載  Firefox OSベースのスマートTV  HTML5でテレビ向けアプリの開発 が可能に NO IMAGE
  72. 72.  こういうのもある(生死不明) http://www.ubuntu.com/tv
  73. 73.  Web and TV Interest Group  http://www.w3.org/2011/webtv/  Web and Broadcasting Business Group  http://www.w3.org/community/webandbroa dcasting/  Webと放送はライフサイクルが違う、中 長期的な議論
  74. 74. “スマート”になる前の家 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B0%91%E5%AE%B6
  75. 75.  昔からある、東芝のホームコントロール基盤  http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/lifinity/  フェミニティ対応の東芝製品が連携、宅内外から アクセス http://feminity.toshiba.co.jp/feminity/about/index_j.html フェミニティの構成イメージ
  76. 76.  昔からある、パナソニックのホームコントロール 基盤  http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/lifinity/  ライフィニティ対応のパナソニック製品が連携、 宅内外からアクセス http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/lifinity/ ライフィニティの構成イメージ
  77. 77.  https://developer.apple.com/homekit/  Appleのスマートホーム  iOS8で提供予定  API内で定義されている機器サービス (2014/7時点)  照明の明るさの調整  スイッチ  サーモスタット  鍵  ガレージの開閉 https://developer.apple.com/homekit/ HomeKitのアイコン
  78. 78.  https://nest.com/  Nest Labs社はインテリジェント家電を販売  サーモスタット  火災報知器  遠隔制御したり、統計情報を確認したり  2014/1にGoogleが買収  Nest API  https://developer.nest.com/  Web APIでNestを使ったアプリを開発できる  NestがGoogleの家電連携のハブに  自動車、洗濯機、ガレージ等の企業が対応  Google Nowとの連携を予定  Android@Home(初出 : Google I/O 2011) はたぶん死んだ https://nest.com/thermostat/life-with-nest-thermostat/ Nest Thermostat Nest Protect https://nest.com/smoke-co-alarm/life-with-nest-protect/
  79. 79.  Web of Things Community Group  http://www.w3.org/community/wot/  スマートホーム周りというよりM2Mも含んだ 全方位だが…  全方位すぎて、方向がよくわからない
  80. 80. 陣営 モバイルOS / Web OS HMD HUD Google / Android Android OS CardBoard Google Glass Google Contact Lens Apple iOS Mozilla Firefox OS Microsoft Windows Phone Tizen Tizen Mobile Samsung Z(Samsung) Ubuntu Ubuntu on phones ソニー Project Mopheus Smart Eyeglass その他 Chrome OS(Google) FakeRift(kinnekoさん) MOVERIO(エプソン) Oculus Rift(Oculus VR) mirama(ブリリアント サービス) (本資料で記載した範囲に限る)
  81. 81. 陣営 スマートウォッチ IVI スマートTV スマートハウス スマート家電 Google / Android Android Wear Android Auto Chromecast Android TV Nest Apple (iWatch?) CarPlay AppleTV HomeKit Mozilla (パナソニック製TVに Firefox OSを搭載予定) Microsoft Tizen Tizen Wearable Gear 2 (Samsung) Tizen IVI(Intel) Tizen TV(不明) Ubuntu Ubuntu TV ソニー SmartWatch (ソニー製TVにAndroid TVを搭載予定) その他 Pebble トヨタ×パナソ ニック Hybridcast(日 本) (メーカ固有のプ ラットフォーム ※) (本資料で記載した範囲に限る) ※ : 本資料の範囲外だが、海外ではAT&T等のキャリアによるプラットフォームも
  82. 82.  Web及びスマートフォンの延長にある開発環境  Android ▪ 素のAndroid SDK / NDK+個々のプラットフォーム毎に用意されたライブラリ  iOS ▪ Xcode(+iOS SDK)が新しい規格に追随する ▪ iOS 8ではHealthKitやHomeKit、Swift言語対応等々  Web(クライアントアプリ) ▪ HTML5+個々のプラットフォーム毎に用意されたライブラリ  上記に含まれない開発環境  ゲームエンジン系(Oculus Rift等) ▪ Unity、Unreal Engine等々  プラットフォーム独自 ▪ 開発者の流入が限られる  マルチプラットフォーム開発環境(今回は割愛)  CordovaやTitanium Mobile等  複数のプラットフォーム向けのコードをなるべく共通化  「Write once, run anywhere」は幻想…
  83. 83.  スマートデバイスのパーソナライズ  スマホを踏み台に ▪ スマートウォッチ、HMD / HUD、IVI  ネットワーク+クラウドアカウント  既にプラットフォームを握っているところは強い  大抵の分野にGoogleとAppleがいる  機器メーカ / ベンダはアライアンスを組んだり、複 数のプラットフォームに手をつけたり  どの分野も一人勝ちはない  そもそも市場が未完成なのも多いが  市場ができあがってから腰を上げても遅い…

×